パソコン 腱鞘炎。 腕や手首に痛みがある…パソコン腱鞘炎の3つの原因とは?!

マウスの使いすぎで手や指が痛い人のためのマウス腱鞘炎対策|大塚商会

パソコン 腱鞘炎

パソコンを長時間使う人は姿勢に注意! 作業中は、無理な姿勢・悪い姿勢を無意識のうちにしていることがありますが、これを続けていると体が歪み、肩こり・腰痛・頭痛を招いたり、マウス腱鞘炎を慢性化させる原因になったりします。 反対に、正しい姿勢を続けていると、肩こり・腰痛・頭痛から解放され、長時間のPC作業をしても疲れにくくなります。 正しい姿勢を続けるには、お腹やお尻にキュッと力を入れて座る必要があるため、座ったままでシェイプアップ効果も期待できますね。 正しい姿勢をとるためのポイント6つ 椅子に深く座る 椅子に浅く座っていると、姿勢が悪くなりやすく、猫背になりやすいです。 そして、猫背でパソコンをのぞき込むような癖がある人は、首や肩が凝りやすくなります。 足裏がしっかり床につくように座る 足の裏全体が床につくように座ることで、お尻だけでなく両足で体重を支えることができるため、姿勢が安定しやすくなります。 机や椅子の高さ調節ができない場合は、足の下に台を置くなど工夫しましょう。 肘の角度は90~110度 肘が浮いている状態や、高すぎる机に肘を置いた状態でキーボードやマウスを使っていると、腕や肩に負担がかかります。 肘は、机や椅子の肘置きに90~110度の高さで乗せて、腕全体の力を逃がすように置きましょう。 体の正面にモニターを置く モニターを斜め前に置いて使うと、体や首をねじった状態で作業することになるため疲れやすくなります。 モニターは、体の正面に置くのがベストです。 モニターの上のラインが目線と平行になるように モニターの上枠と目線が平行になるように座り、モニターの画面を下向きで見るようにします。 目線が上向きになると、通常よりも目を開いた状態で画面を見なければならないため、目が乾燥しやすくドライアイや眼精疲労の原因になります。 モニターと目の距離は最低40cm以上離す ノートパソコンの場合は40~50cm、デスクトップパソコンの場合は60cm以上の距離を確保しましょう。 手が小さい人向け! マウス腱鞘炎に優しい入力装置ランキング.

次の

パソコン腱鞘炎で手首が痛い!原因・治療・予防 サポーター

パソコン 腱鞘炎

近年パソコンは仕事にはなくてはならない存在になっています。 しかしその一方で、パソコンによる体への不調が多くなってきました。 今回はその中でも、キーボードやマウスの操作による「パソコン腱鞘炎」についてお話します。 腱鞘炎とは? 腱鞘炎という名前は聞いたことがあるけれど、そもそも何なのかをあまり知らないという人が多いと思います。 そもそも腱鞘炎とは何なのでしょう? 「腱」とは骨と筋肉を繋げているヒモのようなものです。 そして 、「腱鞘」とは腱が骨などにぶつかってしまわないように保護するものです。 腱鞘の「鞘」は「さや」とも呼びます。 刀の鞘と同じように、筋肉を収めているのが腱鞘なのです。 では、イメージしてみて下さい。 「鞘の中で刀をガチャガチャと抜き差しし続けると刀はどうなりますか?」 刀も鞘もボロボロになってしまいますよね。 このように 「腱鞘炎」とは、腱を使い過ぎてしまうことで炎症が起こることを言うのです。 そして、パソコン腱鞘炎は長時間のキーボードやマウスの操作などによって腱が働きっぱなしになってしまうことで起こります。 パソコン腱鞘炎の症状とは? では、パソコンを使っている時にどのような症状が現れたらパソコン腱鞘炎の可能性があるのでしょうか? ・手首や親指の付け根に痛みがある ・手首からひじに不快感がある ・手や腕にしびれがある ・手首や親指の付け根が腫れて熱くなる ・手に力が入らない ・腕がだるい感じがする このような症状がある場合、パソコン腱鞘炎の可能性があります。 毎日の仕事で使うパソコン。 パソコン腱鞘炎は、ほおっておくとどんどんと悪化してしまいます。 そのため、気が付いたら早めに対策を取ることが大切なのです。 パソコン腱鞘炎の原因とは? 対策をするためにはまず、パソコン腱鞘炎の原因を知らなければなりませんね? パソコン腱鞘炎の原因は主に3つあります。 1、 手首や指の使い過ぎ 一つ目の原因は、手首や指の使い過ぎです。 キーボードやマウスなどを使っている時、腱や腱鞘は常に働いている状態になります。 これによって、腱や腱鞘に炎症が起こってしまう事で腱鞘炎になってしまうのです。 2、 キーボードやマウスを操作する時に力が入っている キーボードやマウスを使う時に必要以上に力が入っていると腱鞘炎になりやすくなってしまいます。 手首や指に無駄な力が加わり続けてしまう事で、筋肉が疲れて硬くなってしまい、炎症が起こりやすくなってしまうのです。 3、 パソコンを使う時の姿勢 パソコンを使う時の姿勢が悪いと腱鞘炎を引き起こしやすくなります。 姿勢が悪くなってしまうと肩周りの筋肉が上手く使えず、ひじから手首の部分だけを使ってパソコンを操作します。 そのため、ひじや手首に大きなストレスがかかってしまい、腱鞘炎になりやすくなるのです。 また、 長時間座っている姿勢が続くと下半身が全く使われず、血流が悪くなってしまいます。 特にふくらはぎは「 第二の心臓」ともよばれ、流れてきた血液を筋肉のポンプ作用を利用して重力に逆らって心臓に押し戻す役割があるのです。 そのため、筋肉が使われずに動かないと全身の血流が悪くなってしまうのです。 血流が悪くなってしまうと、全身に酸素や栄養が行かなくなってしまい、筋肉の柔軟性が失われ、腱鞘炎になりやすくなってしまうのです。 加えて、パソコンの操作は肩や首にも大きなストレスになります。 そのため、肩こりになる人も多くいます。 肩こりは肩周りの血流の悪さによって起こりますので、その血流の悪さは腕に大きな影響を与えます。 つまり、 肩こりと腱鞘炎はセットで起こるもの と考えても良いでしょう。 パソコン腱鞘炎の対策 1、 正しい姿勢を心がける パソコン腱鞘炎にならない為には「姿勢」はとても重要です。 パソコン操作の姿勢のポイント ・足の裏をしっかり床につける ・背筋を伸ばす ・ひじの角度は90度 ・手首が曲がらないようにする これらのことを心掛けて腕や手首への負担を減らしていきましょう。 しかし、長時間続けていると姿勢はどんどん崩れて行ってしまいます。 姿勢の崩れは、長年のあなたの癖。 筋肉や骨格などのバランスが崩れることによって起こってきます。 そのため、一人で改善するにはとてもむずかしいのです。 そういった時は 整体や接骨院など体のプロに頼ることをおすすめします。 筋肉をほぐし骨格の矯正を行い、血流の面から改善していくことで、姿勢だけでなく、腱鞘炎の起こりにくい身体づくりをしていくことが出来ます。 2、 こまめな休憩 腱鞘炎は手首の使い過ぎによって引き起こされます。 1時間に1回は休憩をはさんで手首を休ませてあげましょう。 また、長時間の座り姿勢は血流を悪くしてしまいます。 軽いストレッチやマッサージなどを行い、筋肉をほぐすように心掛けましょう。 3、 血流をあげる 日頃から血流を上げていくことで、筋肉に疲れが溜まりにくく腱鞘炎になりにくい環境を作っていきましょう。 血流をあげるにはお風呂が効果的です。 少し温めの38ど程のお湯に15分以上しっかりとつかりましょう。 この暑い時期、ついついシャワーで済ませてしまいがちですが、湯舟に浸かることで腕だけでなく全身の疲れを取ることが出来ます。 まとめ 現代病ともいわれるパソコン腱鞘炎。 しっかりと対策をして痛みのでにくい身体を作っていきましょう。 整体屋ぎんでは、血液循環・歪み改善整体という技法を使い、施術を行っていきます。 骨格の矯正だけでなく、体全体の血流から改善していく事で、根本の原因から改善していきます。 また、当店は一宮唯一の高濃度酸素オイルを使い、血液の循環に対してもアプローチしていきます。 酸素オイルはオイルの中に高濃度の酸素が含まれており、それを皮膚から体内へ直接取り込むことができるのです。 取り込まれた酸素によって筋肉に溜まった乳酸が分解され、筋肉が柔らかくなって血流が上がります。 もし、腱鞘炎 でお悩みの方は、当店にご相談ください。 そして共に学んでいきたい・魅力をつけたいという方を増やしていきたいと思っています。 共により魅力溢れる人間力を身に付けたいという方を是非ご紹介下さい 無料メルマガ登録は下記の URLから行えます。

次の

腱鞘炎は労災認定される?申請する際に押さえておくべき要件

パソコン 腱鞘炎

パソコンやスマホの普及で、腱鞘炎に苦しむ人が増加 日本経済新聞のウェブマガジン「 日経スタイル」で、こんな記事がありました。 現代社会で、手や指を酷使するのはIT機器だ。 中川整形外科(東京都世田谷区)院長の中川種史さんは「患者全体では中高年が多いが、若い人では長時間のパソコン作業による腱鞘炎が増えている」と話す。 画面が大きいスマートフォン(スマホ)を親指で操作する人の場合は、親指だけに症状が出ることもあるという。 パソコン仕事が増え、スマホが普及することで、 若い人の腱鞘炎の患者が増えているそうです。 キーボードの入力で「パソコン腱鞘炎」が増える キーボードで文字を大量に入力する日々を送っていると、 指や腕に負荷がたまります。 いつか指や腕に痛みやひきつりを覚えることがあるかもしれません。 僕のように……。 マウス操作で指も「マウス腱鞘炎」に キーボードだけじゃなく、 マウス操作でも腱鞘炎になります。 クリックやスクロールをする際には特に人差し指や腕の腱の部分 もしくは腕の腹にあたる所 に負荷がたまりますし、マウス操作時は手首をひねるように持つことが多いので、手首にも負荷がたまります。 スマホの親指操作は危険! ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎 になるよ 本当にやめたほうがいいのは、 スマホの親指操作です。 スマホを持った手の親指でスイスイと操作するの。 もう一度いいます、本当にやめたほうが良い。 どうやら人間の構造として頻繁にやることを想定していない動作だそうで、 「ドケルバン病」という腱鞘炎になる可能性が高いです。 実証済み。 腱鞘炎に無頓着な人々 そんな感じで腱鞘炎に苦しむ日々を送っていたのですが、驚愕したのが、あるライター講座に参加したときのことです。 ライター講師の人が、スマホを片手に親指で操作しながらこう言っていました。 「今まではパソコンで入力してたけど、今ではスマホで片手だけで書けるように練習している」 もうね、アホかと。 パソコンは重たいし、スマホ1台だけで仕事ができちゃう俺スマートでカッケー的なニュアンスで言っていたのですが、たぶん そんなことしてたら間違いなく腱鞘炎になっちゃうよ……!! それ以外にも、結構ライターさん周りで腱鞘炎に気をつけてない人が多いなと。 でも、ライターさんって早い話、文字が打てなくなったらご飯食べられなくなる仕事。 人生100年時代で、かつ「年金足りないから2000万円貯めて」みたいな話も出ちゃう日本。 現役で稼ぎ続けないと食いっぱぐれちゃうかもしれない中、 ライターの仕事も死ぬまで続けることになる人も多いはず。 腱鞘炎になると文字入力かなりしんどいんだから!!! もうちょっと健康管理に気をつけて!!!! すぐにできる対策 今腱鞘炎の人は、病院に行ってじっくり治すのが一番! お医者さんは「 パソコン入力控えて」などと言ってくると思うけど、いやいやこちとらパソコン入力で食べてるわけだし、それじゃあ生活できないってなもんです。 なので、 少しでも腱鞘炎のダメージを和らげる方法を紹介します!! キーボードのハードパンチをやめる カチャカチャカチャ……ッターン!! こんな感じでキーボードを強く叩いてる過去の僕みたいな人。 やめましょう、今すぐに。 反動のダメージがものすごいです。 そもそも強打してもキーボードは1回分しか反応してくれません。 ソフトタッチにしましょう。 正しい姿勢で入力する パソコンを操作する姿勢も重要です。 イケてるクリエイター風の人が、畳に寝そべったりソファにもたれかかったりなんかしながらノートパソコンで仕事をしてる光景を見ますが、 あれは幻想です。 良い子は真似しないでください。 このへん参考に。 正しいポジションでキーボードを入力する 同様に、 キーボード入力は正しい指のポジションに則って行う方が、指の負荷が分散されて良いと思います。 入力に皆さん癖はあるでしょうが、できるだけ正しいポジションで入力するようにしましょう。 このへん参考に。 出典; 連打は指じゃなくて手首から キーボードの連打は、指だけを動かすと、腕の腱に負荷がたまります。 手首を使って、手自体の重みで行うようにすると良いと思います。 Back Spaceを連打する時に指を変える 特に連打しがちキーと言えば、「 Back Space」。 特定の指だけで連打していると、その指に負荷がたまります。 時々指を変えるようにしましょう。 よく使う言葉は辞書登録する 文字の入力量をできるだけへらすのが鉄則。 メールアドレスや住所、「お世話になっております。 」とか「以上、よろしくお願いします。 」といったよく使う文面などは、辞書登録して数文字打って変換すれば出るようにしておくと良いです。 このへん参考に。 google音声入力を使う 特にライティングをしている人にオススメなのは、これ。 google音声入力です。 googleドキュメントを開き、音声入力モードを立ち上げ、マイク付きヘッドホンを買って、しゃべるだけでできます。 文字の入力量が減るのでオススメ。 ヘッドセットは僕はこれを使ってます。 マウスのボタンを変える マウス操作では、人差し指に負荷が高まりがち。 負荷が溜まってきたな、と思ったら、 右クリックと左クリックを入れ替えることをおすすめします。 これまで人差し指で行ってきた操作を、中指で行うことができるからです。 摩擦の少ないマウスやエルゴノミクスマウスを使う ホイールやクリックが固いマウスは、その分指や腕に負荷が高まります。 摩擦が少なく、スムーズに動くマウスを選ぶと良いでしょう。 また、手首をひねらずに操作できる エルゴノミクスマウスも検討してみてください。 と言いつつ僕は、色々エルゴノミクスマウスも試しましたが、すぐに壊れてしまったり操作がいまいちだったりと、しっくり来るものに出会えてません。 スマホは両手を使ってスワイプ操作する 何度も言います。 スマホの親指操作は本当にだめです。 例えば、左手でスマホを持ち、右手人差し指で操作する。 これが一番負荷が少ない操作方法です。 また、文字入力も注意が必要。 たとえば「こ」を入力する時、「か」のキーボードをトントンと連打して「こ」を入力する人がいますが、これは単純に「か」の5倍の負荷を指や腕に与えてることになります。 スワイプ操作を覚えると良いです。 誰しもが腱鞘炎になりうる時代なのだから おそらく、人類史上今が最も腱鞘炎になりうる人が増えている時代なのではないでしょうか。 今腱鞘炎の人はもちろん、まだ腱鞘炎じゃない人も、予防のために今回紹介した方法を試してもらえればと思います!!!

次の