バージン 航空。 豪航空会社2位のバージンが経営破綻 コロナで運休続き:朝日新聞デジタル

ヴァージン オーストラリア、日本初就航の羽田~ブリスベン便航空券を本日より発売開始|Virgin Australia Airlines Pty Ltdのプレスリリース

バージン 航空

ヴァージンオーストラリア は、世界的な航空会社が直面する最悪の危機を引き起こしている新型コロナウィルスの影響の中で破綻した最大の航空会社になりました。 ブリスベンを拠点とするヴァージンオーストラリアは4月21日にオーストラリアの破産に相当する「自主管理」に入ったと、ヴァージンオーストラリアは発表しています。 この「自主管理」のプロセスは、現在の株主とオーストラリア政府が援助の提供を辞退した後、外部投資を求めることができます。 ヴァージンオーストラリアは、オーストラリア国内および国際線に関して、既に大幅に 削減された運行を行っています。 ブリスベン(BNE)、メルボルン(MEL)、シドニー(SYD)を含む国内64便を毎日運航しており、香港(HKG)とロサンゼルス(LAX)への国際便も限定されていますが運行しています。 今までも財政難の状態で経営されてきましたが、新型コロナウィルスの影響によって引き起こされた財政的緊張が経営的にこれ以上の運営は不可能となりました。 航空会社の破綻は、即航空機の運行停止やや各種サービスが停止することではありません。 (一部の例外もあります) ヴァージンオーストラリアは、新型コロナウィルスの影響の中で、今のところ破産や同等の手続きをしたりする最大の航空会社です。 今までは小規模な英国のリージョナルキャリアであるFlybeが3月上旬に 最初に破綻 し、続いてコンパス航空、RavnAir、Trans States Airlinesが倒産しました。 その他に南アフリカ政府が援助要請を拒否した南アフリカ航空は崩壊の危機に瀕しています。 国際航空運送協会(IATA)は、新型コロナウィルスの危機を乗り越えるための政府の援助なしに、世界の航空会社の半分が破綻 または買収される可能性があると警告しています。 ヴァージンオーストラリアは、すでに財政的には弱っており、航空会社は3月末に連邦政府にオーストラリアドル14億ドル(8億8,800万ドル)の融資を求めましたが拒否されています。 ヴァージンオーストラリア航空はカンタス航空に続い てオーストラリアで2番目に大きい航空会社になります。 バージンオーストラリアは、2019年にオーストラリア国内で利用可能な座席数のほぼ31%(予算子会社のタイガーエアオーストラリアを含めると37%)を飛行しました。 1位のカンタス航空は、オーストラリアの年間容量の39%近くを飛行していることを考えると影響は大きいと思います。

次の

ヴァージン・グループ

バージン 航空

概要 [ ] 本拠地を同国・に置く。 に次いでオーストラリアで2番目の規模を持つ航空会社である。 、ヴァージン・ブルー Virgin Blue より現社名に変更された。 の座席予約システム()はを利用している。 特徴 [ ] ヴァージン・オーストラリアはLCC、ヴァージンブルーとしてスタートした後、2011年にブランドイメージを一新、現在の社名に変更、更にフルサービスエアラインへと変化をとげた。 ヴァージンは一時的なターミナルではなく、の恒久的なターミナルを獲得する事ができないつまづきを経験している。 しかし、この問題は解決し、ヴァージン・オーストラリアは、オーストラリアの国内線でカンタス航空の第一の競争相手となるまでに成長した。 白い塗装の機材を使用するヴァージン・オーストラリアの機体には、オーストラリア国内有数のビーチの名前が付けられている。 歴史 [ ] ボーイング737型機 、ヴァージン・ブルーは2機の航空機によって - ブリスベン線の運航(毎日7往復)を開始した。 その後、オーストラリアのすべての主要都市と、多くの観光地へ就航路線を拡大した。 ヴァージン・グループはヴァージン・ブルーが業績不振であっても保有し続けていたが、始めにオーストラリアの運送複合企業 Patrick Corporation がヴァージン・ブルーに対して敵対的買収を行った。 2002年には、競合相手であったが倒産した。 現在ではアンセット航空の旧顧客の多くを獲得している。 2003年には持株会社ヴァージン・ブルー・ホールディングス がに上場(: )され、現在ではその100パーセント子会社となっている。 2003年9月にはと本土の両方で低価格運航を行っているを子会社化すると発表する。 なお、パシフィック・ブルーはとカンタス航空の運賃が高額であると批判、両者への競争相手として自らを位置づけていた。 また、2005年11月からはとニュージーランド、オーストラリア間を運航していたの事業を承継し、ポリネシアン・ブルー(後の)として運航していたが、2017年に合弁を解消した。 2011年5月、ヴァージン・オーストラリアへと社名変更した。 国内線の2レターコードはから、それまでの「DJ」を国際線()と同じ「VA」に統一した。 98%の株式取得を発表し、中国資本が全株式の約3割を占めることとなり、既存株主との相違が経営に影を落とす可能性が報じられている。 2020年4月18日、新型肺炎による影響で豪政府に14億豪ドル(約960億円)の支援を求めたが、「株主(主要株主はエティハド航空 20. 94% 、 シンガポール航空 20. 09% 、南山集団 19. 98% 、海航集団 19. 82% 、英ヴァージングループ 10. 42% )などに支援を求めるべきだ」として断られていて、と、の中国大手3社が買収を検討し、正式な交渉には至っていないと報じられた。 報道では2019年12月末時点の負債は約50億豪ドル(約3,400億円)あり、4月20日、取締役会で任意管理手続きの適用申請を決めた。 長距離国際線にて運用するボーイング777-300ER型機は、元Vオーストラリア機材で、同型機のみビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスを設定。 2017年からエコノミークラス前方の足元が広い席を中心に エコノミーXと称する新クラスが設置され、頭上の荷物収納の優先スペース、優先搭乗と優先セキュリティスクリーニングの特典があるほか、短距離国際線では利用可能な場合には優先チェックインも利用可能。 また、長距離国際線では、機内食の優先選択、プレミアムノイズキャンセリングヘッドセットなどが提供される。 退役済機材一覧 [ ]• 就航地 [ ] ヴァージン・オーストラリア・インターナショナル社の機材による航路も含まれる。 オセアニア [ ]• (バリナ空港)• (ウィリアムタウン空港)• ()、ハブ空港• (ローンセストン空港)• 北アメリカ [ ]• (ヴァージン・オーストラリア運航) アジア [ ]• (デモや感染症によるリスク増大により2020年3月2日に撤退 )• (2020年3月29日就航予定 )• (ヴァージンオーストラリア運航)• (ヴァージンオーストラリア運航) 中東 [ ]• (エティハド航空運航) 日本路線について [ ] からは、路線にとして就航した。 、、、、、の6ヶ所から経由、、、、、の5ヶ所へ乗入れる。 豪州 - シンガポール間は、か、の運航、シンガポール - 日本間は、シンガポール航空の運航便にそれぞれ当社の便名が付与される。 また、自社の線に接続する、運航の日本路線にも便名が付与されていた。 、豪の国際航空サービス委員会(IASC)に対し、2020年春に豪州側に割り当てられる羽田空港昼間発着枠1枠を申請。 ブリスベン~羽田線への就航に加え、との提携も検討しているとした。 同年10月29日、IASCはヴァージン・オーストラリアに対し1枠を割り当てる事を正式に決定 、自社便として初めて日本へ就航する事になった。 2020年1月からはヴァージン・オーストラリア運航便において全日空とコードシェアを実施、同年春以降は全日空とヴァージン・オーストラリアの日本-豪州間および日本・豪州国内線で相互にコードシェアを実施しマイレージの提携も開始する予定 であった。 しかしながら同年4月20日の経営破綻により白紙となってしまった。 サービス [ ] マイレージ・プログラム [ ] として"Velocity Rewards"を運営している。 提携航空会社• 2015年9月26日閲覧。 フライチーム. 2017年8月17日. 2019年11月9日閲覧。 - 日本経済新聞 2011年6月7日• - TheNational・2014年5月19日• Virgin Australia. 2019年9月3日閲覧。 フライチーム. 2012年7月5日. 2019年11月9日閲覧。 フライチーム. 2015年8月13日. 2019年11月9日閲覧。 フライチーム. 2018年8月30日. 2019年11月9日閲覧。 一部機材はリース会社所有のため異なる。 フライチーム. 2017年5月24日. 2019年11月9日閲覧。 Aviation Wire. 2019年10月31日. 2019年11月9日閲覧。 フライチーム. 2019年9月20日. 2019年11月9日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

ヴァージン・グループ

バージン 航空

ヴァージンオーストラリア は、世界的な航空会社が直面する最悪の危機を引き起こしている新型コロナウィルスの影響の中で破綻した最大の航空会社になりました。 ブリスベンを拠点とするヴァージンオーストラリアは4月21日にオーストラリアの破産に相当する「自主管理」に入ったと、ヴァージンオーストラリアは発表しています。 この「自主管理」のプロセスは、現在の株主とオーストラリア政府が援助の提供を辞退した後、外部投資を求めることができます。 ヴァージンオーストラリアは、オーストラリア国内および国際線に関して、既に大幅に 削減された運行を行っています。 ブリスベン(BNE)、メルボルン(MEL)、シドニー(SYD)を含む国内64便を毎日運航しており、香港(HKG)とロサンゼルス(LAX)への国際便も限定されていますが運行しています。 今までも財政難の状態で経営されてきましたが、新型コロナウィルスの影響によって引き起こされた財政的緊張が経営的にこれ以上の運営は不可能となりました。 航空会社の破綻は、即航空機の運行停止やや各種サービスが停止することではありません。 (一部の例外もあります) ヴァージンオーストラリアは、新型コロナウィルスの影響の中で、今のところ破産や同等の手続きをしたりする最大の航空会社です。 今までは小規模な英国のリージョナルキャリアであるFlybeが3月上旬に 最初に破綻 し、続いてコンパス航空、RavnAir、Trans States Airlinesが倒産しました。 その他に南アフリカ政府が援助要請を拒否した南アフリカ航空は崩壊の危機に瀕しています。 国際航空運送協会(IATA)は、新型コロナウィルスの危機を乗り越えるための政府の援助なしに、世界の航空会社の半分が破綻 または買収される可能性があると警告しています。 ヴァージンオーストラリアは、すでに財政的には弱っており、航空会社は3月末に連邦政府にオーストラリアドル14億ドル(8億8,800万ドル)の融資を求めましたが拒否されています。 ヴァージンオーストラリア航空はカンタス航空に続い てオーストラリアで2番目に大きい航空会社になります。 バージンオーストラリアは、2019年にオーストラリア国内で利用可能な座席数のほぼ31%(予算子会社のタイガーエアオーストラリアを含めると37%)を飛行しました。 1位のカンタス航空は、オーストラリアの年間容量の39%近くを飛行していることを考えると影響は大きいと思います。

次の