くるま えび。 大分県姫島産養殖車えびオンラインショップ

クルマエビ科

くるま えび

形態 [ ] 体長は数cm程度のものから30cmに達するものまで種類によって異なるが、同種内ではメスの方がオスよりも大きい。 体格はやや側扁した円筒形で、頭胸部と腹部はそれほど太さが変わらず連続する。 5対10本の歩脚はよく発達し、このうち前の3対はとなる。 他の十脚類では鋏脚が発達するものもいるが、本科を含むクルマエビ上科 Penaeidea に属すエビは鋏脚3対ともほぼ同じ太さで、強大には発達しない。 オスは第1腹脚の内側にペタスマ Petasma、メスは第4・第5歩脚の付け根にセリカム Thelycum という器をもつ。 本科は第1第1節に葉状突起、歩脚に外肢、腹脚に内肢があることでクルマエビ上科の他科と区別できる。 2個の複眼は比較的大きくて丸く、両眼の間から側扁した額角が突き出る。 額角の上下縁には鋸歯があるが、属によっては下縁に鋸歯がなく上縁だけがギザギザのものもいる。 額角から連続した頭胸甲背部には隆起、溝、鋸歯があり、属や種類によって異なる。 また眼の後ろには棘はない。 、 、属 等では頭胸甲側面を縦走する「縫合線」が見られる。 は2列の袋が多く枝分かれした「根鰓」である。 には額角の鋸歯、頭胸甲の溝や隆起、短毛の有無、交尾器の形等が手掛かりとなる。 生態 [ ] エビの中では温暖な浅砂泥底の環境に適応した部類である。 熱帯・温帯海域の波打ち際から水深400mのまで多くの種類が知られ、種類によって内湾・海岸・等の適した環境に棲み分ける。 完全な淡水生の種類はいないが、 、 、 等の沿岸生種はや淡水域にも侵入する。 は現生エビ類の種類が最も豊富な環境の一つだが、サンゴ礁を主な棲息地としているクルマエビ類は くらいである。 昼は砂泥底に潜り、眼だけを出して休息する。 夜に砂泥底を歩き、や等の小動物を捕食する。 やも食べる。 敵は・・等で、では低次のとして重要な位置にある。 生活史 [ ] 本科を含む根鰓亜目は卵を保護せず、メスは交尾後に受精卵を海中に放出する。 受精卵は海中を浮遊しながら発生し、孵化する子は親とは形態が異なったで、これもしばらくとして浮遊生活を送る。 Chace(1960年)はクルマエビ科幼生のを Nauplius - プロトゾエア(前期ゾエア) Protozoea - Zoea(ミシス Mysis) - ポストラーバ Postlarva(後期幼生、マスティゴプス Mastigopus とも)と分類している。 これらの幼生の遊泳脚は前の体節から分化していく。 孵化直後のノープリウス期の遊泳脚は後に成体の第1触角・第2触角・、プロトゾエア期の遊泳脚は後の第1顎脚・第2顎脚外肢(大顎周囲の短い脚、さらにその外側の髭状構造)、ゾエア幼生期の遊泳脚は後の歩脚である。 なおクルマエビ科のゾエア幼生は類(Mysis)に似ることから特に「ミシス幼生」とも呼ばれる。 ゾエア幼生が成長・変態したポストラーバ幼生は腹部遊泳脚で遊泳し、それぞれの好む海底環境に定着した後に稚エビへ変態する。 利用 [ ] 大型種・中型種のほぼ全てが食用に利用される。 西日本からの沿岸地域では をはじめとして 、 等の大型種の・蓄養が盛んに行われる。 小型・中型種でも、まとまった漁獲があるものは重要な漁業資源となる。 食用以外には肉食魚のやにも利用される。 下位分類 [ ] 49属289種が知られ、このうち現生種25属224種、種25属65種である。 属 Bate, 1888 - 1種• Alcock, 1905 - 等5種• 属 Burukovsky, 1997 - 8種• Johnson, 1868 - 等6種• De Man, 1896 - 1種のみ• Tirmizi, 1971 - 1種のみ• Rafinesque, 1814 - 等8種• Bouvier, 1905 - 、、等74種• Wood-Mason et Alcock, 1891 - 、、等28種• , 1949 - 3種• Alcock, 1901 - 、、等22種• Smith, 1885 - 等14種• Bate, 1881 - 等7種• , 1798 - 現生は、、 P. esculentus 3種• 属 Burkenroad, 1934 - 1種• Burkenroad, 1934 - 等3種• 属 Alcock, 1901 - 2種• Burkenroad, 1934 - 等9種• 属 Smith, 1869 - 1種 化石種 [ ]• ウシエビ属 Penaeus Fabricius, 1798 - 化石種は18種• ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 奥谷喬司・楚山勇『山渓フィールドブックス サンゴ礁の生きもの』1994年 山と渓谷社• Sammy De Grave, N. Dean Pentcheff, Shane T. Ahyong et al. 2009 " "Raffles Bulletin of Zoology, 2009, Supplement No. 21: 1—109,.

次の

沖縄から産地直送!南西興産の久米島産活車えび

くるま えび

養殖されたクルマエビ : : : : (エビ綱) : (エビ目) : (クルマエビ亜目) : : : Tirmizi, : クルマエビ , Bate, 1888 クルマエビ(車海老、車蝦) 英名 クルマエビ(車海老、車蝦)、学名 は、十脚目クルマエビ科に分類されるの一種。 沿岸の内湾砂泥底に生息する大型のエビで、重要な食用種でもある。 かつては多くの近縁種と共に 属に分類されたため、学名を として記載した文献や図鑑も多い。 研究が進んだ結果クルマエビ科の分類は細分化され、 は、などに限定された「」となり、クルマエビの属名には が充てられた。 日本での地方名はホンエビ、マエビ(各地)、ハルエビ(石川県)等である。 また若い個体を指すサイマキ(稚エビ)、マキ(小ぶりの個体)等の呼称もある。 特徴 [ ] 成体は体長15cmほどだが、メスの中には30cmに達するものもいる。 体は細長い円筒形で、脚は太く短い。 生体の体色は青灰色か淡褐色で、黒いしまが頭胸甲には斜め、腹部には横に入る。 日本産のクルマエビ科の中では最もしま模様が明瞭なので近縁種と区別できる。 クルマエビの和名は腹を丸めた時に、しま模様がのように見えることに由来する。 額角の鋸歯は上縁に9-10歯、下縁に1-2歯(通常1歯のみ)があり、頭胸甲の背中側真ん中には額角から続く1本の隆起と両側に2本の細い溝がある。 クルマエビ科に共通する特徴として、胸脚の3対に鋏があること、第2腹部が第3腹部の前部を覆っていないこと、夜行性であること、雌は卵を抱かずに一気に放してしまうこと、メスがオスより大きくなることが挙げられる。 分布 [ ] 日本近海からオーストラリア北部、南アフリカまで、インド太平洋沿岸に広く分布する。 またを通じて東部にも分布を広げている。 日本近海での分布北限は南部で、クルマエビ科の中では最も北まで分布する種類の一つである。 日本近海産クルマエビ科では、他にはやがクルマエビと同等の分布域をもつ。 波が穏やかな内湾やの砂泥底に生息する。 昼間は砂泥の中に浅くもぐり、目だけを出して休む。 夜になると海底近くで活動するので、夜間に海岸の海中を照明で照らすと、クルマエビ類の複眼が照明を反射し光って見える。 食性は雑食性で、や、、小魚、動物の死骸等を食べる。 は、、、等である。 生活環 [ ] クルマエビ、、などを含む根鰓亜目(クルマエビ亜目)のエビは、を海中に放出し、卵の時期からとして浮遊生活を送る。 卵を腹肢に抱えて保護するエビ亜目に比べて産卵数が多いが、放出された時点で他の動物のが始まるため、生き残るのはごくわずかである。 クルマエビの産卵期は6月-9月で、メスは後に産卵する。 産卵数は体長20cmのメス1匹で70万-100万に達する。 受精卵は直径0. 3mm足らずの色で、海中をただよいながら発生し、半日ほどでする。 孵化直後のは幼生 Nauplius とよばれる形態で、成体とは似つかない丸い体に大きな3対の遊泳脚がついた体型である。 大きな遊泳脚で水をかいて泳ぐが、この脚は後にと大顎になる。 なおこの時期の数日間は餌をとらず、蓄えられただけで成長する。 ノープリウス幼生を過ぎると幼生 Zoea となる。 腹部がやや後方に伸び、成体に近い体型となる。 ゾエア幼生では遊泳脚が増えるが、これらは後に顎脚や歩脚となる。 なおクルマエビ亜目のゾエア幼生後期を、類 Mysis に似ていることから特に「ミシス幼生」と呼ぶ。 孵化からおよそ10日後、ミシス幼生が成長すると、今までの遊泳脚が顎脚や歩脚などに変化し、腹部に腹肢ができ、ポストラーバ幼生 Postlarva となる。 ポストラーバ幼生は腹肢で水をかいて泳ぎ、最初のうちは浮遊生活を送るが、やがて海底生活を送るようになり、脱皮を繰り返して稚エビとなる。 産まれた年の秋頃にはもう漁獲サイズの10cm以上になる。 クルマエビの稚エビは海岸のごく浅いところにいて、からにかけて潮の引いたなどで見ることもできるが、成長するにつれ深場に移動しする。 寿命は1年半-2年半とみられる。 利用 [ ] 日本では古来、重要な漁業資源として、、などで漁獲されてきた。 、など大規模な干潟や内湾を抱える地域に多産し、、の県の魚に指定されている。 ほぼ1年を通して漁獲されるが、特にの漁獲が多く、旬も初夏から秋とされている。 死ぬと急速に傷んで臭みも出るが、の中に詰め、湿度を保っておくと長時間生かしておけるので、この状態で出荷・流通が行われる。 料理法は、、、、など多種多様で、味もよく、高級食材として扱われる。 加熱した方が旨みと歯ごたえが増す。 養殖 [ ] 漁業だけでなく蓄養やも西日本の各地で行われている。 明治38年に熊本県ので、海水池を利用した天然稚エビの蓄養が開始され、以来天草地方はクルマエビ蓄養の本場になった。 その後らによって生態・繁殖・の研究が進み、同時に配合飼料の研究も進んだ。 藤永は昭和38年には(現秋穂東)で破棄された塩田跡に養殖の為の会社を設立し、世界で初めてクルマエビのを事業化した(会社の社屋の前に「えび塚」の碑と並んで「くるまえび養殖事業発祥の地」と書かれた大きな自然石の石碑が建っている)。 以来山口県秋穂町ではクルマエビの本場になった。 エビ類では最も早く技術が確立された。 クルマエビは他種のエビよりも蛋白質とビタミンの要求量が高く、配合飼料も高価である。 本種の価格が他種に比べ下落しないのは、以下の要因がある。 生産技術が高レベルで海外へ技術輸出できない。 高価な飼料を要する上、飼育が困難(死に易い)な為、海外養殖での大量生産に向かない。 国内に根強く継続操業する養殖業者が多く、「活き」流通が崩れていない為、冷凍輸入の市場が拡大しない。 ()が他種より優れている為、高級店からの需要が強い。 近縁種 [ ] クルマエビ科の大型種はどれも重要な食用種となっている。 Litopenaeus vannamei 若い個体 を食べている Fenneropenaeus chinensis Osbeck, 体長20cmほど。 クルマエビに似るが体に模様はなく、尾だけが黒っぽい。 ・・の朝鮮半島沿岸に分布し、秋から冬にかけて漁獲され、日本では冷凍・生鮮品ともほとんど輸入物である。 クルマエビ科としては分布が狭いが、漁獲量は多く、安価なためクルマエビの代用として人気がある。 「タイショウエビ」(大正海老)の別名でよく知られる。 日本では時代から多く漁獲されるようになったが、当時は商品名が複数あったため、主な水産会社が協議して「タイショウエビ」の商品名となった。 Melicertus latisulcatus , 体長15cmほど。 クルマエビに似るが体に目立つ模様がない。 生体は全身が淡黄色を帯びるため「シンチュウエビ」(海老)とも呼ばれる。 東京湾以南の西太平洋とインド洋の沿岸域に分布する。 日本本土では小型で数も少ないが、では大型で数も多い。 の沿岸域に分布する中型のエビで、重要な食用種である。 Penaeus monodon Fabricius, 体長30cmほど。 クルマエビに似るが全身が黒っぽく、背中の溝は頭胸甲の前半部だけにある。 東京湾以南の西太平洋とインド洋の沿岸域に分布する。 「ブラックタイガー」という別名でよく知られる。 クルマエビ科では最大種で成長も早く、世界各地でさかんに養殖されていたが、より安価なバナメイエビに押され、一時に比べ日本での輸入量は減っている。 Penaeus semisulcatus , 体長20cmほど。 以南の西太平洋とインド洋の沿岸域に分布する。 脚がいのが特徴で、「アカアシ」の別名で知られている。 がしま模様で目立つが、体のしま模様は不鮮明で、ウシエビと同様灰色がかっている。 Penaeus vannamei Boone, 日本では00年代後半から「むきえび」や「冷凍えび」として流通している。 英名: ,。 体長14cmほど。 からにかけての太平洋東岸に分布する。 ウシエビ(ブラックタイガー)同様、生活環の一部として汽水域にも生息し、の変化に強く、淡水での養殖に耐える。 「バナメイえび」「バンナムえび」などとして2006年頃から日本の市場に登場した。 ブラックタイガーに比べて安価なこともあって、輸入量は急速に伸びている。 日本で消費されるこのエビの主な生産国は、、。 2009年以降、EMS Early Mortality Syndrome と呼ばれる病気 が中国・ベトナム・マレーシア・タイへ広がったため、漁獲量が激減し、価格が高騰している。 参考文献 [ ]• [ ]• 『水産面の甲殻類研究者と沖縄での幼生研究』 2010年 日本甲殻類学会第48回大会シンポジウム『甲殻類研究の歩み』• では全世界の沿岸部に多く生息するバクテリアが原因と推定している。 なお、このバクテリアは人間には無害である。 FAO 2013年5月3日. 2013年10月24日閲覧。 日刊水産経済新聞 2013年3月14日. 2013年10月23日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• 農政水産部水産課• 魚病研究 Vol. 29 1994 No. 2 P141-148• 魚病研究 Vol. 29 1994 No. 2 P135-139• 日本水産学会誌 Vol. 54 1988 No. 7 P1209-1212.

次の

車えびの宜野座養殖場

くるま えび

養殖といえば薬漬けの悪いイメージがありますが、私達は薬剤を可能な限り投与しない方針で養殖を行っています。 EM菌や納豆菌などを活用しています。 悪戦苦闘しながらも安全で美味しいえびをつくろうと努力しています。 12月よりの愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 ご注文については、弊社ホームページからお気軽にお申込みください。 また久米島にお越しの際は養殖場見学をお勧めします。 見学できる生産期間は11月から翌年の7月までの9か月間。 なお、 活クルマエビの個人販売期間は11月中旬〜4月30日の間ですので、よろしくお願い申し上げます。 一般のお客様で養殖場までお越しいただければ出荷作業中のときは活きえびの刺身を試食いただきました。 ちなみに昨年の試食者数は1000名を超えました。 現在は成長途中で少しこぶりですが、大きいものから販売しますのでエビのサイズはいつもと変わりません、 試食はおひとり様1尾ずつとなっております、ご了承ください。 出荷作業の時間帯は午前中ですので、ご覧になりたいお客様は午前中にお訪ねくださいませ。 みなさまのご来店を歓迎いたします。 試食用の活エビは胴体部分をお刺身で、頭は焼いてお召し上がりいただいてます。 代引き料金もサービスさせていただきます。 厳寒期の北海道方面のお届けは冷えすぎにより活きて届かない場合がございます。 万一死んでいる場合、火を通してのお召し上がりをお願いします。 ご注文の際はお届け先住所の選択をお忘れのないようにおねがいします 弊社は創業45年、車えびの生産量日本一を誇る沖縄県においても二番目に長い歴史を持っています。 久米島の温暖な環境ときれいな海水を利用し45 年間、こつこつと車エビ養殖一筋で頑張ってきました。 海洋深層水を利用してウィルスを持たないウィルスフリーのエビを開発するなど健康で安全な車エビができるようになり、安定して車エビを生産できる環境が整っております。 南西興産株式会社の車エビは東京豊洲市場での評価も高く 良い物をより安く 提供させていただいてます。 弊社の活車エビは 生で良し、ゆでて、揚げて グルメも唸る贅沢な一品です。 ホームパーティーや御進物に弊社活車エビのご利用には、多くのお客様からご好評をいただいております。 この機会にどうぞご利用くださいませ。 車えび養殖の際には、養殖期間中の抗生物質や殺菌剤などは一切使用しておりません また海洋環境に配慮し、乳酸菌や納豆菌、光合成細菌などの有用微生物群を投入し、有機物の分解を促進しつつ 安心安全な食材をご提供させていただいてます。 と言うわけでお子様やお年寄りにも優しい弊社の活車エビをご賞味いただきますようよろしくお願い申し上げます。 久米島は車えび"日本一の生産量"を誇っています 世界有数のサンゴ礁にかこまれた久米島の紺碧色の美しい海は車えびの養殖には最適な環境なのです。 きれいな海で健全に育てた久米島産車えびを是非ご賞味下さい。 会員パスワードをお忘れの方は、表紙上のアカウントから パスワードの再設定を行うことができます。 お客様保護の立場から作成されていますので、安全性が高くご安心いただけます。 クレジットの手続きの際は先に進むのが不安で途中でおやめになる方がいらっしゃいますが、弊社から商品が出荷されない限り決済できないシステムですから、どうぞ自身をもって最後までお進みくださいますようお願い申し上げます。 なおクロネコwebコレクトでお申し込みの場合の有効期間は1か月です。 Ltd.

次の