アイフォン 機種 変更 やる こと。 iPhone機種変更で確実にデータ移行するために、必要な準備・やることチェックリスト(写真・Suica・Apple Watch・LINE・銀行ワンタイムパスワード)

機種変更時の事前準備をまとめてみる

アイフォン 機種 変更 やる こと

今あるデータを上手く引き継ぐ方法を知って万が一にも備えておく iPhoneは独特の操作方法でありながら、説明書要らずですぐに使えちゃう超優秀な端末です。 その優秀さがたまにアダとなる事があります。 あまり中身の事に詳しくないユーザーにとってスマホのデータ移行ほど面倒くさいことはありませんからねw 今回はメインで必要なデータの移し方についての解説となります。 やることリスト概要【移行すべきデータリスト】 まずは次の5つのやるべきリストがあるという事を理解しておいてください。 細かい対処法については後ほど詳しく見ていきましょう。 【機種変更前のやるべきリスト】• 現在のiPhoneの全体データをバックアップ• iPhoneで購入したアプリ・音楽のデータ引き継ぎ• 写真のバックアップ• 個別アプリの引継ぎ LINE、ゲーム、その他アプリ• 電話帳のバックアップ これだけ作業があるという事を認識しておいてくださいね。 それにしても、スマホって面倒ですねー…。 現在のiPhoneの全体データをバックアップ バックアップのやり方は大きく分けて2つありますが、全てのデータを残すためにPCでiTunesを使ってバックアップしてください。 それはiTunesのバックアップのオプション項目にある「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」の項目を外すことです。 PCとiPhoneを接続せずiTunesだけ起動• 表示されたメニューの丈夫にある「デバイス」をクリック 以下の画像のチェックマークを外す!• 「OK」ボタンをクリック iTunesはiPhoneと一方通行の関係なので、必要なデータだけ移動するのが物凄く苦手です。 この項目を外さずにiPhoneを接続するとiTuensからiPhoneへ上書き保存されてしまうので、場合によっては今まで取り貯めた全部のデータが消えてしまう事故が起きます。 iPhoneで購入したアプリ・音楽のデータ引き継ぎ iPhoneだけで購入したりインストールしたアプリはそのままでは引き継げないので、iTunesへコピーしておく必要があります。 」と表示される。 「コンピュータの認証が完了しました。 」と表示されたら「OK」をクリック• 転送が開始され、iTunesの画面最上部にりんごマークが表示されたら転送終了! スポンサーリンク 写真のバックアップ 写真については一旦PCにバックアップを取っておきます。 新端末には必要に応じて転送するだけです。 この方法を一度設定しておけば、撮ることに徹する事ができます。 しかも無制限でいくらでもバックアップできます。 個別アプリの引継ぎ ゲームやSNSなどの個別アプリには、現在ほとんどが引き継ぎメニューが存在しています。 必ず個別アプリで引継ぎ設定を行なってから新端末で引継ぎしてください。 ちなみにLINEで新iPhoneへ引継ぎする方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。 【iTunesでバックアップする】• iTunesを起動後、USBケーブルでiPhoneをPCと接続• iTunesの上部メニューにあるiPhoneマークをクリック• 「詳細」の連絡先にチェックが入っていないことを確認後、画面最下部右側の「同期」または「適用」をクリック これで終了です。 【iCloudでバックアップする】 PCがなくても「iCloud」に十分な空きスペースがあれば、こちらの方がお手軽です。 iCloudの項目にある「連絡先」のスイッチをタップして)ONにする。 AUのメールが開けなければ、連絡先とオサラバすることになります。 知りませんよねー、そんな事。 でもそうならないように、このアプリを使って契約する前に他のメールアドレス宛に添付ファイルとしてバックアップデータを送信しちゃいましょう! 今回は新旧iPhoneの機種変更前のやるべきリストとして、データのバックアップ操作方法について解説しました。 通信キャリアによってはバックアップ方法が特別に用意されていたりすることもあるので、まずキャリアのホームページで情報を見ておくのも一つの手ですよ!.

次の

iPhoneを購入後まずやること/確認したい設定項目

アイフォン 機種 変更 やる こと

今使っているiPhoneのデータの整理が完了したら、次は実際に バックアップをとりましょう。 新機種のiPhoneはiOS最新版のiOSが搭載されている可能性があるため、バックアップをとる前に、 今使っているiPhoneのiOSを最新バージョンにアップデートしておきましょう。 バックアップ方法は、パソコンで「iTunes」というソフトを利用してバックアップをとる方法、またiPhoneだけでもできる、クラウドサービス「iCloud」にバックアップをとる方法、の2つの方法があります。 バックアップを取るときは「 暗号化」することが重要です。 「暗号化」をせずにiTunesでバックアップをすると、パスワードの情報やWi-Fiの設定がバックアップされません。 また、「LINE」などの一部アプリのバックアップには暗号化が必須で、暗号化の設定をしていないとバックアップされないことがあります。 新しいiPhoneを購入後、実際に バックアップを復元するときはこちらの記事を参考にしてください。 なおバックアップからデータを復元する際は、データをちゃんと移行できたことを確認するまで、古いiPhoneのデータは消さないようにしましょう。 最後に、新しいiPhoneを購入するなら、ケースや液晶保護シートなど、そのiPhoneにあった アクセサリーを用意する必要があります。 確実に対応しているのが 純正アクセサリーで、発売も早いのでいち早く手に入れたい方にオススメです。 もちろん、純正以外でもたくさんのアクセサリが発売されます。 ただし、上記記事にもある通り、新しいiPhoneの発売よりも早く発売されるケースに関しては、サイズやボタンの位置などに若干の「賭け」が入っている可能性があります。 ばっちりフィットするケースが欲しいのであれば、発売前後は純正アクセサリが安心です。 サードパーティ製のケースは、購入予定のiPhoneが発売したら、実際に試してから購入することをオススメします。 今使っているiPhoneと購入予定のiPhoneのサイズが同じ場合は、買い替えずにそのままケースを使える可能性もあります。 お気に入りのケースをそのまま使いたい場合は、サイズの違いをチェックしておきましょう。

次の

【最新版】LINEアカウント引き継ぎのために機種変更前にやること | blogs.redeyechicago.com

アイフォン 機種 変更 やる こと

今あるデータを上手く引き継ぐ方法を知って万が一にも備えておく iPhoneは独特の操作方法でありながら、説明書要らずですぐに使えちゃう超優秀な端末です。 その優秀さがたまにアダとなる事があります。 あまり中身の事に詳しくないユーザーにとってスマホのデータ移行ほど面倒くさいことはありませんからねw 今回はメインで必要なデータの移し方についての解説となります。 やることリスト概要【移行すべきデータリスト】 まずは次の5つのやるべきリストがあるという事を理解しておいてください。 細かい対処法については後ほど詳しく見ていきましょう。 【機種変更前のやるべきリスト】• 現在のiPhoneの全体データをバックアップ• iPhoneで購入したアプリ・音楽のデータ引き継ぎ• 写真のバックアップ• 個別アプリの引継ぎ LINE、ゲーム、その他アプリ• 電話帳のバックアップ これだけ作業があるという事を認識しておいてくださいね。 それにしても、スマホって面倒ですねー…。 現在のiPhoneの全体データをバックアップ バックアップのやり方は大きく分けて2つありますが、全てのデータを残すためにPCでiTunesを使ってバックアップしてください。 それはiTunesのバックアップのオプション項目にある「このiPhoneを接続しているときに自動的に同期」の項目を外すことです。 PCとiPhoneを接続せずiTunesだけ起動• 表示されたメニューの丈夫にある「デバイス」をクリック 以下の画像のチェックマークを外す!• 「OK」ボタンをクリック iTunesはiPhoneと一方通行の関係なので、必要なデータだけ移動するのが物凄く苦手です。 この項目を外さずにiPhoneを接続するとiTuensからiPhoneへ上書き保存されてしまうので、場合によっては今まで取り貯めた全部のデータが消えてしまう事故が起きます。 iPhoneで購入したアプリ・音楽のデータ引き継ぎ iPhoneだけで購入したりインストールしたアプリはそのままでは引き継げないので、iTunesへコピーしておく必要があります。 」と表示される。 「コンピュータの認証が完了しました。 」と表示されたら「OK」をクリック• 転送が開始され、iTunesの画面最上部にりんごマークが表示されたら転送終了! スポンサーリンク 写真のバックアップ 写真については一旦PCにバックアップを取っておきます。 新端末には必要に応じて転送するだけです。 この方法を一度設定しておけば、撮ることに徹する事ができます。 しかも無制限でいくらでもバックアップできます。 個別アプリの引継ぎ ゲームやSNSなどの個別アプリには、現在ほとんどが引き継ぎメニューが存在しています。 必ず個別アプリで引継ぎ設定を行なってから新端末で引継ぎしてください。 ちなみにLINEで新iPhoneへ引継ぎする方法についてはこちらの記事を参考にして下さい。 【iTunesでバックアップする】• iTunesを起動後、USBケーブルでiPhoneをPCと接続• iTunesの上部メニューにあるiPhoneマークをクリック• 「詳細」の連絡先にチェックが入っていないことを確認後、画面最下部右側の「同期」または「適用」をクリック これで終了です。 【iCloudでバックアップする】 PCがなくても「iCloud」に十分な空きスペースがあれば、こちらの方がお手軽です。 iCloudの項目にある「連絡先」のスイッチをタップして)ONにする。 AUのメールが開けなければ、連絡先とオサラバすることになります。 知りませんよねー、そんな事。 でもそうならないように、このアプリを使って契約する前に他のメールアドレス宛に添付ファイルとしてバックアップデータを送信しちゃいましょう! 今回は新旧iPhoneの機種変更前のやるべきリストとして、データのバックアップ操作方法について解説しました。 通信キャリアによってはバックアップ方法が特別に用意されていたりすることもあるので、まずキャリアのホームページで情報を見ておくのも一つの手ですよ!.

次の