ぞんざい 類語。 ぞんざいな扱い、軽く扱われる人、丁重に扱われる人の特徴

「杜撰」の意味とは?類語、英語や対義語、使い方や例文を紹介!

ぞんざい 類語

なあなあ(なぁなぁ)の意味の1番目は、「馴れ合い」という意味です。 「馴れ合い」とは、親しい人や同じ目的を持つ人同士が協力し、普通ならやるべきこととされていることをせずに、明確な意思確認をしないまま、物事の方針を決めたり選択をしたりすることです。 馴れ合いが度を過ぎると、仕事が進まなかったり、物事のけじめがつかなかったりといったことが起こりやすくなることから、馴れ合いを嫌う人や、馴れ合いを避けながら生きようと考えている人も少なくありません。 以下の記事では、馴れ合いが嫌いな理由や、職場や仕事で馴れ合うことに不快感を感じることについて詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 馴れ合いを避ける方法や、馴れ合いに流されないで仕事をするための心構えなどを紹介しているので、参考になさってください。 なあなあ(なぁなぁ)の意味の2番目は、「いい加減」や「適当」、「妥協」といった意味があります。 なあなあ(なぁなぁ)という言葉には「馴れ合い」といった意味合いがあり、なし崩し的に物事を進めるといったニュアンスが含まれることから、「いい加減」や「適当」、「妥協」といった意味を表すことも多くあります。 いい加減な様子や適当な対応は、責任の所在を曖昧にする傾向があり、無責任な人を増やしてしまうことにつながりやすいと言われています。 無責任な人達が集まると、お互いに責任をなすりつけあったり、反省をしなかったりといった言動が目立ち、物事がうまく進まなかったり、成長の妨げになることがあると言われています。 以下の記事では、そんな無責任な人の特徴や性格について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。 無責任な人の心理や、無責任な人になる原因、無責任な人と関わる際に役立つ心構えなども合わせて紹介していますので、今後に役立ていただける記事になっています。 なあなあ(なぁなぁ)の由来は歌舞伎のセリフから来ていると言われています。 歌舞伎で2人の演者による掛け合いが演じられる場面では、一方が「なあ」と話しかけ、もう一方が同じように「なあ」と返事をするだけのシーンがあります。 お互いが発する「なあ」というセリフだけでは、何を意味するのかわかりませんが、歌舞伎では、豊かな表情や大きな仕草などを使って、このような掛け合いのシーンを演じることで相手と密談をしたり、意思疎通を行ったりする場面が演じられます。 このように「なあなあ」という言葉は、具体的な言葉で明確な意思表示はしていないものの、相手との関係性や表情、仕草などによって、相手と意思疎通をしたことから、「なれあい」や「妥協」という意味で使われるようになりました。 このような意味が転じて、「いい加減」、「適当」を意味するようになったと言われています。 「なあなあ」という言葉には「馴れ合い」、「いい加減な」といった意味合いが含まれることから、物事や人間関係を曖昧にして、現状を維持したいと考える人が口にする表現です。 例えば、ミスを少なくしたり、円滑に進めたりするためにマニュアルの作成が必要であるということを認識しながら、毎日の業務に追われていたり、「また今度やればいいか」といった妥協をしたりすることによって、先延ばしになるということは多々見受けられます。 「本当はマニュアルを整備した方がいい」ということは認識していても、自分の口から「そろそろマニュアルを整備した方がいいんじゃないですか?」と言うと、「じゃあ君がやっておいて」と言われてしまうおそれがあることから、「あえて何も言わずになあなあな状態にとどめておく」という選択をした人の例文です。 この場合の「なあなあ」という言葉には「適当な」、「いい加減な」といった意味合いが含まれます。 このような「なあなあな関係」は、はっきりとした告白がされないまま、体の関係だけが続いていたり、付き合っているわけではないけれど、いつも2人きりのデートやイベントごとを楽しんだりしている関係を意味します。 お互いに好意があることはわかっているけれど、はっきりと相手に「自分のことをどう思っているの?」などと言ってしまうと、否定された時に現在の関係性を維持できなくなってしまうおそれがあることから、なあなあな関係から抜け出せないという人は少なくないと言われています。 「ぞんざい」とは「物事や人に対する扱いや態度がいい加減な様子」といった意味が含まれた言葉です。 「ぞんざい」という言葉に含まれる「いい加減な様子」が「なあなあ」と似ていることから、「ぞんざい」は「なあなあ」の類語と言われています。 他にも「ぞんざい」という言葉には、「投げやり」、「粗雑」、「乱暴」、「無礼」などといった意味合いで使われることがあります。 例えば、「ぞんざいな物の言い方をする奴だ」といった表現や「売り物をぞんざいに扱うんじゃない」などといった表現がされます。 ちなみに「ぞんざい」という言葉に使われる漢字は、明確に決まっていないことから、平仮名で表記されるケースがほとんどです。 まれに「存在」といった字が使われるケースが見受けられますが、「そんざい」と読んでしまい、紛らわしいことから、使われることはほとんど見受けられないと言われています。 付き合っているのかどうかわからない曖昧な関係性である場合、単刀直入に意思を確認することで、相手との関係性を明確にすることができます。 「私達って付き合ってるんだよね?」などと、しっかりと相手に確認することで、なあなあな関係を断ち切ることができます。 しかし、相手に関係性を確認して否定された場合には、今までの関係性に区切りをつけるきっかけになることがあるため、相手との関係性を終わらせたくないという人にとっては勇気のいる選択と言えます。 相手のことが大好きで、「今までのような曖昧なままでいいから、関係を終わらせたくない」と願う人の中には、なあなあな関係を断ち切らずに、あえて曖昧なままの関係を継続させたいと考える人もいます。 このようになあなあな関係を断ち切る場合は、相手に別れを告げることを意味しますので、相手と別れても精神的なショックに耐えられる状態であったり、相手と別れても未練が残らない場合などに有効な選択肢と言えます。 なあなあな関係を終わらせることで、次の恋愛に進むことができることから、相手と別れても自分にとって痛手が少ない場合には、関係を終わらせることが有意義な決断となるケースが多いと言われています。 サバサバとした性格の人ほど、しっかりとけじめをつけ、なあなあな関係を断ち切りたいと思う人が多いと言われています。 その反対に自らをサバサバ系と主張する「自称サバサバ女子」は、ネチネチとした性格の人が多いと言われていることから、なかなか関係を終わらせることができない人も見受けられると言われています。 以下の記事では、自称サバサバ系女子の言動や特徴などについてまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。 RELATED ARTICLE なあなあ(なぁなぁ)の意味を理解してうまく使いこなしましょう なあなあ(なぁなぁ)という言葉は、日常生活や仕事の際に使われることも珍しくなく、状況や言葉の文脈から、なんとなく意味を推測して使っている人も少なくないと言われています。 そのため、「なあなあ」という言葉を間違って解釈したり、間違って使ったりしてしまうことにつながり、恥をかいてしまうかもしれません。 しかし今回の内容をふまえて、「なあなあ」という言葉の意味や使い方をしっかりと理解しておくことで、自信を持って話すことができます。 そのうえ、しっかりと言葉を理解して使っていると、人間的に信頼されやすくなる可能性もあります。 仕事や人間関係でなあなあになる傾向がある人ほど、普段の言葉遣いに意識して、しっかりとした人間性をアピールしていくことで、少しずつ仕事や人間関係に良い影響が変わっていくことも考えられますので、なあなあ(なぁなぁ)の意味を理解してうまく使いこなしていきましょう。

次の

ぞんざいの類語・言い換え

ぞんざい 類語

人をぞんざいに扱う人にはいくつかの特徴があります。 その特徴の中には仲良くなりすぎることで、相手をぞんざいに扱うということがあります。 なので、本来は大事に接するべき彼女に対して、ぞんざいに扱ってしまう彼氏もいます。 また、それだけではなく、女性より強い立場でいたい、女性から頼りにされたいなどの、男性特有の心理も併せて働いてしまうこともあります。 そのため、交際期間がある程度、長くなってくると、彼女をぞんざいに扱ってしまうようになる彼氏は多いです。 しかし、これらは仲が良い、気を許している、彼氏と彼女という立場をしっかり意識しているということでもあるので、悪いことばかりでもありません。 また、交際期間が長くなって気が緩み過ぎているだけの場合もあるので、そのような場合には少し注意してあげるだけですぐに態度を改めてくれることが多いです。 自信がないと勘違いされてしまうと、ぞんざいに扱われてしまう可能性があります。 なので、自信がないと勘違いされないように相手と接することが大切です。 自信がないと勘違いされてしまいやすい言動はいくつかあります。 まずは謝罪の言葉が口癖のようになってしまっている人は注意しましょう。 「ごめん」、「すいません」と反射的に口にしてしまう人は多いです。 これは自分の言動に自信がないように思われてしまいます。 また、自虐的な会話も避けましょう。 謙遜の意味を込めている場合でも、人をぞんざいに扱う人からは、自信のない人と勘違いされてしまうことがあります。 断ることが苦手な人は特に注意が必要です。 人をぞんざいに扱う人は、自分の印象を気にしないので、断られそうでも相手が完全に断りの言葉を口にしなければ、押し切って断らせないようにしようとします。

次の

ぞんざいの意味や漢字とは?ぞんざいな扱いや態度って?

ぞんざい 類語

あしらう• 相手をする。 例)クレーマーを上手くあしらう• 相手をいい加減に扱う。 例)冷淡にあしらう• 添える。 組み合わせる。 例)レースをあしらう 1つ目と2つ目の意味は、どちらも人に対して使用されます。 しかし、単に「相手をする」のと「いい加減に扱う」のでは意味が大きく変わってくるため、前後の文章に注意する必要があります。 また、3つ目の意味である「添える」「組み合わせる」は、素材や色をうまく取り入れて主となるものを引き立てる状況で使いましょう。 「あしらう」は漢字で「遇う」「配う」 「あしらう」は漢字で「遇う」「配う」と表します。 「遇」という漢字には「扱う」「もてなす」という意味が含まれており、「配」には「組み合わせる」という意味が含まれています。 「遇う」「配う」はどちらも一般的な読みではないため、読み間違いに注意しましょう。 「あしらう」を使った例文• 社長に直談判をしに行ったが、いいようにあしらわれただけだった• 適当にあしらわれることに慣れてしまった• 成人式には桜をあしらった着物を着ることにする 「あしらう」の使い方 「鼻先であしらう」は慣用句として使う 「あしらう」の使い方の1つに「鼻先であしらう」があります。 「鼻先であしらう」とは「相手の話を聞こうとせず、冷淡に対応すること」を意味する慣用句です。 「鼻であしらう」や「鼻の先であしらう」とも表すため、相手に冷たく対応する状況で使いましょう。 例文 Get the cold shoulder from everybody. 意味:みんなに冷たくあしらわれた 「花をあしらう」は英語で「Adorn flowers」 「花をあしらう」の英語表現には「Adorn flowers」が適しています。 「Adorn flowers」とは「花で装飾する」を意味する表現です。 「Adorn」が「飾る」「装飾する」を意味しており、人や物をさらに美しいもので飾る状況で使われます。 まとめ 「あしらう」とは「相手をする」「いい加減に扱う」「添える」の3つの意味をもつ言葉です。 「鼻先であしらう」「宝石をあしらう」のように使いますが、「顎であしらう」は誤用であるため注意しましょう。 「あしらう」以外の表現を使いたい場合は、類語の「扱う」や「飾る」に言い換えが可能です。

次の