関 ジャニ 横山 生い立ち。 関ジャニ∞ 横山裕の家族、弟や母について調べてみた!画像あり!

関ジャニ・横山裕が壮絶すぎる生い立ちを告白…「幸せになってほしい」ギャップに驚きの声

関 ジャニ 横山 生い立ち

名 前:横山裕(よこやま ゆう)• 本 名:横山侯隆(よこやま きみたか)• 生年月日:1981年5月9日• 血 液 型:A型• 身 長:176cm• 職 業:アイドル歌手、俳優• 事 務 所:ジャニーズ事務所 横山さんがジャニーズに入ったきっかけは、中学3年生の時に、横山さんの同級生がジャニーズJr. としてテレビに主演しているのを見て「うちの息子も入れるんちゃうか?」と思った母親が勝手に履歴書を送り、書類審査を通過したことが始まりです。 オーディションに合格し、オーディション翌日には東京に呼ばれ取材を受け同じメンバーとなる渋谷すばるさん、村上信五さんらと関西ジャニーズJr. 2004年に1stシングル「浪花いろは節」でデビューしました。 横山裕の生い立ち。 裕福な家庭から貧乏な家庭へ! 2010年、母親がスーパーで買い物をしている途中で倒れ虚血性心疾患で50歳という若さで他界されました。 このとき横山さんは青森でソロコンサートを控えており、訃報を聞いたのは開演4時間前。 母子家庭で育った横山さんにあまりにも突然の悲しい知らせだったでしょう。 コンサート中止も事務所側に言わましたが、横山さんは「大丈夫やから」と言いコンサートは予定通り開催されました。 母が悲しむだろうからという意気込みだったようです。 しかし「オニギシ」という母のために作った曲を歌っている最中に、関係者席を見て声が詰まり泣いて歌えなくなってしまったのです。 母子家庭で育った横山さんが母親への想いを綴った曲。 歌詞には「小さい時の僕はオニギリをオニギシと言っていた」「女手一つで育ててくれたお母ちゃん。 小さい頃の夢はお母ちゃんと結婚すること!」など母への想いを溢れんばかりの想いを歌にし、思わず堪えきれなくなったのだと思います。 横山裕の生い立ち。 弟二人を支えて行くと決心!.

次の

関ジャニ∞大倉、父親の鳥貴族社長が「継がせない。自分の夢を追いかけて」/芸能/デイリースポーツ online

関 ジャニ 横山 生い立ち

横山さんの家族構成は。 横山さんの家族は全員で5人で、母(美奈子)・父・横山裕=本名(横山侯隆)きみたか、弟は二人いて6歳下の『横山勤』さんと8歳下の『横山充』さんで、兄弟とはすごく仲が良いみたいです。 広告 横山さん1歳4ヶ月と母親の写真です 横山裕の生い立ち。 そして横山さんが4歳の時に、母親が再婚することになり、6歳の時に次男が生まれ、8歳の時に三男が生まれたそうです。 また横山さんは、義理の父親から理由もなく棒で叩かれたりし、義父と合わなかった為、挙句の果てには、一人だけ母方の祖父母へ預けられることとなり、中学まで過ごしたそうです。 当時は「しつけ」という親もいましたが、それは「虐待」になりますよね。 中学時代 横山さんが中学の時に祖父の体調が悪くなり、その後心臓病で他界したため、実家へ戻りましたが、またもや義理の父親からの虐待を受けていたそうです。 ですが、母親が横山さんと弟二人を引き取って離婚をしたため、今度は横山さんが中学時代からバイトをして、家計を支えるようになったそうです。 また、高校受験の話もあったそうですが、経済理由から結局高校へは行かずに、建築会社で働いて家計を支えながら、ジャニーズJrの活動をするようになりました。 ジャニーズJrでは食べていけないので、仕事が終わって、ジャニーズのレッスンという忙しい日々を送っていたそうです。 ジュニア時代の横山さん 中学生時代のエピソード 横山さんがジャニーズに入りたいと思ったのでしたが、ジャニーズ事務所の住所が分からず、放置していたところ母親が知らぬ間に投函してくれていて、中学3年生のときオーディションに合格し、事務所入りをしたそうです。 横山さんは進学の意思が無かったが、高校受験が決まっていたみたいです。 でもジャニーさんに「(受験の日に)なにも無かったらハワイに行く?」と誘われて、嘘をつき受験をさぼってハワイへ行ったそうです。 その後建築会社に就職し、作業着でレッスン場に行くと出待ちのファンがざわついたため、駅のトイレで私服に着替え一人私服で通っていたそうです。 ジャニーズJr. としての仕事も忙しくなってきたので、建築会社を半年ほどで退職することになったが、会社の社長から「困ったことがあれば助けになる」と言われたことが、心の支えになったと横山さん自身が語っています。 そして、その後は、日雇いの肉体労働などをしながらジャニーズJr. として働いたみたいです。 また悪質なジャニーズファンが家におしかけてくることを避け、大阪で一人暮らしを始める。 このことにより、実家では弟とあまり長く過ごしていない。 祖母他界。 横山さんは、祖母へ十代で無くなった祖父の曲を贈るために作っていたみたいですが、完成に間に合わず祖母は他界されました。 祖母への歌「413man」 横山さん自身は、CDを収めただけで披露する意思は無かったみたいなのですが、メンバーからの後押しで、3日間のカウントダウンライブでのみ披露したそうです。 また、「413man」の読みは「じいさんまん」で4を「じ」と読むみたいです。 母親他界。 2010年5月に母親が、スーパーに買い物中に倒れてしまい、50歳という若さで虚血性心疾患で他界されました。 母子家庭に育った横山さんは、青森でのソロコンサート開演4時間前に訃報を聞いたみたいですが、コンサートは予定通り開催したそうです。 事務所側も横山さんに「どうする?」と聞いたみたいですが、横山さんは「大丈夫やから」と言って、楽屋でもコンサート中も泣き崩れそうにもなったみたいですが、「迷いはなかった」「僕が笑ってステージに立たないで家に帰ったら、そんなのオカンも、イヤやろうなって」と語っていたそうです。 その後も公演スケジュールを予定通りにこなした横山さん、すすり泣く客席に「しんみりするなよ」と笑いかける場面もあったみたいです。 一方メンバーの大倉さんが「横山君が泣いてる姿を初めて見た」と語っており、「これからはオレらが横山君の家族にもならなあかん」と、葬儀の後、丸山さんの家に皆で集まり話しあったとも打ち明けています。 母親の思い出の歌「おにぎし」 横山さんは仕事を休まずツアーを続けるも、毎公演中に歌っていた母親を想い作った歌「おにぎし」で号泣し、歌えなくなってしまうこともあったそうです。 また、母親への愛は人一倍で、ライブでのMCでは母親ネタは鉄板だったみたいです。 また「オニギシ」という曲は、幼少期の母親との思い出を歌にしたもので、それもまた母親への愛を表現しています。 ソロツアーでお母さんを前にして披露したそうです。 おにぎしの歌詞作り 横山さんの小さい時、オニギリって言えずにオニギシって言ってたみたいで、そんな歌詞が出てくる母親に向けた曲で、また、エレベーターをエベレーターとも言ってたみたいで、「子供は言葉をかむなあ」と思い出しながら、しょっぱかった母親のオニギリなど自らの体験も交ぜながら歌詞を作られたそうです。 母親の性格 母親が生前の時に横山さんは母親の性格を、性格は適当だけど心配性で、めちゃくちゃ何回も電話してくるみたいですが、横山さんが電話してくるなと言ったみたいなので、だいぶ減ったみたいです。 でも、やっぱり、できるときに何かしてあげな~と思います。 と語っていました。 また、おばあちゃんやおじいちゃんが亡くなって、より一層そう思うようになったみたいで、コンサートを見に来ることが楽しみであれば、来てもらって楽しんでもらえればいいなって、そして、体にだけは気をつけてほしいと思っています。 とも語っていました。 横山さんの弟は。 横山さんの収入で弟2人を食べさていて、2人とも大学まで通わせていたそうです。 今では、二男はすでに就職して社会人となっていますが、三男は大学と専門学校へ進学し国家資格取得を目指しているようです。 また、ラジオ番組にも弟さんを生出演させたことがあったり、ライブでは映像出演させたこともあるみたいです。 現在も横山さんは弟思いで、お正月には熱愛の噂される彼女と弟2人を連れてお出かけしたとも言われています。 貴重な弟の動画! 父親は?。 横山さんがこれだけ苦労しているのにも関わらず、実の父親が離婚以来会えてないみたいですが、離婚の理由がどうであれ、経済的な援助ぐらいはするのが義務ではないでしょうか・・・。 父親がキムチが好きみたいで、横山さんはキムチの臭いを嗅ぐと父親を思い出すからキムチが嫌いだとか、また、公の場で『お父さん』ではなく『おっさん』と呼ぶと言う噂があります。 最後に。 横山さん大変なご苦労をされているんですね・・・。 いつもテレビでは笑顔の横山さんですが、そんな過去があったなんてあの笑顔をみていると信じられませんね・・・。 とても家族おもいな所すごく素敵だなぁと思いました。 きっと亡くなったおじいちゃん・おばあちゃんそしてお母さんはすごく喜んでいらっしゃるでしょうね。 横山さんのこれからのますますのご活躍を心から祈っております! 広告 広告 関連記事.

次の

横山裕

関 ジャニ 横山 生い立ち

【目 次】• 横山裕の悲惨な生い立ちとは? 3歳 両親が離婚する。 生みの父親とはそれっきりになる。 4歳 母親が再婚する。 理由は不明ですが、義父から意味もなく毎日暴力を振るわれる。 更に義父から邪魔者扱いにされ、恐らく母親も義父に従ったのでしょ 裕さんを邪魔者扱いにして終いには、祐さん家から追い出し祖父母の元へ追い出します。 何ちゅう義父なんや 怒 6歳 種違いの弟の勤が産まれる。 8歳 続いて弟の充が産まれる。 中学生のとき 祖父が心臓病で亡くなるり、実家に戻る。 待ってたのは、意味が分からない義父の暴力と虐待。 義父と母親から高校に進学せずに働けと強制される。 恐らく義父から強制されたのでしょ?中学在学中にバイトをして家の家計を助ける。 そんな或る日、横山少年は自分もジャニーズに入りたいと思い応募申込書を書き履歴書を書いたが送り先の住所が分からなかったのでそのままにしてたら、母親が住所を調べて応募申込書を投函してくれててた。 そして、中学3年生でジャニーズに合格してジャニーズ入りをする。 中学卒業後に、日雇いの肉体労働をして体はクタクタになりながらも、肉体労働が終わってジャニーズのレッスンに行く日々が続いた。 16歳 ある程度収入も増えたので母親が弟二人を引き取って離婚することに。 再度、母子家庭になる。 23歳 中学まで育ててくれた祖母の容態が悪くなり亡くなる。 29歳 実の母親が心臓病で50歳と言う若さで亡くなる。 残された弟二人は裕さんが育てることになる。 その弟さんも祐さんの稼ぎで大学まで行かせる。 あんたは エライ! 実にエライ! 普通ならグレて不良少年になっても可笑しくないけどね。 横山裕さんの少年期は色々と苦労したんですね。 最後に、中野良子さんのこと バラエティ番組の『THE夜もヒッパレ』の番組の中でバツクダンサーとして出演当初は踊りだけで歌を歌うことは無かったのですが1998年頃からベイキャニオンズのメンバーとして歌う様になりました。 2004年の 舞台劇の 『DREAM BOY』での共演がキッカケで横山裕さんと知り合い交際する様になりました。 でも、ここでお断りの注意です。 動画時間は、 70分52秒ですので 中国サイトより 時間の余裕のある方だけご覧ください。 画質はとびきり鮮明ではないですが問題なく 見れると思います。 すごく良かったですよ。 おすすめの動画です。 尚、動画が始まって直ぐに映像が止まりますので 動画の画面内のどこでもいいですからマウスで ワンクリックして下さい、動画が再開します。 スポンサーリンク 横山裕さんのプライベート関係 現在、裕さんの弟を含める3人で同居生活をしてることは先に書いた様に 2004年 舞台劇 『Dreamboy』に共演したことで知り合い、 そのまま交際に 発展して交際を始めた訳ですね、その 交際もすでに 9年が経ってます。 2013年1月 『週刊女性』が 2 0代モデル風女性 一般人 との焼き肉デートをすっぱ抜きます。 この時は、ご存知の様に 中野良子さんと交際してます。 エッ! これ浮気だよ! 絶対に浮気だね! と騒がれました。 真相は分かりませんが私の見解として 本命隠しの意図的なデートで、カモフラージュだったと思います。 その他に、裕さんはジャニーズの後輩とかメンバーとキャバクラで豪遊してた事は知れ渡ってますが。 まぁ~誰しも少なからず夜遊びはすると思いますよ?でも結局は、良子さんの元へ戻ってくる。 事の詳細はこうです。 偶然にも横山裕さんが年上のモデル女性と同棲していたことが、週刊文春の取材により判明したんです。 港区のタワーマンションに住んでるKさんが天井から水が落ちてくる音で目を覚ます。 水の落下は一向に収まらないそれでKさんはマンション管理人に連絡して一緒に上の階の部屋に行くが部屋が開かない。 それで工事業者を呼んで天井に穴を開けるなどの本格工事その間にもKさんの家財道具や電化製品は水浸し状態にしかし、上の階の住人は一向に謝罪に来ない? よって、Kさんが不動産会社に上の階の住人の事を問いただしても個人情報だから教えられないと繰り返した見たいです。 横山裕さんのプロフィール。 芸名: 横山 裕 生年月日: 1981年5月9日 32歳 出身地: 大阪府 血液型: A型 身長: 176cm 職業: 歌手・俳優 活動時期: 1996~ 事務所: ジャニーズ事務所 1996年 中学3年生の時にジャニーズのオーデションを受けて合格する横山裕・渋谷すばる・村上信五で関西ジャニーズJrの中心になって活躍する。 2004年 舞台劇のDreamboyに出演する。 その舞台でバックダンサーとして踊っていたのが中野良子さんです。 この中野良子さんと横山裕さんは、この舞台で知り合って交際が始まりその交際も9年も続いてます。 2007年 大阪松竹座で初ののコンサート『横山YOUがヤっちゃいますコンサート』をする。 2008年 春にも同様のコンサートを名古屋と東京で公演する。 2010年 ソロコンサートの全国ツアー開催する。 ちなみに 横山裕さんは、デビュー当時は本名の 横山侯隆で活動してましたがジャニーさんが、ユーの下の名前が分かりづらいから変えちゃいなよで 横山裕になったらしいですよ。 ちょっとしたこぼれ話でした。

次の