キノシタ レーズン バター サンド。 雑誌 STORY にも掲載!サンドスイーツが今、熱い♡

<豊岡市日高町>焼き菓子が有名な『キノシタ』さんでカフェ★kininaru特典アリ★

キノシタ レーズン バター サンド

外出自粛中で行列のできる人気スイーツ店には足を運べない分、遠くの絶品スイーツを自宅に取り寄せて食べてみたいと思っている方は多いのではないでしょうか。 しかし、全国にはおいしいスイーツが数多くあって、選ぶだけでも時間がかかってしまいそうですよね。 そこで、日本スイーツ協会の「スイーツコンシェルジュ」の資格を持つ、スイーツ芸人・スイーツなかのさんに、今おすすめのお取り寄せスイーツを教えてもらいました。 「味がおいしいのはもちろんですが、届いた時に『わぁ!』という感動があるようなビジュアルであることも、お取り寄せでは重要だと思っています」とスイーツなかのさん。 今回は、確かなおいしさに加えてテンションがあがるビジュアルで楽しませてくれる5品を選んでいただきました。 「ベークド・チーズケーキ」5号(直径15cm)¥3,132(税込・送料別) 「ロシア料理トロイカ」は、岩手県北上市で昭和48年に創業したレストラン。 日本人の口に合ったロシア料理が好評です。 そのレストランメニューで、全国から注文が殺到しているのが、チーズから製造しているオリジナルの「ベークド・チーズケーキ」です。 原材料から製造まですべてにこだわっていて、自然豊かな岩手のチーズ工房で製造したこだわりの自家製チーズを使用し、ひとつひとつ丁寧につくられています。 「一部のお取り寄せスイーツファンの方には有名なチーズケーキです。 焼かれてはいるのですが、中はレアチーズかな、と思うほどクリーミーなんです! 見た目も特徴的で、網目のクッキー生地はパイのようにサクサクとしているんです。 食べた瞬間、感動するほどおいしくて『早く誰かにおすすめしたい!』という欲が高まりました(笑)。 「シンチェリータ」は、イタリア語で「誠実」と言う意味です。 ジェラートづくりに対して、お客様に対して、世界に対して、いつでも誠実に臨んでいるというコンセプトでつけた名前なのだとか。 今回、スイーツなかのさんがご紹介してくれたのは、「メルノワ」と「ピスタチオ」のフレーバー。 「このお店のジェラートが好きでよく食べているのですが、中でもおすすめしたいのが、メルノワというフレーバー。 ナッツの食感とはちみつの甘さが絶妙です。 ピスタチオは、素材の味と香りが生かされていて本当においしいです。 他のフレーバーより値段が少し高いのですが、ぜひ食べてもらいたいです!」(スイーツなかのさん) 「メルノワ」は2011年にはイタリアで行われている第32回国際ジェラートコンテストにて第3位を受賞したほどの一品! はちみつ専門店「ラベイユ」のフランス産「森のはちみつ」を使ったミルクジェラートに、食感のよいピーカンナッツを混ぜ込んでいます。 また、「ピスタチオ」は最高品質とされるシチリア・ブロンテ産ピスタチオを自家焙煎して、ひと粒ずつ薄皮を手作業でむいてペースト状にしたジェラートです。 ピスタチオの香りと豊かな味わいが楽しめます。 夫婦で営んでいて、旦那さまのお菓子づくりの趣味が高じてお店を開いたそう。 カフェの中で、一番人気の商品が「レーズンバターサンド」です。 使用する小麦とバターなどの素材は国産のものを厳選しており、厚めの手づくりクッキーで甘さ控えめのバタークリームをたっぷりサンドしています。 大粒の自家製ラムレーズンも目をひきます。 「レーズンサンドはつくるお店が増えていて注目を浴びているスイーツのひとつだと思いますが、僕の一番のおすすめはキノシタさんのものです。 他のレーズンサンドとは違って、丸い形をしていてかわいいんです。 コクのあるバタークリームと、少し塩気のあるクッキーのバランスがとてもよく、レーズンもすごくジューシー。 3つの相性がとてもマッチしている満足度の高いスイーツです。 おやつとして食べると贅沢な気持ちになれます。 また、僕はお酒を飲めないのですが、冷やして食べると、お酒の肴にもよさそうです」(スイーツなかのさん) 「やまねこ印の尾道プリン」1箱(4個入り)¥1,512(税込・送料別) 「おやつとやまねこ」は広島県尾道市の東御所という小さな町の小さなお店。 かわいらしい雰囲気を持ったお店で、ひとつひとつのお菓子を愛情たっぷりの手づくりで提供しています。 その中でも、大人気なのが「やまねこ印の尾道プリン」です。 健康な乳牛から作られた広島市の砂谷牛乳、きれいな空気と水で育った鶏から生まれた尾道産のたまご、やさしい甘さの北海道産てんさい糖とこだわりの素材を使ったプリンです。 「食べる前から気分が上がるのがこのプリン! 猫のイラストが描かれた牛乳瓶に入っているのが、なんともかわいらしいですよね。 カスタードプリンというよりは、ミルキーでやさしい味。 口当たりもなめらかです。 また、カラメルソースでなくレモンソースをかけるのがこのプリンの魅力でもあって、おもしろいポイントです。 酸味がプラスされて、すごくいいアクセントになっているんです。 食感もより滑らかになるので、ひとつでふた通りのおいしさを楽しめますよ。 瓶の猫のイラストに合わせて、レモンソースが入ってる容器が魚の形をしているのも心がくすぐられます」(スイーツなかのさん).

次の

豊岡カフェ・日高町にあるSweets&Books「キノシタ」の「レーズンバターサンド」が美味い!

キノシタ レーズン バター サンド

お家にいても頼める。 大切なあの人にも気持ちを届けられる。 ステイホームは続いているけれど、オンラインで大切な人たちとコミュニケーションを取ったり、一人時間の使い方が少しづつ上手になったり。 前向きに過ごしている人もきっと多いはず。 家庭用はもちろんのこと、離れているご家族や大切な人へのサプライズな贈り物としてもきっと喜ばれる。 オンラインや、電話で注文が可能な美味しいお菓子を集めてみました。 五條堂のフルーツパフェ大福 五條堂のフルーツパフェ大福 5種のフレッシュフルーツを生クリームと餡を、羽二重餅で手包みしたフルーツパフェ大福。 美しい断面は鴻池の夜空に輝く花火をモチーフにしている。 キュッと結んだパッケージにも花火模様のデザインが。 女性への贈り物におすすめ。 鴻池花火 (4個入り)¥1556.

次の

雑誌 STORY にも掲載!サンドスイーツが今、熱い♡

キノシタ レーズン バター サンド

豊岡市日高町にあるSweets&Books「キノシタ」のレーズンバターサンドが美味い! 「キノシタ」さんの焼き菓子の中でも、「レーズンバターサンド」が本当に美味しいです。 実はレーズンが苦手なワタクシ、オカダマ。 でも、この「キノシタ」さんの「レーズンバターサンド」は、とても美味しいので食べれるんです。 バタークリームを挟んでいるクッキーは、水気がない感じのサックサクのしっかりとしたクッキー。 噛み心地がとても気持ちいいです。 挟まれているバタークリームはものすごく濃厚! これ、チーズ?というような食感。 味は濃いですが、あっさりしているという不思議な感じ。 バタークリームの周りに自家製のラムレーズンがくっついています。 このレーズンのちょっとした酸味が、濃厚なバタークリームを爽やかにしているのだと思います。 仕事帰りに、奥さんへのお土産のつもりで3個買って帰りました。 僕が2個、奥さんが1個(他のクッキーも買って帰ったので)のつもりだったのですが、「めっちゃ美味いやん!」と奥さんに2個食べられてしまいました…。 そうだった、奥さんはラムレーズンがめちゃくちゃ好きだったんだ。 常温で食べても良いですが、冷蔵庫で冷やして食べると更に美味しいです! もっと買ってきてほしかった、と言われたので、今度は家族みんなでお茶しに行こう、ということになりました。 プレーンのクッキーも美味しい! レーズンバターは娘にはハードルが高いため、娘にはプレーンのクッキーを買って帰りました。 こちらもサクサク! とても美味しかったです。 娘も美味しいとほとんど一人で食べてしまいました。 「さすがパパ!よく分かってるね!」と褒めてくれました。 「キノシタ」さんは本がたくさん置いてあるブックカフェ 僕が「レーズンバターサンド」を買いに行った日は、お客さんがたくさんいらっしゃったので、店内カフェスペースの写真を撮ることができなかったのですが、「キノシタ」さんは、絵本を含めて本がたくさん置いてあり、本を読みながらゆったりとお茶ができるブックカフェなんです。 店内の様子は、オフィシャルサイトをご覧いただけたらと思います。 Sweets&Books「キノシタ」さんのWebサイトはこちら: 子どもも楽しめるようにと、靴を脱いでくつろげる小上がりのスペースがあったりするので、子連れの人たちとってはとても嬉しいです。 ケーキやクッキー、グラノーラなどのカフェメニューも食べてみたいですね。 あとやっぱりコーヒー好きの僕は、「キノシタ」さんのコーヒーも飲んでみたいです。 今度の休みにでも、家族で行ってみたいと思います。 「キノシタ」さんの焼き菓子はギフトにもおすすめ! 冒頭に書いたように、知人からギフトとしていただいたのがきっかけて「キノシタ」さんを知りました。 ギフトセットや、ギフト包装もしてくれるそうなので、ちょっとしたお土産や差し入れなんかに最適だと思います。 「レーズンバターサンド」を差し入れにもらったら、かなりテンションあがります! なので、万が一オカダマへ差し入れするような機会があれば、是非「キノシタ」さんの「レーズンバターサンド」でお願いします!笑.

次の