腎臓 を 強く する 食べ物。 腎臓の機能を高め働きを良くする7つの方法で分かる食べ物の重要性

特に気をつけたい成分|食事に気をつける|腎臓病の治療|腎らいぶらり

腎臓 を 強く する 食べ物

腎臓とは「そらまめ」の形をした握りこぶしくらいの大きさで、腰の位置に左右対称に2個ある臓器です。 腎臓は血液をろ過し、尿を作って私たちの身体にとって不要となった老廃物や塩分を身体から排泄する役割を持っています。 また身体にとって必要であるものは再吸収し、体内に留めるということもしています。 腎臓は私たちの身体にとって、必要、不必要という判断を毎日当たり前のように瞬時に行っているんですね。 ですから腎臓の機能が低下すると、この判断能力が鈍り、尿が出なくなったり、本来老廃物として体外に排出されるはずのものが身体に残り、蓄積されていきます。 いわゆる尿毒症という症状です。 老廃物や毒素が体内にあるので、顔色も悪くなります。 腎臓は一度その機能が著しく低下すると、なかなか元には戻らない為、普段の生活からケアすることがとても大切です。 そこで今日は日々の生活から、腎臓をケアする方法をお伝えしたいと思います。 昆布やイワシ、カツオ、ブリ、牡蠣(かき)など様々や魚介類、海藻類が腎臓に良い影響を与えてくれると言われています。 その中でも特に代表的なものといえば、 お味噌汁の定番、しじみです。 しじみエキスなどのサプリもありますが、やっぱり食べ物から摂取するのが一番いいとされていますので、昆布でだしをとり、しじみやワカメを入れたお味噌汁などは毎日手軽に出来ます。 そこに豆腐や揚げ出しを入れると良質のたんぱく質も一緒に摂取できますのでおススメです。 また豆類には利尿作用、解毒作用があります。 大豆や黒豆、あずきなどを積極的に摂取しましょう。 五目豆にすると野菜、海藻類など他の栄養素も一緒に取ることができますし、酢大豆といって、炒った大豆をお酢の中に入れてしばらく置いておくと、やわらかくなり、食べやすくなります。 疲れも酢の作用で取れますので、一石二鳥。 一日数粒を目安に摂取して下さいね。 朝起きた時に、コップ1杯の水を飲むというのも腎臓だけでなく、身体にいい影響を与えてくれると言われています。 できれば冷たい水ではなく常温のお水、もしくは白湯(昨晩沸騰させたお湯を自然に冷ませたもの)をゆっくり飲むといいでしょう。 一日の摂取量に関しては、さまざまな見解があり、一概には言えないことと、医師から制限を受けてらっしゃる方もいらっしゃると思います。 ですので、自分の体調や変化を見ながら、医師と相談し、決めていくことが大切です。 またほかに腎臓に良いとされている飲み物は、「尿をアルカリ化してくれる飲み物」です。 尿がアルカリ化すると尿酸が溶け込みやすくなるので排出されやすくなります。 ですので、クエン酸ジュースを飲むのがいいとされています。 黒酢や梅ジュースなどはクエン酸が豊富に含まれています。 もちろんクエン酸そのものを水に溶かして飲用するのもいいでしょう。 また刀豆茶(なたまめちゃ)というお茶が腎臓に良いと言われていますが、刀豆茶はカリウム含量が多いという特徴があります。 ですので、カリウム制限がある方は多飲を控えて下さいね。 他にはスギナ茶、柿の葉茶などもいいとされています。 野菜、果物、その他の食べ物とは? 腎臓の機能強化や改善によいとされているのは、キャベツやにんにく、ゴマなどです。 また利尿作用があって良いとされているのが、ほうれん草、ハト麦などです。 これらの食べ物にはカリウムが多く含まれています。 カリウムは塩分の摂取量を控える働きがある為、塩分の過剰摂取を抑制してくれるのです。 他にも山芋も利尿作用があり、また腎機能を高めてくれると言われています。 少しずつでも食べ続けるといいとされていますので、毎日100g程度を目安に摂取するようにしましょう。 擦ってごはんや麺類にかけたり、そのままスライスでお醤油をかけて食べるなど手軽に摂取しやすいと思いますので、お試し下さいね。 また白菜はカリウムの含有量が多く、茹でたり煮たりしても壊れにくいので、効率的に吸収することができます。 スイカも同じくカリウムが多く含まれ、利用作用がありますので、これからの季節、食後のデザートに加えてみてはいかがでしょうか? あと果物では柿などもオススメです。 柿は医者を遠ざけると言われる位、大変栄養豊富な果物で、オススメです。 いかがでしたでしょうか? 腎臓に良い食べ物は、身近に摂取できるもので沢山あります。 積極的に摂取して、腎臓の働きをサポートして下さいね。

次の

腎臓病の人に良いといわれている食材を紹介!

腎臓 を 強く する 食べ物

また、なぜならこういった飲み物は腎臓にダメージを与えるおそれがあるからです。 同時に塩分の多い食品(ソーセージ、缶詰食品、ファストフード等)や外食を避け、自炊するようにしましょう。 最後にもう一点、お勧めのアドバイスがあります。 食卓に塩を置かないようにしましょう。 塩を置かないことで塩をかける習慣がなくなります。 こちらもお読みください: 腎臓をキレイにするハーブ類 減量を目指している場合にも言えることですが、正しい食生活を送るだけでは十分とは言えません。 正しい食生活に加え、必ず適切な運動を取り入れなければなりません。 また、腎臓をキレイにしたい場合は、体内に溜まってしまった毒素を排出するハーブを利用しましょう。 これらのハーブには抗炎症作用があり、に効果があります。 また、利尿作用もありますので ハーブティーにして日々取り入れると理想的でしょう。 ただし、慢性的な腎臓の病気や腎臓の大病を抱えている人はハーブ類の使用をする前に必ず腎臓の専門医に相談しましょう。 腎臓を綺麗にしてくれるハーブ類は以下です。 チャンカピエドラ/石砕き(キダチミカンソウ) チャンカピエドラはペルー原産のハーブで、腎臓の健康を改善する為に使用されています。 インカ人は腎臓やを治療するのに使用していました。 チャンカピエドラは利尿作用のある植物で、血圧をコントロールし、血糖値を下げ、腎臓結石に働きかけます。 また、肝臓にも良い影響を与えます。 パセリ パセリは様々な料理に使われているハーブです。 パセリには薬用効果があり、特に 利尿作用があるため、腎臓を綺麗にする効果があるとされています。 毒素の蓄積を減らし、尿路の健康を改善します。 パセリは生で食べたり葉をハーブティにして飲むと良いでしょう。 セロリ セロリは葉や茎だけでなく種にも利尿効果があります。 機能に働きかけ、腎臓がより健康に機能するよう作用します。 アキノキリンソウ アキノキリンソウはアメリカ大陸原産の植物です。 腎臓や膀胱のデトックス効果があるため、尿路の健康を改善するとしてアメリカ大陸の原住民によって利用されてきました。 また同時に尿路の調子を良くします。 アキノキリンソウには抗炎症効果がありますので、腎臓だけでなく体全体を綺麗にするのにうってつけだと言えるでしょう。 アジサイ 腎臓をキレイにしたり、膀胱の健康状態を改善するのにアジサイの根を使用することができます。 アジサイの根で作ったお茶は、腎臓結石の痛みをもたらす部分を柔らかくするため、腎臓結石に苦しむ人に良いとされています。 結石を形成する可能性を下げうることができます。 その中には、尿を作り出し体液貯留を防ぐ利尿作用が挙げられます。 抗酸化作用もありますので、腎臓の健康を守る役目もします。 ホーステールは抽出してハーブティーとしてお召し上がりください。 こちらもどうぞ: タンポポ タンポポはただの雑草だと思われがちですが、体に大変有益な成分が含まれています。 タンポポには 利尿作用があり、体内の余分な水分や毒素を排出する効果があります。 肝臓や腎臓の働きを全般的に改善する効果もあります。 カバノキ カバノキは草ではなく木なのですが、カバノキの樹皮は腎臓に良いとして知られています。 尿路感染症を予防するとして長年使用されています。 カバノキの樹皮はビタミンCが豊富です。 樹皮や葉を煎じたお茶を飲むと良いでしょう。 マシュマロ (ウスベニタチアオイ) ウスベニタチアオイの根は尿路の健康状態を改善するのに効果的であるとされています。 利尿効果があるため、尿が溜まることによって腎臓に蓄積される老廃物を取り除くのに理想的です。 クマコケモモ (ウワウルシ) クマコケモモはとして利用されることが多いでしょう。 尿路や腎臓の健康状態を改善する 収斂(しゅうれん)性があります。

次の

腎臓を元気にするには

腎臓 を 強く する 食べ物

腎臓病食にも活用したい、カラダにやさしい食材とは? 健康であるということは、すなわちいろいろな食材をおいしくいただける、ということでもあります。 腎臓病や生活習慣病と診断されてもじつは「食べられない食材などない」のですが、1日に摂る量については病状や症状により制限されていきます。 いろいろなサイトで「腎臓にいい」「腎臓にやさしい」食品や食材について書かれているものがありますが、結論から言うと「腎臓病によい食材についてまだよくわかっていない」というのが事実です。 ただ、たとえ慢性腎臓病と診断される前でも、歳を重ねた腎臓の機能は間違いなく低下傾向にあります。 腎臓の機能をサポートする可能性のある食材や栄養成分を上手に活用して、腎臓へのストレスを減らし、できるだけ 正常な腎機能を維持できるようにしたいものです。 そこでここでは腎臓病食にも活用したい、カラダにやさしい食材について調べてみました。 ただし慢性腎臓病のステージによりたんぱく質制限や塩分・カリウム・リンなどの制限量が異なりますので、カラダにいいからといって大量に摂取をしないように注意してください。 腎臓の食事療法にも活用したい、カラダにやさしい食材とは 腎臓の負担を減らすという意味で、よい栄養素として挙げられるのが血中尿素を減少させる 食物繊維や利尿作用のある カリウム、血流を改善するための EPA、リンと結合して骨を形成する カルシウム、カルシウムの吸収を高める ビタミンDなど。 ただし、これらの成分を含む食べ物をたくさん食べていい、ということではありません。 たとえば、小魚や乳製品にはカルシウムが豊富に含まれていますが、同時にたんぱく質やリンも多く含まれています。 野菜類には食物繊維が多く含まれますが、生の野菜にはカリウムが多く含まれます。 バランスよく偏りのない食生活を送ることが、あらゆる病気の予防につながります。 腎臓病にいい食品や食材ということではありませんが、「 腎臓病などの生活習慣病にならないように普段から積極的に摂りたい食品」として認知されている食材とその食材に含まれる栄養素、そしてどのような作用が期待できるか調べました。 くどいようですが、野菜やきのこ類などにもたんぱく質は含まれますので、腎臓病食でたんぱく質の摂取量が制限されている場合には担当医や病院の管理栄養士のアドバイスに従ってください。 カラダにやさしいとされている食品一覧 各食材に含まれる成分と、期待できる作用について説明していきます。 しいたけ、マッシュルーム しいたけとマッシュルームに含まれるエリタデニンという成分は、血中コレステロールの排泄や血圧調整作用が期待できる成分として知られています。 生活習慣病全般の予防や改善に取り上げられることの多いしいたけには、マッシュルームのおよそ100倍のエリタデニンが含まれます。 また干ししいたけは生のしいたけよりもさらに栄養価が高く健康効果の高い食材であるといえますが、たんぱく質がしいたけ36g(Mサイズ3個)に1. 08g含まれています。 計算時に忘れないようにしましょう。 とうもろこし とうもろこしには利尿作用があることから、中国では慢性腎炎や尿路結石の患者に乾燥とうもろこしを煎じて飲ませているところもあるようです。 また「とうもろこしのヒゲ茶」などで尿量が増えむくみが解消するという説もあります。 とうもろこしは野菜というイメージが強いですが、成分の多くは炭水化物で分類上はお米などと同じ穀物。 ですから、煎じて飲むお茶は問題ありませんが、糖質制限のあるかたは注意が必要です。 さらにとうもろこし1本にたんぱく質が5. 4gも含まれますので、食べる量には気をつけなければいけません。 はと麦 はと麦茶として摂取することで、デトックス作用があることで知られていますが、その作用機序については諸説あるようです。 ただ水分制限がなく排尿に大きな問題がなければ飲んでも大丈夫。 カフェインやカリウムとは異なる働きをするようで、腎機能だけでなく体内の老廃物を排出する作用が期待できますので、摂りすぎに注意しながら摂取するとよいでしょう。 梅 「梅は三毒を断つ」という言葉があるくらいに、解毒や代謝機能を正常化する作用があり、腎機能の低下によって排出しきれずに溜まってしまった毒素の排泄を促す作用が期待できます。 ただしすでに慢性腎臓病と診断され食事療法が必要な人は、ナトリウム(塩分)制限が必要になりますので、減塩の梅か無塩の梅を摂るようにしましょう。 梅肉エキスには梅干の30倍の効果があるとされていますので、梅干ではなく塩分の心配がない食材を選ぶと安心。 練り梅などの調理梅には大量のナトリウムが含まれますので、調味料などとして使わないほうが無難です。 小豆 ビタミンB1とB2が多く含まれている小豆には、血液をきれいにする作用や利用を促す働きがあるとされています。 さらに老廃物の排泄にも効果があるとされていますので、腎臓病の予防にもひと役買ってくれそうな食材です。 昔から尿の出が悪かったり、手足がむくんだりしたときに小豆の煮汁を飲ませるといった民間療法もあるほど万能な小豆。 比較的低たんぱくで一定のエネルギー量も確保できるため、間食にゆで小豆を活用してもよいでしょう。 魚介類や海藻類 多くの魚介類や海藻類は腎臓に良いとされていますが、特に腎機能の改善に「オルチニン」を含むしじみの効果を期待したサプリメントなどもあるようです。 ビタミン、ミネラル、腎臓への負担が少ない良質なたんぱく質など多くの栄養素を含んでいる食材です。 ただしたんぱく質制限により一食で摂取できるたんぱく質量をオーバーしないように気をつけて。 高脂血症や高血圧の合併症があるかたは、血液の質を改善する成分といわれるEPAが多く含まれるまぐろやさば、いわし、ぶり、さんま、かつお、うなぎなど、たんぱく質の上限摂取量を守りつつ摂取するとよいでしょう。 ひじきや昆布などの海藻類もデトックス効果があるとされています。 肉類 鉄分などを多く含む動物性のたんぱく質は非常に質の高いたんぱく質で、栄養価を示す指標である「アミノ酸スコア」(必須アミノ酸の必要量が満たされているかどうかで算出される数値)も100と最高の数値。 カラダづくりには必要不可欠な食材のひとつです。 肥満症や高血圧など腎臓病以外の生活習慣病が疑われる人は、和牛よりも輸入牛のほうが脂質も少なくヘルシーですし、鶏肉や牛の赤身などは高たんぱくで低カロリーなのでダイエットにはおすすめです。 ただし腎臓病食で肉類を使う場合は、豚バラ肉などの脂身付きの肉のような低たんぱく、高カロリーの肉を選んで「お肉を食べた」という満足感を得られるように工夫してみましょう。 大根 アルカリ性食品である大根には、酸性の尿酸を排泄しやすくする作用が期待できます。 尿酸値が気になる人は、積極的に食べたい食品のひとつです。 大根のように尿酸をアルカリ化する食品のことを「尿アルカリ化食品」といい、海藻類や豆類、一部の野菜や果物などもあります。 山芋 豊富な栄養素が含まれている山芋や自然薯には、腎臓にやさしいとされるネバネバ成分、ムチンが多く含まれています。 利尿作用を促すとされているため、疲れてきた腎臓の負担を軽減する効果が期待できる食材です。 山芋より自然薯のほうがムチンが多く含んでいます。 柿 抗酸化性のあるビタミンCやカリウムの含有量が多く、余分なナトリウムの排出、体内の水分のバランス調整などのデトックス作用が期待できます。 リンゴ 他の果物と比べても、カリウムやカルシウム、鉄、食物繊維、ビタミンCなどの成分が多く含まれています。 クエン酸、リンゴ酸など、腎臓の働きを促進してくれそうです。 「一日一個のりんごは医者知らず」ということわざもあるほど、栄養価の高い食品であることは間違いありません。 ペポカボチャの種子 ペポカボチャは日本では「西洋かぼちゃ」と言われ、ハロウィンなどで使用されているかぼちゃ。 ペポカボチャの種子には、腎臓病によっておこる頻尿、残尿感、尿失禁などの症状に有効な成分が含まれているようです。 クコの実 クコの実には「ポリフェノール」、「ビタミンC」、「ゼアキサンチン」などの成分が含まれ、これら成分には抗酸化作用があります。 腎臓とは関係がなさそうですが、体の老化を防ぐことで腎臓の老化を守ることにもつながるでしょう。 その他 腎臓の機能を強くするために必要な食物繊維・たんぱく質を含む、キャベツ・ごま・イモ類・にんにく。 さらに利尿作用がある、ほうれん草・すいかなどが腎臓によいといわれています。 利尿作用がある食材に多く含まれるカリウムには塩分の過剰摂取によるむくみを軽減し、毒素を排泄する作用があります。 ただ慢性腎臓病と診断され、カリウムが制限された場合には、ここで取り上げた食材の中にも摂取量に気をつけなければいけないものも出てきます。 何度も繰り返すようですが、健康にいい、腎臓にやさしい、ダイエット効果がある・・・という言葉に踊らされて、同じ食材や食品ばかりを摂るのはおすすめできません。 あくまでバランスよく、ひと目でカラフルな献立になるように気をつけていけば、腎臓病だけでなくさまざまな生活習慣病の予防につながります。 このことを忘れずに、調理法や摂取量など工夫しながら腎臓に優しい食習慣を身につけていきましょう。

次の