シミ レーザー 経過。 シミを皮膚科でレーザー治療!経過を写真付きで公開します。

レーザーでシミ治療を行った1ヵ月後の経過(炎症後色素沈着)

シミ レーザー 経過

スッキリした〜 「シミ取りレーザー」と言われると若干ババみがあるというか、「アンチエイジング」感が否めないかもしれませんが、実際私は 20代前半ですでに受けていたので、もっとメジャーになってもいいと思うんですよね…。 シミに効く美容液を地道に塗るより余程手っ取り早いし、私は 時短が大好きなので(笑)すべての悩める女子に猛烈におすすめしたい。 というわけで、 今回は私がいつも受けている都内でのシミ取りレーザーについて詳しくレポしてみたので悩んでいる方は参考にしてみてください!! ただ、それなりに痛みがあるので、痛いのがどうしても苦手な人は、後述するレジーナクリニックのが痛くないので検討してみてください。 厚生労働省の薬事承認を取得している機械なので、敏感肌でも安心して受けられます。 また、ダウンタイムがなく施術後30分〜1時間で赤みもなくなるので時間のない人はこちらがオススメです。 ちなみに、都内にお住まいでない方には、私が脱毛でも通っているの「フォトRF」というメニューがほぼ同等の効果があり、値段も 5000円ほど安いので、こちらもオススメです!気になる人は無料カウンセリングもあります。 注意すること:シミ取りレーザーは夕方〜夜に受けるべし 施術直後は肌が敏感になっているので、紫外線の当たる心配のない、 夕方から夜にかけて受けるのがオススメ。 あと、単純にレーザーを浴びたあと、肌の奥底に眠っている潜在シミが浮き上がってきて 猛烈に肌が汚くなるので絶対に人と会う予定を入れない方がいいです…。 後述しますが、「本当にこれで大丈夫なのか!? 」というレベルの汚肌になるので覚悟しておいてください。 (脅す) シミ取りレーザーのおすすめは赤坂プレミアクリニック! 私が3年近く通っているのが。 ラグジュアリーな個室での施術と、ツルツル美白陶器肌の石井先生が大好きなんです(笑)。 そんな赤坂プレミアクリニックのシミ取りレーザーが 『シミ取り・ニキビ改善レーザー フォトフェイシャルの強力版:オーロラSRA 全顔200発 』というもの。 全顔200発ってなかなかよ?(笑) 丁寧に施術してくれるし、手際もとっても良いし、本当にオススメ。 料金は1回15,000円です。 ちなみに美容点滴をしながら受けることができるので、私はいつも 高濃度ビタミンC点滴か、 美白点滴をしています。 レーザーとフォトフェイシャルの違い シミが取れる仕組みは基本的にレーザーもフォトフェイシャルもあまり変わりません。 また、広域な光により コラーゲン生成を促すので、毛穴や赤みなどの肌トラブルの改善にも効果的なんです。 そんなフォトフェイシャルの唯一の欠点は、光が優しい分、一度でシミが全て取り切れないところ。 しかし!! 赤坂プレミアクリニックでやっている 『オーロラSRA』はフォトフェイシャルの強力版なので、肌に優しいながらも確実にシミを取ってくれるのです。 どこまで神なんだよ… シミ取りレーザーの治療手順 まず、保護のために顔全体にジェルを塗布します。 次に、ピッ、ピッ、と機械を肌に押し当て、光を当てていきます。 このとき、光が強いので必ず目をしっかり閉じるようにしてください。 赤坂プレミアクリニックの場合は脅威の200発ということもあり、何度か往復して細かいところまで丁寧に当ててくれます。 施術は20分くらいであっという間に終わります。 レーザーは紫外線ケアを怠っていると少し痛い ちなみに、石井先生いわく「全然痛くないよ〜」とのことですが、1年ぶりに受けたレーザー、そして夏に海外リゾートを満喫し、ガッツリ日焼けをした身としてはちょっと痛かったです。 紫外線ケアを怠っているとピリピリと痛むので注意…。 猛烈に反省しました。 シミ取りレーザーの経過レポート さすがにノンフィルターで晒す勇気はなかったのでフィルターをかけました。 全て同フィルターで明るさも同じなのでどうか許してください(涙)。 治療後すぐ:直後はひどい! もうやだ見てられない。 完全にアホをやらかし、日曜日の夜に施術を受けて月曜日マスクをするのを忘れて出社したら 「今日なんかいつもと違う…?」 と言われました。 マスクをしましょう!! そして 長期休みか 金曜日の夜に受けましょう!! 治療後3日:シミがポロポロ取れてきた… 3日経ってちょっと薄くなってきました。 そしてこのあとに閲覧注意画像があるので気をつけてください。 あの…剥がれたシミの画像です。 (涙) いや、でもこれカサブタだからね!? 死んだ細胞だからね!? 私だって晒したくないよ!! でも需要があるかもしれないじゃん!!! というわけでこんなふうになります。 現場からは以上です。 治療後1週間:すっかりキレイに! さて、そんなプロセスを経て、最終的には見違えるような美肌に。 すっぴんだよ!! コラーゲン生成効果もあるせいか、シミが消えただけでなくキメが整ってツルツルになりました。 レーザー最高ですわ!! シミ取りレーザーのダウンタイムはなし! 私がいつも受けているシミ取りレーザーは完全に シミが取れるまでは1週間くらいですが、 基本的にダウンタイムなし!受けた直後からメイクもできるし、お風呂にも入れます。 シミ取りレーザーは1ヶ月に1度受けるらしい 石井先生いわく、 シミ取りレーザーは1ヶ月に1度受けると綺麗な状態がキープできるそう。 とはいえ、 1回15,000円と決して安くはないので、普段からしっかり紫外線対策をしましょう!! 特に侮れないのが生活紫外線。 先生は近所に外出する際も、日焼け止めスプレーを大量に顔に吹きかけて行くらしい…。 私は夏に浴びた紫外線の蓄積がヤバそうなので、念のため1ヶ月後にまた予約を入れておきました。 痛み・ダウンタイムが嫌な人はレジーナのピコレーザー ちなみに、こちらの施術はまぁまぁ痛いので、痛いのが苦手な人に勧めたいのは。 今までシミ治療で使われていたレーザーは「ナノ秒」だったのですが、この施術で使われるのはさらに短い 「ピコ秒」で照射できるようになった革命的なレーザーです。 厚生労働省の薬事承認取得の「PicoWay」という機械を使っており、一般的なレーザーと比べて痛みが少なく、ダウンタイムも短いのが特徴。 シミを完全になくすまでには5回〜ほど回数はかかってしまいますが、15分程度でサクッと終わりますし、手軽にやってみたい人にはオススメです。 初回は7800円という圧倒的な安さ! 他の施術は結構痛いので、 痛みに弱い人はまずはピコレーザーで痛み具合を確かめてみても良いかもしれません。 郊外の方には湘南美容クリニックのフォトRF また、赤坂プレミアクリニックは東京にしかないのですが、郊外であれば、私が医療脱毛でも通っているのフォトRFがほぼ同等の効果が得られ、尚且つ全国にあるのでオススメです。 値段も 9800円とコスパも良いです。 パルスライト(光エネルギー)とRF(高周波エネルギー)を組合せたシナジー効果によって、お肌へのダメージがほとんどなく、ピリつきを抑えながらシミを消し去ってくれます。 シミ・そばかす・ニキビ痕に加え、赤ら顔などの改善に効果的。 こちらは1度の施術でも十分キレイになるし感動すると思うので、気になる方はぜひ予約してみてください!.

次の

【体験レポ】シミ取りレーザーの効果が圧倒的!おすすめポイントや料金、ダウンタイムなど|雰囲気可愛く生きるログ〜社畜女子の美容ブログ〜

シミ レーザー 経過

今日は、シミのレーザー治療後の色素沈着について書いてみたいと思います。 レーザー治療をすると「ぱっ」とシミが消えると思っていらっしゃる方も多いかもしれませんが、現実はそうではありません。 (現在、少しずつ日本でも台数を伸ばしているピコレーザーがその問題を解決する日も近いかもしれませんが、まだ解決はされていません。 ) 先日レーザー治療Q&A(コチラ)でも書きましたが、レーザー治療の後に約50%の方に炎症後色素沈着が生じてしまいます。 炎症後色素沈着とは、虫刺されやニキビを潰した後、けがをした後に「なんか茶色いシミみたいになった」というアレです。 レーザーはシミの元であるメラニンを選択的に破壊するものですが、その破壊した時に出る熱は周囲の皮膚も破壊してしまうため、それが色素沈着の原因になります。 以下、実際の治療の経過を写真でご覧いただきましょう。 なお、本症例は 「レーザー後に色素沈着になっても、放置して経過を観察する」という検証の経過記録であり、通常の患者さんの経過とは若干異なります。 またこれは 8年前の検証実験で、現在はレーザーも良くなってここまでの色素沈着にお目にかかることはめったにございませんが、 「かなりひどい色素沈着になっても、落ち着くんだ」ということをご納得いただくために、あえて出しております。 検証にご協力いただいたK病院のMちゃんありがとうございました。 このシミが再発したような状態が 炎症後色素沈着です。 炎症後色素沈着が通常の方より強く出てしまいました。 さて、色素沈着の経過をみるため、 放置して経過を観察します。 色調は改善しています。 つまり、皮膚が何らかの刺激を受けた際に、一旦黒くなってしまう状態は、どうしても出てしまうことはありますが、放置しても、 時間がたてば次第に改善するのが、炎症後色素沈着の特徴です。 ただし、放置するよりもアフターケアの治療を行った方が圧倒的に早く改善するため、通常はアフターケアをお勧めしています。 本症例では ここからアフターケアの外用剤(ハイドロキノンとトレチノイン)を使用してもらいました。 レーザー後の炎症後色素沈着は、アフターケア(ハイドロキノンとトレチノインや、オバジ、レーザートーニングなど)で早期に改善することが可能です。 レーザー治療をためらう理由として、シミが色素沈着になって余計ひどくなるのではないか、とご不安の方もいらっしゃると思いますが、レーザー後の適切なアフターケアで改善が可能です。

次の

レーザーでシミ治療を行った1ヵ月後の経過(炎症後色素沈着)

シミ レーザー 経過

Contents• ADMってなんぞや さて、まずはADMのおおまかな説明を。 ADMとは 後天性真皮メラノサイトーシスと呼ばれる、後天性の皮膚疾患です。 表皮にできるそばかすや、日光性色素斑(一般的なシミ)と違って、もっと深い 真皮と呼ばれる場所にできる色素斑で、医学的には アザとして扱われており、シミ対策用の化粧品などで薄くすることは難しいものです。 症状としては 額の両端、頬骨部、鼻翼部などに、直径1-3 mm [2]のおよそ灰褐色の色素斑が、幾つかまとまって出現する(真皮層にメラニンがある状況)。 といった具合で、20代〜30代くらいから発症する場合が多く、原因はホルモンバランスの崩れや遺伝や紫外線など様々です。 素人目には 肝斑やシミとの違いの判断が難しく、私は長らく自分のADMがただのシミだと思い込んでました。 当時は色も薄く、ニキビによる色素沈着もしくは日焼けによるシミかな?と思っていたのでそれほど気にしておらず、化粧でも隠れてたので特にこれといって対策はしていませんでした。 しかしそのあと 数年間かけ、じわじわとシミの範囲が増え、元からあった部分は さらに色が濃くなり、気づけばカバー力のあるコンシーラーでも隠せないほどに。 こうなってくると鏡で素顔を見るのが憂鬱になるのと同時に、何か対策をしなければという危機感を常に抱えるようになりました。 ビタミンサプリを摂取• 基礎化粧品を美白成分の入ったものに• 皮膚科の飲み薬(漢方)• ハイドロキノン軟膏 などなど、あげ出せばきりはありません。 全く効果がないわけではないかもしれませんが、真皮層にある根強いアザにはなかなかアプローチしてくれないものばかりでした。 意を決してもう1度皮膚科へ 1度皮膚科に行った時、ふわっとした診断しかもらえず、出された漢方も私のシミには効果がなかった経験から、もう1度皮膚科に行っても意味がないだろうとは思っていたのですが、鏡を見ると気分がふさいでしまうのがどうしても嫌で、再び別の美容皮膚科へ行くことを決心。 どうせまた同じような結果なんだろうなと思っていましたが、前回とは全く違う対応でした。 もう何やっても効果が出ないと思っていた私は、効果が出やすいというだけで舞い上がりそうな気分でした(笑) ただし色々と 面倒なことも。 まずこのレーザー治療は即効性があるわけではなく、 長時間かけてゆっくり効果が現れ、その個人差も大きいので、 治療後1年くらいは様子を見なければならないそうです(皮膚科によっては半年とか1年半とか判断は様々らしい) しかもレーザー後の ダウンタイムが約2週間ほどあり、その間は軟膏を塗ってテープを貼り続けなければならないので化粧もできません。 仕事に支障が出る人は、何かしら対策をしなければならないです。 また、治療後 一時的にシミが濃くなる期間がある場合もあるそうです。 とはいえ治るならなんだってやってやる!という気持ちだった私は、連休と有給の合わせ技で時間を作り、あとはマスクで乗り切るぞ作戦で強行突破することにしました(笑) ADMレーザー治療当日 そして迎えたレーザー治療当日。 軽い診察をした後、レーザーのある部屋へ移動。 なんとか耐え抜いたけど、これはちょっと予想外でした。 帰り道もジンジンと痛すぎて、自転車猛ダッシュでひたすら風を切りながら帰宅しました(風が当たると冷たくて痛みが和らいだため。 笑) 治療後は軟膏と保護テープを貼ってくれるのですが、この軟膏とテープは自宅でも継続して貼り続けなければならず、紫外線を極力避け、かさぶたができて自然に剥がれるまでは顔を洗う時でさえ極力触らないようにと言われました。 シミが広範囲だったため顔の三分の一ほどを覆わなければならず、この期間ははたから見ればかなり怪しい人物でした(笑) 経過観察 ここからは 治療後の経過になります。 薄いシミの上に濃いシミも繋がって全体に広がっています。 写真では切れていますが、鼻の上にも広がっていました。 (一部そばかすみたいなシミも混ざってます) ADMを初期、中期、後期に分けると 中期くらいだと皮膚科では言われました。 レーザー治療後 約1週間 写真は同じ部屋で同じ角度で撮ったんですが、時間帯で色の差があってすみません。 治療してからちょうど 1週間くらい経過した時の写真です。 シミの部分が全て ケロイドのような状態になっています。 テカってるのは軟膏を塗ってるせいで、私がめっちゃ油もの食べたとかそういうわけではありません(笑) レーザー治療後 約3週間 3週間たつと、ケロイドの後にできた かさぶたが取れて化粧もできるようになります。 レーザー治療後 約2ヶ月 約2ヶ月が経ち、レーザー治療を行ったことすら忘れるくらいになってきたころです。 どうやらそんなに濃くはならないみたいでよかったと思いつつも、あまり 治療による手応えを感じられない時期なのでお金の無駄遣いになったのではと不安になることがたまにありました(笑) とはいえ効果は最低でも3ヶ月くらい、下手すりゃ1年経たないとわからないと言われていたので、極力気にしないことに。 レーザー治療後 約3ヶ月 レーザー治療後は定期的に術後経過を先生に見せに行くのですが、なんだかその度に先生の私を見る反応が「効果薄いな…」と言ってる気がしてそわそわしていました(ほんとはそんなこと言ってないですよ。 笑) なんとなく2ヶ月目の頃よりも薄くなったような気が、しないでもないかな?といったくらいです。 そういえば鼻の頭にあった そばかすのようなシミですが、かさぶたが剥がれるのと同時に ペロッと剥がれていなくなりました!ラッキー(笑) レーザー治療後 約7ヶ月 ちょっと時間が飛んで、治療後およそ 7ヶ月が経過しました。 これだけしか取れないの?と思うかもしれませんが、これだけでも本人にとっては大違い! 今までテコでも動かなかったシミが、ここまで薄くなる日が来るなんて!って感じで嬉しかったです。 レーザー治療後 約13ヶ月 そして 1年以上経過。 ここまで来ると「マジでなんでもっと早くやらんかったんや」と思いたくなるくらいで、友人にも「ほんとシミ綺麗に取れたね!」と言われるようになりました。 ADMレーザー治療をやる前に思ったこと 先生にレーザー治療を提案された時、頭をよぎったことはいろいろあります。 とくにこの2つは何度か考えました。 レーザーのリスク• お金問題 レーザー治療による失敗例は嫌ほど検索すれば出てきます。 お金問題は切実です(笑) レーザー治療は決して安くはありません。 しかもこういう美容系の治療は医者によって値段が違ったり、ADMに関しては保険治療できるところもあるような話を聞いたりもしたので余計に悩みました。 しかしシミを消す可能性があるかもわからない化粧品をずっと試したりすることを考えれば、結果、今出費することと大して変わらないだろうと思うことに。 また、保険のきく皮膚科を探すよりも、近場で何かあったらすぐに飛び込めるこの病院で治療してもらう方が自分には合ってると思ったので、ADMと診断されてからも病院をかえることはありませんでした。 ADMのレーザー治療をやった後に思ったこと やってよかった。 これにつきますが、他に思ったことはこんな感じ。 結構辛かったんだなと実感• 半年ではなく1年あけた方がいいかも• 2年近く経つけど、確かに再発してない シミが薄くなってから、実は結構辛かったんだなぁと実感しました。 私はもともと皮膚が弱く、アトピー体質なので肌に何かしらの異常があることは日常茶飯事で、それに対してのメンタルは人より強いと思っていたのですが、 悩みが一つ晴れるとこんなに気分も違うのかとびっくりしました。 次の、できれば1年あけた方がいいかもというのは、2回目のレーザーを行うかどうか判断するタイミングのことです。 なぜかというと、私の経過写真からもわかるように、6ヶ月目以降もシミが薄くなる可能性は大いにあるからです。 現在私はレーザー治療を行ってから 2年近く経過してます。 今のところ問題もなく、治療箇所も薄くなったままです。 写真は今日(笑)。 これはまだ2年かもしれませんが、かなり嬉しいことです。 このまま末長く薄いままでいてくれることを祈るばかりです。 体質による個人差や、先生の治療方針などもあるので誰もが同じような結果を得られるわけではないでしょうが、それでも私のこの経験が誰かの悩み解決の糸口になれば嬉しいなと思い、記事にしました。 参考になれば幸いです。

次の