いびき を 治す。 病院で治すいびき

病院で治すいびき

いびき を 治す

女性のいびきが困る場面 女性がいびきをかいて困るシーンは多々あります。 例えば家族や気の合う友人たちと旅行に行くときなどが挙げられます。 本人は寝ているためいびきには気がついていませんが、一緒の部屋で就寝していた方はわかります。 ときには疲労が溜まり、他の人の睡眠を妨げるいびきをかくことは少なくありません。 そのため次の日に指摘を受けて恥ずかしい思いをし、その旅行を心から楽しめないケースもあるようです。 なかには、いびきをかくかもしれないという思いがストレスになり、さらに症状を悪化させることがあります。 いびきは美容や健康にも影響する可能性が 上記のように恥ずかしい思いをするだけではなく、女性にとっては気になる美容面にも悪影響を及ぼすことがあります。 いびきは呼吸がスムーズに出来ないことから、深刻な睡眠不足を引き起こします。 睡眠が足りないとホルモンバランスが乱れたり、疲れが取れず慢性疲労を生じたりします。 ほかにも酸素が不足すると血糖値を上昇させるホルモンが分泌され、高血圧や糖尿病のリスクを高めると言われています。 それだけではありません。 ホルモンバランスが乱れることで、食欲を増進させます。 食事は人が生きていくために必要な行為ですが、過剰過ぎると肥満になります。 また酸素不足によって脂肪を燃焼できず、太りやすい体質になってしまうのです。 肥満は糖尿病や高血圧など深刻な病気を引き起こすリスクを高めます。 また心臓や脳に十分な酸素と栄養素を供給できずに、心疾患や脳疾患を起こす可能性もあります。 病気や美容面に悪影響をもたらす他に、日常生活にも支障をきたすケースがあります。 慢性的な睡眠不足によって起きている最中に強烈な睡魔に襲われたり、イライラしたりする方は少なくありません。 これらの症状はシチュエーションによっては、命の危険を脅かす可能性があります。 睡眠不足が及ぼす悪影響 例えば運転中に抗えない睡魔に襲われたら、場合によっては事故を起こす懸念があるため注意が必要です。 最悪の場合、被害者をだしてしまうケースもあります。 またイライラが続くと大切な人と些細なことで喧嘩する可能性もあります。 ご自身ではどうしようもない感情に振り回され、大切なものを失うことだけは避けたいものです。 もし、日中にイライラしたり眠かったりするようであれば、いびきをかいている可能性があることを疑いましょう。 いびきは決して治らない症状ではありません。 早めに原因を知り、対処することで上記のような問題を解決することができます。 女性のいびきの原因と治し方 様々な問題を引き起こすいびきですが、決して解決策がないわけではありません。 そもそもいびきとは、空気の通り道である気道が狭くなることで生じます。 つまり狭くなった気道を元の状態に戻すことが重要です。 しかし一概に気道を元の状態に戻すと言っても、原因は一つではありません。 人によって原因は様々です。 女性ホルモンやストレスからくるいびき 例えば女性の場合、原因のひとつとして女性ホルモンの減少が挙げられます。 女性はもともと男性と比べるといびきをかく割合は少ないと言われていました。 しかし昨今では加齢の他にストレス等で女性ホルモンが減少する方が多く、いびきをかく方が増えてきたのです。 女性ホルモンの働きの一つに、気道を支える筋肉の働きを活発化するというものがあります。 しかし女性ホルモンが減ることで空気の通りが悪くなり、いびきをかいてしまうのです。 加齢による女性ホルモン減少は仕方ありませんが、ストレスが原因の場合はストレス解消を講じることも解決のひとつです。 身体の特徴が原因のいびき 他にも身体の特徴によって、いびきをかきやすい人もいます。 現代人は昔と比べると顎が小さい方が多いです。 しかし顎が小さいと気道も細く、顎周辺の筋肉も低下しがちです。 対策としては、噛む力を鍛えることです。 例えば食事の際に、噛む回数を増やしたり硬いものを食べたりするとよいでしょう。 また顎周辺の筋肉を鍛える体操も効果的です。 もし音楽に興味があるなら、トランペットなどの楽器をしてみるのもおすすめです。 サックスやフルート、トランペットなどの楽器は、息を強く吐いたり吸ったりするため気道を鍛えることができると言われています。 肥満の人はいびきをかきやすい? 上記の他に肥満もいびきをかく原因と言われています。 外見上太って見えていなくても、実際は姿勢の悪さや運動不足等もいびきをかく要因です。 なぜなら首周りの筋肉が低下することで脂肪がつき、舌が喉の奥に落ちていびきをかいてしまうからです。 まずは首周りの筋肉を鍛えたり、姿勢を良くしたりなどを心がけましょう。 ほかにも簡易的でよいので、こまめにストレットすることをおすすめします。 いびきを解消することは、健康にも良い影響を及ぼします。 また食生活の改善も意識していきましょう。 肥満の大きな原因は食生活です。 普段から甘いものやお肉類などカロリーが高いものを好んで食べる方は、積極的に野菜を食べることを意識してください。 野菜を食べる量が増えることで、必然的にカロリーが高い肉や甘いものを食べる量が減っていきます。 また食べる順番を意識するのもおすすめです。 先に野菜を食べてから主食を食べる生活を心がけるだけで、自然と体重も落ちていきます。 もし一人暮らし等で料理がする時間がない方等は、コンビニやスーパーで売られているカット野菜を使うとよいでしょう。 カット野菜でも十分に量がありますので、コンビニ弁当やスーパーのお惣菜を併用することで食べ過ぎを防ぐことができます。 無理をするとそれ自体がストレスになり、さらに悪循環を生み出すことがあります。 大切なのは無理をせず、できる範囲で頑張ることです。 鼻が詰まっていることが原因のいびき 普段から鼻が詰まっている方も、いびきをかく方が多いです。 風邪などで鼻が詰まると、必然的に口呼吸になってしまいます。 確かに鼻で呼吸をできないので仕方ありませんが、口呼吸は決して身体に良い影響をもたらしません。 口呼吸の状態で就寝すると、舌が喉の奥に落ち込みます。 その結果、気道が狭くなっていびきをかいてしまうのです。 対策としては早めに鼻の通りを良くすることが重要です。 風邪なら早めに薬を飲んだり病気で診てもらったりして、早めの完治を目指しましょう。 しかしアレルギーなどで常時鼻が詰まっている方は、寝る姿勢を工夫してみてください。 仰向けではなく横向きに寝ることで、舌が喉の奥に落ちこむのを防げます。 また上の鼻の穴が広がることで、鼻呼吸がしやすくなります。 同時にいびきを防止する商品などを併用するともよいでしょう。 もし症状が酷い場合は、手術を受ける選択肢もあります。 レーザーで部分的に鼻の粘膜を取り除く手術があり、受けることで改善する可能性があります。 興味がある方は一度耳鼻咽喉科で詳細な話を聞いてみてください。 お酒好きな人は注意! ほかにアルコールや睡眠薬を服用している方も注意が必要です。 これらは飲むことで筋肉の緊張を緩ませ、なかには筋肉がゆるみすぎて気道が狭くなるケースがあります。 もちろん睡眠薬を必要とする方もいますが、出来る限り睡眠薬に頼らない方法を模索してみましょう。 また普段からお酒を飲む習慣がある方は、お酒を飲むタイミングを調整してみてください。 例えば寝る直前まで飲むのは、避けるのが無難です。 テレビをみたり食事をしたりとながら飲みするのは止めて、寝る3時間前までにはお酒を切り上げるとよいでしょう。 早めに切り上げることで体内でアルコールが分解されて、いびきを防ぐことに繋がります。 お酒を飲まないと寝付けないという方は、部屋の照明を変えてみたりお風呂や食事の時間を工夫する等の対策を講じていきましょう。 まとめ 女性の睡眠不足は人によっては深刻な問題を引き起こすことがあります。 しかし人から指摘されない限りは自覚症状もなく、放置してしまう方は少なくありません。 もしいびきをかいていることを指摘されたり、疑ったりした場合は大きな問題が起きる前に早めに対策が大切です。 対策方法は人によって異なりますが、どれも今すぐに始められるものばかりです。 食事に気をつけたり軽い運動をしたりなど、できることから始めていきましょう。 どの対策もいびきだけではなく、健康に良い影響をもたらすものばかりです。 いびきの問題を解決できれば、慢性的な疲労や日中の猛烈な睡魔などの問題から解放されます。 また大きな病気を発症するリスクを軽減することにも繋がりますので、諦めずに少しずつ改善していきましょう!.

次の

いびきの原因と治し方!【女性・男性・こども】予防改善方法は?

いびき を 治す

女性のいびきの原因は加齢によるもの? いびきの原因としてもっとも多いのは、肥満によって首などに脂肪がつき、圧迫され空気の通り道である軌道が狭くなってしまうことや、風邪による鼻づまりなどが原因です。 その場合はダイエットで脂肪を落としたりして対策はできますが、いびきの原因といっても人それぞれで、対策法もかわってきます。 特に女性の場合は男性と違い、加齢とともにいびきをかく人が増えているのです。 なぜ女性は加齢が関係してくるのでしょうか。 それは「女性ホルモンの減少」が大きく関係しているからです。 もともと、女性ホルモンに含まれるプロゲステロンは、口の中の筋肉を活発にさせる作用があるため、寝ているときもしっかり軌道が広げることができていました。 年齢が若い頃は女性よりも男性の方がいびきをかく人が多いのはこのためなのですが、加齢とともに女性ホルモンが減少してくると、軌道が狭くなりいびきをかいてしまうのです。 もちろん、すべての方の原因が女性ホルモンの減少いうわけではありませんが、 「私は太ってもいないし、鼻づまりもないのに。 」 「最近になっていびきをかくようになったかも。 」 という方は、ホルモンが関係しているかもしれませんね。 スポンサーリンク いびきを治す方法 女性でも簡単にできる対処法 女性ホルモンの減少が原因だからといっても、加齢とともに減っていく女性ホルモンを増やすことは簡単ではありません。 男性のいびき対策とほとんど同じなのですが、まずは始めやすい対策からやってみましょう。 まずは「寝る姿勢を変えること」です。 仰向けに寝ることで舌が軌道を塞ぎ、軌道が狭くなってしまうので横向きで寝る癖をつけることをおすすめします。 次に「口呼吸を治すこと」です。 基本的に口呼吸の方がいびきが出やすいので、日頃から気を付けて鼻呼吸に治していった方が良いですね。 また、お酒が好きな方は寝る前の飲酒や深酒は控えた方が良いですね。 アルコールの成分によって、上気道を支える筋肉が緩み、軌道が狭くなってしまいます。 他にも、肥満気味の方はまず脂肪を落とすところから始め、市販で売ってあるいびき対策グッズに頼るのも一つの手だといえます。 最近では、いびき対策用の寝具なども売っているので、いろいろ試してみるのも良いと思います。 ただし、自己判断で「これは女性ホルモンが原因だな」と決めつけてしまっては危険な場合もあります。 寝ている間に呼吸が止まってしまうようないびきであったり、ちょっとこれはひどいなと感じる場合は、もしかすると他の病気が隠れている場合もありますので、病院で診てもらうことをおすすめしますよ。 女性のいびき 原因や対処法 いびきで真剣にお悩みの方、もしくは家族やパートナーのいびきでお悩みの方も、ちょっとした工夫で、少しでも軽くしたり、治していくことは可能です。 早速、続けていけそうな方法を探して実践してみてはいかがでしょうか?.

次の

大いびきは生活習慣病の一因

いびき を 治す

奥さんからいびきがうるさい!と言われ、病院で治療を受けてみようかな、と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 病院に行くのであれば、耳鼻咽喉科もしくは、いびき外来を受診するのがよいですね。 いびきの原因によっては、歯科を紹介されて、そこでマウスピースを処方されることがあります。 ひどい場合には、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断されて、それ専門の病院に移ることも。 ですが、私のおすすめは、いびきの治し方として本ブログでも紹介しているトレーニング。 いびきは病気ではなく、自力で治すことができるんです。 ただし、その原因にもよりますが。 今回は、いびき外来とはどういったところなのか、そして、病院の検査と治療でかかる料金はいったいどのくらいになるのか、をお伝えします。 病院に行くのと、自力のトレーニングで治すのと、どちらがよいのか、今回お伝えすることを読んでご自分で検討してみてください。 Contents• いびき外来とは いびき外来とは、いびきの診察・治療を専門に扱う病院のこと。 いびきの原因をいろんな方面から分析して、それを突き止め、適切な治療を行っています。 手術に関しても、医学的に適切かどうかを判断し、それが妥当かどうかを判断してくれます。 場合によっては、睡眠時無呼吸症候群(SAS)と診断され、CPAP(持続陽圧換気)療法を受けることになるかもしれません。 まさに、あらゆるいびき治療に対応する理想的な環境を整えているのが、いびき外来なんです。 可能であれば、病院を受診する前に、どんな時にいびきをかくのかを整理しておくと、診療がスムーズ。 ただ、こういう専門の外来は、まだまだ少ないのが現状。 そのため、通常は近くの耳鼻咽喉科を受診することになります。 どうしてもいびき外来を受診したいという方は、いびき外来のある、遠くの病院に通うことになりますが、治療は1日では終わらない場合がほとんどのため、なかなか大変であることは覚悟してください。 また、最近は歯科との共同治療も行われるようになりました。 なぜなら、寝るときにマウスピースを使って、喉の奥の空間を広げるという方法が、いびきの改善にかなり効果的なことがわかってきたから。 病院の検査と治療でかかる料金は? 軽いいびきや鼻づまりの治療については、初診の問診で診断結果が出るため、 薬の処方がなければ1,000円、薬の処方があっても1,500円程度。 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査には、健康保険が適用されます。 CPAP治療の代金は月4,500円程度。 歯科で作成してもらえるマウスピースについては、保険適用できるかどうかを含め、歯科医にご確認ください。 マウスピースの場合、耳鼻科での診断書が必要で、それを持っていくと歯科で作成してもらえます。 費用は 1万円~1万5千円程度。 診断書は別に2,000~3,000円かかります。 いびきを治すということ 信じられないかもしれませんが、正しい方法さえ知れば、いびきを改善することは簡単です。 このページを読んでいるあなたは今、このようなことでお悩みですよね。 いびきがうるさいと、奥さんから文句を言われる• いびきが原因で夫婦関係が気まずい• 市販のいびき防止グッズをいろいろ試したが、いまひとつ効果がない• 睡眠時無呼吸症候群かもしれないと思っている• できれば手術はやりたくない• いびきが気になって、家族や友人と旅行に行くのは気が進まない• 睡眠時間は十分なのに朝の目覚めがすっきりせず、日中に眠気を感じる たかがいびきと、あなどってはいけません。 されどいびきなのです。 いびきが、お互い信頼し合い、仲良くやってきた夫婦の間に大きな亀裂を作ることだってある。 あなたがいびきを治すことで、あなた自身の快眠と健康を手に入れることができます。 それにとどまらず、あなたの健康を心配しつつ、自身も寝不足で悩んでいる奥さんを救うことにもつながる。 そしてそれが夫婦、さらには家族全体の幸せにもつながっていくんです。 これは何も大げさなことではなく、本当にそうなります。 あなたがいびきを克服した先に待っているのは、自信にあふれた、幸せで充実感のある毎日。 そんな素敵な毎日を過ごしている自分を想像してみてください。 家庭でも簡単にできる、いびきを元から改善するテクニックがあります。 いびきが原因で夫婦別室となり離婚寸前だったところ、ある方法でいびきを治し、夫婦円満な関係を取り戻した人がいます。 あなたがいびきを治すことで、快眠と健康を手に入れることができます。 そして、あなたがいびきを治せば、寝不足で悩んでいる奥さんを救うことにもなるんです。 そしてそれが夫婦関係の改善、さらには家族全体の幸せにもつながっていきます。 うそではありません。 あなたがそう思って行動すれば、本当にそうなります。 あなたがいびきを治したその先に待っているのは、自信にあふれた、幸せで充実感のある毎日。 そんな素敵な毎日を過ごしているあなたを想像してみてください。 あなたが一日も早くいびきを治し、健康で幸せな日々を送られることを願っています。 でも、いびきには舌回りのトレーニングがおすすめ でも 私としては、いびきの治し方として病院での治療よりも舌回りのトレーニングがおすすめ。 なかでも、舌回し体操とあいうべ体操が効果的です。 実際のやり方など、詳しくはこちらの記事で説明していますので、これを見て実践してみてください。 参考: 注意)いびきの治し方としてのトレーニングは、鼻いびきの方には効果のない対策です。 鼻づまりなどの自覚症状がある方は、耳鼻科を受診して治療するのがベスト。 こちらの別記事で対処法をご確認ください。 参考: まとめ 今回は、いびきの病院での検査と治療について、そして、それにかかる料金についての内容をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか。 確かに、病院で治療を受けるのは、その先生を信頼して全てを任せることができる、そういった絶対的安心感がありますよね。 先生の言うとおりにしていれば、いびきを治してくれる。 自力で治す場合には、それが自分のいびきに効果的なのか、本当に治るのか、すごく不安です。 なぜなら、いびきを治すのを自分で判断して行う必要があるから。 でも、治ることを信じて、それを継続した先には、明るい未来が待っています。 特に今の西洋医学は対症療法ですから、根本的にいびきを治せるか、というと、必ずしもそうではない。 どちらを取るかは、あなた次第です。 病院での治療、または自力でいびきを治して、快眠と健康、そして幸せを手に! 応援クリックをポチッとお願いします!.

次の