さっちゃん の 4 番 の 歌詞。 【都市伝説】さっちゃんはねの歌が怖い?4番以降の歌詞についても紹介

童謡『さっちゃん♪』 歌詞四番の秘密

さっちゃん の 4 番 の 歌詞

「サッちゃん」は誰もが知っている童謡で、実際に歌ったことがある人も多いのではないだろうか。 この「サッちゃん」の歌詞は以下のように1番から3番までが存在し、広く知れ渡っている。 サッちゃんはね サチコって いうんだほんとはね だけど ちっちゃいから じぶんのこと サッちゃんって よぶんだよ おかしいな サッちゃん 2. サッちゃんはね バナナがだいすき ほんとだよ だけど ちっちゃいから バナナを はんぶんしか たべられないの かわいそうね サッちゃん 3. サッちゃんがね とおくへいっちゃうって ほんとかな だけど ちっちゃいから ぼくのこと わすれて しまうだろ さびしいな サッちゃん しかし、この続きに知られざる4番目の歌詞が存在するというのだが、みなさんはご存知だろうか? 実は「サッちゃん」は北海道の室蘭に実在していたある少女がモデルとなっているのだ。 彼女は「桐谷佐知子」という名前で当時14歳の女子中学生だった。 ある悲しい事故が隠されている それは、雪が舞い散るとても寒い冬の夜のことだった。 下校途中の佐知子ちゃんが踏切に差し掛かった時、遮断桿が降りてきたので急いで渡りきろうと思い走った。 しかし、雪で線路の溝が隠れていたため、足が挟まって足首をくじいてしまう。 彼女は迫りくる汽車から必死に逃げようとしたが、胴体から下を汽車に轢かれてしまった。 普通ならこの時点で即死してしまうものだが、さらに不幸なことが起こる。 なんと、あまりの寒さで血管が一時的に冷え固まったため、即死することなく数分だけ苦しみながら生き続けることになったのだ。 彼女は腕を立てて這うように踏切の外に出たが、その状態では長く生き続けることもできず、最後まで苦しんで息を引き取ったのだ。 彼女は死ぬ寸前まで失った自分の下半身を探していたという。 事故から4番目の歌詞が作られた それからしばらくが経ち、佐知子ちゃんのクラスメートだった男子生徒が事故を揶揄してある歌を作った。 それこそが4番目の歌詞なのである。 サッちゃんはね せんろであしを なくしたよ だから おまえのあしを もらいに いくんだよ こんやだよ サッちゃん クラスメートの女子たちは怒ってやめさせようとしたのだが、この男子は聞く耳を持たず、学校中にその歌詞が広まってしまったという。 しかし、それから3日後にこの男子生徒は両足のない死体として発見された。 この4番目の歌詞を歌ってしまった者は、「サッちゃん」に両足を奪われてしまうのだという。 都市伝説の解説 「サッちゃん」のモデル 童謡「サッちゃん」は、1959年10月10日に開催されたNHKラジオの幼児向け歌番組「うたのおばさん」の放送開始10周年記念リサイタル内で、新曲として発表されました。 作詞者の「阪田寛夫」は『この歌は近所に住んでいた少女サッちゃんのことを歌っている』と語っており、「サッちゃん」のモデルとなった少女は「阿川佐和子」という女性であるとされています。 「阪田寛夫」と佐和子の父「阿川弘之」が知り合いで、実際に互いの自宅も近かったようです。 北海道室蘭は無関係 幼少期の「阿川佐和子」が過ごしたのも北海道の室蘭ではなく、東京都の中野区であることから、「サッちゃん」と北海道の室蘭は全く関係がありません。 では、なぜ都市伝説中において北海道の室蘭が舞台とされるのでしょうか? 「テケテケ」から派生した この「サッちゃん」の都市伝説は有名な「テケテケ」の内容に類似しています。 この「テケテケ」の舞台が北海道室蘭なのです。 内容もほとんど同じで、冬の北海道室蘭で女子高生が電車に撥ねられるが、あまりの寒さに止血されて即死せず、数分だけ生き続けるというものです。 そして、この話を聞いた者のところに下半身のない女性の霊が現れるという内容の都市伝説です。 この「テケテケ」から派生して「サッちゃん」の都市伝説が生まれたのだと考えられます。

次の

99番まであった!「サッちゃん」の歌詞をまとめてみた

さっちゃん の 4 番 の 歌詞

ここがポイント!• 「さっちゃん」は歌詞の中で死んでいた!? 日本人なら知っていて当たり前と思われるほど有名な「 さっちゃん」。 最近はあまり童謡を耳にするシーンも減ってきたが、それでも不思議と子どもがハミングすることがあって驚かされる。 もしかしたら「さっちゃん」の歌詞には、日本人の心をひきつける魅力的な何かがあるのかもしれない。 さてそんな「さっちゃん」だが、都市伝説によるとこの歌は 彼女の死を暗示した歌詞になっているというのだ。 一体どういうことだろう?一番目の歌詞では、小さくて上手に自分の名前を口にできない「さっちゃん」の可愛らしい一面が表現されている。 ところで二番になっても「バナナを半分しか食べられない」と、やはり幼い子にありがちな小食のイメージで描かれている。 しかし、そんなほんわかとした歌詞が続くのかと思いきや… 三番になると急に「 遠くへ行っちゃう」としている。 都市伝説ではその後に「 幻の4番が存在する」。 このことから都市伝説マニアのあいだで1つの推理が行われた。 つまり「さっちゃん」は生まれながらに病弱で、体が強くなかったためにバナナも半分しか食べられなかったのではないか、と。 すると3番目の歌詞で遠くに行ったというのは…都市伝説的に考えるならやはりこれは「 病死」と判断するのが妥当な線だろう。 その証拠に1番と2番では、登場人物が「さっちゃん」しかいなかったにも関わらず、3番になると語り手と思われる「ぼく」が突然歌詞のなかに現れる。 「さっちゃん」は小さいから 僕のことを忘れてしまうだろう。 と、更に「寂しい」と白状しながら歌にされている。 ここに作詞家の、いわゆる「万感たる思い」みたいな、言葉では表現し尽くせない気持ちが込められているように思えてならない。 仲の良かった幼なじみの「さっちゃん」が 病気で死んでしまった…その悲しみや辛さたるや。 とまあ、あくまで都市伝説なのでこの辺りで納めておくが、とにかくこの曲の歌詞にはこんな悲しい想いが込められているというのがもっぱらの噂である。 Sponsored Link 都市伝説を否定する説も…「さっちゃん」はあの芸能人がモデルだった!? 童謡「さっちゃん」について、興味深いエピソードがある。 実はとある芸能人が「 あの歌詞に出てくる人物は自分だ」と『さっちゃん』のモデル説を主張したことがあるのだ。 その人物というのが 阿川佐和子。 若い人にはあまり馴染みのない名前かも知れないが、小説家である阿川弘之を父に持ち、自身もミリオンセラーとなった『 聞く力』の著者として有名な人物である。 討論系のバラエティ番組「TVタックル」で長年司会進行役を務めた女性、といえば納得する人も多いだろうか。 そんなある種「おカタイ雰囲気」のある彼女が『さっちゃん』モデル説を主張したのだから、これは都市伝説と吐き捨てることは難しいだろう。 また彼女の名前が サワコで、歌詞に出てくる方がサチコと妙な似通いのある点も信ぴょう性の高さに繋がっている。 実際に「さっちゃん」の作詞家である 阪田寛夫は彼女の父親である阿川弘之とかねてより交友関係にあり、更にいえば家が近所だったこともあるようで、つまり状況証拠的にもバッチリなのだ。 この件に関して作詞家の阪田寛夫は「 近所の少女(さっちゃん)のことを歌詞にした」とキッパリ断言。 また、それより何年か経った頃に実現された阿川佐和子と阪田寛夫の雑誌対談でも、やはりあの童謡のモデルは 阿川氏で間違いないとお墨付きを貰っている。 ここまで来ると都市伝説でもなんでもなく、ただの事実ではないかと思いがちだが…実はこのエピソードにはまだ続きがある。 2011年に放送された「ぴったんこカン・カン」に阿川佐和子が出演した際に「実は…」とこの件について切り出した。 どうも例の対談の後に、阪田寛夫氏本人から「 幼なじみの少女が幼稚園から転園したときの悲しみを思い出して書いた曲」と打ち明けられていたようなのだ。 なるほど、それなら実名であるサワコと歌詞の中の名前のサチコとで微妙に異なっていることも納得だし、ずっと実家暮らしであったという阿川佐和子が「遠くに行っちゃう」という点に矛盾も起こらない。 しかしそれならば、なぜ阪田氏はこんな都市伝説を蔓延させるようなややこしい話をしたのか…残念ながら彼は2005年に他界して、真実を確かめる術はもうない。 そこには一般の人間には計り知れない、それこそ「万感たる思い」があったのかもしれない。 「さっちゃん」都市伝説がまさかの映像化!?歌詞を超えたトンデモ展開? 広い「世の中」色々なことがあるもので、都市伝説を 映像化した作品というのは度々見かける。 例えば冬の日に列車に引かれたとする テケテケや、突然電話がかかってきて徐々にその距離が狭まる メリーさんなどは、これらビジュアル化された都市伝説としては有名だろう。 あるいは歌詞の内容が映像化されるということも、PVだとかミュージックビデオを除けば珍しいことではあるが、それにつけてもなくはない。 特にFLASHという動画形式が流行した一昔前にはこの手の映像化された曲が多く存在した。 ところがこの二つが組み合わさることはあまりない。 どういう事かと言うと、つまり『歌詞』にまつわる『都市伝説』が『 映像化される』という現象のことだ。 そんなまどろっこしいこと誰がするかと思われがちだが、しかし!なんと「 さっちゃん」ではその謎現象が発生しているのだ。 また、このテの作品で最も有名なのが、映画化された「 学校の怪談」のシリーズ作である「学校のコワイうわさ新・花子さんがきた!!」ではないだろうか。 しかもこれがかなり恐ろしくって、彼女の都市伝説を聞くと夜中寝ている間に突然現れる…という展開自体はありふれたモノなのだが… 手には大きな鎌を持ち、壁は簡単にすり抜けて他人を自在に金縛りの状態にすることができる。 と言う、本来の都市伝説を大幅に超越した 多彩な能力の持ち主へと彼女は変貌している。 もはや歌詞もへったくれもないタダの「ぼくのかんがえたサイキョーの都市伝説」状態ではないだろうか…しかも、そんな恐ろしい存在が童謡『さっちゃん』を口ずさみながら現れるのだ。 一応、これは子ども番組というテイのはずだが、スタッフは子どもに トラウマを植え付ける気しかなかったのだろうか。 そう思えるほどあまりに怖い… 映像作品内では唯一の弱点を実際の歌詞でも言及している バナナとしており、絵でも写真でも良いからそこにバナナがあれば退散するというオチになっている。 本来は好物であるはずのバナナだが、目にした瞬間に鬼の形相で逃げるという、なんだか良くわからない展開に… もはや『 さっちゃん』がモチーフとカテゴライズして良いのかすら謎だが、怖さを追求しすぎた結果の破綻といったところか。 ちなみにこの作品は、恐らく現在のテレビでは再放送できない。 と言うのも、光の点滅演出が過度に効いており、ポケモンショック以降きびしくなった 放送コードの基準に通らないのではないかとのこと。 そんなところまで、ある意味で都市伝説らしいと言えばらしい。 なお最後に紹介した『花子さん』の『さっちゃん』には続きとなる作品が存在している。 続編ではなんと彼女の姉まで登場し、また退散用のアイテムも バナナからリンゴに変更されているようだ。 もはや歌詞の内容と一切関係ない都市伝説級にぶっ飛んだアレっぷりを発揮しているので、興味があれば是非。

次の

99番まであった!「サッちゃん」の歌詞をまとめてみた

さっちゃん の 4 番 の 歌詞

「サッちゃん」は誰もが知っている童謡で、実際に歌ったことがある人も多いのではないだろうか。 この「サッちゃん」の歌詞は以下のように1番から3番までが存在し、広く知れ渡っている。 サッちゃんはね サチコって いうんだほんとはね だけど ちっちゃいから じぶんのこと サッちゃんって よぶんだよ おかしいな サッちゃん 2. サッちゃんはね バナナがだいすき ほんとだよ だけど ちっちゃいから バナナを はんぶんしか たべられないの かわいそうね サッちゃん 3. サッちゃんがね とおくへいっちゃうって ほんとかな だけど ちっちゃいから ぼくのこと わすれて しまうだろ さびしいな サッちゃん しかし、この続きに知られざる4番目の歌詞が存在するというのだが、みなさんはご存知だろうか? 実は「サッちゃん」は北海道の室蘭に実在していたある少女がモデルとなっているのだ。 彼女は「桐谷佐知子」という名前で当時14歳の女子中学生だった。 ある悲しい事故が隠されている それは、雪が舞い散るとても寒い冬の夜のことだった。 下校途中の佐知子ちゃんが踏切に差し掛かった時、遮断桿が降りてきたので急いで渡りきろうと思い走った。 しかし、雪で線路の溝が隠れていたため、足が挟まって足首をくじいてしまう。 彼女は迫りくる汽車から必死に逃げようとしたが、胴体から下を汽車に轢かれてしまった。 普通ならこの時点で即死してしまうものだが、さらに不幸なことが起こる。 なんと、あまりの寒さで血管が一時的に冷え固まったため、即死することなく数分だけ苦しみながら生き続けることになったのだ。 彼女は腕を立てて這うように踏切の外に出たが、その状態では長く生き続けることもできず、最後まで苦しんで息を引き取ったのだ。 彼女は死ぬ寸前まで失った自分の下半身を探していたという。 事故から4番目の歌詞が作られた それからしばらくが経ち、佐知子ちゃんのクラスメートだった男子生徒が事故を揶揄してある歌を作った。 それこそが4番目の歌詞なのである。 サッちゃんはね せんろであしを なくしたよ だから おまえのあしを もらいに いくんだよ こんやだよ サッちゃん クラスメートの女子たちは怒ってやめさせようとしたのだが、この男子は聞く耳を持たず、学校中にその歌詞が広まってしまったという。 しかし、それから3日後にこの男子生徒は両足のない死体として発見された。 この4番目の歌詞を歌ってしまった者は、「サッちゃん」に両足を奪われてしまうのだという。 都市伝説の解説 「サッちゃん」のモデル 童謡「サッちゃん」は、1959年10月10日に開催されたNHKラジオの幼児向け歌番組「うたのおばさん」の放送開始10周年記念リサイタル内で、新曲として発表されました。 作詞者の「阪田寛夫」は『この歌は近所に住んでいた少女サッちゃんのことを歌っている』と語っており、「サッちゃん」のモデルとなった少女は「阿川佐和子」という女性であるとされています。 「阪田寛夫」と佐和子の父「阿川弘之」が知り合いで、実際に互いの自宅も近かったようです。 北海道室蘭は無関係 幼少期の「阿川佐和子」が過ごしたのも北海道の室蘭ではなく、東京都の中野区であることから、「サッちゃん」と北海道の室蘭は全く関係がありません。 では、なぜ都市伝説中において北海道の室蘭が舞台とされるのでしょうか? 「テケテケ」から派生した この「サッちゃん」の都市伝説は有名な「テケテケ」の内容に類似しています。 この「テケテケ」の舞台が北海道室蘭なのです。 内容もほとんど同じで、冬の北海道室蘭で女子高生が電車に撥ねられるが、あまりの寒さに止血されて即死せず、数分だけ生き続けるというものです。 そして、この話を聞いた者のところに下半身のない女性の霊が現れるという内容の都市伝説です。 この「テケテケ」から派生して「サッちゃん」の都市伝説が生まれたのだと考えられます。

次の