英語を活かす 転職。 中高年の転職に英語は武器にならない?

全19職種・英語を使う仕事一覧 ~英語レベル、年収も解説~|転職Hacks

英語を活かす 転職

試験監督• リゾートバイト• 観光案内スタッフ• 飲食店のスタッフ• ホテルのスタッフ• 塾講師、日本語教師• 翻訳・通訳スタッフ• 貿易事務(派遣社員) いずれも企業・地域によって必要な英語力にばらつきがあります。 直接働いている人に話を伺ったり、口コミを調査したりしてから応募した方が良いでしょう。 英語を使う職業のこれから 就職・転職するならなるべく廃業することのない、先行きが明るい職業に就きたいものです。 ここでは、英語を使う職業の今後や、英語を使った職業を選ぶ際の注意点について説明します。 英語を使える人材の需要は伸びている 新興国市場の拡大や訪日外国人の増加、海外と取引するグローバルな日本企業の増加などを背景に国際感覚を持つ人材の需要は高まっています。 ここでいう「グローバル」とは英語に限ったことではありませんが、代表的な世界共通言語の1つである英語のスキルを高めておくに越したことはないでしょう。 社会人の方でも、オンライン英会話レッスンをすきま時間に受講する、自治体の国際課や個人団体が主催している交流イベントに参加するなど、語学力を磨く方法はあります。 また、長期休みを取得して社会人留学したり、休職・辞職のリスクを伴いますがやる気がそれらを優る場合はワーキングホリデーに行ったりしてみても良いかもしれません。 英語を使って何がしたいかが大事 英語を使う職業を選ぶ際に 大切なことは、英語を使って何がしたいかです。 「翻訳の仕事を通して優れた書籍を日本にたくさん紹介したい」「留学カウンセラーの仕事を通じて、自分の好きな海外・教育というフィールドで誰かの人生を変えるお手伝いをしたい」など、英語を使うその先まで考えましょう。 まとめ レベル別に分けて、英語を使うさまざまな職業をご紹介しました。 英語を活かして働く方法はたくさんありますが、語学はあくまでも手段の1つでしかありません。 英語を糧に何を自分は成し遂げたいのか、自分なりの軸を持って仕事探しに臨むと良いでしょう。

次の

株式会社レグルカセ

英語を活かす 転職

英語を使う仕事一覧 目安レベル 職種 ・OA事務 (メールのみ、テンプレートあり) ・メーカーの物流企画 ・生産技術エンジニア ・空港のグランドスタッフ ・海外営業 (国際物流、商社、ITソリューション 等) ・国内営業 (語学教材、外国人派遣 等) ・ITエンジニア ・キャビンアテンダント ・海外旅行の添乗員 ・旅行会社スタッフ ・貿易事務 ・子ども向け英会話講師 ・テレオペレーター (ITサポート、ホテル等) ・レストランのホールスタッフ ・人事、総務、経理 (大手メーカー、商社など) ・外資系企業の受付 ・保育士(プリスクール) ・マンションのコンシェルジュ ・海外留学生・研究者向け寮運営、生活支援 ・英語教材、学習雑誌の編集・制作・校正 ・英語教育関連企業の事務 ・販売企画、マーケティング ・特許技術者、特許事務 ・バイヤー ・外資系企業の英文事務 ・航空会社の人事・総務 ・英会話スクール講師 ・秘書 (大手企業役員、外国人弁護士など) ・資産運用・管理 (ファンドマネージャーなど) ・法務・コンプライアンススタッフ ・学校事務 (留学生に関する業務) ・通訳 ・翻訳 ・経営・戦略コンサルタント グローバル、外資系など ・ソフトウェアの設計・開発 ・外国語専門学校の職員 (エアライン科、通訳科など) さまざまな仕事がありますが、求人情報からわかるのは「英語はあくまでツールの1つ」とする企業が多いこと。 英語よりも、その仕事にとっての基本となるスキルを重視する会社が多いです。 TOEIC550点以上の英語力が活かせる仕事• OA事務 (メールのみ、テンプレートあり)• 国際物流企画• 生産技術エンジニア• 空港のグランドスタッフ 事務の場合、電話でのやり取りが必要なかったり、メールの文面が定形で簡単だったりする場合には、目安となるTOEICの点数も低め。 電話対応も英語でする、相手と英語で交渉するなどの場合には、より高い英語力が必要とされます。 「グランドスタッフ」は、空港で利用客の案内をする仕事。 航空会社のカウンターでチェックインや荷物預かりの手続きをしたり、搭乗ゲートで案内をしたりします。 グランドスタッフの場合、業務には読み書きよりもコミュニケーション能力が不可欠。 必要な点数が低いほど、英語を使う頻度が少ない、あるいは正確な英語でなくても許される環境である可能性が高いです。 これは他の職種でも同じことが言えますね。 グローバルに事業を展開する企業では、アプリ開発などのITエンジニアに、英語でのコミュニケーションが可能な人材を募集しています。 この中で英語を話す機会がより多いのは、国際線のキャビンアテンダントや海外旅行の添乗員。 旅行会社の場合は、主に海外旅行の手配業務に、ある程度の英語の読み書き能力が必要です。 業務で普段使用する専門用語にも、英語が多く使われています。 ホテルのテレフォンオペレーターの業務は、電話の取り次ぎや問い合わせ対応など。 ホテルの場合、英語を使う頻度や必要な英語力は、ホテル自体のレベルや客層、立地などによって大きく異なります。 マンションのコンシェルジュは、住人のためにハイヤーの手配やクリーニングの取り次ぎ、郵便物の発送など、さまざまなことを行います。 英語を使うのは、外国人の住人がいる場合など。 高級マンションほど高い英語力が求められ、立ち居振る舞いにも品格が必要になります。 寮生の生活支援は、留学生を相手に、日本での生活に必要なさまざまな手続きのサポートや相談などを行う仕事です。 英語教育の分野では、その性質上、文法などの面で正確な英語が使えなくてはなりません。 販売企画やマーケティングでは、統計データなどから消費者のニーズを把握、「売れる」商品を企画します。 イベントなどのPR活動を行うことも。 海外に事業を展開する企業などで、英語力が必要です。 【英語力を活かせる仕事】英語力レベルの目安:TOEIC800点以上 いわゆる「ビジネスレベル」の英語が難なく使えると期待されるのはこの辺りから。 ちなみにIT大手の楽天株式会社では、2010年に社内公用語の英語化を宣言しました。 「TOEIC800点」が英語力の基準。 求人情報にも、職種によって「入社までにTOEIC800点以上の取得が必要」あるいは「入社後2年程度で800点の取得が必要」と明記されています。 【英語力を活かせる仕事】英語力レベルの目安:TOEIC860点以上 TOEICでは、スコアが860点以上を「レベルA」(高い順にA~E)と位置づけています。 ネイティブほどではないけれども、英語が母国語でない人としては十分なコミュニケーション能力がある、という評価レベル。 専門的に英語を使う業務には、860点以上のスコアを求める企業が多くみられます。 英語レベル表現と大まかな基準 レベル表現 目安 基本レベル、基礎レベル 簡単な英文の読み書きができる TOEIC550点~ 中級レベル 日常会話レベル TOEIC600点~ 英検2級 ビジネスレベル TOEIC800点~ 英検準1級 ビジネス上級レベル TOEIC860点~ ネイティブレベル TOEIC900点~ 英検1級 ただしこちらも、会社によっては異なる基準で使われることも。 求人情報には、メーカーなどでTOEIC600点以上を「ビジネスレベル」とする企業がいくつかありました。 「日常会話レベル」は、「必要最低限でいい」という意味で使われる一方、「何も困らない」高いレベルとして使う企業もあります。 ちなみに筆者も、英検3級しかない状態で「英検2級程度」の求人に応募したことがあります。 2級を飛ばして準1級を受けていたのですが、応募時点では合格していませんでした。 履歴書には勉強継続中の旨を記入。 筆記試験に受かり、面接でも状況を説明して採用されました。 Q:TOEICのスコア・英検の級に有効期限があるって本当? TOEICのスコアにも、英検の級にも、それ自体に有効期限はありません。 ただ、TOEICの場合は、スコアと顔写真・署名が入った公式認定証を「再発行」できるのが「試験日から2年以内」とされています。 航空会社など、企業によっては応募時に公式認定証を提出しなくてはならないことも。 紛失してしまった人は注意が必要です。 また、企業の中には、募集要項に「2年以内のスコア」と明記しているところもあります。 ちなみに英検の場合は、「留学に使う場合」のみ「合格証明書の発行から2年以内」という有効期限があります。

次の

活かすって英語でなんて言うの?

英語を活かす 転職

勤務地から海外求人を探す• 国内勤務地から外資系求人・語学を生かせる求人を探す• 職種からグローバル求人を探す• 言語からグローバル求人を探す• 業種からグローバル求人を探す• 特徴から転職・求人情報を探す• 初年度年収からグローバル求人を探す• 雇用形態からグローバル求人を探す• 経験からグローバル求人を探す• 人材紹介案件の転職・求人情報を探す• 海外転職ノウハウ• 関連サイト•

次の