超 サッカー 掲示板。 サッカーについて熱く語りあえる掲示板まとめ

栃木サッカークラブ公式サイト【栃木SC】

超 サッカー 掲示板

節 日程 対戦相手 会場 結果 1 02. 27 山形 ANDスタ 3 07. 05 東京V H栃木グ 4 07. 11 千葉 Aフクアリ 5 07. 15 大宮 H栃木グ 6 07. 19 金沢 H栃木グ 7 07. 26 町田 AGスタ 8 07. 29 群馬 A正田スタ 9 08. 02 新潟 H栃木グ 10 08. 08 山口 Aみらスタ 11 08. 12 岡山 H栃木グ 12 08. 16 愛媛 H栃木グ 13 08. 19 琉球 Aタピスタ 14 08. 23 福岡 H栃木グ 15 08. 30 甲府 A中銀スタ 16 09.

次の

超大宮アルディージャ掲示板

超 サッカー 掲示板

節 日程 対戦相手 会場 結果 1 02. 27 山形 ANDスタ 3 07. 05 東京V H栃木グ 4 07. 11 千葉 Aフクアリ 5 07. 15 大宮 H栃木グ 6 07. 19 金沢 H栃木グ 7 07. 26 町田 AGスタ 8 07. 29 群馬 A正田スタ 9 08. 02 新潟 H栃木グ 10 08. 08 山口 Aみらスタ 11 08. 12 岡山 H栃木グ 12 08. 16 愛媛 H栃木グ 13 08. 19 琉球 Aタピスタ 14 08. 23 福岡 H栃木グ 15 08. 30 甲府 A中銀スタ 16 09.

次の

大阪サッカーBBS(掲示板)

超 サッカー 掲示板

昨日あたりから、各マスコミさんもニュースで再開特集をしてくれているようですね。 いよいよ、明日からJ2が再開です。 今朝の地元紙では、再開に向けたトレーニングでは、攻撃の連携に重点を置いたとのこと。 TGも3試合やったそうで(知らなかった~、非公開だもんな)、石丸監督も、攻撃には手ごたえを感じ始めているようです。 ただ、充孝と三鬼が別メニューとのことで、開幕のメンバーは流動的になりそうですね。 GK櫛引DF熊本、栗山、松本MF末吉、本田、駿、ヤマFW渡邊、大槻、山岸もしかしたら、GK櫛引DF熊本、栗山、松本MFヤマ、本田、駿、小野田FW大槻、ヴィニ、山岸なんて布陣もあるかもしれませんね。 何しろ今年は降格はないし、交代枠も増えるということで、スタートを超攻撃的にいって、後半守備的な選手を入れて守り切るという、思いきった采配... いよいよ明日、J2再開!~試合を応援できることに感謝 いよいよ明日の栃木戦で再開です。 練習は非公開でもあり、選手のコンディション、どんな練習試合をやったのかなど、全くわからない状態ですが、今日の夕方、YTSとYBCでモンテの直前情報を流してくれました。 まずはYTS.これは今年の開幕時に流してくれたものですね。 去年モンテはやや左よりで堅守速攻気味でしたが、石丸監督はこれをもう少し右寄りにしたいとのことでした。 中断期間はあったものの、ここにきてようやく軌道に乗ってきたようです。 栃木の今年の特徴はアグレッシブな守備。 栃木は4-4-2ですが、引いて守るのではなく、とにかく前から積極的にプレスをかけてくる戦術。 どちらが主導権を取れるかですね。 ココから話題が変わり、フラッグサポーターに企画について。 もう完成したようですね。 こういうのがあれば、選手も発奮するでしょうね。 昨日巨人... モンテ試合再開直前情報YTS・YBC Jリーグが中断して3月以来、久しぶりの公式戦です。 第一節強豪磐田戦では引くことなく真っ向勝負した形。 布陣は昨季と同じでしたが、選手達のプレースピードが最後まで続き、パススピード、ボール回しの技術も一段上がった感じでした。 0-2で負けはしましたが、選手達の気持がよくでていて、時折、今季取り組んでいる攻撃なども垣間見られ、今後に向けて明るい材料が出た試合でした。 開始早々本田選手が飛び出してチャンスを作るなど、選手達のコンディションもよさそうで特に前線の大槻、渡邊、山岸選手あたりの動きが軽快。 そして以前の三鬼選手もいい動きが戻ってきました。 特に後半は山形がより攻撃的にプレーし、ボールも回り、スピーディなプレー。 そして大槻選手に代えて入った加藤選手の動きが良く、スピードもありいい感じでした。 昨季よりもより前進し、一段階... …「サッカーの人少ないやつでしょ?」 …「室内サッカーでしょ?」 そんなこともあるでしょう。。。 トラバしてみてはいががでしょう!! サッカーギリシャ代表は、ギリシャサッカー連盟 HFF によって編成されるギリシャのサッカーのナショナルチームである。 1980年のEURO1980に出場するも未勝利に終わったが、1994年のアメリカW杯に出場。 ナイジェリア、ブルガリア、アルゼンチンと対戦したが、ここでも勝利を挙げることができなかった。 その後、しばらくは国際大会への出場機会がなかったものの、2004年のEURO2004では開催国ポルトガルやフランス、イタリアといった強豪を抑えて見事優勝を果たした。 EURO2004を制したことで、2006年のドイツW杯への出場も期待されたが、ヨーロッパ予選でウクライナ、トルコ、デンマークに次ぐ4位に終わり予選敗退の憂き目に遭う。 2006年7月3日から10日間FIFAからサッカーの国際活動を禁止された。 EURO2008予選は、ドイツW杯予選でも同組になったトルコをはじめ、ノルウェーなど実力が拮抗したと見られるグループCに入った。 緒戦3戦は僅少得点ながら無敗を続けたが、第4戦となる2007年3月24日アテネでのトルコ戦にて1-4の大敗を喫する。 翌3月25日が独立記念日(1821年、ギリシャ独立戦争の開戦日)にあたっていた事もあり、トルコのメディアからは屈辱的な報じられ方をしたという。 この敗戦はギリシャ代表チームにとって少なからぬ危機となったが、その後見事に立て直し、逆に第10戦となる10月17日のアウェー戦・イスタンブールではヨアニス・アマナティディスのループシュートで0-1の勝利を収め、ホーム戦での雪辱を果たすと共に予選通過を果たした。 結局敗戦はアテネでのトルコ戦だけ、10勝1分け1敗の勝ち点31で予選首位通過を果たした(なお、予選で勝ち点30を上回ったのはギリシャだけである)。

次の