妊婦 風邪 食べ物。 妊婦は風邪薬を飲んでもよい?妊婦が風邪をひいたときの対処法【薬剤師が解説】

妊婦の風邪…受診目安と妊娠中に風邪をひかないための対策

妊婦 風邪 食べ物

感染症 症状・胎児への影響 予防接種など 風疹 予防接種をしていれば感染の可能性は低いです。 妊娠20週頃までに感染した場合、赤ちゃんが白内障や先天性心疾患、難聴などの 先天性風疹症候群にかかる可能性があります。 妊娠中には接種することはできません。 ご自身を含め家族に摂取経験があるかどうかを調べておくことが大切です。 麻疹 地域的な流行があるので、注意が必要です。 予防接種をしていれば感染の可能性は低いです。 赤ちゃんに与える影響は少ないとされていますが、 早産や低体重児の可能性もあります。 妊娠中には接種することはできません。 ご自身を含め家族に摂取経験があるかどうかを調べておくことが大切です。 水ぼうそう 免疫をもっている人が多いですが、まれに大人になってから発症してしますケースもあります。 感染力が高く、妊娠中にかかると 重症化することも。 妊娠中には接種することはできません。 ご自身を含め家族に摂取経験があるかどうかを調べておくことが大切です。 リンゴ病 主に子どもに見られる流行性の感染症ですが、まれに大人にもうつる場合があります。 ほっぺがリンゴのように赤くなるのが特徴です。 ワクチンがないため、 予防接種はありません。 感染の疑いがある子どもとはできるだけ接触しないよう心がけましょう。 トキソプラズマ 感染しても大人の場合は症状が出ないか、出ても風邪に似た軽いものです。 しかし胎児には、運動発達や精神発達の遅れ、視力障害などの 先天性トキソプラズマ症を発症する恐れがあります。 妊娠がわかったら、血液検査でトキソプラズマ抗体の有無を調べます。 抗体があれば感染しているということですが、妊娠前の感染であれば問題ありません。 陽性反応が出た場合はさらに詳しい検査で、感染時期を特定します。 その他、妊娠中にこの風邪・病気は大丈夫? インフルエンザ インフルエンザの大きな特徴として、• 関節痛• 筋肉痛• 全身の倦怠感 などが強く現れます。 一般的な風邪症状である、 咳や鼻水、喉の痛みなどの呼吸器の症状は、やや遅れて現れることが多いです。 流行しやすい冬の時期は、上記のような身体症状が急に現れたら要注意。 インフルエンザの疑いがある場合、早めに病院にかかりましょう。 できればかかりつけの産院に電話で相談をしてから病院を決めることをお勧めします。 注意 産院へ直接向かうことは避けましょう。 他の妊婦さんにうつしてしまう可能性があります。 抗インフルエンザ薬(タミフル)による胎児への影響はないと言われています。 インフルエンザが重症化したことで亡くなってしまった妊婦さんはタミフルの投与が遅かったことが原因とされていますので、治すことを第一に、 タミフルを服用しましょう。 上の子が風邪を引いたらつきっきりになるのは仕方がない! という方もいると思います。 次の予防策をしっかりして、感染を防ぐように努めましょう。 ママの予防策 体力が低下してしまうと、感染力も高まります。 まずは• しっかり睡眠をとる• 栄養バランスのとれた食事を摂る• 手洗いうがいは欠かさない ことをこころがけましょう。 あとでご紹介しますが、風邪予防の食材も積極的に摂りましょう。 看病中は、• マスク必須• 看病後の手洗いうがいを徹底 しましょう。 お部屋の換気も大切ですね。 ほんとね、親族に妊婦がいる時は皆で健康管理しないとダメっすよ! 旦那が病気になっても萌えないから!虚弱体質はイケメンだけにしろ!!— まみん メロゥ 5T8U22iuNXQy0Y1 風邪による免疫低下が、他の症状を引き起こしてしまうことも十分に考えられます。 軽い風邪でもあなどれませんよね。 また便秘だ〜。 痛みが辛い場合は産院で相談し、処方してもらうのもいいですよ。 旦那発熱。 あれほど早く総務に予防接種の補助の確認するように言ったのに。 なんかすぐ体調崩すけど私の作る食事が悪いのかなぁ。 私は妊娠以来軽い風邪一度ひいたきりピンピンしてるんだけど。 高くても野菜買わなきゃだな…。 — やすこんぶ okusays 妊婦さんがインフルエンザの予防接種をするのは問題ありません。 しかし念のため、家族や旦那さんにも摂取をお願いしておくのが安全ですね。 今まで数年風邪知らずだったのにまさか妊娠後期に旦那から貰うなんてね  ̄ー ̄ 本当怒ったよwww ほんとよーお互い気を付けよう!2年前くらいにインフルかかった時の記憶がまだ鮮明にあるから本当ヤダwwwww— けいチル 博多っ子 keichiru310 妊娠してから低体温だったのが普通の体温まで上がり、免疫も下がってないじゃん!私元気!!とか思ってたら10ヵ月入ってすぐ風邪引いた… 自己治癒ってつらみ。 — あゆ ayu5304 実は昨日から実家におりますです。 さすがに妊娠中の体力では旦那さまの風邪に抗えなかったようで…ちょっぴり怪しくなってきたので、旦那さまと相談して、本格的になってくる前に早めの避難&療養です。 今日も泊まるのですが旦那さま大丈夫かなぁ。。 — 潤 hitsujitabi もしも実家が近くにあるのなら、こちらの方のように一時的にお世話になるのも手段の一つですよ。 妊娠中もOK!食べ物から免疫力アップ 柑橘類 ビタミンCは免疫力を高めてくれます。 ミカンやグレープフルーツなど手軽に摂れるものなので、意識をして摂取するといいですね。 ビタミンAはのどや鼻の粘膜を強くする働きがあります。 妊娠中のビタミン Aはよくないと思われがちですが、それはレバーなどに含まれるレチノールのこと。 野菜に含まれるビタミン Aは水溶性で、摂りすぎても体外に排出されるので心配ありません。 カボチャなどを積極的に摂るといいですね。 しょうが 妊娠に関係なく、万能な生薬として有名ですね。 殺菌作用があり、代謝を促進します。 身体が温まるので、風邪をひいたときにも効果があります。 ネギ、にんにく こちらも妊娠に関係なく、 抗菌効果や発汗促進があるので、さまざまな場面で使用されますね。 多くの料理に使われているので、特に意識をしなくても摂取することができるでしょう。

次の

妊婦の風邪に効く食べ物と食事!簡単にできちゃう効果的なレシピとは?

妊婦 風邪 食べ物

妊娠すると、気持ちの悪さや吐き気、食欲がなくなるなどの変化が現れることがあります。 いわゆるつわりですね。 明確なメカニズムは解明されていませんが、妊娠すると分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が一因となっているとも言われています。 つわりの症状そのものや重さは人それぞれ。 妊娠の影響で今まで大好きだった好物が食べられなくなったり、特定の食べ物ばかりが欲しくなるなど、食欲に変化が見られる妊婦さんは少なくありません。 吐き気や胃のむかつきがあまりにもひどいときは「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」でOKです。 でも、元気なときやいくらか食べられるときにも「食べられるものを、食べられるとき、食べられるだけ」を当てはめてしまうのはちょっと待って! 次の項目では、具体的に妊婦が食事でどう気をつけるべきかというポイント、積極的に取り入れたい食べ物、極力避けたいNGな食べ物を紹介しますのでチェックしましょう。 毎日の食事は、1日3食、栄養バランスのよい食事をして、適切な栄養とカロリーを摂りましょう。 一日に摂る食品が多すぎたり、少なすぎたりすることがないよう、いろいろな食材をまんべんなく食べることが大事です。 また、食事の時間が不規則になると食べ過ぎてしまいがち。 そうなると太りすぎてしまい、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気を引き起こしやすくなります。 これらは難産の原因になるだけではありません。 妊娠高血圧症候群は、悪化すると母子ともに命の危険にさらされますし、の場合、赤ちゃんが巨大児となるリスクを高めたり、生まれてすぐに赤ちゃんが低血糖症を引き起こしたりすることがあるのです。 また、体重の増加が気になったからといって絶食するのはNG。 特に健診前日に絶食をすると、尿や血液などの数値が変化してしまって、正確な結果が出せなくなります。 なるべく普段通りの食生活をしましょう。 妊娠中、1日2Lの水分摂取を心がけましょう。 非妊娠時は、1日の目標水分摂取量は1Lから1. 5Lぐらいが目安になりますが、お腹に赤ちゃんがいる時はいつもより500ml~1L増やしましょう。 むくみが気になるからといって、水分補給を控えてしまう妊婦さんは少なくないようです。 しかし、水分をしっかり取ることで血液の流れが良くなり、赤ちゃんにも健康的な血液を届けることができます。 逆に不足すると脱水症状を起こしたり、膀胱炎になりやすくなったりします。 妊娠中の水分補給には水かノンカフェインのお茶が適しています。 同じ水分でも清涼飲料水やジュースは糖分過多になり、妊娠中に必要な体重コントロールの妨げになる可能性があるので控えましょう。 緑黄色野菜には、妊娠中だけでなく普段から健康的に過ごすために必要不可欠なビタミン類や葉酸、鉄分、食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。 旬の時期は栄養価が高まるので、季節の野菜を積極的に取り入れるといいですね。 特にモロヘイヤ、ほうれん草、春菊にはお腹の中の赤ちゃんの成長を促し、授乳中には母乳作りのサポートをしてくれる葉酸が豊富。 血液の流れを良くして体を温める作用があるビタミンEも、妊婦さんと赤ちゃんの健康を支えてくれますよ。 生のまま食べるよりも、加熱してかさを減らしたほうがたくさん食べられます。 さっぱり食べられる温野菜サラダや、汁に溶け出した栄養も摂取できるスープや味噌汁がオススメです。 カフェインを含むコーヒーや紅茶といった飲物を、妊娠前から楽しんできた方は多いと思います。 気持ちを落ち着かせ、ストレスを和らげる等の効用もあります。 しかし、大量のカフェイン摂取は、低体重児として出生するなど胎児の発育や妊娠の経過に悪影響を与える可能性も示唆されています。 WHO(世界保健機構)では、一日のカフェイン摂取量が300mg(200mlカップならばコーヒー2. 総合して考えると、コーヒーは1日2杯程度なら問題ないようですが、カフェインレスのコーヒーや紅茶がスーパーや赤ちゃん用品店等で買えますので、取り入れてみるのもいいかもしれません。 できれば、カフェインが含まれていない麦茶やハーブティーなどの飲み物を選ぶようにしましょう。 妊娠中の食事は、妊活中の食事と気をつけたい点に大きな違いはありません。 基本的には栄養バランスのとれた食事を三食きちんととることが大切です。 ただ、妊娠期間はホルモンバランスの変化の影響などで味覚が変化し、食事の好みが変わることもあります。 特にかもしれません。 妊娠中の食事はママにとってもお腹の赤ちゃんにとっても重要ですが、過剰に気にしすぎるとかえってそれがストレスとなってよくない影響を及ぼすことも。 「あのレシピは辛いものだからNG、あの食材はダメ」と神経質になりすぎることなく、まずは少しずつ、できることから取り入れてみましょう。 小さなことでも信頼できる相手に相談しながら、マタニティーライフと美味しい食事を楽しんでくださいね!.

次の

妊婦の風邪の治し方!長引く風邪を「早く治す方法」3つ

妊婦 風邪 食べ物

もくじ• 妊娠中は心身ともにデリケートな時期。 免疫力が低下しているので、風邪をひきやすい体になっています。 いつもなら風邪薬を飲んで治すという方も、お腹に赤ちゃんがいるとなるとその影響が心配ですよね。 ここでは、妊婦でも風邪薬が飲めるのか、妊娠週数による赤ちゃんへの影響、妊婦におすすめの風邪薬について解説します。 妊婦が風邪をひいたときの対処法を紹介していますので、もし妊娠中に風邪をひいたときの参考にしてください。 妊婦が風邪をひいた場合、薬を飲んでも大丈夫? つらい風邪にかかってしまったら、風邪薬を服用することもあるでしょう。 しかし妊娠中に風邪薬を飲んでも赤ちゃんへの影響はないのでしょうか。 妊婦は風邪薬を飲んでも大丈夫?胎児への影響は? 妊娠中の風邪薬は、妊娠週数と薬の種類によって服用の可否が異なります。 妊娠中は赤ちゃんの体が作られていく時期なので、薬によっては赤ちゃんの奇形(催奇形性)が生じる可能性があるのです。 こう聞くと「妊娠中は薬を飲まない方がいいの?」と思われる方もいるかもしれませんが、妊娠中に服用しても安全性が確認されている薬も多くあります。 注意すべき薬だけ押さえておけば大丈夫です。 風邪をひいたら胎児に影響する? 一般的な風邪のウイルスであれば、赤ちゃんへの影響はありませんのでご安心ください。 そもそも風邪の症状は、体に入ったウイルスを排除しようとして免疫細胞が戦っている証拠。 それ自体は体に害があることではありませんし、無理に薬を飲んで治す必要はありません。 しかしあまりにも風邪の症状がつらいと、母体に負担がかかってしまいます。 つらい風邪や長引く風邪の場合には、状況に応じて妊娠中でも安全性が確認されている薬を服用することも一つの方法です。 風邪薬を服用していいか医師に相談するべき? 妊娠中に風邪薬を服用する場合は、事前に必ず医師に相談しましょう。 風邪薬の中でも、妊娠中は注意が必要な薬があります。 市販薬の風邪薬の添付文書にも「妊婦または妊娠が疑われる場合には、医師または薬剤師に相談すること」という旨が明記されています。 市販薬であっても自己判断で服用せずに、必ず医師に相談しましょう。 妊娠週数との関係は?妊娠週数ごとに注意すべき薬の成分 解熱剤 薬の種類にもよりますが、妊娠週数と薬の関係については以下のように考えられています。 また妊娠週数によっても飲める薬は異なるので、ここはしっかり押さえておきましょう。 妊娠4~7週 妊娠4週以降は、赤ちゃんの心臓や中枢神経など体の根幹となる器官や、消化器や手足などの形成が始まります。 薬による催奇形性の影響をもっとも受けやすい非常にデリケートな時期なので、薬の服用は慎重に判断したいもの。 自己判断で薬を服用することは絶対にやめましょう。 妊娠8~12週 赤ちゃんの重要な器官の形成は済んでいますが、この時期になると生殖器や唇などが作られていきます。 この時期でもまだ薬の服用には注意が必要です。 妊娠13週以降 妊娠13週以降は薬による催奇形性の影響は少なくなりますが、赤ちゃんの発育抑制などの可能性があるためまだ注意が必要です。 この時期の風邪薬の成分で特に気をつけたいのが、解熱・鎮痛作用のあるNSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)と呼ばれるもの。 NSAIDsは「ロキソプロフェン(商品名:ロキソニン)」「イブプロフェン(商品名:イブ)」「アスピリン(商品名:アスピリン)」などの薬剤の総称ですが、出産12週以内の妊娠後期(妊娠8ヵ月以降)に服用すると胎児の動脈管を収縮するという報告があります。 添付文書でも「妊娠後期の妊婦への投与はしないこと」とされています。 妊娠中の方でも服用できる解熱鎮痛剤は「アセトアミノフェン」という成分です。 妊娠に気づかず薬を飲んでしまったら? 妊娠に気づいていない段階で知らずに薬を飲んでしまったという方もいるでしょう。 結論から言うと、この時期に市販の風邪薬を数日間飲んでいたとしても大きな心配はありません。 妊娠3週までは薬による催奇形性の影響はほとんどないと考えられています。 薬を飲んでしまったと不安になるよりも、余計な心配はせずに赤ちゃんの成長を見守った方が、ストレスなく赤ちゃんにもよい影響を与えるのはないでしょうか。 漢方薬は飲んでも大丈夫? 妊娠週数によっては注意が必要な風邪薬の成分もありますが、漢方薬はどうでしょうか? 妊娠中に漢方薬は飲んでも大丈夫なのかどうか、見ていきましょう。 そもそも漢方とは? 東洋医学の中でもっとも広く普及していると言えるのが漢方医学です。 そもそも西洋医学と東洋医学では、病気や治療に対する考え方が異なります。 西洋医学ではまず検査の結果から病気を見つけ、その病気に合わせて治療薬が処方されます。 一方東洋医学では、病気そのものよりも病態を重視し、体質や体格も踏まえてその人に合わせた漢方薬が処方されます。 さらに東洋医学において、薬はその人の自然治癒力を高めるために使うものと考えられており、その分作用がマイルドなものが多いため妊娠中でも比較的安全に使用できます。 妊婦でも使える風邪の漢方薬 妊婦でも使える風邪の漢方薬には、症状別にさまざまなものがあります。 風邪のひき始めや悪寒がするときは「葛根湯(かっこんとう)」、乾いた咳が出るときは「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」、鼻風邪には「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」などが挙げられます。 西洋医学の薬と比べて赤ちゃんへの影響は少ないですが、念のため服用前には医師に確認するようにしましょう。 風邪の予防方法 妊娠中は免疫力が低下しやすいので、いつも以上に風邪をひかないようにしっかり予防対策をすることが重要です。 手洗い・うがいを徹底する 風邪予防の基本ですが、手洗い・うがいは手や粘膜に付着した病原体を除去するにはとても有効な方法です。 帰宅時の手洗い・うがいは習慣化しましょう。 栄養バランスの取れた食事を心がける 体の免疫力を高めるには、免疫細胞にしっかり栄養を届けることが大切です。 栄養バランスの取れた食事を心がけるようにしましょう。 ただしつわりがひどいときは、無理に食べる必要はありません。 気持ち悪い思いをしながら食事をしても、ストレスのもとになってしまい赤ちゃんにも悪影響です。 つわりがひどいときは水分をしっかり摂り、無理のない範囲で食べるようにするとよいでしょう。 体を温める 免疫を担っているのは血液中の白血球です。 白血球は血液を介して全身をパトロールして病原体の侵入を防いでいますが、血液の流れが滞るとパトロール役である白血球が全身を循環できなくなってしまいます。 白血球にしっかり働いてもらうためには、体を温め血行を促進させることが大切。 入浴する、生姜など体を温める食べ物を摂取する、などしてしっかり体を温めましょう。 しっかり休息する 疲れがたまっている状態では、風邪をひきやすくなります。 妊娠中は心身ともにデリケートなので、いつも以上に体を労り、きちんと休養を取りましょう。 おすすめの市販の風邪薬 妊婦でも使えるおすすめの市販の風邪薬を紹介します。 以下で紹介している風邪薬は、妊娠後期に注意すべき成分であるNSAIDsを含んでいないので、妊婦でも安心して服用していただけます。 ただし自己判断はせずに、服用前には必ず医師に相談するようにしましょう。 エスタック総合感冒 妊婦でも安心な解熱鎮痛剤であるアセトアミノフェンをはじめとして、鼻や咳など風邪の諸症状に効く成分が8種類含まれています。 5歳から服用できるので、家族で使える風邪薬です。

次の