マウス 接続。 【Windows8.1】Bluetoothマウス ペアリング方法

ワイヤレスマウスを接続する 4つの方法

マウス 接続

パソコンとBluetoothマウスを「ペアリング」してみよう 「ペアリング」とは、パソコンとBluetooth機器を1対1で接続する方式のことを指します。 ケーブル付きの機器でいうと、線をつなぐ操作の代わりになるものですね。 マウスは不要な場合が多いですが、接続を認証するために、PINコードと呼ばれる共通のパスワードを入力する機器もあります。 ペアリングを済ませたBluetooth機器は、次からは電源を入れるだけですぐに使えるものも多いですよ。 Bluetooth機器の一番の魅力といえば、 ワイヤレスでしょう。 鞄の中で線が絡まって取り出しにくい、使用中に線が引っ掛かってコーヒーをひっくり返しそうになる、ということもありませんね。 またBluetoothはバッテリの消費量が少ないので、スマートフォンやタブレットでも利用しやすいんです。 例えば、スマートフォンの音楽をカーオーディオで再生するときなどにも、Bluetoothが活躍します。 マウスだけではなく、キーボードやヘッドホン、スピーカーでもBluetoothに対応している機器があります。 ここ最近ではヘルスメーターなどの健康器具にも対応した製品がありますね。 まずは、Bluetooth機器の電源を入れ、ペアリングをする準備をします。 操作手順などについては、製品の説明書で確認してください。 操作手順.

次の

ノートPCに付属のワイヤレスマウス(Blue LED方式、USB接続)を使用するための準備<Windows 10>|サポート|dynabook(ダイナブック公式)

マウス 接続

「使用中のファイル」が表示された場合は、「自動的に閉じて、アプリケーションの再起動を試みる。 」をクリックして、「OK」ボタンをクリックします。 「アプリと機能」に「ワイヤレスマウス接続設定」が表示されていないことを確認します。 2番目の確認項目インストール手順 手順は、次のとおりです。 2019年11月現在の手順です。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 また、画面や手順は予告なく、変更される場合もあります。 次のアイコンをクリックして、ホームページを表示します。 ワイヤレスマウス接続設定 のダウンロードページが表示されます。 「入手」ボタンをクリックします。 Microsoft Storeが起動します。 「入手」ボタンをクリックします。 「使用中のファイル」が表示された場合は、「自動的に閉じて、アプリケーションの再起動を試みる。 」をクリックして、「OK」ボタンをクリックします。 完了すると、「アンインストール完了」と表示されます。 「完了」ボタンをクリックします。 2番目の確認項目インストール手順 手順は、次のとおりです。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 「はい」ボタンをクリックします。 「リカバリ領域に保存されているソフトウェア一覧を表示します。 」または「ハードディスクに保存されているソフトウェア一覧を表示します。 」と表示されます。 「OK」ボタンをクリックします。 ソフトウェアディスク検索、またはドライバ・ソフトウェア検索ユーティリティが起動します。 「機種名」にお使いの機種が表示されていることを確認します。 異なる機種が表示されている場合は「 」ボタンをクリックし、表示されるメニューからお使いの機種をクリックします。 (ドライバ・ソフトウェア検索ユーティリティの場合)• 「ソフトウェア」の一覧から「ワイヤレスマウス接続設定」をクリックします。 「内容」の一覧から「setup. exe」をダブルクリックします。 「ワイヤレスマウス接続設定 の InstallShield Wizard へようこそ」と表示されます。 「次へ」ボタンをクリックします。 「インストール準備の完了」と表示されます。 「インストール」ボタンをクリックします。 インストールが開始されます。 完了するまで、しばらく待ちます。 完了すると、「InstallShield Wizard の完了」と表示されます。 「完了」ボタンをクリックします。 ソフトウェアディスク検索、またはドライバ・ソフトウェア検索ユーティリティに戻ります。 「閉じる」ボタンをクリックし、ウィンドウを閉じます。

次の

【Bluetoothマウス】マウスの接続方法

マウス 接続

操作の案内の前に伝えておきたい事 操作案内の前に2つ伝えておきたい事があります。 パソコンにBluetoothが接続されているか確認する Bluetoothは電波を発信して、その電波を受け取る受信機 レシーバー がパソコンに接続されていることが前提です。 受信機には以下の2種類があります。 パソコンに内蔵されているもの• 1以降であればほとんどのパソコンは、Bluetoothが内蔵されているといっていいでしょう。 パソコンにBluetoothの機能があるのかどうかは、内蔵されているタイプ、USB端子に接続するタイプどちらでもパソコンから確認することができるので確認してみましょう。 ・「標準ユーザーとしてログオンしています」と表示された場合は、 「OK」ボタンを左クリックして閉じてください。 ここではBluetoothが接続できるかどうかの確認だけなので問題ありません。 ・「デバイスマネージャー」の画面が開きます。 この中から 「Bluetooth」があることを確認してください。 初めて使用する際はBluetoothマウスはペアリング機能を使う 初めてBluetoothマウスを使用する場合は、「ペアリング」を使用します。 ペアリングとは、Bluetooth機器を繋ぐ際に、ボタン一つで接続する事が出来る機能です。 ボタンはパソコン側には付いておらず、マウスやキーボードやスピーカーなどの機器に付いています。 【ペアリングのスイッチ】 3. Bluetoothのアダプター 受信機 を使用する場合 内臓されているBluetoothの受信機が無く、Bluetooth機器を使用したい場合はアダプター 受信機 を用意する必要があります。 【Bluetoothアダプター】 受信機をパソコンに接続すると自動的にドライバーのインストールが始まるのでそのままお待ちください。 自動的にドライバーのインストールをするにはインターネットが繋がっていることが前提となります。 そして、パソコンの環境によっては時間がかかる場合があるので、ドライバーが自動的にインストールされるまでお待ちください。 付属のCDからドライバーをインストールしなくても基本的には、Bluetoothのアダプターをパソコンに接続するだけで使用することができます。 【付属のCD】 もしインストールに失敗するのであれば、メーカーのHPからBluetoothドライバーをダウンロードしてみてください。 付属のCDドライバーは何かと不具合が生じる事が多いので、メーカーのHPからBluetoothドライバーが見つけられない場合のみ、付属のCDをお使いください。 操作手順 では「Windows10 Bluetoothマウスをペアリングで接続し設定をする」の案内に入ります。 今回使用したマウスはというエレコムから販売されているBluetoothマウスになります。 ・「Windowsの設定」の画面が開くので 「デバイス」を左クリックします。 ・Bluetoothをオンにすると下に 「~として発見可能になりました」と、パソコン名が表示されます。 ・次にBluetoothの電波を受信できるように設定します。 「Bluetoothまたはそのほかのデバイスを追加する」の「+」を左クリックします。 ・ 「Bluetooth」を左クリックします。 ・「デバイスを追加する」の画面になったら、マウスの電源を入れて 「ペアリング」のスイッチを5秒ほど長押しします。 ・ 「Bluetoothのマウス」が表示されたら左クリックします。 ・「デバイスの準備が整いました!」と表示されたら右下にある 「完了」ボタンを左クリックします。 ・先ほどの「Bluetoothとその他のデバイス」の画面に戻り、 「Bluetoothのマウスが追加」されていることが確認できます。 Bluetoothのマウスが動作するかどうか確認してみてください。 「Windows10 Bluetoothマウスをペアリングで接続し設定をする」については以上になります。 参考になれば幸いです^^.

次の