猫組長 ツイッター。 Twitter暴力団「猫組長」とは?正体と噂の二代目佐藤組・菅原潮まとめ

Twitter暴力団「猫組長」とは?正体と噂の二代目佐藤組・菅原潮まとめ

猫組長 ツイッター

吉本にビーマップ事件で敵愾心を持つ? ワシはビーマップ事件の時から吉本興業とは相容れない仲です。 — 猫組長 nekokumicho ビーマップ事件とは、パチンコ攻略法販売で知られた情報提供会社「梁山泊」が絡んだ一連の事件の一つです。 梁山泊はパチンコ攻略法販売以外にも、株式市場で株価を意図的に操作して不正に儲けを出す「仕手」でも名前が挙がることがありました。 2007年2月14日に大阪市の情報通信会社 ビーマップ株の取引に関して、不正に株価をつり上げた疑いによって大阪府警察と証券取引等監視委員会の家宅捜査が入ります。 2007年3月7日に経営者、投資顧問会社役員ら7名が逮捕されています。 このビーマップ事件と猫組長がどのように関わったかは定かではありません。 しかし猫組長が元経済ヤクザで、株式市場での売買に昔から取り組んでいたことと関係があるのは間違いないでしょう。 ビーマップ事件は時効が成立してるから全部ブチまけてやってもいい。 — 猫組長 nekokumicho この「時効が成立してるから」という言葉から、当時の猫組長自身も、何かしら法に触れることでこのビーマップ事件に関わったということを示唆しているようです。 島田紳助・ビーマップ事件のインサイダー疑惑とは? 島田紳助はビーマップ事件の首謀者と親しく、この事件にインサイダーで関わっていたとも言われています。 逮捕された「梁山泊」の幹部・豊臣春国は2004年12月、ビーマップのM&Aを狙い、過半数の株式取得を目指し買い付けを始めます。 そこで豊臣春国は「ステキシンスケクン」の馬主でもあり、同じくビーマップ事件で逮捕された旧知の会社社長・榮義則に協力を依頼したとされます。 この榮義則と島田紳助の2005年3月、8・9日の株の売却のタイミングが不自然に符号しすぎていたというのが、島田紳助のインサイダー疑惑です。 しかし豊臣春国、榮義則は逮捕されましたが紳助は逮捕を免れています。 猫組長が山口組を脱退したのは2015年の10月ですので、2007年のビーマップ事件の時はまだバリバリの経済ヤクザの現役として関わっていた可能性があります。 猫組長の「ワシはビーマップ事件の時から吉本興業とは相容れない仲」という言葉は、そこで紳助や吉本と関わって、何かしら不快な、納得のいかない出来事を経験した、ということでしょう。 島田紳助と因縁がある? 島田紳助と何か因縁があるのではいう噂もあります。 思い出したら腹わた煮えくりかえる。 — 猫組長 nekokumicho 2007年ころまでは組の名前を名乗る芸人おったからな。 — 猫組長 nekokumicho あと心斎橋の地上げの件な。 — 猫組長 nekokumicho ビジネスだったから私は堅気のフリしましたよ笑 — 猫組長 nekokumicho 現役の猫組長に対して、組の名前を出した芸人がいると沖田臥竜氏は言っています。 しかしこれは、5代目山口組組長の渡辺芳則と親しかった中田カウスも候補として挙げられそうなので、必ずしも紳助とは言えません。 臥竜氏が使っている「大御所」という表現も、どちらかといえば紳助より中田カウスに似合うような気がします。 — 猫組長 nekokumicho ただ某匿名掲示板ではこんな興味深い話が書き込まれていました。 島田紳助が豊富な資金力を背景にとあるビルの地上げをしていました。 そこで当時、山口組・二代目佐藤組・渡辺組の組長だった猫組長がビルのオーナーから頼まれて、島田紳助に「ビルを売るつもりはないから、使いをよこすのはやめてくれ」と交渉したところ、島田紳助は「おんどりゃなめとんのか! ワシを誰だと思っとんねん! 極心連合会の橋本会長の舎弟やぞ!」と元ボクシングチャンピオンの渡辺二郎はじめ、極心の組長たちによって圧力をかけたそうです。 本当に島田紳助が直接そんなセリフで凄んだかは不明ですが、いずれにしろ猫組長の上部団体の佐藤組は山健組系であり、極心の方が権力中枢の執行部(弘道会系)に近いために引き下がらざるえなかった、ということです。 堅気の島田紳助に引き下がらざるえなかった本職の猫組長は、さぞかし腹に据えかねる思いをしたのではないか、というお話です。 その掲示板の書き込みでは「梅田のサパービルの地上げ」での出来事とされています。 しかし「梅田のサパービル」なるものは調べてみても見つかりませんでした。 またこの噂は「地上げ」や他の点で次のつぶやきと符号するところがある気がします。 あと心斎橋の地上げの件な。 — 猫組長 nekokumicho ビジネスだったから私は堅気のフリしましたよ笑 — 猫組長 nekokumicho もちろん、猫組長と紳助が地上げの件でかち合ったことは、掲示板の噂から引っ張ってきたことなので信ぴょう性は保証できません。 でも本当だとしたら興味深い話です。 以上です。

次の

猫組長(@nekokumicho)

猫組長 ツイッター

モノホンのやばさを感じた猫組長の分析力 私が猫組長を知ったのは、ここ1年くらい。 元山口組系の方だと聞き、ちょっとビビッていたのですが 例の日産の前会長が東京検察庁特別捜査部に逮捕されたとき、彼の事件の本質がマネーロンダリングにあるという指摘をいち早く指摘していたので、 どんな人なんだろう…と興味がわき、ツイッターでフォローしています。 まぁ、これが時折「猫組長をリツイするなんて、ネ〇ウヨだろ!!」と特定の思想信条をお持ちの方に毛嫌いされる原因にもなっているのですが、つぶやいていることから拝察するに 猫組長って物事をきわめて冷静に観察しているな…と分析力と、コメントの面白さに益々興味をそそられ この『ネコノミクス宣言 完全版』を読んでみることにしたわけです。 元々この本は『週刊SPA!』に連載されている企画で、もと反社会組織内でマネー関係を取り仕切っていた猫組長が直接見聞きしたことや、そこから導き出されるニュース解説などがメインのコーナー。 ニュース解説は、他では聞けないような冷静なコメントが光りますが… この本の本領は、彼が現場で直接体験した危ない経験や、この世界のダークサイドの話だと思います。 そして、この連載で花?を添えているのは、マンガ家の西原理恵子さんの一見かわいらしいけど、 よくよく読むと危ないマンガ。 でも、このマンガが無かったら、とてもじゃないけど読み切れない… シリアでガメた37. 5キロの金塊を運ぶ話を持ち掛けられる話がめちゃくちゃ面白いです。 それまで、SNSで5年ほど付き合いがあったので、話に乗ってみたらこれが、小包詐欺(貴重品を送るとみせかけて保険金や送料をだまし取る)だったとのこと。 裏ビジネスの20年選手だったプロが騙されるというのは、よほど腹が立ったらしく、請求された額の10%、650ポンドの送金伝票を6500ポンドに改ざんして送ったそうです。 向こうは、それに気づかずにマンマと金塊(じゃないなにか)を送付してきた。 しかし、猫太郎氏が送ったのは実際は10分の1の650ポンドで、詐欺グループが大赤字…という展開に。 「女性兵士」ナタリアに続いて、「弁護士」アランに「外交官」フランクまで続々と参戦。 なんか、ここまでくると「なりすまし詐欺」とスキームが似てくるなぁ… グループは猫太郎氏を訴える、詐欺だ!と息巻いてみたものの… グループはもう元手をかけちゃった弱みもあり手に負えなくなってせめてもう350ポンドを送金してくれという泣き落とし作戦に。 しかし、騙された猫太郎氏、タダで済ますわけもなく、 相手をだまして個人情報を送らせ相手が何者かしっぽを掴んだ…とここまでは書いてあった。 しかしながらナタリア一派の末路は…考えただけでも恐ろしすぎる。 怖いもの見たさな方、おススメの一冊! 言っておくけど、やばい系ではこれが一番マイルドかなぁってネタ。 経済の解説なんかはまともなんで、そっちだけ読んでも色々勉強になる。 だけど、この本の読者はやっぱりそっち系を期待しているんだろうな… 様々なお話を淡々と描く猫組長の文章力もすごいけど、中身のえぐさが半端ない。 確か買ったのは二か月くらい前だったと思うけど、中々読了できなかったのは中身がすごすぎて頭の処理が進まなかったから…てのもあります。 大体、東日本大震災の翌日に合板を買い付けに行った話とか、石油取引に手を出そうとして、危ない場所まで出かけていくなんてしなくても、僕ら生きていけるでしょ? でも、面白い…と思ってしまう自分もいて、精神衛生上すこーしずつ、読んでいったわけです。 で、読んでて思ったのは非常に月並みな感想なのですが… アタマがいいなんて思わず、「上には上がいる」ということを拳々服膺して、ヘンな儲け話に乗るのはよそう…でした。 もう一度、言いますが 心臓の弱い方、心の優しい方にはお勧めできない「劇薬本」です。 それでも読みたい方だけ読んでください….

次の

Twitter暴力団「猫組長」とは?正体と噂の二代目佐藤組・菅原潮まとめ

猫組長 ツイッター

(本誌直撃に困惑の表情を見せた「猫組長」こと菅原氏) 2015年8月にが分裂した際、いち早くツイッターに情報を上げ、その後も両者の動向を細かくつぶやき続けているのが「猫組長」だ。 現在、ツイッターのフォロワーは4万人を超えている。 情報の速さと正確さでは群を抜き、その正体が注目されてきた。 ある関係者はこう話す。 「猫組長の正体は菅原潮、渡世名が渡辺潮という元ヤクザだ。 旅券法違反などで歴もあって、ニュースで報道されたこともある。 これまで、ヤクザが自ら積極的に、こうした形でマスコミに出ることはほとんどなかった」 渡辺組長は、いわゆる経済ヤクザとしてその名が知られた存在だったという。 前出の暴力団関係者が言う。 「組事務所が神戸と六本木、ロンドンにもあった。 組員は50人ほどで、裏でマネーロンダリングをやったり、組の資金が銀行を通してあるテロ組織に流れているのではないかと疑われたりして、渡辺組長は海外に逃亡していたこともあった。 そのときは国際手配もされている。 資金力はかなりあって一時は数百億円を動かしていたはずだ」 渡辺組長は、猫組長という柔らかい名前とはかけ離れた存在だった。 しかし、現在はヤクザとしては活動していないという。 現役を引退したはずの人物が、なぜ猫組長としてつぶやき続けるのか。 本誌は、千葉県内のホテルで本人を直撃。 すると、かなり困惑した表情を見せた。 「いきなりなんでしょうか。 なにもお話しする立場にありません。 私が猫組長かどうか、言う必要はないですよ」.

次の