チャン ヒョク 映画。 韓国「チャン・ヒョク」のプロフィール、画像・動画、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

チャン・ヒョクのプロフィール ・インスタグラム・出演ドラマ・映画

チャン ヒョク 映画

J Project 1集 2000年8月 [受賞経歴] SBS演技大賞新人賞 2001 チャン・ヒョクは今やもう期待株という修飾語の付きまとう俳優ではない。 映画とTV両方で彼は確実に自分だけの演技の色を持ったスターとして評価を受けている。 テレビドラマでとても人気が高かったSBSの水木ミニシリーズ「明朗少女成功記」を見ると彼が99年KBS2TV「学校」の時の反抗児からどんなに変わったのか簡単に知ることができる。 このような変身は彼が天賦的に生れついた俳優ではなく、後天的に努力する過程で得た結実だからもっと貴いと思う。 チャン・ヒョクは2000年初にSBSの週末ドラマ「ワンヌン一家」に出演して以来、少しも演技を休んだ事がない。 ドラマは勿論映画、ミュージックビデオ、あげくにラッパーにまで変身してアルバムまで出した。 『アルバムを出したのも僕が歌手として成功したくてではなく、今までの中途半端なタフガイの枠から外れて多様な演技の幅を持つための一種の訓練だったんです。 』仕事に対する彼の度が過ぎるほどの誠実さは普段の生活でもよく現われている。 いつだったか所属事務所がチャン・ヒョクが撮影で忙しいけれど特別に時間を作ってあげたが、翌日すぐ現場に帰ったという一話がある。 だからといってチャン・ヒョクが余裕や融通性のない堅苦しい性格だったり仕事中毒だというわけではない。 ちょっと長く付き合ってみるとのろくてどもったような話し方で彼がどれほど相手を笑わせる「物足りないユーモア」の大家であるかが分かる。 休まず活動を続けて来たチャン・ヒョクに、大きな危機が訪れた。 2004年兵役不正に関連したことだ。 活発に活動していたので、彼にとって軍入隊は大きな障害物であったはずだ。 兵役不正の問題が多かったその年、多くの芸能人たちと一緒に兵役逃れが明かされて、すべての活動を中断して、突然現役入隊した。 高い人気を得ていたところ、不正問題で2年間芸能界を去らなければならないことは、彼に多くの傷と試練を与えたと考えられる。 しかしこの傷のため、彼は多くの時間、思索することができ、演技に対する考えをもう少し真剣にできた。 その辛く苦しい時間を経て、立ち上がったためだろう。 彼は除隊後、一番成功的に復帰した芸能人になった。 2006年11月除隊したチャン・ヒョクは、2007年MBC『ありがとうございます』で復帰、視聴率はあまり高くはなかったが感動と愛のヒューマニズムが描かれたドラマで、好評を博し賞も受賞した。 世間知らずのシングルマザーとエイズかかった子供を、医者と同時に家族の目で見守ったチャン・ヒョクの好演は、拍手喝采を受けた。 チャン・ヒョクは相変らず忙しい。 広く世界市場を見つめ、2008年『ダンス・オブ・ザ・ドラゴン』を撮影中で、2008年ドラマ『不汗党』でも忙しい。 チャン・ヒョクの変化はまだ現在進行形だ。 俳優としては自ら語る通り多くの弱点を持っている。 しかしチャン・ヒョクが99年に顔を知られるようになってから今まで停滞せずにずっと発展して来たことを思えば、今まで見てきた姿よりこれから見せてくれる姿がもっと多いことが期待される。

次の

チャン・ヒョク

チャン ヒョク 映画

今回、日本での初放送を記念して、主演をつとめたチャン・ヒョクのオフィシャルインタビューが到着! 撮影現場の様子から、今後挑戦してみたい役についても語ってくれた。 ーー本作に出演を決めた理由は? チャン・ヒョク:まず「ボイス」でタッグを組んだ監督と一緒に、という思いがありました。 あと作品についての全体的な台本をいただいた時に、キム・ホンソン監督がスリラーだけど「ボイス」の時とは少し違う感じだとおっしゃったので、台本を見てみると、プロファイラーが目新しい特殊な環境にいるんです。 そのような点が面白そうだなと感じて、出演を決めました。 ーー今回は天才プロファイラーという難しい役どころでしたが、眼差しだけでもオ・ヒョンジェを表現されていたように思います。 役づくりをするにあたって、どんな準備をされましたか? チャン・ヒョク:事件が展開されながら、警察側の捜査チームとは違うものを作らないといけない状況で、個人的な事件を解決する部分に主眼を置く必要がありました、序盤では目が見えない状態で、音が聞こえる方に眼差しを向けたりといった部分にもかなり神経を使いましたね。 後半では、容疑者の犯人に会う場面でインパクトをしっかり残さなければならなかったり、あとは捜査から一、二歩下がって観察しないといけない立場だったので、そういった距離感を考えながら演技をしました。 後々、事件が明らかになっていくにつれ、外に出ていくようになりましたが、動線も複雑ではなかったのでセットでの撮影の時の方が楽だったように思います。 外に出た時の距離感がすごく遠くなったように感じて、難しかったですね。 ーーご自身が演じていて、特に印象に残っているシーンやセリフを教えて下さい。 チャン・ヒョク:後半に「人はいつも固定概念をもって見て、聞いて、経験したことだけを見るようになっている」というようなセリフがあるのですが、これはある意味、主観的な視点じゃないですか。 このようなセリフに意味があったように思います。 オ・ヒョンジェという役自体が、固定観念から脱して他のものを見なければならない、そういった視線を物語っているようで。 ーー様々なジャンルの作品でいろいろな役を経験されていますが、今後挑戦したい役はありますか? チャン・ヒョク:多いですね。 挑戦したい役というよりは、今まで演じたものも同様ですが、どんなストーリーでこのキャラクターが、もっと面白く魅力的に見えるか、そう試行錯誤できる作品にはいつも挑戦したいです。 ーー6月より「見た通りに話せ(原題)」がMnet Japanで日本初放送されます。 番組の見どころと視聴者へのメッセージをお願いします。 チャン・ヒョク:プロファイリングに関する心理的な部分もあり、距離感を保ちつつ、問題を解決していくストーリーも面白いと思います。 そしてジャンル的にはスリラーなので、集中して探さなければならない手がかりや要素が多くあるドラマだと思います。 興味深く見ていただければと思います。 ぜひ期待してください。 犯人は死亡し、オ・ヒョンジェはこの事件をきっかけに世間から姿を消してしまう。 そんなある日、死亡したはずの殺人犯と同じ手口の殺人事件が発生する。 オ・ヒョンジェは、事件の目撃者であり、一度見た場面をそのまま記憶する特別な能力を持つ刑事、チャ・スヨン(少女時代チェ・スヨン)と出会い、共に殺人犯を追跡していくことに……。

次の

韓国「チャン・ヒョク」のプロフィール、画像・動画、最新ニュース|wowKorea(ワウコリア)

チャン ヒョク 映画

Story 『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンと『火山高』のチャン・ヒョクが共演した青春ドラマドラマの第1巻。 家庭環境や貧富に差がある4人の男女が互いに惹かれ合いながら、権力・学力主義の社会の中で自分の進むべき道を切り拓いていく。 第1話と第2話を収録。 音楽も流れないから小さくノイズが聴こえたりして…。 「油っこいロマンス」もチャン・ヒョクは主人公じゃないのであまり観る気がしないから、次の作品の「バッドパパ」が楽しみ。 Story チャン・ヒョクとキム・ミンジュン共演による、花札に懸けた男たちのラブクライムアクション第1巻。 賭博場で全財産を失ったコニの父親は、車にはねられて病院へ直行。 人に負けないでほしいとコニに言い残し、帰らぬ人となる。 第1話と第2話を収録。 彼の主演作品なのだが花札の賭博のお話しだから敬遠していたが、ハン・イェスルも共演していたのでやはり観ることにした。 結果、観てよかった。 ロマンスはほぼないが面白い作品だとはおもう。 チャン・ヒョク主演作品の「プランダン」の後に撮った作品。 あと以前からおもっていた、アクションが得意な俳優チャン・ヒョクとアクションが得意な女優ハ・ジウォンの共演をみたかったが…。 それとナム・ギュリとの共演を願う。 他人に共感できない天才医師・ヨンオが真っ直ぐな女性警官・ジンソンと出会い、人を愛する心に目覚めていく。 第21話と最終第22話を収録。 しかしドラマを観ているとパク・ソダムがかわいく見えてくるから驚き。 2007年の「ありがとうございます」以来の医師役。 韓ドラ標準の16話より少し少なめの14話もあっとゆうまに観終えた。

次の