会津 若松 市 給付 金。 特別定額給付金について

新型コロナウイルス感染症関連情報

会津 若松 市 給付 金

(6月2日更新)• (5月14日更新)• (特別定額給付金関係)(5月8日更新)• (5月8日更新)• 5月7日更新• (4月24日更新)• (4月11日更新)• (4月9日更新)• (3月18日更新)• (収納課) 6月4日更新• 5月23日更新• 5月12日更新• 4月27日更新• 3月27日更新• 3月6日更新 | | | | | |• 6月8日更新• 6月3日更新• 6月3日更新• 6月3日更新• 5月27日更新• 5月27日更新• 5月27日更新• 5月27日更新• 5月26日更新• 5月15日更新• 5月1日更新• 6月12日更新• 6月2日更新• 6月1日更新• 5月28日更新• (5月22日更新)• 5月15日更新• 4月26日更新• 4月19日更新• (4月24日更新)• 4月14日更新• 5月13日更新• 5月1日更新• 4月25日更新• 5月29日更新• 4月7日更新• (6月4日更新)• 5月10日更新• 5月7日更新• 4月30日更新• 4月14日更新• 4月18日更新• 4月10日更新 新型コロナウイルスの感染者急増に対処するために発令された緊急事態宣言等を踏まえ、市が行うイベント等を6月14日 日曜日 まで中止します。 現在、中止または延期が決定しているイベントは一覧表のとおりです。 6月15日 月曜日 以降については十分な感染防止策を講じ順次再開します。 5月29日更新• 5月25日更新• 5月25日更新• 5月23日更新• (5月20日更新)• 5月10日更新• 5月9日更新• 5月2日更新• 5月1日更新• 4月25日更新• 4月24日更新• 4月19日更新• 4月15日更新• 5月31日 日曜日 までを臨時休業を延長します。 家庭の事情により預かりが必要な小学新1年生から4年生及び特別支援学級の児童のお預かり及び預かり児童の希望者への弁当販売については、以下の期間継続して実施いたします。 6月1日 月曜日 から学校を再開します。 詳しくは5月22日 金曜日 以降に各学校のホームページをご覧ください。 当面は分散登校を実施し、少ない人数での授業を行います。 児童生徒は1日おきの登校になります。 学校給食は6月15日 月曜日 より実施する予定です。 分散登校日でない学童保育の対象児童は朝から学童保育室でお預かりします。 授業時数確保のため、6月から12月の土曜日に月1回から2回程度、登校日を設ける予定です。 入学式は6月1日 月曜日 に中学校は午前、小学校は午後に時間を短縮して実施します。 詳しくは5月20日 水曜日 以降に各学校のホームページをご覧ください。 小学校の参列者は新入生、教職員、保護者 新入生1名につき1名まで• 中学校の参列者は新入生、教職員のみ• 感染に不安を感じる場合には、欠席としない等の対応も可能ですので、各学校にご相談ください。 詳しくは、各学校のホームページをご覧ください。 就労等の理由により保育が必要な小学新1年生から4年生及び特別支援学級の児童については、理由を確認したうえで以下の期間利用できます。 5月31日 日曜日 までの土日祝日を除く平日の午後2時30分から受け入れます。 5月31日 日曜日 までの土曜日については午前8時から午後6時30分 延長利用の方は午後7時 の時間で受け入れます。 6月1日 月曜日 から通常どおり開室します。 就労等の理由により保育が必要な場合は、理由を確認したうえで利用できます。 5月7日更新• 5月25日更新• 6月1日 月曜日 から通常どおり開所します。 5月4日 月曜日 から6月14日 日曜日 まで開館時間を短縮し、午後7時に閉館します。 6月14日 日曜日 利用分までの貸館の受け付けと利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開館し、貸館も行います。 5月4日 月曜日 から6月14日 日曜日 まで開館時間を短縮し、午後7時に閉館します。 6月14日 日曜日 利用分までの貸館の受け付けと利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開館し、貸館も行います。 5月4日 月曜日 から6月14日 日曜日 まで開館時間を短縮し、午後7時に閉館します。 6月14日 日曜日 利用分までの貸館の受け付けと利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開館し、貸館も行います。 5月25日 月曜日 から31日 日曜日 の間は予約資料のみ貸し出しします。 (午前9時から午後5時まで)• 6月1日 月曜日 以降は一般開放し、本の貸し出しのみ行います。 (午前9時から午後7時まで)• 6月15日 月曜日 から開館します。 6月14日 日曜日 まで休館します。 6月15日 月曜日 から開館します。 6月14日 日曜日 まで施設の利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開所します。 6月30日 火曜日 まで休館します。 休止期間以降の利用申請受付は平日(土曜日・日曜日・祝日を除く)の午前9時から午後4時まで行っています。 6月14日 日曜日 利用分までの貸し出しの受け付けと利用を中止します。 6月15日 月曜日 から貸し出しします。 5月31日 日曜日 まで休館します。 6月から8月は例年どおり休館します。 5月4日 月曜日 から6月14日 日曜日 まで開館時間を短縮し、午後7時に閉館します。 (休館日を除く)• 6月14日 日曜日 利用分までの貸館の受け付けと利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開館します。 5月4日 月曜日 から6月14日 日曜日 まで開館時間を短縮し、午後7時に閉館します。 6月14日 日曜日 までの利用を中止します。 6月15日 月曜日 から開館します。 校庭一般貸し出しについては5月31日 日曜日 までの利用を中止します。 体育館• 体育館一般貸し出しについては6月14日 日曜日 までの利用を中止します。 5月分から8月分の利用調整会は5月以降になることが見込まれるため、調整会終了後からの利用開始になります。 6月15日 月曜日 から利用を再開します。 6月1日 月曜日 から通常どおり利用を再開します。 (5月27日更新) 問い合わせ:スポーツ推進課、電話、048-982-6800• 6月1日 月曜日 から利用を再開します。 閉鎖情報などについては PDFファイルの閲覧には、アドビ社が無償配布している ADOBE READER アドビリーダー が必要です。 お持ちでない場合は、アイコンボタンをクリックして、アドビ社のホームページからダウンロードしてください。

次の

【福島民報】 【若松の遠隔診療】患者の負担軽減に期待

会津 若松 市 給付 金

会津地方の医師会と会津若松市の医療機関、調剤薬局などが連携して情報通信技術(ICT)を利用した遠隔診療が始まる。 患者はタブレット端末を介して、自宅で診察、薬剤の処方を受けられる。 四月から市内の竹田綜合病院で導入し、他の医療機関への拡大を目指す。 遠距離通院や診察の待ち時間などの負担を軽減する取り組みに期待する。 遠隔診療は東京の順天堂大医学部付属順天堂病院が二〇一七(平成二十九)年七月から本格的に進めている。 システムは日本IBMが開発した。 会津の遠隔診療は両者との連携・協力で推進する。 会津若松、喜多方の両医師会、薬剤師会の関係者らが実施主体となる会津オンライン診療研究会を設置する。 会津若松市は二〇一九年度一般会計当初予算案に研究会への補助金五百五十万円を計上した。 システム導入のきっかけは昨年三月に厚生労働省が出した「オンライン診療の適切な実施に関する指針」だ。 この中で、二〇一八年度の診療報酬改定では、一定の条件を満たすオンライン(遠隔)診療を診療報酬の対象とした。 ICTを通して診察や診断を行い、診断結果を患者に伝えたり薬を処方したりする医療行為が、一般の病院で取り組みやすい環境となった。 会津では、医師と患者の端末を高画質のテレビ電話でつなぎ、医師が患者の様子を把握する。 処方箋は郵送で患者宅に届き、最寄りの調剤薬局で薬を受け取る。 初診時に、医師が遠隔診療に適した患者かどうかの判断をする。 容体が安定していれば、遠隔診療を行い、直接の診察は三カ月に一度程度で済む。 初年度は通院が困難なパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経系の患者ら約五十人を対象とする見込み。 診療所や中小規模の病院で認知症の人への対応も検討する。 実施主体となる会津オンライン診療研究会には、会津ならではの課題解決に向けた遠隔診療の独自の活用を求める。 高齢化率の高い会津では、通院に苦労しているお年寄りが多い。 会津若松市の医療機関は複数の診療科のある総合病院から医院まで充実しているが、会津地方全域を見渡すと医師不足は深刻な状況にある。 将来は会津若松、喜多方の両市周辺地域から通院している高齢者を遠隔診療の対象者とするのも策の一つだろう。 医師会員自身の負担軽減にも役立ててほしい。 看護、介護も視野に入れた総合的なケアシステムの構築にも遠隔診療がどう関われるか、検討してもらいたい。 (安斎康史) 2019-02-21.

次の

高校生等奨学給付金

会津 若松 市 給付 金

会津地方の医師会と会津若松市の医療機関、調剤薬局などが連携して情報通信技術(ICT)を利用した遠隔診療が始まる。 患者はタブレット端末を介して、自宅で診察、薬剤の処方を受けられる。 四月から市内の竹田綜合病院で導入し、他の医療機関への拡大を目指す。 遠距離通院や診察の待ち時間などの負担を軽減する取り組みに期待する。 遠隔診療は東京の順天堂大医学部付属順天堂病院が二〇一七(平成二十九)年七月から本格的に進めている。 システムは日本IBMが開発した。 会津の遠隔診療は両者との連携・協力で推進する。 会津若松、喜多方の両医師会、薬剤師会の関係者らが実施主体となる会津オンライン診療研究会を設置する。 会津若松市は二〇一九年度一般会計当初予算案に研究会への補助金五百五十万円を計上した。 システム導入のきっかけは昨年三月に厚生労働省が出した「オンライン診療の適切な実施に関する指針」だ。 この中で、二〇一八年度の診療報酬改定では、一定の条件を満たすオンライン(遠隔)診療を診療報酬の対象とした。 ICTを通して診察や診断を行い、診断結果を患者に伝えたり薬を処方したりする医療行為が、一般の病院で取り組みやすい環境となった。 会津では、医師と患者の端末を高画質のテレビ電話でつなぎ、医師が患者の様子を把握する。 処方箋は郵送で患者宅に届き、最寄りの調剤薬局で薬を受け取る。 初診時に、医師が遠隔診療に適した患者かどうかの判断をする。 容体が安定していれば、遠隔診療を行い、直接の診察は三カ月に一度程度で済む。 初年度は通院が困難なパーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)など神経系の患者ら約五十人を対象とする見込み。 診療所や中小規模の病院で認知症の人への対応も検討する。 実施主体となる会津オンライン診療研究会には、会津ならではの課題解決に向けた遠隔診療の独自の活用を求める。 高齢化率の高い会津では、通院に苦労しているお年寄りが多い。 会津若松市の医療機関は複数の診療科のある総合病院から医院まで充実しているが、会津地方全域を見渡すと医師不足は深刻な状況にある。 将来は会津若松、喜多方の両市周辺地域から通院している高齢者を遠隔診療の対象者とするのも策の一つだろう。 医師会員自身の負担軽減にも役立ててほしい。 看護、介護も視野に入れた総合的なケアシステムの構築にも遠隔診療がどう関われるか、検討してもらいたい。 (安斎康史) 2019-02-21.

次の