剣 盾 と つ げき チョッキ。 【剣盾S6最終445位(2007)BSSO優勝(個人7

『げきりんの湖』の出現ポケモンとマップ画像攻略(剣盾)|ポケモン徹底攻略

剣 盾 と つ げき チョッキ

アシレーヌについて 最近のポケットモンスター「ソード・シールド」(以後剣盾と呼称)のアップデートにて、アローラ御三家がとうとう解禁となりました! その中でも私の一番のお気に入りである「アシレーヌ」について、実際にランクマッチにて毎戦使用し、 マスターボール級まで昇格できましたので、使用感や型をお伝えしたいと思います。 所謂、アシレーヌの育成論となります。 なお、私自身 ポケットモンスターの対戦は、今作「ソード・シールド」が初めてとなります。 今までやってきたポケモンシリーズは赤・緑・金・銀・USUM…と、実はそれほどポケモンだいすき!…というわけではありませんでした。 しかし…、 剣盾にてポケモンというコンテンツにダダハマり。 ストーリーやキャラ・ポケモンはもちろん、 対戦の魅力にも取り憑かれてしまいました。 ですので、まだまだポケットモンスターについては初心者ですので、何卒お手柔らかに…。 では早速、私が対戦で使用しているアシレーヌについてご紹介いたします。 私が使うアシレーヌは、特殊高火力にて、小細工なしに敵と真正面から戦っていくスタイルを取ります。 性格について: 特攻が上がる性格ならば何でも良いと思います。 おしとやかなアシレーヌ…?かわいい! 特性について: 夢特性である、音技がみずタイプとなる「うるおいボイス」であることに特に利点を感じなかったため「げきりゅう」といたしました。 5倍になるという、シンプルな強さとなります。 今回持たせている「とつげきチョッキ」と多少のシナジーがあると考えました。 個体値について: 特殊アタッカーですが、物理技である「アクアジェット」も使用するため、妥協なしの6Vか王冠を使用してください。 努力値について: C:全振り H:8n-1 S:バンギラスを抜けるのを抜く BとD:あまり (ポケ徹様の育成論をお借りしました。 正直、まだ自分で努力値の細かい割り振りを考えるのは難しいです…) もちものについて: いろいろな持ち物が考えられましたが、今回はアシレーヌにとつげきチョッキを着させます。 所謂チョッキアシレーヌですね! ただでさえ硬めな特殊耐久力という長所を、更に伸ばす形です。 また、下記にも記しますが、ラプラス対面・トゲキッス対面も視野に入れているためです。 技構成について: ムーンフォース(フェアリー)…アシレーヌの主力技、外す理由が無いですね! うたかたのアリア(みず)…みがわりを貫通し、なおかつ威力も高く、使い勝手の良い技です。 アクアジェット(みず)…先制技です。 特殊型のため、威力はかなり微妙な感じですが、雨下だと意外な威力となります。 タスキなどでミリ残しした相手に。 エナジーボール(くさ)…個人的には肝となる技です。 アシレーヌにはエナジーボール、これ流行ります。 最近流行りのラプラスをはじめ、ヌオー・トリトドンを見ることができます。 パーティ構成 このアシレーヌを使用したパーティは、以下の通りとなります。 主にドラパルトやその他ドラゴンタイプに対して選出していきます。 だいもんじを覚えていますので、ナットレイやアーマーガアに対しての打点にもなります。 体感選出率4位。 最近(2020年3月現在)すごく流行っているカビゴンや、ギャラドスへの対抗策がどうしても思い浮かばず、この子を採用しています。 唯一の攻撃技がかくとうタイプなので、ミミッキュとドラパルトに文字通り手も足も出ないのが難点です。 体感選出率3位。 ポケ徹様の育成論をお借りしましたが、正直あまり活躍させてあげられていません。 火力はピカイチなのですが…。 特性はオーロラベールまたはキョダイセンリツを重く見るならばすりぬけ、もしくはアーマーガアへの炎技読みでもらいび、どちらでもいいと思います。 体感選出率6位。 アシレーヌを入れるまでは私のパーティの主力を張り、大活躍してもらいましたが、今はあまり選出できていません。 ですが、今も変わらずダイジェットからのハットトリックは強力ですね。 体感選出率5位。 私のパーティに選出されやすいヒートロトムへの対策や、ミミッキュ等のフェアリーへの打点、更には最後の手段である「つのドリル」など、大活躍しています。 ステルスロックによるダイウォールに助けられたこともありました。 体感選出率2位。 パーティの回し方 あまり深く考えず、直感的に私はプレイングしています。 あまり深読みしすぎても、裏目に出てしまう事が多かったので…。 基本的に、初手でアシレーヌを選出します。 最近はみがわり・のろい・いたみわけ…など厄介な技を覚えているミミッキュが増えている印象です。 じゃくてんほけんを警戒し、ダイフェアリー2回からのダイソウゲンで落としきります。 細かいダメージ計算などは今回は省きますが、タイプ不一致の抜群技(ラプラスのかみなり等)程度だったら、半分以下のダメージに抑えられます。 ( 33. なにかいい戦法だったり、パーティメンバーの見直しなどをしたいのですが、いかんせん相談する相手がおらず…。 コメントなどでご意見頂ければ幸いでございます。 強いポケモンを使って対戦に勝つ。 コレは楽しいですね。 ですが、 好きなポケモンを使って勝つ。 コレはもっと楽しいですね! 今回、アシレーヌはどちらかというと強いポケモンの部類に入るとは思いますが、いつかは私が好きなポケモンであるキリキザンなどを使って、安定して勝てたらなーと思っております。 あまり好みではないポケモンだけど、強いポケモンだから使う。 でも使っているうちにそのポケモンがだんだん好きになっていく。 そういうのもいいですよね、とても素敵な発見だと思います。 いろいろなポケモンを使って、いろいろな発見をしていきたいですね! これからも拡張パックを心待ちにしつつ、対戦やキャンプでポケモンを愛でていこうと思います。 以上、つたない文章ではありましたが、アシレーヌを使おうと思っている方、また現在使っている方の心になにか少しでも響いて頂ければ幸いです。 ポケモン記事一覧はこちらです。

次の

『げきりんの湖』の出現ポケモンとマップ画像攻略(剣盾)|ポケモン徹底攻略

剣 盾 と つ げき チョッキ

あくびで対面操作 アローラ キュウコン ・特性「ゆきふらし」からのオーロラベールを展開できる。 元々高い耐久種族値で 4倍弱点がない点や、キョダイマックスの HP2倍も合わさり、並大抵の抜群技は余裕を持って耐えることができるため、「 弱点保険」を持たせて全抜きを狙うアタッカー型が流行しています。 パッチラゴンや ガラルヒヒダルマで壁を貼られる前に落とす、サイコファングやかわらわり 弱点保険に注意 で壁破壊、壁ターンを枯らす立ち回りなどで対策が必須です。 専用技「 ドラゴンアロー」を使った物理型から、眼鏡を持たせた特殊型も多く、豊富な技範囲で高速アタッカーとして採用されるのが主流となっています。 また、アタッカーだけでなく、「 おにび」や「 ひかりのかべ」などを上から使用するサポートメインの型も存在するため、相手の構築などから型を読む必要があります。 非常に多い型も強みのポケモンとなっています。 ばけのかわを利用して、無理矢理「 つるぎのまい」を積み、「じゃれつく」や「シャドークロー」などで自身がアタッカーとして活躍する型が主流となっています。 ミミッキュより遅いアタッカーは、剣舞から一方的に倒されてしまうため、現環境で素早さ種族値が「 96」を超えているかは、アタッカーの非常に重要な要素となります。 また、「 のろい」や「 トリックルーム」でサポートメインの補助型も増えており、後続のカビゴンやウオノラゴンなどに繋ぐ構築も流行しています。 特性が現環境で強く、「 かたやぶり」型であれば、ミミッキュの化けの皮を無視してダメージを与えることができます。 また、「 すなかき」型も多く、「 ダイロック」で砂嵐にしてから、2倍になった素早さであらゆるポケモンの上から行動することができます。 特に技の面での強化が大きく、草技の「 パワーウィップ」を習得したことにより、今まで不利対面だったウォッシュロトムに対しての打点を獲得しました。 また、ダイマックス技で最強格の「 ダイジェット」を タイプ一致で使うことができ、ダイジェットで敵を倒せば、特性「 じしんかじょう」と相まって実質龍舞を使ったような状況になります。 特性「 ミラーアーマー」によって、基本 能力ランクを下げられないため、ダイマックスの打ち合いでも活躍します。 受け性能だけでなく、鉄壁からの「ボディプレス」や、ビルドアップからの「ブレイブバード」「アイアンヘッド」で火力も出せるため、受けつつアタッカーに転じることができるのが強力な点でもあります。 5倍になる効果を持っています。 元から攻撃種族値が「140」と非常に高いのに加えて、特性で更に攻撃が底上げされるため、非常に火力が高いです。 そもそも同じ技しか出せないため、 こだわり系のアイテムと相性がよく、スカーフを持たせて高速高火力で立ち回ったり、鉢巻を持たせて、ヒヒダルマより遅いポケモンを圧倒的火力で叩きつぶすことができます。 特にHPと特防の数値が高めで、とつげきチョッキを持って環境のトゲキッスなどと打ち合う型が存在します。 また、専用技「 キョダイサイセイ」で殴りながら回復実を回収 確率 できるため、「のろい」や「はらだいこ」を積んで自身が抜きエースになる型も強力です。 トリルミミッキュで展開してから、カビゴンで一気に攻める構築が特に上位層で流行しています。 特に特攻と素早さが高く、一致「 りゅうせいぐん」や「 あくのはどう」で特殊エースとして活躍します。 スカーフでドラパルトの上から行動したり、眼鏡で更に火力を底上げした型などが多いです。 平均的に高い種族値のおかげで、ダイマックス後の耐久力が高く、ダイマックスと相性がいいのも現環境で高評価です。

次の

「ポケモン剣盾」、エキスパンションパス第1弾「鎧の孤島」本日配信開始!

剣 盾 と つ げき チョッキ

隠れ特性である「かたやぶり」の人気理由は、ミミッキュの特性「ばけのかわ」、ロトムの特性「ふゆう」を無効にできる対策ポケモンとしても人気です。 特性「すなかき」は、バンギラスの特性「砂起こし」かダイロックをした後に砂嵐にしてから最速で動くことが出来ます。 種族値 ・努力値配分 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 合計 110 135 60 50 65 88 508 努力値は 「攻撃252・素早さ252 」にして攻撃・素早さの努力値MAXにして猪突猛進型を作る。 5倍 ノーマル・飛行・エスパー・虫・ドラゴン・鋼・フェアリー 0. 25倍 岩 無効 電気・毒 持ち物 オススメの持ち物は、とつげきチョッキ(特防1. 5倍+変化技だせなくなる)、 、いのちのタマ(技の威力1. 5倍+同じ技しか出せなくなる)がオススメです。 定番はこだわりスカーフで素早さを上げる型です。 あとは、「つるぎのまい」技を覚えさせるのであれば、きあいのタスキで1ターンこらえて攻撃2段階ランクUPさせ強化するのもアリです。 戦い方 バトルで多く使われている 「ミミッキュ・ロトム」対策としても特性を無効にして攻撃が届き、物理アタッカーとして素早さが高いので人気の高いポケモンです。 つのドリル・じわれのどちらかを覚えておけば、劣勢でも運が良ければ1発逆転が狙えます。 上位ランカーの人たちも4割以上パーティーに入れている強力なポケモンですので育成をしておきましょう! ドリュウズ色違い 左が通常の色で、右が色違いです。 ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください。

次の