激 おこ ぷんぷん 丸。 東京ポッド許可局 『激おこぷんぷん丸』論 書き起こし

【話題】10代がよく使う流行語「それなー」「あっ (察し) 」30代「激おこぷんぷん丸」: 燃えよVIPPER

激 おこ ぷんぷん 丸

「おこ」とは「怒る」や「怒ってる」を可愛く表現した用語で、実際には本気で怒っている時にはあまり使われず、何かに拗ねていたり少しだけ怒っている場合に使われる事が多いです。 自分が使う場合は「おこだよ」や、相手に怒っているか聞く場合は「おこなの?」といった表現があります。 2011年頃からギャル語・女子高生言葉として使われだし、SNSやニコ生などネットでも少しずつ広まり、「激おこ」などの派生系も誕生。 一般にも認知されはじめた2013年にはTwitterで「おこ」の進化系として「激おこぷんぷん丸」という言葉が誕生。 「」のような顔文字と組み合わせて頻繁に使われるようになりました。 その後下記のような、怒りのレベルを示したまとめも登場し、流行語と言える程ツイッターやFacebookなどのSNSや掲示板などで爆発的に使われるような状態に。 各怒りの程度に合わせた人や動物の顔を表現した画像も出回りました。 まじおこ• 激おこぷんぷん丸• ムカ着火ファイヤー• カム着火インフェルノォォォォオオウ• 激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム• 憤怒バーニングファッキンストリーム• 大噴火レジェントサイクロンフレアァァッ• 魔神・大噴火レジェンドサイクロンフレアァァァ• 神魔王・大噴火レジェンドサイクロンフレアぁぁぁぁぁ!!!!!!• 超新星・エンシェントジェノサイドブレイバァァァ• 超新星・ムカおこエンドオブエンシェントジェノサイドブレイバァァァ• スーパーノヴァギャラクシーエンジェルフレイムシンセサイザァァァァァ• ビッグバンテラおこサンシャインヴィーナスバベルキレキレマスター• ユニバァーーーーーーース激激 当初は6段階まででしたが、2013年9月には最終形態として15段階目の「ユニバァーーーーーーース激激」が登場し、以降はストップしています。 2018年現在では時々見かける程度ではありますが、当時は2013年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされたり、「ネット流行語大賞2013」で銀賞、「ギャル流行語トップ10」で2位など、いかに注目されていたかを伺わせる賞を受賞しています。 なお、激おこぷんぷん丸の反対語として、嬉しい時に使う「まじるんるん御機嫌丸」や、気分が落ち込んだ時の「ガチしょんぼり沈殿丸」、眠たい時の「激ネムスヤスヤ丸」などの言葉も生まれました。

次の

「激おこぷんぷん丸」「ムカ着火ファイヤー」「げきオコスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」って何よ?|【がらくたチップス】

激 おこ ぷんぷん 丸

LINEは5月25日、「年代ごとの流行語や認知度」に関する調査結果を発表した。 調査は4月にネット上で実施し、15~59歳の男女5250人から回答を得た。 10代に「普段使っている流行語」を聞いたところ、最も多かったのは「それなー」(69. 6%)。 次いで「詰んだ」(56. 4%)、「陽キャ/陰キャ」(55. 8%)が続いた。 一時期流行した「タピる」は上位にランクインしなかった。 印象的だった流行語 30代「チョベリグ」「激おこぷんぷん丸」 10代の流行語について、親世代(40~50代)はどれほど知っているかを聞いた。 「それなー」は半数以上の人が意味を理解できると回答。 「じわる」「エモい」「〇〇み」も3割以上の人が知っていると回答した。 世代別に見ると、「詰んだ」「陽キャ/陰キャ」「ぴえん」「尊い」は、各年代で2割以上の人が知っているが、40代以上の年代は知らない人が多い。 また、「あっ… 察し 」「えぐいて」「レベチ」は20代には通じても30代以上には通じない可能性が高いようだ。 以前に流行っていた印象的な流行語を聞くと、10~20代では「卍」「マジ卍」が多く挙がった。 また10代では「草」「エモい」が、20代では「KY」「どんだけ」も多く回答された。 30代~40代では「チョベリグ、チョベリバ」が多く挙がり、30代に限定すると「激おこぷんぷん丸」も挙げられ、当時のギャル語が目立った。 また40代では「だっちゅーの」を挙げる人も多かった。 50代からは「ナウい」の回答が多く見られた。

次の

「激おこぷんぷん丸」ってなに? 新しい「怒りの単位」が話題

激 おこ ぷんぷん 丸

人間よりも上手に怒りの表情を表すことでコミュニケーションをとる動物たち。 野生動物もペットもうまく怒ることで意思を伝えている。 激おこぷんぷん丸な動物たち。 2.もしかして無断撮影に怒った?YouTubeでこういうシーンよく見る気がする。 3.コアラみたいに抱きついていたかったのに飼い主が動いたから怒った感。 4.イチャイチャされたら不快なのである。 5.飼い主の手なんかこうしてやる!がぶり。 6.やりたくもないコスプレに付き合わされている感。 7.遊ぶのをやめたら自分のハウスに戻ってしまった。 そっと覗いてみたら激おこぷんぷん丸だった。 8.どうして怒っているのか分からない。 状況がシュール。 9.頭に乗せられたの嫌だった?それとも別の理由? 10.激おこぷんぷん丸ダブル。 11.耳がイカ耳。 たぶんカメラに怒っている。 12.ピーナッツバターの箱を破壊したので叱った結果、わんこが逆ギレしてきたところ。 13.「テメー勝手に撮ってんじゃねーぞ。 モデル代100円よこしな!」 14.カラーをつけられてすこぶる不機嫌。 15.遊んでいるだけだよね?本気の喧嘩なのか遊びなのかよく分からないときがある。 16.猫「まさか私を置いて出かけるなんてことないよねぇ?」飼い主「えっと…」猫「ねぇ?」.

次の