節約レシピ 人気 ボリューム。 節約おかずレシピ16選

ボリューム満点の節約レシピ│節約食材別や作り置きメニューも紹介

節約レシピ 人気 ボリューム

節約レシピを考えるコツ 節約レシピを考えるには、いくつかのコツがあります。 まずはそのコツを知り、それからレシピを考えるようにしましょう。 毎日節約レシピを考えることを諦める 節約レシピを考える際に大切なことは、「毎日節約レシピにしよう」と考えないことです。 1週間分、すべてのレシピを考えるのはストレスが溜まりますし、それに沿った買い物をするのも容易ではありません。 節約を長続きさせるためには、最初に節約レシピにする日を決めてしまうことが効果的です。 例えば「月、水、金は節約レシピで、その他の日は自由」など、あらかじめ節約レシピにする日を絞ることで、ストレスなく節約ができます。 また、何日か分のメインのおかずだけを決めて、あとはフリーにしてしまうという方法もおすすめです。 買い物もしやすくなりますし、余った食材を使って別の料理を作るなど、融通が利きます。 節約食材の選び方 この記事では、価格が安く、しかも四季を通じてほとんどその価格が変わらない食材を「節約食材」とし、家計にも家族にも優しい節約食材の選び方をご紹介します。 ・ボリュームが出る節約食材を選ぶ 節約食材の中でもボリュームの出るものは、節約にうってつけです。 代表的なものとしては、もやしやキャベツ、えのきだけなどが挙げられます。 いずれもお手軽な価格で手に入れられる上、料理に取り入れることでボリュームが出ます。 こうした食材を積極的に料理に取り入れていくことで、節約につながるでしょう。 ・栄養バランスがとれる食材を選ぶ いくら家計に優しくても、家族の健康を害するようでは意味がありません。 節約レシピを考える際には、栄養バランスのこともきちんと考えましょう。 栄養価が高い節約食材としては、卵やきのこ類、鶏むね肉、豚こま切れ肉などがあります。 こうした食材は節約レシピに最適です。 節約食材で作る節約レシピ ではここからは、実際に節約レシピをご紹介していきます。 食材別、丼もの、作り置きなど、用途に合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 【食材別】節約レシピ まずは前述した節約食材をメインに、食材別のレシピをご紹介します。 かさ増しに便利な「もやし」 もやしは安価な上に、ボリュームを出すのにおすすめな食材です。 ここでは、もやしを使ったおすすめメニューを3つ、ご紹介します。 【とん平焼き】 関西でおなじみ、豚肉ともやしを卵で包んだ「とん平焼き」。 もやしだけでなく、卵や豚こま切れ肉などの節約食材も使った、ボリュームも栄養もたっぷりのメニューです。 こちらのレシピは価格が安いだけでなく、レンジだけで作れます。 もっとボリュームがほしい場合は、キャベツを入れても良いですね。 キャベツのザワークラウト 約400g• キャベツ 500g• 塩 小さじ2• 粒こしょう 白 2粒• 赤とうがらし 1本• ローリエ 1枚• 砂糖 10g• 白ワイン 大さじ1• 酢 25ml• ホットドッグ(1人分)• キャベツのザワークラウト 20g• ロングソーセージ 1本 30g• ホットドッグ用パン 1本• バター 5g• トマトケチャップ、マスタード、ピクルス 各適量• ザワークラウトのポトフ(2人分)• キャベツのザワークラウト 80g• ベーコンブロック 100g• じゃがいも 1個 150g• 塩、こしょう 各少々• 水 400ml• スープの素 小さじ1 節約&作り置きレシピ 節約食材は、作り置きをしておくのにもぴったりです。 ここからは、節約食材を使った作り置き料理をご紹介します。 アレンジを加えれば別のメニューとしてもお楽しみいただけます。 レンジで美味しく作るポテトサラダ すべてレンジで作れるポテトサラダです。 じゃがいもを少し粗めにつぶしているので、食べ応えもあります。 コロッケやグラタン、オムレツ、サンドイッチなどアレンジ方法も豊富で、使い勝手の良い料理です。 じゃがいもを安売りのときに多めに買っておくと、副菜を作るときに使え、節約にもつながりますね。 保存するときは、やふた付きの容器に入れて冷蔵庫へ。 冷蔵庫に入れておけば、2~3日ほど保存できます。

次の

ボリューム満点の節約レシピ│節約食材別や作り置きメニューも紹介

節約レシピ 人気 ボリューム

子どもに人気|安くて美味しいレシピ 【1】もやしとツナの卵とじ丼 お助け食材を組み合わせて。 簡単だけどうま味と食べ応えたっぷり。 子供にも人気のメニュー。 【2】グツグツ煮えてきたら溶き卵を回し入れ、ふたをする。 卵が半熟状になったら火から下ろす。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせる。 *しょうゆはめんつゆの濃さで調節して。 大人は七味唐辛子をふっても。 『ベビーブック』2011年6月号 【2】トマト納豆丼 意外な組み合わせだけどあと引くおいしさ。 【2】納豆をかき混ぜて、添付のたれと【1】を加え、サッと混ぜる。 【3】器にご飯を盛ってのりを散らし、【2】をのせる。 *大人は添付の辛子を加えても。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 三児の母であり、個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号 【3】揚げないライスコロッケ 油揚げを裏返し、コロッケの具を包めばあげないコロッケの衣に。 玉ねぎはみじん切りにする。 【2】フライパンにサラダ油を熱して、鶏もも肉を色が変わるまで炒め、玉ねぎを加えて炒め合わせる。 ご飯を加えてさらに炒め、【A】で調味する。 【3】油揚げは半分に切って裏返し、【2】とチーズを詰めて口を閉じ、形を整える。 【4】フライパンを中火にかけ、薄くサラダ油(分量外)をひき、【3】を並べて転がしながら焼き色をつける。 『ベビーブック』2012年12月号 【4】えのきとかにかまの塩焼きそば 中華めん+節約素材でも、塩味でシンプルにおいしい。 【2】フライパンを中火にかけてサラダ油を熱し、【1】を加えて炒め、ほぐした中華めんを加えて炒め合わせる。 【3】ほぐしたかにかまぼこを加えてさらに炒め、湯で中華スープの素を溶いて加え、塩、こしょうをふる。 *お好みで、刻みのりをのせても。 教えてくれたのは マイティさん 節約料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 6歳と4歳の女の子のママ。 趣味の節約を生かしたブログ『1ケ月2万円の節約レシピ』が一躍人気に。 料理以外にも公共料金の節約術なども、いろいろ公開。 「レシピブログ」でも連載中。 『ベビーブック』2012年12月号 ボリューム満点|安くて美味しいレシピ 【1】鶏からストロガノフ丼 市販の鶏のから揚げをやわらかく煮て。 生クリームがちょっとリッチな味わいに。 【2】フライパンにバターを溶かして【1】を炒め、から揚げを加えてサッと混ぜ、【A】を加えて4~5分煮る。 【3】生クリームを加えてひと煮立ちしたら塩で調味し、片栗粉を同量の水で溶いて加える。 【4】器にご飯を盛って【3】をのせる。 *パセリのみじん切りを散らしても。 『ベビーブック』2011年6月号 【2】やわらかカツ丼 薄切り肉で厚揚げを巻いてふんわりヘルシーな活カツの完成!節約メニューとしても。 【2】【1】に小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、中温の油でじっくり揚げる。 【3】器にご飯を盛って、レタスを敷き、【2】を切ってのせる。 *お好みでソースをかけて。 大人は辛子じょうゆでも。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 三児の母であり、個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号 【3】肉巻きおむすび 照り焼き風 鶏むね肉をのばしてジューシーに焼き上げ、ご飯を巻きます。 塩、こしょうをふる。 【2】ご飯を俵形に握り、【1】を巻く。 【3】フライパンにサラダ油を薄くひいて熱し、【2】を並べ入れ、中火で転がしながら焼く。 焼けたら、合わせた【A】を加えてタレを煮からめる。 ごまをふる。 *お好みで、青じそや浅漬けなどを添えても。 『ベビーブック』2012年12月号 安くて美味しいおかずレシピ 【1】簡単やわらか酢豚 酢豚でよく使うかたまり肉は、子どもの歯ではなかなか噛み切るのが難しいのが難点…。 【2】【B】の野菜は、食べやすい大きさに切る。 【3】フライパンを中火にかけてサラダ油を熱し、【1】に片栗粉をまぶして並べ入れる。 転がしながら焼いて肉の色が変わったら、玉ねぎ、にんじん、しいたけ、ピーマンの順に加えて炒め合わせる。 【4】野菜がしんなりしてきたら、合わせておいた【C】をかき混ぜながら加え、とろみがついてつやが出てきたら火を止める。 さらに揚げずに作るので、簡単で、カロリーもダウン。 『ベビーブック』2012年12月号 【2】かぶの小柱風あんかけ えのきだけの軸を荒くほぐすと貝柱の食感に。 葉の一部は塩(分量外)を加えた湯で1分ほどゆでて刻む。 【2】鍋に【A】とかぶを入れて、やわらかくなるまで煮る。 【3】別の鍋に【B】を入れて煮立たせ、小さく刻んだえび、手でほぐしたえのきの軸を加える。 アクが出たら除き、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。 【4】器に【2】を盛り、【3】のあんをかけ、かぶの葉を添える。 うまみに使ったえびは、かにかまでも代用できます。 教えてくれたのは マイティさん 節約料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 6歳と4歳の女の子のママ。 趣味の節約を生かしたブログ『1ケ月2万円の節約レシピ』が一躍人気に。 料理以外にも公共料金の節約術なども、いろいろ公開。 「レシピブログ」でも連載中。 『ベビーブック』2012年12月号 安くて美味しい夕飯 【1】鮭ミックスベジ丼 市販の鮭フレークとミックスベジタブルをマヨネーズとバターで味付け。 パパっと作れるママの力強い味方。 【2】ミックスベジタブルを冷凍のまま加えて炒め、【A】で調味し、鮭フレークを加え混ぜ、仕上げにバターを落とす。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせる 『ベビーブック』2011年6月号 【2】えび卵そぼろ丼 買いおきの素材でパッと作る。 取り出して混ぜ、さらに30~40秒加熱。 熱いうちに万能ねぎを加える。 【2】器にご飯を盛って【1】をのせる。 *半熟状に仕上げたいときは、2度目の加熱時間を短めに。 『ベビーブック』2011年6月号 【3】ミートマーボー丼 ミートソースがマーボー豆腐に。 市販のソースをを利用してちょこっとアレンジでご飯にピッタリな味に。 【2】フライパンでミートソースを温め、【1】を加えてさらに温め、オイスターソースを加え混ぜる。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせ、チーズを散らす。 *大人は豆板醤を加えても。 『ベビーブック』2011年6月号 【4】和風ビビンパ丼 常備菜や冷蔵庫にある残り物でパパッと作れるお手軽丼。 大人はピリッとアクセントに効くキムチやコチュジャンを入れてもおいしく食べられます。 【2】ハムは半分に切って細切りにする。 【3】器にご飯を盛って【1】、【2】、きんぴら、しらす干しをのせる。 *食べるときによく混ぜて。 大人はキムチやコチュジャンを加えても。 『ベビーブック』2011年6月号 【5】えびシューマイチリ丼 えびシューマイを使ったチリ丼は、子ども向けの甘いソースで味付け。 いちごジャムを使うのがポイント。 【2】取り出して混ぜ、ほうれん草を加え混ぜる。 【3】器にご飯を盛って【2】をのせる。 *大人は豆板醤を加えても。 冷凍シューマイの場合は解凍してから加えて。 教えてくれたのは 飛石なぎささん 三児の母であり、個人でギャラリーも経営しており、その忙しい生活から生まれた、簡単で、パパッと作れて、子どもが喜ぶレシピが人気。 『ベビーブック』2011年6月号 安くて美味しいおつまみ 【1】ちくわのピザ風 ちくわを半分に切って生地に見立てて。 ツナ、チーズなどお好みの具材を載せて焼くだけ。 ちくわ自体に味があるので、しっかりとした食べごたえに。 【2】ボウルに、ゆでて刻んだブロッコリー、ツナ、マヨネーズを加えて混ぜ合わせる。 【3】【1】に【2】をのせ、ピザ用チーズを散らし、オーブントースターの天板にのせ、5~7分焼く。 ピザと違って切り分ける必要がなく、焼けたら簡単に小分けできるのも便利。 『ベビーブック』2012年12月号 【2】豆腐のポーク巻きピカタ メインおかずだけど、少しヘルシーさも出したい時にオススメな一品。 豚肉を豆腐で巻くのでボリュームもあって栄養バランスもアップします。 【2】豚肉は長さを半分に切り、塩、こしょうをふる。 広げて【1】をのせて巻く。 【3】ボウルに卵を割りほぐし、粉チーズ、ドライパセリ、塩、こしょうを加えて混ぜ合わせる。 【4】フライパンにサラダ油を熱し、【2】を【3】にくぐらせて並べ入れ、ふたをして中火で蒸し焼きにする。 両面を焼く。 【5】器に盛り、混ぜ合わせた【A】をかける。 『ベビーブック』2012年12月号 安くて美味しい肉料理 【1】シャキシャキハンバーグ いつものハンバーグをもやしでかさ増しした節約レシピ。 粗熱がとれたら水けを絞り、細かく刻む。 【2】ボウルに【1】と【A】を入れて、粘りけが出るまでよく混ぜる。 小判形に丸め、両手でキャッチボールをするようにして空気を抜く。 【3】フライパンにサラダ油を熱し、【2】を並べ入れ、強火で1分焼いて表面に焼き色がついたら、ふたをして中火で3分、裏返して3分焼く。 【4】器に盛り、フライパンに残った肉汁に【B】を加えて煮立たせてソースを作り、ハンバーグにかける。 *お好みで野菜を添えても。 もちろんカロリーオフにもなります。 教えてくれたのは マイティさん 節約料理研究家、日本ソムリエ協会認定ソムリエ。 6歳と4歳の女の子のママ。 趣味の節約を生かしたブログ『1ケ月2万円の節約レシピ』が一躍人気に。 料理以外にも公共料金の節約術なども、いろいろ公開。 「レシピブログ」でも連載中。 『ベビーブック』2012年12月号.

次の

よく使う食材で簡単!「節約ボリュームレシピ」7選

節約レシピ 人気 ボリューム

節約レシピを考えるコツ 節約レシピを考えるには、いくつかのコツがあります。 まずはそのコツを知り、それからレシピを考えるようにしましょう。 毎日節約レシピを考えることを諦める 節約レシピを考える際に大切なことは、「毎日節約レシピにしよう」と考えないことです。 1週間分、すべてのレシピを考えるのはストレスが溜まりますし、それに沿った買い物をするのも容易ではありません。 節約を長続きさせるためには、最初に節約レシピにする日を決めてしまうことが効果的です。 例えば「月、水、金は節約レシピで、その他の日は自由」など、あらかじめ節約レシピにする日を絞ることで、ストレスなく節約ができます。 また、何日か分のメインのおかずだけを決めて、あとはフリーにしてしまうという方法もおすすめです。 買い物もしやすくなりますし、余った食材を使って別の料理を作るなど、融通が利きます。 節約食材の選び方 この記事では、価格が安く、しかも四季を通じてほとんどその価格が変わらない食材を「節約食材」とし、家計にも家族にも優しい節約食材の選び方をご紹介します。 ・ボリュームが出る節約食材を選ぶ 節約食材の中でもボリュームの出るものは、節約にうってつけです。 代表的なものとしては、もやしやキャベツ、えのきだけなどが挙げられます。 いずれもお手軽な価格で手に入れられる上、料理に取り入れることでボリュームが出ます。 こうした食材を積極的に料理に取り入れていくことで、節約につながるでしょう。 ・栄養バランスがとれる食材を選ぶ いくら家計に優しくても、家族の健康を害するようでは意味がありません。 節約レシピを考える際には、栄養バランスのこともきちんと考えましょう。 栄養価が高い節約食材としては、卵やきのこ類、鶏むね肉、豚こま切れ肉などがあります。 こうした食材は節約レシピに最適です。 節約食材で作る節約レシピ ではここからは、実際に節約レシピをご紹介していきます。 食材別、丼もの、作り置きなど、用途に合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 【食材別】節約レシピ まずは前述した節約食材をメインに、食材別のレシピをご紹介します。 かさ増しに便利な「もやし」 もやしは安価な上に、ボリュームを出すのにおすすめな食材です。 ここでは、もやしを使ったおすすめメニューを3つ、ご紹介します。 【とん平焼き】 関西でおなじみ、豚肉ともやしを卵で包んだ「とん平焼き」。 もやしだけでなく、卵や豚こま切れ肉などの節約食材も使った、ボリュームも栄養もたっぷりのメニューです。 こちらのレシピは価格が安いだけでなく、レンジだけで作れます。 もっとボリュームがほしい場合は、キャベツを入れても良いですね。 キャベツのザワークラウト 約400g• キャベツ 500g• 塩 小さじ2• 粒こしょう 白 2粒• 赤とうがらし 1本• ローリエ 1枚• 砂糖 10g• 白ワイン 大さじ1• 酢 25ml• ホットドッグ(1人分)• キャベツのザワークラウト 20g• ロングソーセージ 1本 30g• ホットドッグ用パン 1本• バター 5g• トマトケチャップ、マスタード、ピクルス 各適量• ザワークラウトのポトフ(2人分)• キャベツのザワークラウト 80g• ベーコンブロック 100g• じゃがいも 1個 150g• 塩、こしょう 各少々• 水 400ml• スープの素 小さじ1 節約&作り置きレシピ 節約食材は、作り置きをしておくのにもぴったりです。 ここからは、節約食材を使った作り置き料理をご紹介します。 アレンジを加えれば別のメニューとしてもお楽しみいただけます。 レンジで美味しく作るポテトサラダ すべてレンジで作れるポテトサラダです。 じゃがいもを少し粗めにつぶしているので、食べ応えもあります。 コロッケやグラタン、オムレツ、サンドイッチなどアレンジ方法も豊富で、使い勝手の良い料理です。 じゃがいもを安売りのときに多めに買っておくと、副菜を作るときに使え、節約にもつながりますね。 保存するときは、やふた付きの容器に入れて冷蔵庫へ。 冷蔵庫に入れておけば、2~3日ほど保存できます。

次の