すいか ポイント。 Suicaのポイント還元率はどれくらい?Suicaの種類や使い方

乗車でポイント還元「Suica」新サービスの狙い

すいか ポイント

いまや、交通機関やコンビニなど、これ1枚あれば日本全国どこでも困らないという全国区の電子マネーになったSuica。 おサイフケータイに加えて、Apple Payのサービス開始によってiPhoneでも使えるようになり、ますます便利になっている。 しかし、そんな便利なSuicaなのに、「なぜかポイントが貯まらない」という声を聞くことが多い。 そこで今回は、Suicaの利用で貯まるJR東日本共通のポイントサービス「JRE POINT」についての総まとめをしておきたいと思う。 Suicaをお得に活用する方法も紹介していくので、ぜひ参考にして欲しい。 JRE POINTについての総まとめとSuicaのお得な活用法 JRE POINT WEBサイトについて JRE POINT WEBサイトとは Suicaを使ってポイントを貯めるためには、JR東日本の「」に会員登録をしておく必要がある。 登録は、パソコンからでもスマートフォンからでも無料で行うことができる。 会員登録をしたら、持っているSuicaのID番号を登録しよう(SuicaのID番号は、をチェック)。 JR東日本の在来線を乗車やポイント加盟店で買い物などで、JRE POINTは貯まる。 JRE POINTは、電子マネーSuicaの利用ポイントというよりも、JRE POINT WEBサイトの会員ポイントと捉えた方がわかりやすいかもしれない。 Suicaを持っていても、JRE POINT WEBサイトに登録しなければ1ポイントもポイントは貯まらないので要注意!会員登録は無料で行えるので、Suicaを使うなら必ず登録しておこう。 登録できるSuicaの種類 JRE POINT WEBサイトに登録できるSuicaは、記名式のみ。 無記名式で発行したSuicaは登録できない。 例えば東京駅開業100周年記念Suicaなどの記念Suicaも無記名式で発行されるので、JRE POINT WEBサイトに登録することはできない(自分が持っているSuicaが記名式・無記名式かわからない場合は、で解説しているので、チェックしてほしい)。 その反面、同一名義なら複数枚のSuicaの登録も可能! それぞれのSuicaで付与されるポイントを同一口座に貯められるのは、とても便利だ。 ただし、モバイルSuicaの登録は1台のみとなっている。 JRE POINTの貯め方 JRE POINTが貯まる店舗で、Suicaを利用して買い物をする Suicaで残念なところは、JRE POINT WEBサイトに登録してSuicaの利用をしても、必ずポイントが貯まるというわけではないこと。 ポイント加盟店は意外と少なく、しかもその多くが駅ナカやJR東日本関連の店や企業だ。 JRE POINTが貯まる場所の一例(駅ナカ) 区分 ポイントが貯まるお店など 駅ナカ• NEWDAYS• KIOSK• acure 飲食店• いろり庵きらく• 駅そば• メトロポリタンホテルズ• ホテルメッツ• JEXER (2020年05月時点) 右の「Suica登録して貯まる」黄色いステッカーが目印だ。 公式サイトに紹介しているお店以外にも、「Suica登録して貯まる」黄色いステッカーがあればJRE POINTが貯まる。 コインロッカーも、このステッカーがついていればJRE POINTが貯まる。 JR東日本では「街ナカ」と呼んでいる駅ナカ以外でも、JRE POINTが貯まるお店は徐々に広がっている。 JRE POINTが貯まる場所(街ナカ) 業種 ポイントが貯まるお店など 飲食店• デニーズ• ポッポ スーパーマーケット• Ario• イトーヨーカドー• グランツリー武蔵小杉• セブンパークアリオ柏 書店• 紀伊国屋書店 ファッション• コナカ• 洋服の青山 航空会社• ANA(全日空国内線機内販売) ホテル• ホテルニューグランド• ホテルファミリーオ• ホテルフォルクローロ その他• ヤマト運輸(関東甲信越・東北エリア)• タイムズ(関東・東北エリアの一部) (2020年05月時点) 他にもポイントが貯まるお店があるので、をチェックしてほしい。 普段使う機会が多いコンビニ。 Suicaは全国のほとんどのコンビニで利用はできるが、上記のように、ポイントが付くのはJR東日本系列のKIOSKやNEWDAYSのみとなっている。 通勤で駅を利用し、駅ナカでたくさん買い物をするという方でないとJRE POINTは貯まりにくいかもしれない。 JR東日本の鉄道を、Suicaで乗車すると貯まる 買い物だけでなく、JR東日本在来線の乗車、Suicaグリーン券、モバイルSuica定期券などの購入も、Suicaを利用することで、JRE POINTは貯まる。 JR東日本在来線の乗車利用などで、JRE POINTを貯める モバイルSuicaと、カードタイプの場合とでもらえるポイントが異なっている。 モバイルSuicaの場合 50円ごとに1ポイント カードタイプのSuicaの場合 200円ごとに1ポイント グリーン券を購入、「タッチでGo! 新幹線」等の新幹線の利用でも同様に上記のポイントがもらえる(「タッチでGo! 新幹線」の場合は、いくつか条件があるので公式サイトのを読んでほしい)。 モバイルSuica定期券の購入でJRE POINTを貯める モバイルSuicaでモバイルSuica定期券を購入もポイントが貯まる。 モバイルSuicaの場合 50円ごとに1ポイント 表を見てもらえればわかるように、モバイルSuicaのほうが、カードタイプに比べて、4倍ものポイントが貯まるようになっている(ちなみに、モバイルSuicaは、Apple PayのSuica、Google PayのSuica、楽天ペイのSuicaなどが含まれている)。 JR東日本の電車や新幹線などの乗車が多く、少しでも多くJRE POINTを貯めたいのであれば、モバイルSuicaでの利用がお得である。 駅ビルの利用で、ポイントを貯める(JRE POINTカード・JRE POINTのロゴのあるビューカードのみ) JRE POINTカードや、JRE POINTのロゴのあるビューカードのみの限定的だが、右の図のマークのある駅ビルの利用で、100円 税抜 ごとに1ポイントのJRE POINTを貯めることができる。 紛らわしいのだが、こちらは記名式のSuicaで支払っても、ポイントは貯まらないので注意してほしい。 さらに、でJRE CARDでの支払いをすると、100円(税抜)につき3ポイント貯まる。 アトレなどの対象の買い物や飲食が多い方には、ぜひ検討して欲しい。 JRE POINTの還元率 Suica利用で貯まるポイントは、50円で1ポイント、100円で1ポイント、200円で1ポイントで、加盟店によって異なる。 100円で1ポイントが貯まるのは、紀伊國屋書店、洋服の青山、TIMESで、多くは200円で1ポイントとなっている(2020年5月現在)。 JRE POINT WEBサイトでは、KIOSKやNEWDAYS、自販機の利用でポイント5倍、ポイント10倍などの期間限定キャンペーンをやっていることもあるので、駅を利用する人は情報をキャッチしてうまく活用するといいだろう。 NEWDAYSでは毎週金曜日にJRE POINT WEBサイトに登録したSuicaで買い物をすると、Suicaポイントが5倍(200円につき5ポイント)貯まるキャンペーンなども実施されている。 JRE POINTの使い方 貯まったJRE POINTの使い道は大きく2つある。 順番に説明して行こう。 Suicaにチャージする• 買い物や商品交換に利用する JRE POINTをSuicaの電子マネーに交換 あらかじめJRE POINT WEBサイトにログインしてポイント利用申込みを行うと、決められた期日内に、以下のどれかの方法で受け取ることができる。 自動券売機で受け取る(JR東日本の自動券売機のみ・翌日~7日以内)• モバイルSuicaにチャージ(当日~8日以内)• Suicaインターネットサービスで受け取る(当日~8日以内) お買い物や商品交換に利用する 貯まったポイントはWEBショップの「JRE MALL」にて利用することができる。 こちらでは鉄道グッズやSuicaのペンギングッズをはじめ、食品、家電、雑貨、カタログギフトなどを購入することが可能。 また、駅ナカのお店では、お弁当を受け取ることもできる。 お買い物以外にも、お米カードや共通利用券などに交換することも可能だ。 詳しくはJRE POINT WEBサイトのを見てみよう。 JRE POINTの有効期限は、JRE POINTを最後に貯めたり使ったりした日から2年だ。 つまり、Suicaを利用し続けていれば、実質無期限で貯めることができる。 以前の「Suicaポイント」では最長2年が有効期限となっていたので、当時と比較するとポイント制度がかなり良くなったと言える。 期間限定ポイントは、それぞれ有効期限が決めらているポイントのこと。 キャンペーンの参加特典などでもらえることが多い。 期間限定ポイントは、通常のポイントとは異なり有効期限の延長などはないので、有効期限前に使い切ってしまおう。 JRE POINTの残高確認方法 ポイント残高は、JRE POINT WEBサイトで確認可能。 会員メニューから[ポイント残高照会・利用申込]を選ぶと、残高を有効期限毎に確認可能なので便利だ。 失効前に計画的に活用しよう。 ビューカードでSuicaをお得に使う ここまで読んで、「Suicaを使ってもポイントは意外と貯まりにくいな~」と感じた人が多いはず。 それでも、「Suicaはお得だ」という人が多いのはなぜなのだろうか? JRE POINTを活用するには、(JR東日本グループのクレジットカード)を活用するのが手っ取り早い。 Suicaをお得に活用している人のほとんどが、ビューカードを持っている人だと言ってもいいだろう。 Suicaチャージで ポイント3倍の「VIEWプラス」特典をフル活用 ビューカードは、SuicaへのチャージなどJR東日本で利用した場合、通常の3倍のポイントが貯まる「VIEWプラス」という特典が提供される。 JRE POINTのVIEWプラス特典 利用場所 ポイントレート 通常利用 1,000円の利用につき5ポイント(還元率0. 5%) JR東日本での利用 1,000円の利用につき15ポイント(還元率1. 5%) クレジットカード利用ポイントとして、還元率1. 5%というのは、他にはなかなかないお得さだと言えるだろう。 そして、貯まったポイントはもちろん、1ポイント=1円単位でSuicaへのチャージが可能になっている! つまり、ビューカードを使ってSuicaにチャージして還元率1. 5%のJRE POINTを貯め、貯まったポイントをSuicaにチャージすれば、実質的にはSuicaへのチャージに1. 5%のポイントが付くのと同じことになる。 しかも、定期券や新幹線の切符の購入などでも、JRE POINTは3倍貯まっていく。 もちろん、それらもSuicaにチャージして使うことができる。 ビューカード以外のクレジットカードでは、JRE POINTは貯まらない 2020年よりビューカード以外のクレジットカードでも、年会費無料になった。 他のクレジットカードでも、モバイルSuicaでチャージができるようになったが、JRE POINTは貯まらない。 更に、Suicaチャージでポイントが貯まるクレジットカードは、かなり限られている(詳しくはで解説している)。 JRE POINTをお得に貯めたいのであれば、ビューカードとの組み合わせが鉄板というわけなのだ。 JRE POINTだけでお得さを得るのは今のところ難しい SuicaもビューカードもJR東日本が発行しているものなので当然ともいえるのだが、JR東日本をよく利用する方には、大きなメリットが受けられるようになっている。 しかし、それ以外では、JRE POINTをお得に活用するのは難しいと思っておいた方がいいだろう。 もちろん、それでもSuicaを持っていると便利なことは多い。 切符を買わなくても全国の多くの電車やバスに乗れるし、ほとんどのコンビニやカフェなどでも使うことができる心強い1枚だ。 最近ではおサイフケータイだけでなくiPhoneでも利用できるようになっているのでモバイル支払いも可能だ。 ポイントを貯めるためのクレジットカードや電子マネーは別に持っておくなどして、ぜひ上手に組み合わせて使ってみてほしい。 そして、Suicaをお得に使いこなすためにはビューカードとの組み合わせが欠かせない。

次の

Suicaポイントの貯め方と使い方を徹底解説!

すいか ポイント

SuicaはJR東日本が発行する交通系ICカードです。 カードを自動改札機にタッチするだけで改札が通れるだけではなく、Suicaを含む交通系ICカード加盟店での買い物にも利用できます。 交通系ICカードの中でも断トツの普及率を誇るSuica。 Suicaで支払いをする機会が多いのは、駅またはコンビニだと思いますが、スーパーなどの普段の買い物では、どのようなお得があるのでしょうか? 発行手数料 500円(デポジット代。 Suicaポイントが貯まるお店が少な過ぎる Suicaポイントは100円または200円ごとに1Suicaポイントが貯まります。 Suica払いが可能なお店はそこそこ多いのですが、ポイントが貯まるお店は限られています。 Suicaポイントが貯まる主なお店は以下の通り。 スリーエフ• イトーヨーカドー• アリオ• 紀伊國屋書店• コナカ• 洋服の青山• ANA• Times• ヤマト運輸 スーパーだと、イトーヨーカドーやヨークベニマルに限定されています。 基本的に「Suicaで支払いはできるが、ポイントは貯まらない」と考えておくと良いです。 貯まったSuicaポイントは、100ポイント以上、10ポイント=10円単位で、電子マネーSuicaへ交換できます。 ちなみにTポイントやWAONポイントの提携先のポイントに交換もできますが、交換手数料がかかってしまうので、Suica払いで貯めたポイントはSuicaで支払うのが最もお得です。 Suicaをお得&便利に使うには? Suicaポイントキャンペーンを利用 一番手っ取り早いのが、期間限定で実施されているSuicaポイントキャンペーンを利用すること。 対象店舗での支払いでSuicaポイントが5倍や10倍も貯まります。 ポイント5倍ならば200円ごとに5ポイント、10倍ならば200円ごとに10ポイント貯まり、かなり還元率が良くなります。 ただし自分が良く行くお店が対象店舗ではないことが多く、基本的には200円ごとに1ポイント(還元率0. 5%)で貯めるしかありません。 また主要なスーパーだと、提携の電子マネーやクレジットカードで支払った方が、優待割引が受けられたり、ポイントが貯まりやすかったりします。 チャージ方法を工夫する Suicaは前払い式の電子マネーなので、運賃や買い物の支払いに利用する為には、事前にチャージしておく必要があります。 チャージには以下の5種類の方法が利用できます。 各駅の自動券売機・のりこし精算機• オートチャージ• Suica加盟店でのレジ店頭でチャージ• モバイルSuicaでクレジットカードからチャージ 最もチャージの手間がないのは「オートチャージ」。 自動改札機を通った時、Suicaの残高が指定した金額以下だった場合、自動的に一定金額をチャージしてくれます。 オートチャージ機能を利用するには、JR東日本のクレジットカード「ビューカード」または「提携のクレジットカード」が必要です。 モバイルSuicaであれば、ビューカードや提携のクレカ以外のクレジットカードを紐付けることも可能。 還元率の高いクレジットカードを使えば、オートチャージでより多くのクレカのポイントやマイルを貯められます。 クレカのポイントが貯まる方法で、Suicaにチャージすれば、Suicaポイントが貯まらないお店で支払う際も「もったいないなー」とは思いにくくなるのではないでしょうか? Suicaが使えるお店• スーパー• ただし使えるお店が少なく、ポイント還元率は「並(200円ごとに1Suicaポイント)」。 しかもSuicaポイントが貯まるお店が更に少ないので、どうしても使い勝手の悪さやお得度の低さを感じます。 Suicaポイントが貯まる代表的なスーパーに「イトーヨーカドー」や「イオン」、「アピタ」があります。 ただし上記のスーパーでは、独自の電子マネーを使って買い物をした方が、ポイントが貯まりやすかったり、特定日に割引が受けられたりと、節約になります。 スーパー 電子マネー 優待特典 毎月8の付く日はほぼ全品5%OFFF nanacoボーナスポイント 毎月20・30日は支払い利用でほぼ全品5%OFF 毎月5日15日25日はWAONポイント2倍 毎月10日はポイント5倍 毎月19・20日はほぼ全品5%OFF 毎月第2・4曜日はポイント2倍 Suicaは主要なスーパーやコンビニの支払いに使えますが、あくまでも「現金払いよりも、ポイントが貯まる分、ちょっと良い」くらいのお得度です。

次の

乗車でポイント還元「Suica」新サービスの狙い

すいか ポイント

SuicaはJR東日本が運営する交通系ICカードです。 スマホにも対応しており、出かけるときにもスマホだけ持ち運ぶことで、定期やお財布などの役割を果たしてくれます。 Suicaと聞くと首都圏で使われているイメージがあるかもしれませんが、実は北海道から九州まで幅広く利用することができます。 Suicaに代表される交通系ICカードは全国に10種類あり、それぞれ利用できるエリアが決まっています。 しかし、交通系ICカード全国相互サービスがあるため、どこかの交通系ICカードを持っていれば原則として別のICカードエリアでも乗車カードとして利用できます。 Suicaを購入するにはSuicaエリア内にあるJR東日本の駅の多機能券売機、みどりの窓口を利用してください。 ではJR東日本の駅がないエリアの人は買うことができないのでしょうか?エリア外の人がSuicaを買う方法については後述します。 Suicaには目的などに応じて種類があります。 カードタイプがSuica定期券、My Suica、Suicaカード。 またカードを持ち歩きたくない人にもおすすめなのがモバイルSuicaとApple Pay。 こちらはアプリで利用することができます。 Suica定期券はJR東日本のみどりの窓口で購入するほかに、インターネットの定期券購入サービス、「ネットde定期」から申し込むこともできます。 My SuicaやSuicaカードは、JR東日本の駅にある多機能券売機やみどりの窓口で申し込み可能。 価格は1,000円から1万円の間で選べ、発行時に預かり金として500円を支払い購入します。 モバイルSuicaは、モバイルSuicaに対応しているスマホでアプリをダウンロードして利用します。 年会費が1,050円(税込)かかりますが、ポイント還元率が高いクレジットカードと紐づけすることでポイントを効率よく貯めることができるでしょう。 iPhone7以上やApple Watch2以上を持っていると、Apple PayでもSuicaを使うことができます。 これ以上、カードを増やしたくないという人にもピッタリでしょう。 こちらもモバイルSuicaのアプリをダウンロードしてからSuica発行手続きに進みます。 交通系ICカードは通勤や通学などに必ず持ち歩くため、普段の買い物にも便利です。 毎日使うカードだからこそ、還元率が気になるところです。 Suicaのポイント還元率は通常0. 5%~1. JRE POINT WEBサイトに登録しておくと、買い物でポイントが貯まります。 貯まったポイントはSuicaにチャージできるので無駄になりません。 またSuicaとクレジットカードを組み合わせると、より高い還元率になります。 例えばビュー・スイカカードはオートチャージ可能ですが、Suicaチャージのたびに通常の3倍のポイントが貯まります。 定期券を購入した場合のポイントも3倍です。 付帯サービスなども確認して申し込みましょう。 Suicaは、ほかの決済サービスと一緒に使うと、さらに使いやすくなります。 2020年春以降に決済サービス楽天ペイのAndroidアプリ内でSuicaのサービスが利用できるようになることが先頃発表されました。 まだ詳しいサービス内容は明らかになっていませんが、Suicaのバーチャルカードを発行したり、チャージできるようになったりと全国でSuicaを利用しやすくなることは間違いないでしょう。 Suica対応の鉄道駅(全国約5,000駅)やバス(約5万台)、コンビニなど(約60万店舗)で楽天ペイアプリが決済に利用できるようになります。 そして忘れてはいけないのがポイントです。 楽天ペイアプリで発行したSuicaには、チャージ額に対して楽天スーパーポイントが付与されます。 楽天ペイアプリで発行したSuicaは楽天カードからしかチャージできないという制限はあるものの、楽天スーパーポイントを貯めている人にとっては朗報でしょう。 楽天ペイなどのコード決済と電子マネー、どちらを選ぶか悩んでいる人も多いかもしれません。 そこに登場したのが、コード決済と電子マネーを組み合わせるという選択肢。 コード決済は手軽であるものの、アプリを立ち上げる手間がかかります。 電子マネーと上手く組み合わせることで、簡単なタッチ決済が実現する部分もあるでしょう。 キャッシュレスの時代が来ると言われて久しく、次々と主役となる決済手段が移り変わってきました。 このコード決済と電子マネーの組み合わせはキャッシュレス時代の転機になるかもしれません。 また、楽天には楽天Edyという電子マネーもあるので、今後、どのように差別化していくのか注目が集まります。 電子マネーやポイントカード、クレジットカードなど、どれも得意分野が違います。 それぞれの特徴を理解することで、自分のライフスタイルにどれが一番適しているかを判断しましょう。

次の