中学1年で習う英単語。 中1向け 英単語の覚え方【※暗記ができない中学生は必見です】

【中学英単語】覚えておくべき連語・熟語よく出る一覧

中学1年で習う英単語

いったい中学では英単語をいくつ覚えるの? 平成24年の学習指導要領の改訂により中学英語で習う単語数は1,200に! 私は、アラフォーのおじさんです。 ハンドルネームは、朝比奈宗平。 私・・・・・・朝比奈は英語を学習することを決意し、 英語学習ブログを始めました。 そして、いざ英語の学習にとりかかろうと机に向かったのですが、そこで疑問が。 英語の学習をするのに、何から手をつけるのかを全然考えていませんでした。 「無計画にも程があるよ」 計画を立てる前に行動してしまうのは、朝比奈の悪い癖。 だから、ブログも・・・・・・ああ、いけません! 話がわき道に逸れてしまいました。 まずは学習範囲を決めて・・・・・・いいえ、違いますねぇ。 そもそも20年近く、英語学習をしていない朝比奈。 現在の朝比奈に中学生程度の英語力があるのかも怪しいものです。 よし、中学英語の復習から始めることにしましょう! 手始めに中学校で覚えないといけない英単語の数を調べます。 中学英語の目標の語彙量は1,200語! いきなり結論。 によって、中学校で学ぶ英単語の目標語彙量は1,200語ということが分かりました。 ちなみに高校で学ぶ英単語の目標語彙量は3,000語。 最低限、中学校と高校で学ぶ英単語の合計4,200語を覚える必要があるということですか? むむむ、どうやら 英語学習の道は険しそうです。 いきなり挫折しそうな予感。 平成24年の学習指導要領の改訂で、中学は3時間から4時間に増え、目標の語彙量も900語から1,200語になりました。 高校も「英語で教える」という目標のもと、3,000語という設定になりました。 引用元「」 中学英語の英単語1,200を復習! ・・・・・・なるほど! いきなり4,200語という数字を意識することを止めます。 そもそも中学英語の復習を始めるため、語彙量を調べたはず。 とりあえず、高校で学ぶ英単語の目標語彙量は3,000語のことは、いったん忘れることにします。 そのような訳で、中学英語で学ぶ英単語1,200の復習に取りかかります。 いつまでに終わらせる、中学英語の英単語の復習? 次に中学英語で学ぶ英単語1,200の復習に期限を設けます。 期限は120日とし、1日あたりに復習する英単語は10にします。 ほんとうは、1日あたりの復習量を増やしたいのですが、ほとんどの英単語を忘れていると思うので、じっくり行っていきます。 これで、本当に大丈夫かな? 英語学習のまとめ 今回、中学英語で習う単語の数を調べて、その数が1,200語だということが分かりました。 また、中学英語で習う単語の復習する期間を設定しました。 以上で今回の英語学習「英語学習を始める前に調べてみた、中学英語で習う単語の数」を終わります。 えっ、「今回は 英語の学習ではない」ですって? おっしゃるとおり、確かに・・・・・・。 英語学習ブログの他の記事 当ブログでは下記のようなエントリーもございます。 よかったら、お読みくださいませ。 syuhei-asahina.

次の

中学1年生レベルの英単語一覧《398個》

中学1年で習う英単語

中1の英単語 英単語 発音 意味 bed ベッド 名)ベッド dog ドッグ 名)犬 table テイブル 名)テーブル cat キャット 名)猫 bag バァッグ 名)バッグ 袋 ball ボール 名)ボール cup カップ 名)カップ 茶碗 door ドア 名)扉 戸 picture ピクチャ 名)写真 絵 wall ウォール 名)壁 box ボックス 名)箱 chair チェア 名)いす notebook ノウトブック 名)ノート 帳面 light ライト 名)光 明かり pen ペンスィル 名)ペン desk デスク 名)机 デスク pencil ペンスィル 名)鉛筆 book ブック 名)本 flower フラウァ 名)花 window ウィンドウ 名)窓 I アイ 名)私は you ユー 名)あなた(たち)は あなた(たち)に am アム 動)(私は)~です。 are アー 動)~です。 a ア 冠)1つの、1人の student ステューデント 名)生徒、学生 new ニュー 形)新しい hi ハイ 間)やあ、こんにちは oh オウ 間)まあ、おお yes イエス 副)はい no ノウ 副)いいえ not ノット 副)~でない too トゥー 副)~もまた あまりに ~すぎる baseball ベイスボール 名)野球 basketball バスケットボール 名)バスケットボール soccer サッカ 名)サッカー tennis テニス 名)テニス fan ファン 名)ファン、熱烈な支持者 one ワン 名・形)1(の) 代)1つ もの 形)ある like ライク 動)(~が)好きである。 play プレイ 動)(楽器を)ひく。 (球技などを)する。 speak スピーク 動)話す and アンド 接)そして、~と very ヴェリ 副)とても everyone エブリワン 名)みなさん、だれも music ミューズィック 名)音楽 piano ピアノウ 名)ピアノ guitar ギター 名)ギター math マス 名)数学 Japanese ジャパニーズ 名)日本語、日本人 Canada キャナダ 名)カナダ English イングリッシュ 名)英語、英語の French フレンチ 名)フランス語、フランスの the ザ 冠)その here ヒア 副)ここで(へ、に) hello ハロウ 間)こんにちは もしもし drink ドリンク 動)飲む eat イート 動)食べる have ハヴ 動)持っている 食べる ~がある 飼う love ラヴ 動)好む 愛する read リード 動)読む watch ウォッチ 動)見る 名)腕時計 do ドゥ 動)~する。 シュア 副)はい、もちろん London ランドン 名)ロンドン New York ニューヨーク 名)ニューヨーク lunch ランチ 名)昼食 has ハズ 動)持っている(3単現) always オールウェイズ 副)いつも well ウェル 副)上手に ところで ええと tube チューブ 名)地下鉄 bike バイク 名)自転車 city スィティ 名)都市、市 cooking クッキング 名)料理 place プレイス 名)場所 song ソーング 名)歌 sport スポート 名)スポーツ street ストリート 名)街路 通り interesting インタレスティング 形)おもいしい wonderful ワンダフル 形)すばらしい does ダズ 助・動)doの変化形(3単現 Chinese チャイニーズ 名)中国語(人) 形)中国の P. ピーイー 名)体育 museum ミューズィーアム 名)博物館 these ズィーズ 代)これらは(が) これらを(に) 形)これらの sorry ソーリィ 形)申し訳ない really リアリィ 副)本当に his ヒズ 代)彼の work ワーク 名)仕事 働く right ライト 形)正しい 名)右 権利 副)すぐに ちょうど ~,right? ライト ~でよろしいですね。 I see. アイ スィー わかりました。 ザ ユーエス 名)アメリカ合衆国 anyone エニワン 代)疑問文で:だれか tooth トゥース 名)歯 teeth ティース 名)歯の複数形 answer アンサァ 動)答える 電話に)出る brush ブラッシュ 動)みがく change チェインジ 動)変える 乗り換える 名)おつり 変化 dry ドライ 動)乾かす phone フォウン 名)電話 clothes クロウズィズ 名)衣服 着物 son サン 名)息子 daughter ドータァ 名)娘 mom マム 名)ママ ring リング 動)鳴る fine ファイン 形)元気な 申し分のない 結構な still スティル 副)まだ それでもなお again アゲン 副)再び もう一度 hold ホウルド 動)もちこたえる 開催する 持つ grandma グラントマー 名)おばあさん hurry ハーリィ 動)急ぐ late レイト 形)遅れた 遅い ready レディ 形)準備ができて message メッセィジ 名)伝言 メッセージ grandpa グランドバー 名)おじいさん almost オールモウスト 副)ほとんど then ゼン 副)それでは 名)その時 接)それから その時 arrive アライブ 動)到着する catch キャッチ 動)つかまえる understand アンダスタンド 動)理解する わかる mouth マウス 名)口 something サムスィング 代)何か anything エニスィング 代)肯:何でも 疑:何か 否:何も baby ベイビ 名)赤ちゃん floor フローア 名)床 paper ペイパ 名)紙 新聞 bear ベア 名)クマ fish フィッシュ 動)つりをする 名)魚 last ラスト 形)この前の 副)最後に 名)最後 ~ ago アゴウ 副) 今から)~前に yesterday イエスタデイ 名)昨日 look ルック 動)見る stay スティ 動)滞在する 名 滞在 night ナイト 名)夜 year イヤ 名)年 aunt アント 名)おば history ヒストゥリ 名)歴史 thing スィング 名)もの こと toy トイ 名)おもちゃ France フランス 名)フランス other アザァ 形)他の old オゥルド 形)古い dear ディア 形)(手紙の書き出しで)~さん 親愛な letter レタァ 名)手紙 art アート 名)芸術 美術 space スペイス 名)宇宙 chance チャンス 名)好機 チャンス miss ミス 動)~しそこなう why ホ ワイ 副)なぜ because ビコーズ 接)なぜなら~だから early アーリィ 副)(時間が)早く walk ウォーク 動)歩く 名 散歩 color カラァ 名)色 course コース 名)方角 進路 welcome ウェルカム 形 歓迎される 動 歓迎する 間)ようこそ present プレゼント 名)贈り物 プレゼント each イーチ 形)それぞれの 名)各々 special スペシャル 形)特別な meaning ミーニング 名)意味 enjoy エンジョイ 動)楽しむ try トライ 動)試みる 試す T-shirt ティーシャーツ 名)Tシャツ hat ハット 名)帽子 sweater スウェタァ 名)セーター jacket ジャケット 名)ジャケット blue ブルー 名・形)青(い) black ブラック 名・形)黒(い) pink ピンク 名・形)ピンク色(の) brown ブラウン 名・形)茶色(い) gray グレイ 名・形)灰色(の) green グリーン 名・形)緑色(の) or オア 接)または それとも すなわち 言い換えると ahead アヘッド 副)前方へ(に) member メンバー 名 一員 メンバー pick ピック 花などを)摘み取る had ハド haveの過去形 saw ソー seeの過去形 garden ガーデン 名)庭 flower フラウワ 名)花 rice ゥライス 名)ごはん ライス hand ハァンド 名)手 pretty プリティ 形)かわいらしい went ウェント goの過去形 stand スタンド 動 立つ stood ストゥッド 立つの過去形 said セッド sayの過去形 wait ウェイト 動 待つ speak スピーク 動 話す take テイク 動)持っていく took トゥック takeの過去形 put プット 動 置く 入れる bring ブリング 動)持って来る brought ブロート bringの過去・過去分詞 vase ヴェイス 花)花瓶 life ライブラリィ 名)人生 生活 gift ギフト 名)贈り物 carefully ケアフリィ 副)注意深く goodbye グッバイ 間)さようなら inside インサイド 副)内部へ 中で 前)~の中に outside アウトサイド 副)外で(に) together トゥゲザァ 副)いっしょに start スタート 動)出発する 始める 設立する got ガット getの過去形 ate エイト eatの過去形 station スティション 名)駅 grandparents グランドペアランツ 名)祖父母 river リヴァ 名)川.

次の

中1向け 英単語の覚え方【※暗記ができない中学生は必見です】

中学1年で習う英単語

モノの名前• 動作を表す単語 この2つはイメージがしやすと思います。 ちなみに「単語や意味のイメージがわかない... 」という人は、Google画像検索がオススメですよ。 中学生だとスマホは持ってないかもしれませんが... 家にタブレットやパソコンといったものがあれば、こちらを活用すると英単語の暗記がしやすくなるはずです。 中学生のテストとかって、空欄に正しい英単語を入れる問題とかよく出ますよね。 この場合は「英文ごと覚えてしまう」のが1番効果的です。 なぜなら、英単語の使い方まで一緒に覚えられるから。 そんなわけで、英単語の読み方をまず押さえておけば、スペルもかなり覚えやすくなりますよ。 英単語の暗記が苦手な人って、単語を見る回数が少ない気がします。 実は中学3年生になったり、高校生になると中1で習った英単語って結構頭に残ってるんですよね。 なぜかというと、それまでに「何度も何度も目にしている」から。 記憶力というよりも、テストや受験のために何度も見てるから、自然と覚えてたりします。 ちなみに見る回数は「1回1回の時間が短い」方がベストです。 同じ10個の英単語を覚えるにしても• 後ろに「名詞」がくる• 後ろに「前置詞」がくる といった2パターンの動詞がどんどん出てくるから。 自分も学生時代、よく動詞の単語は「意味だけ」覚えるようにしてましたが... テストとかで英文を作るとき「あれ?この動詞って後ろに名詞と前置詞、どっちが来るんだっけ?」ってなりましたからね... また前置詞だと、「この動詞ってどの前置詞と相性が良いんだっけ?」ってなるパターンもあるので、英文ごと押さえたほうが何かと安心です。 これは中学生の間はまだ良いのですが、高校生くらいになると困ると思います。 というのも「1つで複数の品詞を持つ」単語が出てくるから。 中学生レベルの単語であれば、「これは動詞、あれは形容詞」って覚え方が出来ます。 ほとんどの単語は「1単語=1つの品詞のみ」ってケースが多いので、この覚え方でも問題はありません。 一方で、高校生あたりになってくると...

次の