いざ わた くじ。 伊沢拓司

【保育園・幼稚園の出し物】夏祭りや夕涼み会の簡単アイデア11選

いざ わた くじ

来歴 [ ] 、、 を経て、を卒業。 修士課程中退。 中学時代より開成学園クイズ研究部に所属。 第18回高校生オープンで史上初となる中学生(当時中学3年生)での優勝を果たした。 その後、 高校1年生時にのクイズ番組『』の第30回大会(メンバー:田村正資、大場悠太郎、伊沢拓司)に出場し、開成高校を初優勝へと導いた。 翌年の第31回大会(メンバー:伊沢拓司、大場悠太郎、鈴木耀介)においても優勝し、個人としては史上初となる2連覇を成し遂げた。 なお、高校生クイズで個人として連覇を果たしたのは伊沢と大場の2名だけである(2019年9月現在)。 2016年に「右脳も左脳もヨロコブ」というコンセプトの下、ウェブメディア『』を立ち上げ、編集長に就任。 2017年には同名のYouTubeチャンネルを設立し、動画への出演や企画等も行っている。 また、2018年4月よりワタナベエンターテインメントに所属し、タレントとしても活躍。 2017年4月にの『』のレギュラー放送第1回で優勝し、第1シーズンでは東大王チームの大将を務めていた。 同年11月の第13回放送で行われた東大王入れ替え戦の決勝にてに敗れ大将交代となったものの、東大王チームの最年長、大黒柱として、同じく入れ替え戦でベスト4に勝ち残った、とともに番組の第2シーズンを牽引した(水上不在時には代わりに大将を務めることも)。 2019年1月、東京大学大学院からの中途退学を機に東大王チームから卒業することを番組内で発表し 、3月20日の放送をもって東大王チームを卒業した。 同年4月からは番組の解説に加え、芸能人チーム勝利時の助っ人として出演している。 2019年3月30日、YouTubeチャンネル『QuizKnock』上に投稿した動画において、3月31日をもって大学院を中途退学することおよび、4月1日に株式会社QuizKnockを設立し、自身が代表に就任することを発表した。 2020年4月1日、立ち上げ当初から務めていたウェブメディア『QuizKnock』の編集長を退任した。 人物 [ ]• 幼い頃から電車や動物など何にでも興味をもち、レンタルビデオ店で借りてきたビデオを見ることに熱中していた。 6歳の頃から幼児教室に通い始め、小学校受験を志すようになる。 小学校入学後は、急速に視力が低下するほど読書に夢中になっていたが、2年生からはサッカーや、サッカーに関する知識比べに熱中するようになり、その中で知識を蓄える楽しさを知った。 この頃に、NHKの番組「スポーツハイライト2002 サッカーのワールドカップ 夢がピッチを駆けぬけた」 2002年12月22日放送)でインタビューを受けたのが最初のテレビ出演となった。 私立の幼小中高一貫校に通っていたこともあり、当初は中学受験を考えていなかったが、3年生時に塾に通いはじめたことをきっかけに勉強の楽しさに気づき、6年生時に本格的に中学受験を目指しはじめる。 中学入学時にフットサル部に入部するも、中高一貫で他に中学生部員がいなかったため周りについていけず、部活動勧誘会で興味を持ったクイズ研究部に転向した。 高校生クイズ出場時、番組内で「開成トップクラスの成績」と紹介されたことから、しばらくの間あだ名が「トップクラス」になった。 中学時代からギターを続けており、大学生時代はギターのサークルに所属し、副会長を務めていた。 大学生時代は、の東大特進コーススタッフとしてアルバイトをしていた。 また、・夫妻の長男の家庭教師をしていたこともある。 伝記漫画を読んで歴史の面白さに気付いたのが最初の勉強体験だったという理由から、好きな歴史上の人物にを挙げている。 好きな漫画は、、作品。 他にも『』『』『』『』を挙げている。 ネットスラング「正岡民」「中馬民」を生み出した問題の解答者であり正解者。 趣味はアコースティックギターの弾き語り。 座右の銘は「無知を恥じず、無知に甘えるを恥じる」。 出演 [ ] テレビ [ ] 現在の出演 [ ]• (TBS、2017年4月 - )• (TBS、2019年9月30日 - )- 月曜日コメンテーター 過去の出演 [ ]• (、2014年12月31日 - )• (テレビ朝日、2016年9月 - 2017年4月)- ハナー・タッカーのコーナー その他の出演番組 [ ]• スポーツハイライト2002 サッカーのワールドカップ 夢がピッチを駆けぬけた NHK、2002年12月22日• 全国高等学校クイズ選手権(日本テレビ)• ライオンスペシャル 第30回全国高等学校クイズ選手権(2010年9月3日)• ライオンスペシャル 第31回全国高等学校クイズ選手権(2011年9月9日)• (日本テレビ、2010年10月9日、2020年6月13日)• (TBS、2011年11月23日)• Q1~史上最速の頭脳スプリントバトル~(、2012年3月10日)• (TBS、2012年6月29日)• (フジテレビ、2014年2月26日)- 「知って得するディープな知識-オタック9-」のコーナーにテーマ「クイズ出場経験者オタク」で出演• (日本テレビ、2014年12月5日)• (テレビ朝日)• 「現役東大生・医者・博識芸能人が対決! 本当に頭がいいのは誰だ!? 学力王No. 1決定戦」 (2015年5月4日)• 「現役東大生vsQさま最強軍団 20世紀の貴重映像から出題!学力王No. 1決定戦」(2016年5月9日)• 「現役東大生・京大生が選んだ日本のスゴイ世界遺産ベスト25から出題!学力王No. 1決定戦!」(2016年7月4日)• 「カズレーザー&宇治原 vs 東大軍団が激突!外国人が選んだ「世界に影響を与えた日本人ベスト25」から出題!学力王No. 1決定戦」(2016年9月12日)• 「今、1番頭のいい芸能人は誰だ!? 最強インテリ40人が新クイズで頭脳サバイバル! 秋の学力王No. 1決定戦」(2017年10月9日)• 「本当に強い戦国武将ベスト15&大反響KESHiMASで激突!3時間スペシャル」(2019年6月24日)• 「今旬デキマス軍団vsベテランデキマス軍団新クイズ プレッシャーマスドリルで激突SP!」(2019年7月29日)• 「大反響マスドリルで激突!!天才クイズ集団を倒せるのか!?Qさま!! 真夏の3時間スペシャル」 2019年8月19日 - QuizKnock軍団として出演• 「カズレーザーvs宇治原vs伊沢拓司 今年最後の芸能界インテリ大決戦!2019年ニュースの主役SP」(2019年12月23日)• 「伊沢拓司率いるニューインテリ軍団vs宇治原・カズ率いる常連インテリ軍団 難関中学・高校・大学の入試問題から出題SP」(2020年2月3日)• (フジテレビ、2016年3月13日)- 赤門前インタビューでのVTR出演• (フジテレビ、2016年11月28日、2019年8月12日)• ザキヤマひとり(フジテレビ、2017年4月10日)• (TBS、2017年7月9日)- 東大王として出演• (テレビ東京、2017年8月14日)• (日本テレビ、2017年8月28日)• (日本テレビ、2017年9月1日)• (TBS)• オールスター感謝祭2017秋(2017年10月7日)- 東大王として出演• オールスター感謝祭2018秋(2018年10月6日)- 東大王として出演• 凡人はハンデあり!!~強ぇヤツにはどうすりゃ勝てる?~(、2017年12月28日)• (テレビ朝日、2018年2月21日)• (テレビ朝日、2018年3月9日)• (TBS、2018年4月2日)- 東大王として出演• 東大王&初耳学合体4時間SP(TBS、2018年4月15日)- 東大王として出演• (テレビ東京)• 「【VSクイズ王これだけいれば勝てる!】第2弾 前半」(2018年5月31日)• 「【VSクイズ王これだけいれば勝てる!】第2弾 後半」(2018年6月7日)• 「【VSクイズ王これだけいれば勝てる!最後の聖戦】前半」(2018年8月23日)• 「【VSクイズ王これだけいれば勝てる!最後の聖戦】後半」(2018年8月30日)• 「「VSクイズ王」企画第二弾 「工業高校生クイズ」」(2019年2月28日)• (TBS、2018年6月6日) - 東大王として出演• (テレビ東京、2018年7月22日)• (TBS、2018年9月22日、2019年6月8日、2020年5月2日)- 東大王として出演• (MBS、2018年10月9日)• (、2018年11月8日)• (、2018年11月28日)• (テレビ東京、2018年12月17日、12月24日)• (TBS、2019年1月3日、6月20日)- 1月3日は東大王として出演• (テレビ朝日、2019年2月6日)- QuizKnockとして出演• (TBS、2019年3月2日)• 一年後のニッポンがわかるテレビ(テレビ東京、2019年3月3日)• (TBS、2019年3月11日)- 東大王として出演• ザ!モノシリスト(BS朝日、2019年3月19日、4月7日、4月14日)• (TBS、2019年4月1日)• (、2019年4月3日)• あなたの街の神様 仏様 調べてみました!(、2019年4月22日)• (日本テレビ、2019年4月29日)• (TBS、2019年5月19日、6月9日、7月14日、8月11日、9月15日、10月27日)• (テレビ東京、2019年6月12日)• (、2019年6月22日)• (テレビ東京、2019年7月1日、7月7日、11月3日、11月10日)• (TBS、2019年7月6日、7月13日、8月10日)• (、2019年7月22日)- QuizKnockとして出演• (日本テレビ、2019年7月30日)• (TBS、2019年7月31日)- 東大王として出演• (TBS、2019年8月3日)• (テレビ朝日、2019年8月27日、11月19日、12月10日、2020年1月28日、2月18日、2月25日、3月10日、4月14日、4月28日、5月12日、6月2日)• (TBS、2019年9月18日、11月18日、2020年2月24日、4月20日、5月25日) - 脱出島• (テレビ朝日、2019年10月1日、10月8日、11月12日、11月19日、2020年1月7日、2月4日、2月11日、3月31日、4月7日、4月23日)• (フジテレビ、2019年10月8日)• (テレビ朝日、2019年10月15日)• (TBS、2019年10月23日、2020年1月15日)• (フジテレビ、2019年11月2日) - 令和教育委員会〜体育の時間SP〜のコーナーに出演• (日本テレビ、2019年11月15日)• カッティングエッジ 世界を変える科学者たち(、2019年11月17日)• (TBS、2019年11月29日、12月9日、2020年1月6日)• (RKB毎日放送、2019年12月6日)- QuizKnockとして「不思議の国のアリス展」の特集にVTR出演• フジテレビ、2019年12月9日、2020年3月16日• 危険回避バラエティ その手があったか!(TBS、2019年12月14日)• うちわけいただきました!~ヒミツの円グラフ~(フジテレビ、2019年12月28日)• 林修の今でしょ!講座 特別編(テレビ朝日、2019年12月30日)• (、2020年1月5日)• 世界は教科書でできている(NHK、2020年1月7日)• (フジテレビ、2020年1月17日)• 冬の祭典2020(、2020年2月1日)• (、2020年2月11日)- QuizKnockとして「不思議の国のアリス展」の特集にライターの志賀玲太と共にVTR出演• (テレビ東京、2020年2月15日)• (TBS、2020年2月22日)• (日本テレビ、2020年2月28日)• フジテレビ、2020年3月6日、4月10日、5月22日• フジテレビ、2020年3月11日、5月27日• (TBS、2020年3月13日)• 世界のスゴ大!在学中。 フジテレビ、2020年3月21日• (TBS、2020年4月3日、4月17日)• 究極の文化系バトル天脳山(TBS、2020年4月4日)• (TBS、2020年4月18日、6月6日)• (フジテレビ、2020年4月30日)• (フジテレビ、2020年6月12日) CM [ ]• 「」(2020年3月 - )- としてメンバーとともに出演。 ラジオ [ ] 現在の出演 [ ]• (、2019年4月 - )- 第2水曜日レギュラー 過去の出演 [ ]• とっておきの雑学をあなたに クイズ王が教える究極の雑学2(、2017年12月31日)• たまむすび(TBSラジオ、2018年10月16日)• (、2018年10月22日)• (TBSラジオ、2018年11月1日)• クリスマスの夜なのにラジオ聴いている受験生に乾杯!(TBSラジオ、2018年12月24日)• 未来授業(、2018年12月24日 - 27日)• (、2019年1月3日)• (TOKYO FM、2019年1月20日)• (J-WAVE、2019年3月3日)• (TOKYO FM、2019年12月11日)• クイズで令和元年、振り返りまSHOW(JFN、2019年12月31日) インターネット番組 [ ]• (、2017年6月22日、12月21日)• (、 2018年7月17日)• (こえこく)(GYAO! 、2019年 2月 7 - 2019年3月 12 )• 週刊やしろあずき(、2019年11月7日)• (東京都公式動画チャンネル!(東京動画)、2020年1月21日 - ) 戦績 [ ] クイズ番組での主な成績 [ ]• 日本テレビ 第30回・第31回『全国高等学校クイズ選手権』 優勝(2010年、2011年) - 個人としては史上初の2連覇 チームメイトの大場悠太郎も同じく2連覇• TBS 『頭脳の祭典! クイズ最強王者決定戦!! 〜ワールド・クイズ・クラシック〜』ベスト8(2011年)• フジテレビ 『Q1~史上最速の頭脳スプリントバトル~』 優勝(2012年)• TBS 『THEクイズ神』ベスト4(2012年)• 日本テレビ 第3回『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』ベスト4(2014年)• TBS 『東大王』準優勝(2016年)、 優勝(2017年春)、準優勝(2017年秋) クイズ大会での成績 [ ]• 第18回『高校生オープン』 優勝(2009年)- 史上初の中学生での優勝• 第17回『勝抜杯』3位(2017年)• 『 2017』日本大会2位(2017年) 著書 [ ] 単著 [ ]• 伊沢拓司『』〈〉、2015年10月20日。 伊沢拓司『』、2018年7月5日。 伊沢拓司『』KADOKAWA、2019年2月7日。 伊沢拓司『』〈〉、2020年4月30日。 共著・監修 [ ]• QuizKnock『』、2018年8月27日。 QuizKnock『無敵の東大脳クイズ』伊沢拓司監修、、2018年9月7日。 QuizKnock『』クラーケン、2018年9月12日。 QuizKnock『』クラーケン、2019年10月23日。 その他 [ ]• 『東大脳の育て方』 、2017年9月1日。 - 「子ども時代のすごし方」についてのインタビューを掲載。 『』vol. 9、セブンデイズウォー、2018年7月1日。 - 巻頭グラビア・インタビューを掲載。 『中学受験を考えたらまず読む本 2018-2019年版』日本経済新聞出版社、2018年7月10日。 - 巻頭インタビューを掲載。 - QuizKnockが謎解き問題を作成。 - QuizKnockが謎解き問題を作成。 『東大生の本の「使い方」』、2018年12月7日。 - 東大出身著名人による本の「使い方」として原稿を掲載。 『中学受験 2020 時事ニュース 完全版』ジュニアエラ編集部編、朝日新聞出版、2019年10月18日。 - 「「東大卒クイズ王」伊沢拓司さん・こうちゃんが読み解く過去1年の10大ニュース」を掲載。 『』vol. 11、セブンデイズウォー、2019年11月10日。 - 2019年11月号から2020年2月号まで。 『クイズ王・伊沢拓司の東大思考』を連載。 脚注 [ ] [] 脚注 [ ]• 第32回大会では、予選で同じ開成高校の別のチーム(メンバー:青木寛泰、、太田凌介)に敗れ、3年連続出場とはならなかったが、青木チームが優勝を果たし開成高校は史上初となる高校生クイズ3連覇を成し遂げた。 2019年7月31日および2020年3月11日、18日の放送回では、芸能人チーム大将として冒頭から参加。 株式会社QuizKnock設立以来、会社の最高責任者とWEBメディアの編集長を兼任していたが、2020年3月31日に、自身は編集長を退任し、創設メンバーの1人である川上拓朗が後任を務めることを発表した。 実際にはクイズに集中しすぎるあまり、勉学をおろそかにしていたため校内模試の順位も低く、しばらくはネタとして扱われた。 第31回高校生クイズの決勝最終問題として出題された「野球」を訳した人物を問う問題において、(現5ちゃんねる)の「なんでも実況J」掲示板上で多くの人が「正岡子規」と回答してしまったことにより生まれた。 2019年11月の出演でにクイズで敗戦後、メンバーとの約束でTwitterのハンドルネーム表記を「欅坂46にクイズで負けた伊沢拓司」に変更した(. telling, 朝日新聞社. 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧。 2019年9月18日、2020年5月25日放送分は挑戦者として参加。 対戦相手は前者が、、後者が・たかぎし、。 出典 [ ]• ダ・ヴィンチニュース 2018年3月7日. 2018年3月30日閲覧。 徳間書店 2019年2月1日. 2019年2月1日閲覧。 2019年3月31日閲覧。 WATANABE ENTERTAINMENT. WATANABE ENTERTAINMENT. 2018年10月27日閲覧。 QUIZ JAPAN 2015年10月9日. 2018年3月1日閲覧。 QUIZ JAPAN. 2017年9月30日閲覧。 瀧靖之 『東大脳の育て方』 主婦の友社、2017年。 ダ・ヴィンチニュース. KADOKAWA 2019年3月1日. 2019年3月7日閲覧。 現代ビジネス. 講談社 2018年6月10日. 2018年11月23日閲覧。 ORICON 2019年1月10日. 2019年2月6日閲覧。 TBS. TBSテレビ. 2019年3月23日閲覧。 2019年4月4日. 2019年4月6日閲覧。 セブンデイズウォー. 2020. 123. 東洋経済オンライン. 2017年9月30日閲覧。 www. goal. com. 2020年4月5日閲覧。 中学受験を考えたらまず読む本 2018-2019年版. 日本経済新聞出版社. 2018. 2,3. 『東大王 知力の壁に挑め!最強クイズドリル』KADOKAWA、2018年、119頁。 中学受験を考えたらまず読む本 2018-2019年版. 日本経済新聞出版社. 2018. 4,5. QUIZ JAPAN vol. セブンデイズウォー. 2018. , 2018年8月13日閲覧。 KADOKAWA. 2018. 122. KADOKAWA. 2018. 123. KADOKAWA. 2018. 122. WQC日本大会実行委員会 2017年6月5日. 2018年2月15日閲覧。 外部リンク [ ]• - チャンネル• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 原田潤人• しょーご• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の

QuizKnock

いざ わた くじ

メンバー全員が超高学歴の超頭脳派Youtuberなのです。 QuizKnock クイズノック の主要メンバーは 伊沢拓司さん、 川上拓朗さん、 河村拓哉さん、 ふくらP さん、 須貝駿貴さん、 こうちゃんさん、 山本祥彰さん、 山森彩加 さんの8名です。 他にも東京大学クイズ研究会のメンバーなど、活躍されているメンバーがいます。 そんなQuizKnock クイズノック が 2020年2月17日(月)21:00~テレビ朝日で放送される 『 Q さま!! 関東名門大軍 vs カズ宇治原率いるインテリ芸人軍戦国時代スペシャル』に出演しました。 今回は Contents• QuizKnockとは? QuizKnock クイズノック は、 東大クイズ王としても有名な 伊沢拓司を中心とした天才クイズ集団です。 YouTuberとして活躍する一方、 テレビのクイズ番組に出演したり、Webサイトも運営しています。 天才クイズ集団と言われるだけあって QuizKnock クイズノック メンバー全員が超高学歴! 『 Q さま!! 関東名門大軍 vs カズ宇治原率いるインテリ芸人軍戦国時代スペシャル』 に出演するこうちゃん、山本祥彰さんから順にメンバーのプロフィールを見ていきましょう! QuizKnockメンバーのプロフィール、年齢 QuizKnock クイズノック のメンバーのプロフィールを 今回は 『 Q さま!! 関東名門大軍 vs カズ宇治原率いるインテリ芸人軍戦国時代スペシャル』に出演するこうちゃん、山本祥彰さんを中心に紹介します。 こうちゃん 本名 渡辺航平 出身地 群馬県 生年月日 1997 年 11 月 28 日 年齢 22歳 得意科目 歴史 担当 ライター、YouTubeの動画出演、記事の校閲 (2020年2月現在) こうちゃんは、2019年8月放送の『Qさま!! 』に出演しました。 その際に東大クイズ研究会で川上さんと交流があり、QuizKnockに参加することになったようです。 山本祥彰さん 本名 山本祥彰(やまもと よしあき) 出身地 埼玉県 生年月日 1996 年 6 月 1 日 年齢 23歳 得意科目 理科 担当 ライター、YouTubeの動画出演、謎解きの作問 山本祥彰さんは、過去に『全国高等学校クイズ選手権』や『99人の壁』でテレビ出演していて、その時に作問経験があるということで、謎解きの作問を担当しているんですね! 第34回『全国高等学校クイズ選手権』では、第4位に入賞した経験があります。 QuizKnockのYoutubeチャンネル ご紹介してきた通り、超頭脳派・天才クイズ集団QuizKnock クイズノック の YouTubeチャンネル、気になりますよね!? QuizKnock クイズノック のYouTubeチャンネルでは 東大クイズ王・伊沢拓司を中心としたメンバーが• ガチンコクイズ• 盛り上がるゲーム• 激ムズ入試問題 など様々な無理難題に挑戦していくチャンネルになっています。 概要を以下にまとめました。 それ以外にもテレビ番組への出演やWebサイトの運営等をされていて、 2019年には 株式会社 QuizKnock が設立され、企業化しています。 そんなクイズ好きの超天才集団から2名が 2020 年 2 月 17 日の『 Q さま!! 関東名門大軍 vs カズ宇治原率いるインテリ芸人軍戦国時代スペシャル』に出演します。 クイズ好きな方はぜひお見逃しなく!! \今なら動画見放題プランが30日間無料お試し実施中/.

次の

夏目漱石 吾輩は猫である

いざ わた くじ

サックスプレイヤー 伊澤 隆嗣(いざわ たかつぐ) プロフィール 群馬県出身。 1973年生まれ。 1989年よりクラシックサックスを、故前沢文敬氏に師事。 1996年国立音楽大学サクソフォーン科卒業。 在学中にジャズに傾注。 ニュータイドオーケストラのリードアルト担当。 卒業後は、レコーディング、イベント、ライブ等、多くのミュージシャンと演奏を重ねる。 同時に銀座でのストリートライブは10年以上続け、多くの人々を魅了する。 2008年渡米。 2012年、震災をきっかけに家族と熊本に移住。 2014年CMSレーベルより初のリーダーアルバム「In a Spring Time」をリリース。 共演したミュージシャンは、デビッドマシューズ、五十嵐明要、田井中福司、林文夫、金澤英明、細川正彦、納浩一、市原康、岡安芳明、安ヵ川大樹、岡崎好朗、楠井五月、和太鼓奏者の響道宴、民謡歌手の伊藤多喜雄、(敬省略) 他多数。 Izawa was born in 1973, in Gunma Prefecture in Japan. Since very young age he showed signs of talent becoming interested in classical and jazz music. It is in 1989 when he decided to take music as his path in life and started studying classical jazz under the late Mr. Fumiyoshi Maezawa. In 1996 he graduated from the Kunitachi College of Music with a saxophone specialization. It is at this time that he devoted most of his time to play jazz in school and in local concerts, eventually becoming the lead alto of the New Tide orchestra. After graduating, Mr. Izawa continued his career as a musician by participating in a great number of concerts, events and private parties in Tokyo and across Japan. Izawa has played side by side with many renowned Japanese musicians and in the bars and street s of Ginza for more than 10 years attracting hundreds of people to his performances. In 2008 he moved to N. Y, USA where he took lessons and played along from Vincent Herring. After the Great East Japan earthquake, March 2011, he relocated with his family to Kumamoto Prefecture. Rapidly joining the local Jazz scene and performing in concerts in Fukuoka City and across Kyushu Island. It is in 2014 when he launched his release the album "In A Spring Time" from CMS label, becoming the first leader in a group of collaborators. Some of the Co-staring musicians included, David Matthews , Fukuji Tainaka , Fumio Hayashi , Hideaki Kanazawa , Masahiko Hosokawa , Kouichi Osamu, Yoshiaki Okayasu , Taiki Yasukagawa , yoshirou Okazaki , etc. In 2015 Mr. Izawa has been invited and performed in various local T. V programs.

次の