デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局。 すそわきがはデリケートゾーン専用の石鹸でケアすると臭わない

ドラッグストアや市販クリームでデリケートゾーンの黒ずみは解消できる?

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

デリケートゾーンの臭いの原因は何? デリケートゾーンの臭いに悩まされている方は、意外と多くいらっしゃいます。 基本的にデリケートゾーンの臭いは、 蒸れからきていることが多いようです。 下着の中が蒸れることで、雑菌があっという間に繁殖します。 特にデリケートゾーンには、おりものや尿、汗、垢、経血など雑菌のエサとなるものが豊富にあるので、雑菌はどんどん繁殖し、臭いがさらに増えていきます。 デリケートゾーンにはワキと同じアポクリン汗腺があり、皮脂腺も多く分布しているため、汗をかきやすいのです。 そのままにしておくと、臭いだけでなくかゆみも発生してきますので、放置せずに対策を講じる必要があります。 それ以外にも、 ゴシゴシ洗うことによって適正なphが崩れることや、ホルモンバランスの乱れ、また食生活の乱れや偏りなど、臭いの原因がいろいろ考えられます。 デリケートゾーンの臭いの悩みを解決するには、清潔にそして健康な状態に保つことが何よりも大事なのです。 ただいつもと違う臭いがある場合には、何かの病気に感染している可能性もありますので、早めに病院で検査を受けるようにしてください。 デリケートゾーンの臭い、消臭効果があるアイテムは? 薬局などで市販されているデリケートゾーンの専用グッズは多数あります。 どれを買ったらいいのか分からないという方も多いようです。 クリームタイプはスプレーなどの液体タイプに比べて密着性があり、効果が持続すると言われています。 汗をかく前でまだ肌が清潔な状態のとき、特にお風呂上りやお出かけ前にケアしておくのがおすすめです。 ウェットシートはデリケートゾーンの汚れをふき取り、臭いを軽減することができます。 外出先などでも簡単にケアできるのが良いですね。 またスプレーには即効性があります。 持続性があまりありませんが、すぐに臭いを改善したい場合にはおすすめです。 石鹸を使うことで、臭いの原因である汗と菌を取り除き、臭いを元から断つことができます。 価格も薬局で1,000円~3,000円ほどと、リーズナブルな値段で市販されているのも嬉しいですね。 スポンサーリンク デリケートゾーンの臭いに消臭効果のあるデオドラントクリームは? 先ほども少し述べましたが、 消臭効果に持続性があるのがクリームタイプです。 肌に対して密着性があるので、効果が続きやすいという特徴があります。 今回紹介するのは、 【99. 999%の殺菌力が24時間後も継続することが第三者機関で実証済み】という「デオシーククリーム」です。 モンドセレクション2年連続受賞という有名な商品ですが、リニューアルされて効果もグレードアップしました。 また、 デリケートゾーンだけでなく、わきが 腋臭 ・皮膚汗臭の防止・制汗効果もあるという万能アイテムです。 低刺激なので子供や敏感肌の方にも使えます。 【永久返金保証付き】で【定期コースの回数縛りなし(1回でもOK)】【送料無料】という条件もお試ししやすい設定となっていますよ。 売店やコンビニでは販売されていないことが多いので、注意が必要です。 ドラッグストアで購入するにしても、店員さんに面と向かってどこにあるのかを聞くのは気が引けるという方も多いようです。 男性の店員さんしかいない場合などは特に聞きにくいですよね。 デリケートゾーンの臭いに消臭効果があるアイテムは、ほとんどの場合、 【生理用品などを置いてあるコーナー】にあることが多いようです。 生理ナプキンやショーツなどが並んでいる棚をチェックしてみましょう。 もしそこにない場合には、 【ボディソープのコーナー】に置いてあることもあります。 どちらのコーナーに置いてあるかは、お店によって異なるようですよ。 探すのが面倒という方は、店員さんに思い切って聞いてみるといいかもしれませんよ。 どうしても恥ずかしいという場合には、 Amazonや楽天など、ネットで購入することもできます。 ネットならいろいろな商品と比べることもできますし、実際に使った方の口コミなどを見ることもできますよ。 ドラッグストアにはないような商品を購入できるのも、ネットの特徴です。 スポンサーリンク デリケートゾーンの臭いに消臭効果のある石鹸は?市販薬局で買えるオススメ! まずは デリケートゾーンに臭いに消臭効果のある石鹸をご紹介していきます。 薬局などで市販されているものは簡単に手に入れることができますよ。 消臭効果のある石鹸で、デリケートゾーンの臭いを取り除きましょう。 15年連続販売個数はなんと305万個の大ヒット商品となっています。 collage-shop. jp コラージュフルフル泡石鹸は薬局などで市販されている、代表的なデリケート専用石鹸です。 抗真菌 カビ 成分であるミコナゾール硝酸塩が真菌の増殖を抑制し、殺菌成分で殺菌の増殖を抑えてくれます。 デリケートゾーンは皮膚が薄く、刺激を避けたい部位ですが、コラージュフルフル泡石鹸なら泡タイプなので刺激せずにやさしく洗うことができます。 また 低刺激・無香料・無色素・弱酸性・パッチテスト済みで毎日使うこともできますよ。 消臭効果にも優れているので、デリケートゾーンだけでなく足の裏や加齢臭などの臭いにも効果があるようです。 matsukiyo. 抗炎症作用効果のある薬用有効成分グリチルリチン酸ジカリウム配合で肌荒れを防ぎ、高保湿成分リピジュアが洗浄後も潤いを保ってくれますよ。 オイルフリー・アルコールフリー・パラベンフリー・石油系界面活性剤不使用・合成香料不使用・無着色なので、毎日使っても安心です。 口コミでも「ワンプッシュで効果がありました」という評価が寄せられています。 ドラッグストアなどでも市販されており、1,800円前後で購入することができますよ。 泡タイプなので、泡立てる手間が不要なのも嬉しいですね。 外出先でデリケートゾーンの臭いが気になった時に使える、消臭効果のあるウェットティッシュも知りたいですよね!中にはトイレに流せるタイプもありますよ。 持ち運びに便利な個包装タイプで、小さなポーチにも入れることができます。 フローラルのやさしい香りで、デリケートゾーンの臭いへの消臭効果もバッチリです!トイレに流すこともできますよ。 matsukiyo. ユーカリ・ヨモギ葉から抽出した天然清浄エキスとグリチルリチン酸2Kを配合しており、お肌を清潔な状態に保ってくれます。 保湿成分リピジュアも配合で、お肌の潤いも守ってくれますよ。 不織布を使っているので、肌触りがよく、お肌の敏感な部分にもやさしく使うことができます。 オイルフリー・アルコールフリー・パラベンフリー・石油系洗浄成分不使用・合成香料不使用・無着色で低刺激なのも嬉しいですね。 使用後はそのままトイレに流すことができますよ。 450円前後で市販されています。

次の

デリケートゾーンにおすすめのソープまとめ|専門家おすすめのお手入れ方法やアイテムも

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

カンジタで悩む女性は多いです。 痒いしムズムズするし不快感でいっぱいになりますよね。 私も一時デリケートゾーンのかゆみに悩んでいた時があり気持ちはよくわかります。 いつ発症しても不思議ではないし他人事に思えません。 真菌が原因なので清潔にしておけば良いのですが、市販のボディソープでは対策は出来ません。 カンジタ菌にピンポイントで効かず、刺激も強すぎるからです。 カンジタには抗真菌成分の入った石鹸をおすすめします。 しかもデリケートゾーン用専用だとなおよしです。 カンジタ向けの石鹸は種類が少なく見つけるが大変なので、私がおすすめの石鹸を調べることにしました。 今辛い思いをしている方、再発対策したいという方は、ぜひこちらのページをお読みください。 デリケートゾーンのカンジタに効くのはどんな成分? カンジタをやっつけるための成分を調べたところ「ミコナゾール硝酸塩」と「サリチル酸」が期待できると判明しました。 カンジタの原因菌にアプローチが望めるからです。 菌を増えにくくなり、治療や予防のサポートが期待できます。 成分1.ミコナゾール硝酸塩 ミコナゾールという医薬品は抗真菌薬とも言われています。 真菌をブロックするため、カンジタや白癬などの治療にも使用されています。 薬の種類はクリームや膣坐剤、経口剤や注射などです。 真菌によるふけ対策のために、ミコナゾール硝酸塩を配合したシャンプーもあり、医薬目的以外では、写真を現像する時に定着させる液体に使用されています。 石鹸ではコラージュフルフルに入っています。 成分2.サリチル酸 ヤナギからも得られる成分で、古くは解熱鎮痛剤として使用されていました。 最近では殺菌や防腐効果も望めるためニキビケアの化粧品にも入っています。 カンジタや水虫などによる痒みの抑制が望めます。 肌の作用が強いため敏感肌の方は刺激を感じる恐れがあります。 正しく使えば高い効果が望める成分です。 カダソンボディソープに入っています。 なぜその成分はデリケートゾーンのカンジタに効果があるの?石鹸に入っているの? ミコナゾール硝酸塩とサリチル酸が、カンジタ向けの石鹸によく配合されていますが、それには理由があります。 どちらもアプローチする物質や解消のさせ方が違います。 ミコナゾール硝酸塩は菌を弱らせ、サリチル酸は菌を消滅させる、または減らす効果が望めます。 ミコナゾール硝酸塩がカンジタ対策に使われる理由 ミコナゾール硝酸塩は全身のカンジタ対策に使用される成分です。 なぜカンジタに使用されるかというと、原因菌である真菌の細胞膜にある「エルゴステロール」を出来にくくする効果が望めるからです。 エルゴステロールとは、真菌の細胞を構成するために必要な成分です。 つまりミコナゾール硝酸塩は、真菌の細胞を弱らす働きが望めるわけです。 サリチル酸がカンジタ対策に使われる理由 サリチル酸は虫や菌が肌に住み着く「寄生性皮膚疾患」の用剤に分類されます。 一言で言うと「強い殺菌・抗菌力」が望めます。 菌の発育を阻止するため、皮膚カンジタの治療にも使用されています。 とくに水虫の原因となる白癬菌へのアプローチが強いです。 デリケートゾーンのカンジタ対策を調査!どんな商品や薬、手術があるの? デリケートゾーンのカンジタは、石鹸でも対策できますが治療となると病院で行うことになります。 ほとんどが病院の薬治療がメインで、抗真菌薬を使用します。 薬の種類は大きく分けて3タイプです。 膣坐薬 カンジタ真菌を抑える 内服薬 内診が苦手な方におすすめ クリームや軟膏 膣坐薬より効果が弱め 膣坐薬はよく使用され、さらに2タイプあります。 1回で1週間持つものと毎日入れるものです。 内服薬は膣坐薬に抵抗を感じる人におすすめです。 内診でデリケートゾーンを見られたくない方は内服薬を希望してみてください。 クリームや軟膏は1日2~3回患部に塗って使用します。 カンジタは薬で治すことが多く、手術はほぼ行われていません。 薬局やドラッグストアのカンジタの薬はデリケートゾーンに使えるの? 市販薬は再発時に使用します。 繰り返しカンジタの症状が出る、再発したが病院に行けないという方向けです。 デリケートゾーンの痒みを止めるために抗真菌薬を塗ります。 自己判断でステロイド剤を塗るのはNGです。 荒療治でオロナインを塗るのも返って悪化させるので使用しないでください。 薬局やドラッグストアの薬剤師さんに相談してから薬を購入しましょう。 デリケートゾーンのカンジタが再発した!市販薬はどんなものがあるの? デリケートゾーンのカンジタは一度治っても再発する可能性があります。 再発時は薬局やドラッグストアの市販薬でも対策できます。 膣坐薬や塗り薬があり、カンジタ菌の殺菌や抗菌が望める成分が入っているのが特徴です。 有名なものだと「フェミニーナ軟膏」の、カンジタ向けの商品があります。 デリケートゾーン用の石鹸でカンジタ対策をする!期待できる石鹸5選 カンジタ治療は病院で行ってもらえますが、日頃から自宅で予防することも大切です。 専用石鹸でデリケートゾーンを洗うようにしましょう。 市販のボディソープだと肌刺激が強く、余計にかゆみや炎症を強める恐れがあります。 真菌対策が望める「ミコナゾール硝酸塩」や、殺菌力が望める「サリチル酸」配合の石鹸がおすすめです。 サリチル酸は刺激が強い場合があるので、ミコナゾール硝酸塩配合の商品がイチオシです。 商品1.コラージュフルフル カンジタ用石鹸といえばコラージュフルフルと言っても良い程有名です。 真菌対策が望めるミコナゾール硝酸塩や殺菌成分が配合されています。 清潔なデリケートゾーンを目指せます。 プッシュするだけでキメ細かな泡が出てきて、無香料なので使いやすさも抜群です。 青色ボトルもありますが中身は同じです。 皮膚科で真菌用の薬をもらい、カビが原因だと考えました。 他のミコナゾール硝酸塩配合の石鹸も使ったけど、私にはこの石鹸が合っていたみたいです。 ブツブツができなくなり病院に行かなくて良くなりました。 評価: 20代、東京、事務職 カンジタ対策のデリケートゾーン用石鹸や薬の使い方や塗り方とは何か? カンジタ対策の石鹸や薬を塗る場合は、どうやって使うのでしょうか?石鹸に関してはとくに変わった使用法ではありませんが、泡立てネットで泡立て優しく洗うのがポイントです。 綺麗にしたいからといって洗い過ぎると、自浄作用が弱まりカンジタの菌が増えやすくなるからです。 薬は処方薬と市販薬があり、膣坐薬と内服薬、軟膏があります。 それぞれ医師や薬剤師の支持、用法用量を必ず守って使用してください。 専用石鹸はよく泡立て、優しく洗うこと• 医薬品は用法用量を必ず守ること デリケートゾーン用の石鹸や薬、手術は安全?カンジタ対策する際の注意点や副作用 コラージュフルフルなどのカンジタ対策も見込める、デリケートゾーンの石鹸は医薬部外品なので副作用はありません。 しかし使用上の注意点はあるため確認しておきましょう。 病院の処方薬や再発時に使用する市販薬は、副作用も注意点もあります。 カンジタをデリケートゾーン用の石鹸で対策する場合の注意点や副作用 カンジタ対策のためのデリケートゾーンの石鹸は、石鹸といっても使用上の注意点があります。 医薬品と化粧品の間の「医薬部外品」のものもあるため、念のため安全に使うことが大切です。 注意点2.膣坐薬はとくに使い方に注意あり デリケートゾーンの膣内にカンジタが出来た場合は坐薬を入れて直す方法があります。 坐薬を入れた手は清潔にするために洗うようにしてください。 そして坐薬が流れ出る場合があるのでおりものシートを着用しましょう。 下着に薬が付着したままだとムレや雑菌繁殖の原因となるからです。 生理中は薬が流れ出やすく効果を感じにくいです。 どうしても使いたい場合は医師や薬剤師に相談してください。 デリケートゾーンのカンジタの薬は副作用があるの? 副作用は出にくいですが、かゆみや発疹、発赤を起こす可能性があります。 これは腟坐と軟膏どちらにも当てはまる症状です。 もし薬を使用してこれらの症状が出現する、悪化する場合は副作用の恐れがあります。 肌に異常を感じたらただちに使用をやめて医師や薬剤師に相談してください。 勝手に膣カンジタの薬を使わない。 膣坐薬挿入後は手を洗う。 膣坐薬使用時はおりものシートをする。 副作用を感じたらすぐに使用をやめる。 デリケートゾーンのカンジタを対策する石鹸や薬は使い分けると良い デリケートゾーンにカンジタが出来た時は早く直す、なるべくカンジタにならないようにすることが大切です。 専用の石鹸や処方薬・市販薬を上手に使い分けるようにしましょう。 抑制は「ミコナゾール硝酸塩」、殺菌は「サリチル酸」配合の石鹸がおすすめです。 サリチル酸は刺激が強いので、デリケートゾーンに使うならミコナゾール硝酸塩配合の方が優しく洗えます。 再発時を含むカンジタ治療の薬は、なるべく病院で処方してもらってください。 再発時は市販薬でも対応できますが、病院に行けない時の一時的な使用をおすすめします。 自己判断で使用するのは悪化の恐れがあるからです。

次の

デリケートゾーンにおすすめのソープまとめ|専門家おすすめのお手入れ方法やアイテムも

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

【スポンサーリンク】 こんにちは、risukoです。 小学生の子どもがいる40代後半の主婦です。 美容記事を書く仕事などをしています。 あなたはデリケートゾーンのケアをしていますか? もしかして、ケアと言われてもどんなことがケアなのかさえわからない? 実は私もデリケートゾーンってそもそもケアするものであるという意識さえありませんでした。 お風呂に入ったときに清潔に洗っていれば問題ないと思っていたのです。 でも、海外の女性は違うらしいです。 国にもよりますが欧米などではデリケートゾーンのケアは母親が娘に小さい頃からおしえる大切な身だしなみの一つ。 家族が使うボディソープでゴシゴシ洗うなんてことはしない、VIO脱毛は当たり前に行っているということを聞きました。 そして、最近知ったことは、 40代以降、デリケートゾーンも加齢の影響を受けてどんどん老化するらしいということ。 ニオイ、かゆみ、乾燥などの不快症状だけではなく尿漏れなどの深刻な症状に悩まされることにもなるかもしれないというのです。 女性はもっとデリケートゾーンに意識を向けてきちんとケアしなけらばいけないのですね。 まずはデリケートゾーン専用の石鹸を用意してていねいに洗浄、保湿することを心掛けたいと思っています。 今回はデリケートゾーンケアが40代女性にとって大切な理由とおすすめのデリケートゾーン専用石鹸を紹介します。 risuko 産後や更年期の女性こそデリケートゾーンのケアをしっかり行うべきね。 骨盤底筋を鍛えることも大切よ。 尿漏れを防いで若々しくいられるわ。 【スポンサーリンク】 Contents• 40代女性こそデリケートゾーンのケアが必要って本当!? 40代になり以前よりも肌が敏感になり、かぶれやかゆみを起こしやすくなりました。 特に生理中はデリケートゾーンの不快感がひどく憂鬱な数日間を過ごすことが多くなったのです。 こうして徐々にデリケートゾーンのケアの必要性を感じ始め、ある本を読みました。 さまざまなメディアでデリケートゾーンケアの大切さについて提唱している植物療法の第一人者・森田敦子さんの著書です。 森田さんによると、日本人女性はVIO脱毛をしていない人が多く、デリケートゾーンの蒸れやかゆみ、ニオイの原因になっているというのです。 さらに顔や髪は専用のソープで洗いケアをするのに、デリケートゾーンには無関心。 これでは40代以降乾燥による膣萎縮が進み、尿漏れなどの深刻な症状が出てしまう恐れがあるといいます。 デリケートゾーンは体の他のパーツよりも皮膚が弱く、乾燥しやすいところ。 刺激の少ない専用ソープでやさしく洗い、入浴後にはしっかり保湿をしなくてはなりません。 乾燥や摩擦による刺激で黒ずみも起きるというのです。 40代以降、女性ホルモンが減少するとさらにうるおいが奪われて乾燥が進みます。 膣内の粘液も減少していくためカラカラの状態に。 外からうるおいを補ってあげることを真剣に考えないといけませんね。 衛生面からもVIO脱毛を推奨する声が多くあります。 将来、介護されるときのために脱毛する中高年の女性も多いようです。 VIO脱毛をしていない私は今さらと思っていましたが、真剣に検討しようなかという気持ちになってきています。 VIO脱毛するなら医療脱毛にしようとクリニックを調べてあります。 まずは手軽に始められるケアから取り組もうと思っています。 ニオイ、黒ずみ、乾燥、かゆみ…、デリケートゾーンの悩みは尽きない 親しい友人とのあいだでもなかなか話題にしづらいデリケートゾーンの話。 でも、みんな同じように悩んでいると思いますよ。 ニオイや黒ずみをケアする商品ってネットではたくさん販売されています。 デリケートゾーン用のかゆみ止めもドラッグストアでたくさん売られています。 でもなぜかオープンにできないためにコソコソと買いに行くことになってしまうのです。 もっと普通になってほしいですね。 デリケートゾーン専用の石鹸もバスルームに置いて、子どもと一緒に使ってケアの大切さをおしえてあげるようにしたいです。 【スポンサーリンク】 まずはデリケートゾーン専用石けんで洗うことからスタート! デリケートゾーン専用石鹸&保湿アイテムおすすめ8選 LCジャウム・ハーバルソープ ジャウムとはインドネシアに古くから伝わる民間伝承薬。 主な原料は植物の実、皮、根や葉などのハーブ。 『LCラブコスメ』は女性にとって必要なセクシャルヘルスという概念を日本に広めることを理念として取り組み、創業当初からデリケートゾーンのケアアイテムに力を注いでいます。 「LCジャウム・ハーバルソープ」は『LCラブコスメ』でもっとも売上げている大ヒット商品です。 インドネシアの工場で現地の伝統と本物にこだわり手作りでつくり上げられる自然派石鹸。 また、日本人の肌質に合うようにアレンジされています。 防腐剤、安定剤を使用せずに、自然植物のちからで黒ずみ、ニオイを防ぎ肌にうるおいを与えます。 ヤシ油、カミツレ油、アロエベラの保湿成分、ビタミン、アミノ酸が豊富なオタネニンジンの成分が配合されています。 付属に泡立てネットでよく泡立ててからやさしくていねいに洗うだけという簡単なケアです。 【関連記事】 【関連記事】 ミュゼコスメ デリケスキン 美容脱毛サロンで有名な「ミュゼプラチナム」が手掛けるコスメ「ミュゼコスメ」。 デリケートゾーン用のお手入れアイテムが発売されました。 サロンを運営するなかで多くの女性が抱える悩みに向き合ってきた「ミュゼコスメ」だからこそ、女性のデリケートな悩みにアプローチする商品を開発できたといいます。 デリケートゾーンのお手入れアイテムは ホワイトエッセンス 美白美容液 とクリアウォッシュ 洗浄料 のセット。 和漢西洋ハーブによりニオイの元となる雑菌繁殖を抑え、透明感ある肌へと導く美容美白成分を配合。 さらに保湿することでかゆみなどの不快なトラブルから女性の肌を守ります。 「ミュゼコスメ」のデリケートゾーンケアアイテムには期待が高まりますね。 シロキクラゲエキス、シルクエキス、ローヤルゼリーの保湿成分を配合。 さらにカミツレ花やローズマリーなどの種のオーガニックエキスを配しうるおいを与えます。 香りはティーツリーとオレンジ、ラベンダーをブレンド。 アロマの香りに癒されながらケアできます。 固形石鹸を使い慣れない方には液体タイプのソープをおすすめします。 シンプルで柔らかいデザインのパッケージなのでバスルームに置いておいてもさりげなくなじみます。 よく泡立ててからやさしく洗うのが使い方のポイントです。 100%天然の成分を使用、無添加の自然派商品です。 ゼラニウムを始めとした6種類のアロマの香りが幸福感を高めてくれるといいます。 毎日のケアに使うなら固形石鹸タイプはコスパがいいです。 Amazon、楽天で買うことができる人気商品。 米国の医薬品メーカーが展開する『サマーズイブ』の大ヒットアイテムです。 やさしいフローラル系の香りがしてマイルドに洗い上げてくれると口コミで評判。 デリケートゾーンケアのさまざまな商品ラインナップがあります。 フェミデオ デリケートゾーン専用ソープのなかでは特にニオイケアにこだわった商品です。 カキタンニン、チャ葉エキス、グリチルリチン酸、イソプロピルメチルフェノールを配合。 デリケートゾーンの不快なニオイを洗い流します。 さらに黒ずみをケアする成分、保湿成分、アロマ成分も含まれているため総合的なケア力が高いソープです。 保湿や黒ずみ対策として定評がある美容液、クリーム類です。 ハーバルラビットナチュラルゲルクリーム 人気女性雑誌にも掲載され話題となっている黒ずみケア用のゲルクリーム。 優れたうるおい成分と美白成分によってデリケートゾーンやバストトップなどの気になる黒ずみをケアします。 厚生労働省から認可を得ている医薬部外品であること、また60日間の返金保障もあるので、肌が弱くケアアイテム選びに困っている方も試しやすいと思いますよ。 ブラジリアンワックス専門サロンが開発したという、日本人女性のデリケートゾーンの真の悩みを解消するために商品開発されたアイテムなのです。 今もっとも気になるアイテムです。 冒頭で紹介したデリケートゾーンケアの必要性について提唱する植物療法師・森田敦子さんがプロデュースしたコスメ。 デリケートゾーン用の保湿・潤滑ジェルローションです。 主な植物成分はダマスクバラ花水、トウキンセンカ花エキス、シロキクラゲ多糖体、ザクロ種子油。 バラの香りに癒されながらうるおいをたっぷり届けられます。 もっとデリケートゾーンに意識を向けよう! 今まであまりにも無関心すぎました。 デリケートゾーンこそしっかりケアしてアンチエイジングをしなければなりませんね。 これからもっと勉強して、デリケートゾーンケアの記事も増やします! 最後までお読みいただきありがとうございました。 risuko.

次の