二重 整形 症例写真。 二重整形・二重まぶた・目頭目尻切開の症例写真

症例写真(二重まぶた)|美容整形なら、口コミで評判の美容外科【共立美容外科・歯科】

二重 整形 症例写真

2 術後の腫れの経過 腫れは手術後から翌日が一番ひどく腫れます。 以下では当院で手術を受けた患者様の症例を参考に、術後から完成まで、腫れの経過を写真でご説明いたします。 【手術前】 埋没法の手術前の一重の状態です。 【手術直後】 手術直後はまぶたに少し腫れが出ています。 まぶたは元々左右対称ではないため、腫れにも多少、左右差が生じます。 【手術翌日】 手術翌日は、まぶたが大きく腫れます。 【手術3日後】 まだ腫れが大きく出ています。 【手術1週間後】 腫れがだいぶ引いて、二重幅が安定しています。 【手術1か月後】 腫れが完全に引いて二重幅が安定しています。 上記の経過写真はあくまで、一例です。 人により、腫れ方に多少差があります。 他の症例写真もありますので参考にしてください。 3 腫れがひどくなりやすい人の特徴 腫れがひどくなりやすい人の特徴は3つあります。 以下では埋没法の手術後、腫れがひどくなりやすい人の特徴をご説明いたします。 3-1 広い二重幅を希望した人 手術後の腫れは、狭い二重幅を希望した方より、広い二重幅を希望した方が腫れやすい傾向にあります。 患者様の理想の二重幅があると思いますが、医師と相談し、適切な二重幅にしましょう。 3-2 糸を留める点数が多い 埋没法の手術は人によって、糸を留める数が違います。 糸を留める数が多ければ多いほど腫れもひどく出ます。 医師と相談し、自分に合った点数で埋没法を行いましょう。 3-3 元からまぶたが厚い人 生まれつきまぶたが厚い人は埋没法の手術後腫れがひどくなりやすいです。 まぶたの脂肪が多い分、まぶたが薄い人に比べ腫れがひどく出ます。 4 腫れを抑える方法 埋没法後、まぶたが腫れない人はいません。 人間の構造上、手術を受けると必ず腫れが出てしまいます。 以下では術後の腫れを抑える方法をご説明いたします。 4-1 まぶたを冷やす 手術後の腫れは冷やすことで、抑えることができます。 保冷剤を布や、ガーゼに包み、1回数分程度、まぶたを冷やしてください。 直接冷やすと、冷えすぎて凍傷になる恐れがあるので、直接当てないように注意してください。 4-2 頭を心臓より高くして寝る 手術後は、頭を心臓より高くして寝てください。 高くして眠ることで、まぶたに血が多く回らず、腫れを抑えることができます。 枕が低い方はタオルを重ねるなどして睡眠をとりましょう。 4-3 内服薬の服用 当院では、術後の腫れが心配な方のために、「シンエック」という内服薬をご用意しております。 抗炎症作用・殺菌作用があるため、腫れの回復を早める効果が期待できます。 シンエックは、ご希望の方にのみ¥5,400(税込)で販売しておりますので、お気軽にお申し付け下さい。 5 腫れが長引く行動 腫れが長引く行動として、運動・入浴・飲酒が挙げられます。 運動・入浴・飲酒によって血行が良くなると、血液がまぶたに多く回り、腫れが長引く原因になります。 もし運動をする場合は軽めのジョギング程度にし、入浴は時間を短くするかシャワーにしましょう。 飲酒はなるべく控えて下さい。 手術後からの生活は6を参考にして下さい。 6 手術後からの生活 埋没法の手術後の生活について説明いたします。 【洗顔】 手術当日は目元を避けて行ってください。 翌日からは優しく行って下さい。 洗顔後、顔を拭く際も優しく行って下さい。 【化粧】 手術当日は目元を避けて行って下さい。 翌日からは目元も可能です。 化粧落としの際は優しく行ってください。 【スキンケア】 手術当日は目元を避けて行ってください。 翌日からはお顔全体のスキンケアが可能です。 【目薬】 手術当日は使用しないでください。 翌日から使用可能です。 【飲酒】 手術当日は控えて下さい。 翌日以降も体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるのでなるべく飲酒を控えて下さい。 【運動】 手術当日は控えて下さい。 翌日以降可能ですが、軽めの運動でも体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるのでなるべく控えて下さい。 【入浴】 手術当日は控えて、ボディーシートなどで代用してください。 翌日以降は可能ですが、体が温まって腫れが強く出てしまう可能性があるので、長時間の入浴は避けてください。 【コンタクト】 手術当日は使用できないので、眼鏡を使用してください。 翌日からは使用可能です。 カラーコンタクトも同様です。 7 腫れを目立たなくする方法 埋没法後の腫れを目立たなくする方法をご説明いたします。 7-1 眼鏡をかける 眼鏡をかけることで、腫れを目立たなくすることができます。 手術後に急に眼鏡をかけて周りから、違和感を持たれる心配がある方は、手術の前から、眼鏡をかけて慣らしておきましょう。 眼鏡を購入する際は、ふちの太いものを選ぶと腫れを隠しやすくなります。 7-2 目元以外に意識を向けさせる 埋没法の手術後は、腫れを隠そうと化粧を普段より濃くしがちですが、余計に目元が目立ってしまう場合があります。 目元が目立たないように、口紅を目立つ色にしたり、服装やアクセサリーを使い、相手が目元以外を意識するように工夫しましょう。 8 まとめ この記事では以下について説明いたしました。 ・埋没法の腫れを写真で解説 ・術後の腫れの経過 ・腫れがひどくなりやすい人の特徴 ・腫れを抑える方 ・腫れが長引く行動 ・腫れが長引く行動を説明する ・手術後からの生活 ・腫れを目立たなくする方法 埋後没法後は必ず腫れが出ます。 腫れることを念頭に埋没法を受けましょう。

次の

二重整形・目元整形の症例写真|八事石坂クリニック(愛知県名古屋市)

二重 整形 症例写真

二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト6選 まずは二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイトから紹介します。 全部で6つのサイトがあるので、できるだけ多くの症例写真に目を通しましょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト1:湘南美容外科クリニック 湘南美容外科クリニックのサイトでは 「SBC他院修正外来」というページで二重修正の症例写真を2件医師のコメント付きで掲載しています。 また、湘南美容外科クリニックの他院修正外来では、 修正したい部分の写真をメールで送信すると修正可能かどうかを相談できるそうなので、ぜひ気軽に利用してみましょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト2:聖心美容クリニック 聖心美容クリニックのサイトには、 二重修正の症例写真が6件と多く掲載されています。 症例写真が載っているページには二重修正に適応がある人の特徴も記載されているので、自分が適応するのかどうかをチェックしてみるのも良さそうです。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト3:品川美容外科 品川美容外科の症例写真のサイト内で「二重 修正」と検索すると、 11件の二重修正の症例写真を見ることができます。 担当医の名前やどの施術法で修正したかも明記してあるので、非常に参考になるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト4:高須クリニック 高須クリニックのサイトでは、 二重修正の症例写真が20件掲載されており、アップではっきりと仕上がりを確認することができます。 かなりひどいビフォー画像でもアフター画像では綺麗な二重に修正されており、技術の高さが伺えるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト5:大塚美容形成外科・歯科 大塚美容形成外科・歯科のサイトでは、 2件の二重修正の症例写真を見ることができます。 ビフォーアフター画像だけでなく経過写真数枚と医師のコメントが掲載されているので、術後経過についてもよりくわしく知ることができるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト6:ヴェリテクリニック ヴェリテクリニックのサイトには、 二重修正の症例写真が3件あります。 なかには 他院で3回修正を受けたという人の症例写真もあり、ヴェリテクリニックの二重修正の後では とても自然で綺麗な二重を手に入れることに成功したようです。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ5選 クリニックのサイトで一通り症例写真を見終わったら、次は医師やスタッフが公開している症例写真付きのクリニックブログを見るのがおすすめ。 症例写真の解説がよりわかりやすくされている クリニックブログを5つ紹介します。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ1:湘南美容外科クリニック 横浜院 院長 竹田啓介 ドクターブログ 「」には、 他院ではできなかった二重修正をした際の症例写真付き記事が掲載されています。 症例写真が多く、丁寧に解説されているため、初心者にもわかりやすいでしょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ2:美容外科医 片岡二郎 biog -院長とときどきスタッフブログ- 「」では、 他院で二重全切開と脱脂の手術を受けた患者の修正手術前と後について解説されています。 主に目の左右差を修正していますが、 二重修正を行ったことで微妙な目の左右差さえ気にならない仕上がりになっているのがはっきりわかるでしょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ3:池本形成外科・美容外科 院長ブログ 「」では、 二重修正についての症例写真付き記事を多く掲載しています。 二重修正後の症例写真や経過を載せるだけでなく、 修正前に他院で受けた手術後の経過写真も多く載せているため、非常に比較がしやすいです。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ4:仙台美容外科 SENDAI BEAUTY CLINIC くまのブログ 「」では、 他院で6年前に二重整形を行ったものの二重幅が狭くなってしまったという人の二重修正を行った様子が掲載されています。 二重修正のあとは不自然にならない程度の幅広二重を手に入れているので、幅広二重に修正したい人は一読しておきましょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ5:シエルクリニック院長ブログ 「」で紹介されている二重修正は くわしくいえば眼瞼下垂の修正ですが、二重修正と共通する点がいくつもあります。 他院で修正しても修正しきれなかった患者の二重修正でしたが、 シエルクリニックの二重修正後では左右の二重幅の差がほぼなく、綺麗に修正されているのがわかるでしょう。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ4選 クリニックの症例写真や解説付きの医師ブログをチェックしたら、最後は体験ブログでリアルな声を聞いてみましょう。 二重修正を実際に行った人の 症例写真付き体験ブログを4つ紹介します。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ1:PINK! の二重全切開経過ブログ。 「」は、二重全切開をしてから数日で左目の違和感に気付き、 3か月後に左目のみ修正手術を受けています。 修正手術から9か月経ったあとも左目の二重幅は右目のものより少し広めになっているようですが、ブロガーさん本人は特に気にしていないようです。 再々修正手術の記事は残念ながらアメンバー限定閲覧になっていますが、 再修正手術の経過はアメンバーでなくても見れるようになっており、一読する価値ありです。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ3:二重全切開修正します 「」は、 二重切開の失敗を経て二重修正手術、再修正手術を行い、やっと満足のいく目もとを手に入れられたブロガーさんのブログ。 修正前と修正後、再修正後の経過写真をまとめている記事もあるので、経過の詳細や比較が見たい人におすすめです。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ4:整形失敗して3年間引きこもり。 5回の修正手術を通してもまだ左目に違和感があるようです。 整形に踏み切る前に医師の腕をしっかりと確認しておくことの重要さを再確認させられます。 二重修正手術は必ず自分が信用できる医師の元で受けよう 二重修正の症例写真はクリニックのサイトや医師のブログ、実際に体験した患者のブログで見ることができます。 二重修正手術は 1度目に受けた手術のときよりも何倍も慎重に医師選びをしなければなりません。 修正手術まで何度も受けなおすはめにならないようにするためにも、 二重修正手術の前にいくつものブログやサイトを読み、必ず自分が信用できると思った医師を選ぶようにしましょう。

次の

二重修正を5回した人も。二重修正の症例写真が見られるサイト14選

二重 整形 症例写真

二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト6選 まずは二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイトから紹介します。 全部で6つのサイトがあるので、できるだけ多くの症例写真に目を通しましょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト1:湘南美容外科クリニック 湘南美容外科クリニックのサイトでは 「SBC他院修正外来」というページで二重修正の症例写真を2件医師のコメント付きで掲載しています。 また、湘南美容外科クリニックの他院修正外来では、 修正したい部分の写真をメールで送信すると修正可能かどうかを相談できるそうなので、ぜひ気軽に利用してみましょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト2:聖心美容クリニック 聖心美容クリニックのサイトには、 二重修正の症例写真が6件と多く掲載されています。 症例写真が載っているページには二重修正に適応がある人の特徴も記載されているので、自分が適応するのかどうかをチェックしてみるのも良さそうです。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト3:品川美容外科 品川美容外科の症例写真のサイト内で「二重 修正」と検索すると、 11件の二重修正の症例写真を見ることができます。 担当医の名前やどの施術法で修正したかも明記してあるので、非常に参考になるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト4:高須クリニック 高須クリニックのサイトでは、 二重修正の症例写真が20件掲載されており、アップではっきりと仕上がりを確認することができます。 かなりひどいビフォー画像でもアフター画像では綺麗な二重に修正されており、技術の高さが伺えるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト5:大塚美容形成外科・歯科 大塚美容形成外科・歯科のサイトでは、 2件の二重修正の症例写真を見ることができます。 ビフォーアフター画像だけでなく経過写真数枚と医師のコメントが掲載されているので、術後経過についてもよりくわしく知ることができるでしょう。 二重修正の症例写真が見られるクリニックのサイト6:ヴェリテクリニック ヴェリテクリニックのサイトには、 二重修正の症例写真が3件あります。 なかには 他院で3回修正を受けたという人の症例写真もあり、ヴェリテクリニックの二重修正の後では とても自然で綺麗な二重を手に入れることに成功したようです。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ5選 クリニックのサイトで一通り症例写真を見終わったら、次は医師やスタッフが公開している症例写真付きのクリニックブログを見るのがおすすめ。 症例写真の解説がよりわかりやすくされている クリニックブログを5つ紹介します。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ1:湘南美容外科クリニック 横浜院 院長 竹田啓介 ドクターブログ 「」には、 他院ではできなかった二重修正をした際の症例写真付き記事が掲載されています。 症例写真が多く、丁寧に解説されているため、初心者にもわかりやすいでしょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ2:美容外科医 片岡二郎 biog -院長とときどきスタッフブログ- 「」では、 他院で二重全切開と脱脂の手術を受けた患者の修正手術前と後について解説されています。 主に目の左右差を修正していますが、 二重修正を行ったことで微妙な目の左右差さえ気にならない仕上がりになっているのがはっきりわかるでしょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ3:池本形成外科・美容外科 院長ブログ 「」では、 二重修正についての症例写真付き記事を多く掲載しています。 二重修正後の症例写真や経過を載せるだけでなく、 修正前に他院で受けた手術後の経過写真も多く載せているため、非常に比較がしやすいです。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ4:仙台美容外科 SENDAI BEAUTY CLINIC くまのブログ 「」では、 他院で6年前に二重整形を行ったものの二重幅が狭くなってしまったという人の二重修正を行った様子が掲載されています。 二重修正のあとは不自然にならない程度の幅広二重を手に入れているので、幅広二重に修正したい人は一読しておきましょう。 二重修正の症例写真が解説付きで見られるクリニックブログ5:シエルクリニック院長ブログ 「」で紹介されている二重修正は くわしくいえば眼瞼下垂の修正ですが、二重修正と共通する点がいくつもあります。 他院で修正しても修正しきれなかった患者の二重修正でしたが、 シエルクリニックの二重修正後では左右の二重幅の差がほぼなく、綺麗に修正されているのがわかるでしょう。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ4選 クリニックの症例写真や解説付きの医師ブログをチェックしたら、最後は体験ブログでリアルな声を聞いてみましょう。 二重修正を実際に行った人の 症例写真付き体験ブログを4つ紹介します。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ1:PINK! の二重全切開経過ブログ。 「」は、二重全切開をしてから数日で左目の違和感に気付き、 3か月後に左目のみ修正手術を受けています。 修正手術から9か月経ったあとも左目の二重幅は右目のものより少し広めになっているようですが、ブロガーさん本人は特に気にしていないようです。 再々修正手術の記事は残念ながらアメンバー限定閲覧になっていますが、 再修正手術の経過はアメンバーでなくても見れるようになっており、一読する価値ありです。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ3:二重全切開修正します 「」は、 二重切開の失敗を経て二重修正手術、再修正手術を行い、やっと満足のいく目もとを手に入れられたブロガーさんのブログ。 修正前と修正後、再修正後の経過写真をまとめている記事もあるので、経過の詳細や比較が見たい人におすすめです。 二重修正を実際に行った人の症例写真付き体験ブログ4:整形失敗して3年間引きこもり。 5回の修正手術を通してもまだ左目に違和感があるようです。 整形に踏み切る前に医師の腕をしっかりと確認しておくことの重要さを再確認させられます。 二重修正手術は必ず自分が信用できる医師の元で受けよう 二重修正の症例写真はクリニックのサイトや医師のブログ、実際に体験した患者のブログで見ることができます。 二重修正手術は 1度目に受けた手術のときよりも何倍も慎重に医師選びをしなければなりません。 修正手術まで何度も受けなおすはめにならないようにするためにも、 二重修正手術の前にいくつものブログやサイトを読み、必ず自分が信用できると思った医師を選ぶようにしましょう。

次の