タブレット おすすめ ドコモ。 【ドコモ】ガラケーとタブレットの2台持ちにすると月額はどうなる?

タブレット用の格安SIMを選ぶならコレだ!おすすめのMVNOを厳選紹介

タブレット おすすめ ドコモ

Androidタブレットとは? By: Androidタブレットとは、Googleが提供するモバイルOS「Android」を搭載したタブレットのこと。 ほかのOSのモデルに比べて、よりユーザーのニーズに合った製品を見つけやすいのが特徴です。 Androidタブレットは製品ラインナップが豊富なのが特徴。 SNS・動画アプリの利用やネット閲覧などのちょっとした用途であれば、格安の中華系タブレットでも十分活躍します。 また、付加機能が充実しているのもポイント。 特に防水機能は、バスルームやキッチンなどで使いたい方に適した機能です。 Android OSとWindows OSの違い Android OSの特徴 「Android OS」はGoogleが開発したOSで、主にスマホやタブレットなどに搭載されています。 OSを使用する権利が無償なので、多くのメーカーで採用されているOSです。 そのため、製品ラインナップが多く、防水機能付きモデルやテレビ視聴が可能なモデルなども発売されています。 また、SDカードにも対応したモデルなら、デジカメやビデオカメラなどの写真や動画を、タブレットの画面で見たいときなどにも便利です。 そのほか、Androidスマホと同じようにGoogle Playからアプリをインストールできるのも魅力のひとつ。 アプリの種類も豊富で、ホーム画面や日本語入力のソフトなどを自由にカスタマイズすることも可能です。 Windows OSの特徴 「Windows OS」は多くのパソコンにインストールされており、世界的に見てもトップシェアを占めるOS。 Windows OSが搭載されているタブレットは、パソコンに近い操作感があるのが特徴です。 Windowsのタブレットについてもっと知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。 Android OSとWindows OSのどっちがおすすめ? より手軽にタブレットを活用したい方は、価格帯やサイズの選択肢が幅広いAndroidタブレットがおすすめ。 特にAndroid端末のスマホを使っている方は、タブレットとアカウントを統一できるので、大半のアプリ内情報を共有することも可能です。 一方、Windowsパソコンとの連携を重視したい方は、Windowsタブレットが便利。 例えば、パソコンで作成したExcelなどの資料をタブレットで確認する際にも、スムーズに行えます。 作成したファイルをクラウド上で管理すれば、パソコンとのデータ移行もストレスなくできるので、作業の効率化も図れます。 なお、最近はひとつの端末にAndroid OSとWindows OSが組み込まれた「デュアルOS」モデルも展開されています。 用途に応じてOSを切り替えることで、AndroidのアプリとWindowsのソフトが1台のタブレットでカバーできるのが特徴です。 なお、両方のOSを同時に立ち上げることはできず、OSの切り替えには再起動が必要なので、その点は留意しておきましょう。 Androidタブレットのサイズはどれがおすすめ? 7~8インチ|普段使いにおすすめ By: 10インチ以上のAndroidタブレットになると、画面が大きく、全体的にスペックが高い傾向にあるので、動画やゲームを楽しむ用途にもおすすめです。 また、別途キーボードやマウスを用意すればパソコンのような使い方もできるため、1台でタブレットとノートパソコンの2通りの使い方が楽しめます。 ただし、10インチを超えると重量やサイズが大きくなるので、ほかのサイズよりも使えるシチュエーションが限られてきます。 特に、長時間持ったまま操作しているとすぐに手や腕が疲れてしまうため、注意しましょう。 SIMフリー LTE モデルとWi-Fiモデルはどっちがおすすめ? 屋外でも快適に使いたいなら「SIMフリー LTE モデル」がおすすめ SIMフリーに対応したAndroidタブレットは、Wi-Fiの電波が飛んでいない場所でも快適にインターネットが楽しめます。 普段使っているスマホと同じような感覚でどこでもインターネットが楽しめるため、外出先で頻繁にタブレットを使うような方におすすめです。 ただし、SIMフリーに対応したタブレットは、Wi-Fiモデルよりも価格が高くなるのでコスパを重視する方には向いていません。 また、Wi-Fiエリア外でインターネットを利用する際には、別途SIMカードが必要になります。 端末代とは別に月々の利用料金が発生するので、選ぶ際にはランニングコストがどれくらいかかるのかも必ず把握しておきましょう。 コスパ重視の方は「Wi-Fiモデル」がおすすめ Wi-FiモデルのAndroidタブレットは、基本的にWi-Fi環境があるところでしかインターネットに接続できません。 自宅や職場などWi-Fiが通っている場所で使う分には問題ないですが、それ以外の場所ではインターネットが使えなくなるため、外出先でもタブレットを使う方は注意が必要です。 なお、Wi-FiモデルはSIMフリーモデルと比べて汎用性は劣りますが、その分価格が安く、同じモデルでも5000円から1万円ほどリーズナブルに購入できます。 コスパ重視でAndroidタブレットを選びたい方はWi-Fiモデルがおすすめです。 Androidタブレットの選び方 CPUの性能をチェック CPUは人間で例えると「頭脳」にあたる重要なパーツです。 どんなCPUを選ぶのかによってその端末の性能が大きく異なってくるため、Androidタブレットを選ぶ際には必ずCPUの性能をチェックしましょう。 基本的にCPUは「コアの数」「クロック周波数」の2つをチェックすれば、性能を判断できます。 目安としては、ゲームやアプリをサクサク快適に楽しみたいなら、コアの数は「4~8個」、クロック周波数は「1. 8~2. 3GHz」あたりがおすすめです。 ただし、コアの数やクロック周波数が上がるとタブレットの価格も高くなるので、その点は考慮しておきましょう。 メモリの性能をチェック メモリはタブレット内のデータを一時的に保存しておくパーツのこと。 例えば、仕事や勉強をする際には、狭い机よりも広い机の方が効率よく作業ができます。 メモリも同様に、容量が大きくなれば1度にたくさんの処理ができるため、タブレットを快適に使いたいならメモリの性能もしっかりとチェックしてみてください。 選び方の目安として、SNSやWebサイトを見る程度なら「1GB」、ストレスなくアプリやゲームを楽しみたいなら「2GB」、複数のアプリやゲームを快適に楽しみたいなら「4GB」がおすすめです。 ストレージの性能をチェック ストレージは、アプリやゲームなどのプライベートデータからOSなどシステムデータまで、タブレット内のあらゆるデータを保存しておくパーツです。 ストレージの容量が大きければそれだけたくさんのデータを保存しておけるため、いろいろなコンテンツを楽しみたいならストレージの性能もしっかりとチェックしてみてください。 目安として、WebサイトやSNSを見る程度であれば「8~16GB」、アプリやゲームをそれなりに楽しみたいなら「32GB」、写真・動画・アプリ・ゲームなどいろいろなコンテンツを楽しみたいなら「64~128GB」を選びましょう。 ただし、ストレージの容量が大きくなるとその分価格も高くなります。 コスパを重視しつつ多くのデータを保存したい方は、SDカードに対応したAndroidタブレットを選ぶのもひとつの方法です。 ディスプレイの解像度をチェック By: Androidタブレットを選ぶ際、意外と見落としがちなのがディスプレイの解像度です。 解像度とは簡単に説明すると、画面の中にある「ドット(点)」のことで、基本的にはこの数値が多いほど、色鮮やかできれいな映像が楽しめます。 それぞれの特徴として、WXGAは解像度が低い分、リーズナブルな価格です。 ただし、小さな文字を表示すると若干ぼやけて表示されるので、電子書籍などの細かな文字を見るのにはあまり向いていません。 ゲームやアプリを楽しむ分にはあまり気にならないので、あくまでも画質よりコスパを重視する方におすすめです。 一方、フルHDやWUXGAは解像度が比較的高いため、アプリやゲームをきれいな映像で楽しめます。 また、小さな文字も読みやすいので、電子書籍を快適に楽しみたい方にもおすすめです。 OSのバージョンをチェック タブレットは製品によってOSのバージョンが異なります。 OSのバージョンが古いと、「最新のアプリがインストールできない」「新機能が使えない」「悪質なソフト(マルウェア)に感染するリスクが高くなる」などのトラブルを引き起こすことがあるので、タブレットを選ぶ際に注意が必要です。 例えば、人気フリマアプリ「メルカリ」は対応バージョンがAndroid 5. 0、「LINE」や「ポケモンGO」は対応バージョンがAndroid 4. 4以上でなければ、作動しません。 現在リリースされているアプリやゲームはAndroid 4. 4以下だと支障をきたすことが多いので、多くのアプリやゲームを楽しみたい方は、OSのバージョンは最低でも「Android 5. 0~5. 1」以上を選びましょう。 機能をチェック 防塵・防水機能 By: スポーツやアウトドアシーンなどでもAndroidタブレットを使用したい場合は、防塵・防水に対応したモデルがおすすめ。 表記としては、例えば「IP58」などで示され、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを表しています。 特にタブレットをキッチンやバスルームのような水まわりで楽しみたい方は、防水レベルをチェック。 水の飛沫に対して保護されている程度の「IPX4」から、一定の条件で水に浸しても影響がないように保護されている程度の「IPX7」が目安となります。 ぜひ覚えておきましょう。 キッズモード Androidタブレットのなかには、利用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」を搭載した製品があります。 同機能が搭載されているモデルは、有害サイトへのアクセスをブロックしたり、有料アプリの購入を制限したり、アプリのインストール・削除を防止したりと、さまざまなトラブルを未然に防ぐことができるので便利。 子どもとタブレットをシェアして使いたい方は対応の有無を確認しておきましょう。 ブルーライトカットモード タブレットが画面から発する「ブルーライト」が気になる方は、「ブルーライトカットモード」があると便利。 同機能が付いていれば、画面から発せられるブルーライトの量を軽減する効果が期待できるので、目の負担を抑えたい方におすすめです。 特に長時間にわたってタブレットで動画やゲームを楽しみたい方は、しっかりとチェックしておきましょう。 Androidタブレットのおすすめモデル|7〜8インチ 恵安 KEIAN KI-R7 価格の安さが魅力の7インチAndroidタブレット。 CPUはクアッドコア、メモリは1GBなので、WebサイトやSNSを閲覧する用途に向いています。 本体ストレージの容量は8GBですが、microSDカードで最大64GBまで拡張できます。 価格重視でタブレットを選びたい方はもちろん、シニア向け・子供向けのタブレットを探している方におすすめです。 映像美と高音質にこだわった8インチタブレット。 OSはAndroid 6. 0です。 画面の解像感を高めて鮮明に表示する独自技術「VisualMaster」を採用。 映画やドラマなどの動画を美しい表現で楽しむことが可能です。 繊細なタッチ操作を実現する「TruVivid」も搭載しているので、ゲーム用途としても適しています。 また、本製品は、音質面も魅力のひとつ。 ヘッドホンでの7. 1chバーチャルサラウンド再生が可能な「DTS Headphone:X」、本体前面のスピーカーから5. 1chバーチャルサラウンドの再生を行える「DTS-HD Premium Sound」を搭載。 いつでもどこでも迫力のある立体音響を堪能できます。 なお、同一スペックでSIMフリーモデルとWi-Fiモデルを展開しているので、予算や使い方に応じて選べるのも魅力のモデルです。 高性能なクアッドコアCPUを搭載したAndroidタブレットです。 メモリは2GBで、ストレージは約16GBを搭載。 microSDカードにも対応しているので、ストレージを拡張することもできます。 バッテリーの駆動時間は動画視聴時で最大8時間。 約260gと軽量で、片手で持てるコンパクトデザインなので、外出先でも気軽に使えます。 7インチのHDディスプレイにはIPS方式を採用。 斜めから画面を見ても正面とほとんど変わらない色合いを楽しめます。 また、臨場感にあふれたサウンド体験を再現する「Dolby Atmos」に対応したスピーカーを搭載しているため、タブレットで動画コンテンツを楽しみたい方におすすめです。 By: スマートな外観とコストパフォーマンスを両立したAndroidタブレット。 OSはAndroid 9. 0 Go Editionを採用しているため、メモリの使用量を抑えつつ、スムーズで快適な動作を行えるのが特徴です。 CPUにはクアッドコアプロセッサーである「MediaTek MT8371」を採用。 1GBのメモリと16GBのストレージを搭載し、microSDカードにも対応しています。 バッテリーの最大駆動時間は約10時間で、ACアダプター使用時の充電時間は約4時間。 重量は236gと軽量なので、外出先でも電池切れを気にせず気軽に使えます。 比較的低価格で購入できるため、コストパフォーマンスの高いタブレットを探している方におすすめです。 Androidタブレットのおすすめモデル|9〜10インチ ファーウェイ HUAWEI MediaPad M5 lite BAH2-W19 同メーカーの人気シリーズ「MediaPad M5」。 8個のコアを搭載した高性能CPU「HUAWEI Kirin 659」や、大容量の4GBメモリを採用することで、高負荷のかかるゲームもストレスなく快適に楽しめます。 64GBの大容量ストレージに加えて、最大256GBのmicroSDカードにも対応しているのもポイント。 ストレージ容量を気にせずアプリやゲームを楽しみたい方にもおすすめです。 そのほか、専用に設計されたスタイラスペン「HUAWEI M-Pen lite」を使えば、手書きのメモやイラスト描画など、さまざまな用途で使えるのも魅力のひとつ。 スリムで持ちやすい「メタルユニボディデザイン」や、目に配慮した「アイコンフォートモード」、1回の充電で長時間使える7500mAhバッテリーなど、使い勝手のよい機能が備わったおすすめのAndroidタブレットです。 ファーウェイ HUAWEI MediaPad M3 Lite 10 WP 機能性重視でAndroidタブレットを選びたい方におすすめの1台。 水に濡れても壊れないIP67等級の防塵・防水性能や、場所を気にせずテレビ番組が楽しめる「地デジチューナー」、指先ひとつでさまざまな操作が可能な「指紋認証センサー」など、便利な機能を多数搭載しているのが特徴です。 CPUには「HUAWEI Kirin659」、さらに3GBメモリを搭載。 1回の充電で長時間使える6660mAhの大容量バッテリーや、メーカー独自の省電力技術を採用しているので、存分にアプリやゲームを楽しめるのもポイントです。 利用できるアプリや使用時間を制限する「キッズモード」を搭載しているので、家族でシェアして使うのにも最適。 万能なおすすめ端末を探している方はぜひチェックしておきましょう。 日本電気 NEC LAVIE Tab E TE410 ガジェットに不慣れな方でも扱いやすいAndroidタブレット。 Googleアカウントの登録方法から、インターネットやメールのはじめ方などを分かりやすく解説する「かんたん!LAVIE Tab for Android」を搭載。 初めてタブレットに触れる方でも操作に戸惑うことなく安心して使えます。 ワンタッチでログインできる「指紋認証」、複数のパスワードを管理できる「パスワードマネージャー」など、便利なセキュリティ機能が充実しているのも魅力です。 処理能力の高いオクタコアCPU「Snapdragon 450」や、斜めから見ても美しい「広視野角のIPSパネル」、クリアなサウンドが楽しめる「Dolby Atmos」「前面ステレオスピーカー」を採用することで、動画やゲームが快適に楽しめるのもポイント。 ブルーライトのカット効果が期待できる「目の保護モード」を搭載しているので、長時間タブレットを楽しみたい方にもおすすめです。 あ Androidタブレットのおすすめモデル|10インチ以上 サムスン Samsung Galaxy View SM-T670NZKAXJP 18. 4インチの大画面ディスプレイを採用しているAndroidタブレット。 お気に入りの動画やゲームを大迫力の映像で楽しめるのが特徴です。 CPUはミドルクラスの「Exynos 7580」、メモリは2GB、ストレージは32GBを搭載。 現行のモデルと比べるとスペックはそれほど高くはありませんが、動画やゲームを楽しむ程度なら十分快適に使えます。 用途やシチュエーションに合わせて使い分けが可能な「2WAYスタンド」、ちょっとした持ち運びに最適な「背面のハンドル」、1回の充電で約8時間の連続動画再生を可能にする大容量バッテリーなど、実用性に配慮して作られているのもポイントです。

次の

2020年ドコモおすすめタブレット10選|性能・料金・用途別に厳選

タブレット おすすめ ドコモ

この記事の目次• スマホの画面サイズが年々大きくなるにつれて、スマホとタブレットの境界があいまいになってきています。 もはや、スマホとタブレットを分けて考える必要がなくなってきているといえるかもしれません。 そんな中、注目されているのがSIMフリータブレットです。 SIMフリータブレットを使えば、複数台のデバイスを持つ必要がなくなるので通信費の節約にもつながります。 しかし、SIMフリータブレットには様々な種類があるので、自分に合った1台を見つけるのは難しいものです。 SIMフリータブレットを初めて持つ人に向けて、自分に合った1台を見つけるコツを解説します。 SIMフリータブレットとは タブレットには、SIMフリーモデルとWiFiモデルの2種類があります。 まずは、SIMフリータブレットとは何かをおさえておきましょう。 大手キャリア以外でも利用できるタブレットのこと SIMフリータブレットは、好きなSIMカードでモバイル通信ができるタブレットのことです。 ドコモやauなどの大手キャリアのタブレットは、SIMカードが他の端末で利用できないようにSIMロックがかかっています。 SIMロックが解除されていて、格安SIMなど特定の会社以外のSIMも使用できるようなっているのがSIMフリータブレットです。 モバイル回線を使った通信ができるので、室内だけでなく外出先でもインターネットを楽しめます。 インターネットへの接続仕様について タブレットはインターネットへの接続方法によって、「WiFiモデル」と「Cellularモデル」 LTEモデルなどともいう の2種類に区別できます。 SIMフリータブレットはモバイル回線を使ってインターネットに接続するタイプのタブレットで、スマホのようにWiFiがなくても使えるのが特徴です。 SIMフリータブレットを選ぶ4つのポイント SIMフリータブレットを選ぶときのポイントを解説します。 OSで選ぶ タブレットをOSで選ぶポイントを解説します。 初心者でも使いやすい「iOS」 iOSは、Appleが開発するOSです。 子どもからお年寄りまで誰でも直感的に操作できるインターフェイスが特徴で、iPhoneに慣れている人なら違和感なく使えるのではないでしょうか。 初めてタブレットを使う人や、機械が苦手な人も問題なく使えます。 iOSはセキュリティもしっかりしていてウイルス感染や情報流出の恐れも少ないと言われているため、セキュリティがしっかりしたタブレットを使いたい人にもおすすめです。 ただし、iOSのタブレットはiPadだけなので、タブレットのデザインにこだわりがある人にはあまり向いていないでしょう。 デバイスの価格もAndroidやWindowsに比べて高いので、コストパフォーマンスを重視する人はほかのOSを採用しているタブレットがおすすめです。 タイプが豊富な「Android」 AndroidはGoogleが開発したモバイルOSです。 iOSと違って誰でも無料で使えるオープンソースのソフトウェアなので、様々なメーカーがAndroidタブレットを開発しています。 iOSやWindowsと比べると、製品のバリエーションや価格帯も豊富です。 多くのタブレットの中から、自分に合った機能やデザインのものを探したい人にはAndroidが向いています。 ホーム画面やキーボードなどの設定も、好きなようにカスタマイズできます。 ただし、AndroidはiOSよりも「セキュリティに不安がある」「操作が複雑になりがち」とも言われています。 初めてタブレットを購入する人や、機械操作が苦手な人には向いていないかもしれません。 ビジネス使用には「Windows」 Windowsは、マイクロソフトが開発し提供しているOSです。 WordやExcelなどのオフィス系ソフトとの互換性があるので、仕事で使いたい人に特におすすめです。 普段使っているパソコンがWindowsなら、ソフトウェアがそのまま使えるのでタブレットになっても違和感なく使えるでしょう。 キーボードやマウスをつなげればタブレットとしてだけでなく、ノートパソコンとしても使えます。 ただし、WindowsはほかのOSと比べてアプリやゲームの数が少ないのがデメリットです。 特にエンターテイメント系のアプリが少ないので、プライベートで使う人は注意しましょう。 サイズ サイズ感・使用したときの印象 こんな人におすすめ 7インチ• 文庫本とほとんど変わらない• 手の小さな人でも片手で持てる• 外出先で頻繁に使う人• コスパ重視の人• 機能性より携帯性を重視する人 8インチ• 7インチよりもひと回り大きい• 人によっては片手では持ちにくい• アプリやゲームを楽しみたい人• ネットサーフィンや電子書籍を楽しみたい人 10インチ以上• 小さめのノートパソコンとしても使える• 動画やゲームを楽しみたい人• ビジネスで使いたい人 パソコンのように多くの機能が使えるタブレットは価格も高くなる傾向にあるため、それぞれの特徴をおさえて目的にあったものを選びましょう。 CPUとメモリ容量で選ぶ CPUは、パソコンの頭脳と言われているパーツです。 CPUの性能は「コア数」「クロック周波数」の2つを確認すれば判断できます。 ゲームやアプリを快適に使用したい場合は、コア数が4〜8個、クロック数が1. 8〜2. 3GHzあたりのものを選ぶとよいでしょう。 ただし、コア数やクロック周波数が高い性能がよいものは価格も高くなります。 メモリ容量とは、CPUがデータを処理するときに一時的に保存する場所のことです。 メモリ容量が大きくなればなるほどCPUの処理速度が高まります。 Androidタブレットのバリエーションは豊富ですが、アプリやゲームをストレスなく使う場合には2GB以上のものを選ぶのがおすすめです。 Windowsタブレットは4GB以上のものを選びます。 iPadはメモリ容量が公開されていないので、選択の余地はありません。 なお、CPUとメモリ容量は数値が高いほど、値段も高くなるのが一般的です。 安価に購入したい人におすすめタブレット3選 できるだけコストを抑えて手軽に購入できるおすすめのタブレットを紹介します。 選定基準は次のとおりです。 2万円台の比較的安価で購入できるもの• SIMフリータブレット HUAWEI MediaPad T3 8 タブレット LTEモデル 搭載OS Android 7. 1 画面サイズ 8. 4GHz) 薄く、軽く使いやすいタブレットです。 機能性がありながら、価格がお手頃なので、初めてのタブレットにはちょうどよいでしょう。 PCとしても使用したい人におすすめタブレット3選 PCとしても使えるタブレットを紹介します。 選定基準は以下のとおりです。 PCと同等の機能がある• 画面サイズがある程度ある• 5時間 CPU 第 7 世代Intel Pentium Gold 4415Y 2コア, 1. 60GHz ノートPCのパフォーマンスにタブレットのモバイル性をプラスしたアイテムです。 仕事にも十分使える性能を備えています。 自分に合ったSIMフリータブレットを見つけよう SIMフリータブレットを使えば、通信費を節約できます。 しかし、SIMフリータブレットの中には使えるSIMが限られているものがあります。 大手キャリアのタブレットには自社のSIMしか使えないものがあるので注意しましょう。 タブレットを選ぶポイントは、画面の大きさ、OS、そしてCPUとストレージ容量です。 画面が大きくなれば見やすくなる一方、持ち運びには不便になります。 OSはAndroidのものが最も種類も価格帯も豊富にあります。 ただし、タブレットが初めての人にとって、Androidタブレットは選ぶのも操作も難しく感じられるかもしれません。 「よいタブレット」は人によって様々です。 自分に合った1台を見つけるには、まずどのような目的で使うかをはっきりしておくようにしましょう。 この記事を参考に、お気に入りの1台を見つけてみてはいかがでしょうか。

次の

【最新版】フルセグ対応タブレットの人気おすすめモデルランキング4選

タブレット おすすめ ドコモ

タブレットは4~5年前から一気に流行り、タブレットのことを知らないという人が少なくなってきているくらい人気になってきています。 街中や観光地なんか行くと、タブレットを持って歩いている人も普通にいるくらいタブレットを持っている方も増えています。 最近は洋服店でもタブレットを使って接客をするなど今まで必要がないと思っていた企業もどんどんタブレットを活用しています。 昔はタブレットは仕事で使うもの、特に営業マンなど使うイメージが強かったですが、先ほどお伝えした通り観光地で使うなどプライベート利用する方がかなり増えています。 その理由の一つとして持っても良いかなって思う料金体系、タブレットの使いやすさがあげられます。 タブレットは知っているけど実際に持つといくらするのか?どんな種類のタブレットがあるのか?などは知らない方もいると思うので今回その点についてご案内をしていきます。 ドコモタブレットの料金プラン ドコモのタブレットを持つにあたって一番重要な料金に関することをまずご案内します。 特に今の携帯業界のプランなど複雑になっていますのでタブレットに焦点を当てた料金についてご案内します。 ドコモのタブレットでネットを見たり通信を使う際に必要なものです。 ドコモのタブレット月額料金を見ていかがでしょうか? ドコモのタブレット月額料金の下限値と上限値が激しすぎて、ドコモのタブレットを欲しいなと思っている人でもこの金額を見たらいらない!となってしまいますね。 この差については理由がありますので今からご案内をしていきます。 なぜこんなに金額差があるのか? タブレットはドコモのスマホを持っている、もしくは家族とシェアをしているという条件であればセット料金でタブレットを利用することができます。 具体的に月額料金で言うと下記の料金となります。 基本料金 1700円 SPモード 300円 シェアオプション 500円 ケータイ補償 500円 合計 3000円 現在、ドコモでスマホを持っている、もしくは家族とシェアしているという方はタブレットがお得に持てるということが言えます。 反対にドコモの携帯を持っていないという方だとどうなるかご案内します。 基本料金 1700円 SPモード 300円 データS~シェアパック100 3500円~25000円 ケータイ補償 500円 合計 6000円~27500円 いかがですか? シェアパック100が25000円します。 そこが原因で合計が27500円と高い料金となっています。 このデータS~シェアパック100までというのは、毎月の通信容量制限プランを何にするかによって選ぶプランが変わってきます。 データSだと1か月に利用できる通信容量は2GBまで、シェアパック100だと1か月に利用できる通信容量は100GBまでという風にどれだけ利用するかを決めて好きなプランを自分で設定することができます。 最低限で抑えたいのであればデータSパックにして月々6000円で利用することをオススメします。 では、ドコモのタブレットの月額料金について下記にもう一度まとめてみます。 単独契約 6000円~27500円 ドコモのスマホとセット 3000円 家族とシェアパックで利用 3000円 基本的にはドコモのスマホを持っていれば3000円でタブレットが持てると思っていたら良いです。 気になる解約金について 契約するは良いけど、解約しようとしたら解約金が掛かるかどうかが気になると思います。 特に契約した後ではどうにもならないことが多いので今から解約金についてご案内していきます。 解約金 10260円 この解約金については2年契約をした場合に限り2年の契約期間中にタブレットを解約する場合に掛かる料金です。 極端な話、2年契約をせずにタブレットを契約すれば上記の料金は掛からないです。 7か月以上ドコモのタブレットを持つのであれば2年契約なしは逆に高くついてしまいます。 オススメのタブレットの持ち方としては、2年契約をして2年の間にタブレットを継続して利用するかやめるかを考えながら使うのが一番良いです。 そしてやっぱりいらないなと思えば2年のタイミングでドコモへ解約をしに行けば解約金も掛からずに解約ができます。 一点注意事項としては、2年契約は「2年ごとの自動更新」という内容なのでちょうど2年のタイミングでドコモのタブレットをやめないと自動的に更新されて解約金を払って解約するしかないという羽目になってしまいます。 ドコモで購入できるタブレットの種類 購入できるタブレットの種類 現在ドコモで購入ができるタブレットを下記にまとめました。 9 質量 g 325g 498g 439g 475g 441g ディスプレイ 8. 4インチ 10. 1インチ 10. 5インチ 10. 1インチ 10. 1インチ OS android6. 0 android5. 1 android6. 0 Android7. 0 Android7. 料金を気にせずにスペックを一番に考えるなら、F-04HもしくはF-02Kのarrows Tabがオススメです。 ヘキサとは、8という意味、コアは中核という意味ですので簡単にいうと心臓が8個あるというイメージです。 コアが多いほうがスピードも速くなるということです。 例えば、仕事のスペースは狭いより広い方が色々なことを同じスペースに置いて行うことができるので仕事も捗りますよね。 そして仕事の資料を直すときの本棚は大きいほうがたくさん入るとスペースもゆとりがあり、スムーズに出し入れすることができますよね。 反対に仕事のスペースが狭いと仕事をするときにスペースがないと一度仕事を中断して本棚に戻してから次の仕事をしないといけないので時間が掛かります。 また本棚も小さければ資料がぎゅうぎゅう詰めになって出し入れがしにくいです。 arrows Tabはこの2点が優れているのでオススメです。 後は「ブルーライトカットモード」や「タッチブロックモード」などF製品 富士通 ならではの機能も付いているところもオススメポイントです。 ブルーライトカットモードは機種の設定で目に良くない光を低減してくれるモードです。 普通は低減する為にフィルムを購入したりする必要があるので非常にオススメの設定です。 またタッチブロックモードはyou tubeなど再生しているときにタッチブロックモードを発動させると映像は流れたまま画面操作ができないようにブロックしてくれる便利なモードです。 例えばナビ代わりに使うときに触って変にならないようにするときに使ったり、子供に動画を見せる時に途中で動画が止まらないようにタッチブロックモードにしてから渡したりと意外と便利な機能です。 ぜひドコモショップの店頭でどんな機能か試してみてください。 dtabのスペックと評価 dtabはarrows Tabに比べるとスペックは決して悪くはないです。 とりあえずどんなものかなということで価格もお得なdtabでタブレットのデビューで購入する人が多いです。 色々なことをハードに使いたいという方向けではないので、ネット見たりだけとか軽い感じで購入する方にはオススメです。 ただし、防水防塵やワンセグフルセグが付いていないなどという注意点がありますので購入を検討している人は防水やワンセグフルセグをタブレットでは使わないという人に限定されますのでご注意ください。 春の2台目プラスキャンペーン シェアパックに組んでいなくてもスマホとタブレットのセット購入でスマホ側にd5000ポイントプレゼント。 中古機種、白ロムを使う場合の注意点、デメリット 中古機種、白ロムの注意点についてご案内します。 中古機種、白ロムは一度ドコモなどのキャリアと契約を結んでいるものがほとんどですので、購入する機種の機種代の残債分があったり、未払いがあると中古機種や白ロムを購入した自分が悪くなくても赤ロムと呼ばれる状態になって端末のロックが掛かってタブレットを使えなくなります。 ドコモのなどのキャリアショップ以外で購入の際は気を付けたほうが良いです。 タブレットの保証については、ドコモの保証書が同梱されていればドコモなどのキャリアショップで購入してから1年間は有効ですが、中古ショップで購入をするときには既にドコモのなどの保証は切れていることが多く、中古ショップなどがオリジナルで保証を付けない限りは基本的には保証はないと考えた上で購入をしたほうが良いです。

次の