アヒル 名前 の 由来。 カモ・鴨(かも)

薬の名前にはどんな意味があるの?~医薬品の商品名の4つの由来

アヒル 名前 の 由来

記事の内容• 回答:由来は4パターンある 薬の名前の由来には、大きくわけて以下のようなものがあります。 似たようなカタカナの名前ばかりですが、ご自分が使っている薬については、できるだけ正確な名前を憶えておくことをお勧めします。 商品名と有効成分が類推できるため、何の薬か覚えやすい反面、後発医薬品と名前が類似したり、別の有効成分とも似たりした場合は、ミスにつながります。 胃薬が「胃粘膜保護薬」・「H2ブロッカー」・「プロトンポンプ阻害薬」などに分類されるのが例です。 薬の分類に由来した名前がついた薬は、メーカーや薬効が類推できるため、覚えやすい薬と言えます。 意味を知れば覚えやすいので、一度インタビューフォームを見てみることをお勧めします。 ですが、莫大なコストをかけて開発した薬に、てきとうな名前を付けることはないはずです。 どんな意味が込められているのかを考えるのも面白いものです。 こういった薬は、名前が違うので別の薬のように思われますが、全く同じ薬です。

次の

家鴨と書いてアヒル読む名前の由来とは?

アヒル 名前 の 由来

記事の内容• 回答:由来は4パターンある 薬の名前の由来には、大きくわけて以下のようなものがあります。 似たようなカタカナの名前ばかりですが、ご自分が使っている薬については、できるだけ正確な名前を憶えておくことをお勧めします。 商品名と有効成分が類推できるため、何の薬か覚えやすい反面、後発医薬品と名前が類似したり、別の有効成分とも似たりした場合は、ミスにつながります。 胃薬が「胃粘膜保護薬」・「H2ブロッカー」・「プロトンポンプ阻害薬」などに分類されるのが例です。 薬の分類に由来した名前がついた薬は、メーカーや薬効が類推できるため、覚えやすい薬と言えます。 意味を知れば覚えやすいので、一度インタビューフォームを見てみることをお勧めします。 ですが、莫大なコストをかけて開発した薬に、てきとうな名前を付けることはないはずです。 どんな意味が込められているのかを考えるのも面白いものです。 こういった薬は、名前が違うので別の薬のように思われますが、全く同じ薬です。

次の

お風呂に浮かべるアヒルに名前ってあるの?そもそもなぜアヒルなの!

アヒル 名前 の 由来

生態 [ ] のマガモを飼いならして家禽化するうち、個体や品種にもよるが、体が大きく重くなり、は小さくなって数ほどしか飛ぶことが出来なくなった。 また、体形も太ったもの、直立して歩くものなど色々変化した。 アヒルは年間で150 - 200個の卵を産む。 は特にが盛んである。 の大きさはのものよりやや大きく、の色は極薄いである(色名ダックエッググリーンの由来)。 産卵から30日弱でが孵化する。 ただアヒルは卵を産んでも、抱卵しない個体もあるため確実に卵を孵すためにを使うことが多い。 その他、抱卵性の残っているや等の卵に混ぜて、ニワトリに暖めさせる方法もある。 生まれたヒナが卵を産むようになるのは生後5か月 - 6か月。 繁殖が可能になるはで生後6か月 - 7か月頃。 は性成熟が雌に比べてやや遅い。 は早春から秋にかけてであり、水上や陸上など場所を問わずする。 雌を巡って雄どうしが激しく争うこともある。 食性は性で、家禽用の類を主にしたのほか、人間の食べる類ややなど、個体差はあるものの基本的には何でも食べる。 ただし、食べるからといって何でも与えるのはアヒルの健康のためにはよくないとされている [ ]。 家禽から野生化したものは、草の新や、小型の類、などを捕食する。 アヒルはつがいになると共に長く暮らすことがあるが、一生同じ相手と過ごすとは限らない。 野生化したものは域で暮らすことが多いが、原種のマガモはで暮らすこともできるため、アヒルも海上で暮らすことができる。 野生のものは飼育下のものに比べ産卵の頻度が低い。 は5 - 20年ほど。 野生、家禽に関わらず、やなどに捕食されることがある。 分布 [ ] 幼鳥 は全長50 - 80cmほどで、体重は3. 0 - 5. 0kg前後のものが多く、生態のところで述べてあるように、マガモと比べると大型である。 雄より雌の方がやや小さい。 生まれたばかりのの体重は70g前後。 はが主で、幅が広いいわゆる「」の形をしている。 上下には細かいギザギザがあるため、獲物の虫をくわえとったり、雑草の新芽を切り取ったりするのに利用する。 は黄色やで、大きなを持っている。 細いのなどにつかまることはできない。 は40. 0 - 41. 5度ほど。 と似ているが、ガチョウはアヒルよりひと回り大きい。 またガチョウの首が長く直立しているのに対し、アヒルの首は「乙」の字型で短い。 種類 [ ] 「」も参照• シロアヒル…日本でよく飼われている。 で嘴と水かきは黄色い。 アオクビアヒル…マガモ形。 雄は首がをしていて白い帯があり、胸は。 雌は全身が褐色で黒斑がある。 関東大型アヒルはこの一系統である。 シキアヒル…体色が。 卵用の品種で、年間250個ほどの卵を産む。 カーキーキャンベル…羽毛や体毛が。 採卵用として飼育されている。 カユーガアヒル…体色が黒味を帯びた緑色。 肉、卵、観賞用に飼育されている。 カンムリアヒル…を持つアヒル。 ザクセンアヒル…大型種。 全体的に淡い色となる。 ルーアンアヒル、ドイツペキン種、青ポメラニアアヒルをかけあわせて作出された。 卵用、観賞用、愛玩用。 シルバーアップルヤード…大型種。 全体的に白が多く混じる。 卵用、肉用、観賞用、愛玩用として飼育される。 スウェディッシュブルー…中型種。 青みがかった灰色。 ナキアヒル…小型のアヒル。 カモ猟のおとり()として作出されたが、現在は観賞用、愛玩用として飼育されることが多い。 コールダック とも呼ばれる。 体色は白からアオクビ様のものまで様々である。 バフアヒル…卵用、肉用の品種。 イギリス産。 ルーアンアヒル…アオクビアヒルとよく似ている。 マガモ形。 主に肉用として飼育されている。 での飼育が盛ん。 インディアンランナー…卵用の品種。 走るのが得意。 エイルズベリーアヒル…主に肉用。 イギリスで盛んに飼育されている。 テイゲール…卵用。 インドネシアで多く飼われている。 ポメラニアアヒル…中型品種。 ドイツ原産。 マグパイアヒル…小型の卵用品種。 大阪アヒル…北京種とアオクビアヒルの雑種。 容姿はペキンに似ている。 ペキンアヒル…体は白く、脚は赤く、くちばしは黄色。 姿勢は斜立している。 ムスコビーアヒル…いわゆるバリケン種で、 Cairina moschata を家畜化したものなので別属。 観音アヒル…バリケン種のひとつ。 では中国から導入された。 顔が赤い。 食用に飼育されている。 ムラード…ムスコビーアヒルとペキンアヒルの一代雑種。 繁殖能力はない。 肉用およびフランスではフォアグラの生産用に飼育されている。 台湾で飼育されているアヒル 用途は、、、採集など。 として流通しているものの大半はアヒルの肉である。 アヒルとマガモを交配させたアイガモの肉も鴨肉として流通していることもある。 アイガモの外見はマガモに似る。 日本では公園などの池に放し飼いにされているほか、としても飼われている。 野生のアヒルは家禽のニワトリとは異なり嘴の先端をカット(デビーク)していないため、大きな嘴で突かれたり噛まれたりすると出血する場合もあるので注意を要する。 アヒル料理 [ ] 肉料理 [ ]• (あひる鍋)• オリタン(家鴨湯)• 、アヒル(鴨湯)• アヒルとのスープ(虫草全鴨)• 鴨肉麺• ダック(燒鴨)• ( 烤鴨、填鴨)• (塩水鴨)• (板鴨)• あひる(チャオビット)• あひるの(燻鴨)、樟茶鴨• あひるの()• あひるの(蹼)の和え(鴨掌)• あひるのの素揚げ、、燻製、煮込み(鴨舌)• あひるのの素揚げ、唐揚げ、燻製、煮込み(鴨肝)• あひるのの素揚げ、唐揚げ、燻製、煮込み(鴨胗)• あひるのの風• 卵料理 [ ] アヒルの卵はと違い、内部にまで類を多く含むことが多く、のままでは食べられない。 また白身が水っぽくの濃度が低いために加熱しても完全には固まらないので、以下のような加工食品として食用にする。 歴史 [ ] ののは、北部で4000年前に始まっていたとされ、、、でされていた。 、でおよそ2000年前にが化され、では頃に既にされていた。 最も遅いでも頃には化されていた。 なおの化は1900年前ので始められたとする説 やアジアで始められたとする説がある。 におけるに関しては諸説ある。 一説ではにされていたとされる が、されたがからしにされ始めたという説もある。 のが広いことから「あしひろ」が転じて「アヒル」という名称がついたとされる。 の地方ではがへのアヒルの放流を推奨しアヒルの普及のきっかけとなった。 そのためではアヒルのが盛んになり、には「の泥田 どた あひる」として知られるようになった。 ではでアヒルのを用いたを食べるが存在していたほか、現在もでは料理を食べるが残っている。 アヒルが使われる言葉 [ ] アヒル歩行 [ ] に見られることのある病的なの1つに アヒル歩行と呼ばれるものがある。 専門的には動揺性歩行 waddling gait と言い、の患者に見られる場合があることが知られている。 これは歩行時に筋力が不足して地面から挙上した脚の側の骨盤の高さを維持できずに、挙上した側の骨盤が重力の方向に落ちる。 よって上半身を支えるために、接地している側の脚の方へと体幹を傾ける。 これが左右交互に繰り返されるために、歩行時に上半身が大きく揺れるという歩行のことである。 ことわざ・慣用句 [ ] 家鴨の脚絆 あひるのきゃはん は、アヒルの足が短いことから、物事の短い喩えを言う。 家鴨も鴨の気位 あひるもかものきぐらい は、それほどでもない者が高い気位を持っていることのたとえ。 家鴨が文庫を背負う あひるがぶんこをせおう は、尻の大きい女性が不格好に歩く様。 家鴨の火事見舞い あひるのかじみまい は、背の低い人が尻を振って急いで歩く様。 事物 [ ]• アヒルのように突き出た口を「 」という。 詳しくは、。 あひるげた は、歯の間が狭い、表付きの下駄のこと。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - 日本で唯一アヒルの試験研究を行っている、大阪府立の畜産試験機関。 アヒルをモチーフにした著名な商品、キャラクター、ロゴなど• - クラリーノ• - 大学スポーツのマスコットキャラクターにアヒルを使用。 脚注 [ ] [].

次の