退職 挨拶 返信。 円満な関係を続けられる!退職の挨拶メールへの返信の仕方|転職Hacks

退職の挨拶メール……返信する時のポイントと例文 [ビジネスマナー] All About

退職 挨拶 返信

その中には社内・社外でお世話になった人への挨拶メールの送信も含まれるデジね。 本来なら全員に丁寧に挨拶へ行きたいところデジが、会社の規模によっては難しいためメールで挨拶を済ませることも多いデジ。 また、直接の挨拶とは別にメールを送ることもあるデジね。 特に社外へのメールは送信後、引継ぎをする部下や同僚と共に挨拶へ訪れることもしばしばデジ。 ここでは、そんな 退職の挨拶メールの書き方を例文付きで紹介するデジ!また退職の挨拶メールに対して返信が必要なのかについても解説するデジよ。 退職の挨拶メールを書く時の注意点 まずは退職の挨拶メールを書く上で注意したいポイントを紹介していくデジ。 件名は分かりやすいものに ビジネスメールの件名は分かりやすいものにするのが基本デジ。 これは退職の挨拶メールも同じこと。 「退職のご挨拶」など誰が見ても内容が分かるものにしておくデジよ。 無駄に凝る意味がないからね。 分かりにくい件名だと迷惑メールに紛れたり、読み飛ばされてしまう危険もあるデジ。 それと、件名には自分の名前も入れておくと親切デジね。 詳しくは後で紹介する例文をチェックしてほしいデジ! 退職理由は「一身上の都合」 それぞれ退職する理由があるとは思うデジが、ビジネスマナー的に退職理由は 「一身上の都合」としておくのが一般的デジ。 込み入った内容は書かない方がいいデジよ。 件名だけじゃなく内容もシンプルにってことか。 ただ、結婚などおめでたい理由の時は書くのもありデジね。 一斉送信は「Bcc」を使う 会社の規模によってはかなりの人数にメールを送ることになるデジよね。 この時、1人1人に個別にメールを送るのは大変デジ。 内容をコピー&ペーストしたとしても・・・面倒そうだ。 そのため一斉送信を活用してほしいところデジが、 「TO(宛先)」や「CC」欄に大量のアドレスを入れると、受信者側から全てのアドレスが見えてしまうデジ。 これ単純にズラズラッとアドレスが並んで見づらいうえ、プライバシー的にもちょっと・・・となるデジ。 特に社外に送るメールだと大変なことになりそうだ。 全く接点のない会社にメールアドレスが漏洩したりね。 というわけで 一斉送信の時は「BCC」を使うといいデジよ。 BCC(ブラインド・カーボン・コピー)に入力したメールアドレスは受信者から見ることができません。 つまり同一メールを送った複数人のメールアドレスを隠しつつ一斉送信を行えます。 「BCC」の欄に入れたメールアドレスは受信者側に見られないデジからね。 これで プライバシーは守られるし、スッキリしたメールになるはずデジ。 なるほど。 ちなみに「BCC」を使ったとしても『社内+社外』で一斉送信するのはよくないデジよ。 そもそも社内と社外ではメールの内容を変えるのが一般的デジからね。 また上司は一斉送信ではなく個別にメールを送ることをおすすめするデジ。 このあとメールの例文を紹介しているデジから、じっくりチェックしてほしいデジ。 社内へのメールは最終出社日が一般的 社内と社外で挨拶メールを送るタイミングは異なってくるデジ。 たとえば 社内向けのメールは最終出社日に送るのが基本と言われてるデジよ。 社内へのメールは最後の挨拶的な役割が強いみたいだからね。 ただ、会社によっては「退職の1週間前」「最終出社日の定時過ぎ」など独自のルールが存在することもあるデジから、事前に会社のルールが無いかは確かめておいてほしいデジ。 そんなのもあるのか。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 在籍中はたくさんのご指導をいただき、また支えていただいたこと心より感謝しております。 ここまで仕事を続けられたのは皆様のおかげです。 この会社で学んだこと、そして経験を今後に活かしていければと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 ポイントとしては 退職後もやりとりができるよう連絡先を入れておくことデジかね。 もちろん必須ではないデジが、これにより「今後もお付き合いしたい気持ち」が伝わるデジ。 また、何か退職にあたって記念品を貰っていれば、このメールでお礼を言っておくといいデジね。 お世話になったエピソードがあれば、そのことに対するお礼を加えるのもグッドデジ。 ただ、その場合は一斉送信しちゃダメデジよ。 ちなみに、退職の挨拶メールでネガティブな内容はNGデジ。 特に会社の悪口はご法度。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇課長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 特に私が〇〇の仕事で成果をあげられない時、叱咤激励のお言葉をいただいたこと今でも忘れていません。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思います。 そんな私を根気よく支えていただき本当にありがとうございました。 〇〇課長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 今後の連絡先は下記になります。 何かありましたらご連絡いただければ幸いです。 メール:(メールアドレス) 電話:(電話番号) 最後になりましたが、皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 基本は社内向けのメールと同じデジが、 上司には、よりお世話になったことをアピールできる内容のメールを送りたいところデジ。 具体的に感謝したいエピソードがあれば、そのことを盛り込んでおくといいデジよ。 ちなみに、上司向けのメールが一斉送信だと気分を害してしまう可能性があるデジ。 このたび、一身上の都合により〇月末で退職することになりました。 本日が最終出社日となります。 本来であれば直接ご挨拶すべきところ、メールでのご挨拶にて失礼いたします。 〇〇社長には入社当初からご指導ご鞭撻を頂き、多くのことを学ばせていただきましたこと大変感謝しております。 在籍中なにかといたらぬ点もあったとは思いますが、いつもあたたかく激励をいただき誠にありがとうございました。 〇〇社長から教えていただいたことを糧にし、今後より精進していきたいと考えております。 最後になりましたが、〇〇社長はじめ皆様方の今後のご活躍とご健康をお祈りしております。 今まで本当にありがとうございました。 大きな企業になるほど、社長宛に退職メールを送る必要性はなくなるはずデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 まずはメールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 後日、新しい担当者と一緒に挨拶に向かう場合は上記のようなメールを送っておくデジ。 ポイントとしては 社内向けのメールと違って連絡先は書かないこと。 たとえば、転職先の連絡先を書いてビジネスに発展した場合、現職の顧客情報を利用していると誤解を与えてしまうデジ。 私事で大変恐縮ではございますが、一身上の都合により〇月末をもって退職することとなりました。 在職中はお世話になり、誠にありがとうございました。 本来であれば直接ご挨拶にうかがうべきところ、メールでの挨拶になりましたことお詫び申し上げます。 基本は訪問予定ありのメールと同じデジが、新しい担当者のみが挨拶にうかがうこと、また本来であれば直接挨拶に行くところ、メールだけになってしまったことに対してお詫びしておくのが基本デジね。 個人宛でメールが届いた• 退職する人と親しい• 退職する人にお世話になった• 仕事上で今後も関係が続く メールの内容が多人数向けではなく、個人に届いたものなら返信しておいた方がいいかもデジ。 また、親しい、またはお世話になった人なら返信で感謝などを伝えたいところデジ。 せっかく、その人用のメールを作成したのに返信がこないのは少し寂しいしね。 また社外からのメールで、退職者の会社と取引が続く場合も返信した方がいいと言われてるデジね。 ちなみに返信はなるべく早い方がいいデジ。 早めの返信はビジネスメールの基本さ。 ただ、社内向けのメールは最終出社日に送られてくることも多く、すぐに返信しても退職者は見られないかもしれないデジ。 そのため、 社内向けのメールに返信する時は、メールの中に記載された新しい連絡先に返信するといいデジよ。 返信する場合の例文.

次の

退職の挨拶文<手紙・はがき・挨拶状・メール>例文付きで徹底解説!

退職 挨拶 返信

返信した方がいいケース• 個人宛でメールが届いた• 退職する人と仲が良い• 退職した後も取引先と関係が続く まず、個人宛に届いたメールであれば、なるべく返信したいところデジ。 せっかく個人に向けて内容を考えてくれたんデジからね!また、付き合いの長い上司など、仲が良い人にも返信したいデジよね。 仲の良い人だったら返信も気楽だよね。 少しくらいマナー違反してても「失礼なやつだ!」とは思われないだろうし。 退職挨拶メールが取引先からのもので、その人が退職した後も会社と取引が続くなら、返信しておくべきだと思うデジ。 そして、できれば「後任の人と一緒に頑張っていきますよ!」的な内容を盛り込みたいデジね。 なるほど。 後は、 上記に当てはまらずとも自分が返信すべきだと思えば返信して大丈夫デジよ。 挨拶に対しての返信を貰って嫌がる人は滅多いないデジからね~。 ただ、内容によっては相手に不快感を与えてしまう恐れがあるデジ。 下記の返信方法もしっかり確認して、失礼のない返信メールを作り上げるデジ! 入れたい内容• お世話になった感謝の気持ち• 退職するのが残念だという気持ち• これからも頑張ってほしいという気持ち お世話になった上司や取引先からのメールなんデジから、「今まで本当にお世話になりました」といったような、感謝の気持ちは確実に入れたいところデジ。 上司宛だったら「ご指導いただき本当にありがとうございました」など、育ててくれたことへの感謝を伝えるのもいいデジね。 感謝の気持ちって伝えられると凄く嬉しいからね。 退職する人を勇気づけるためにも良い言葉を贈ってあげたいなぁ。 また、退職してしまうことに対して「非常に残念です…」といった気持ちも入れ込みつつ、これからを応援する文章も添えるデジ。 もちろん、ケースによって全てを入れる必要は無いものの、 上記3点を意識しておくと返信メールが書きやすくなると思うデジよ。 退職理由・転職先の詮索は避けよう 上記で返信メールに入れ込みたい内容を解説したデジね。 逆に、以下のような内容は入れない方がいいデジよ。 避けたい内容• 「何で退職するんですか?」• 「どこに転職するんですか?」 と、上記のように 退職理由・転職先を詮索するのはタブー、デジ。 どうしてだい? まず、 退職理由って非常にデリケートな問題で、人に話したくない人も多いんデジよ。 そもそも、人に話しやすい内容だったら退職挨拶メールに書いてあるはずデジからね。 あえて書かなかった理由を詮索して、相手に嫌な思いをさせてはいけないデジ。 た、確かに…。 人には話しにくい事情ってあるよね。 また、転職先について知りたいとしても、あまり詮索しない方がいいデジ。 多くの場合、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるデジからね。 つまり、転職先を訪ねて、相手がそれに答えてしまうと、職場のPCに転職先の内容を記したメールが残ることになるデジ。 上司や同僚に転職先を知られたくない人も多いよね。 せっかく隠してきたのを台無しにしちゃう恐れがあるのか。 もし 転職先について知りたいなら、後からプライベートで聞くのがいいんじゃないデジかね。 仲の良い間柄なら転職した後も機会はあるはずデジ。 プライベートすぎる内容も避けるべき 上記で話した通り、退職挨拶メールは職場のPCから送られてくるのが基本デジ。 そのため、プライベートすぎる内容を送るのもよくないデジ。 その人の プライベートな部分が職場のPCを通して周りの人に知られる恐れがあるデジからね。 なるほど。 いろいろ配慮しないとなんだね。 こちらとしては問題ないと思った内容でも、退職する人からすれば周りにバレたくない内容かもしれないデジ。 プライベートな内容のメールを送りたいなら、個人宛のアドレスなどを使うデジ。 これなら、いくらプライベートな話をしても大丈夫デジ! メールはなるべく早く返信しよう 退職の挨拶メールが届いたら、返信はなるべく早くするのが吉デジよ。 なるべく早くって、どのくらいだい? 「送られてきたらすぐ」くらいを心がけたいデジね。 退職まで1週間など、少し余裕があるなら次の日とかでも大丈夫デジけど、 最終出社日なんかに送られてきた時は即座に返信しないと、相手に読んでもらえない可能性があるデジ。 次の日から会社に来ないわけだしね。 また、最終出社日のメールだと、すぐに返信しても相手に読んでもらえないかもデジ。 もし メール内に個人の連絡先などが記載されているなら、そちらのアドレスに返信した方がいいデジね。 件名は「Re:」をつけてそのまま返信 退職挨拶メールに返信する時、件名はそのままにしておいてOKデジよ。 たとえば、「退職のご挨拶」という件名なら、返信時には「Re:退職のご挨拶」となるデジかね。 特に変更しなくていいんだね。 基本的にビジネスメールは件名を変えないのがマナーとされてるデジ。 それに、変に凝って分かりにくい件名にしてしまっては、相手を混乱させてしまうかもしれないデジ。 そのまま返信が無難な選択デジよ。 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様には仕事だけでなく、個人的な相談にも親切に対応いただき、本当に感謝しております。 これからは御社に伺っても〇〇様がいないと思うと、とても寂しく感じてしまいます。 退職した後も充実した人生を送られること、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 具体的にお世話になって話があるなら、その時のことを添えるのもいいデジね。 ただ、さっきも言ったようにプライベートすぎる内容は避けるデジよ! 社外で転職する人や退職理由が不明の時 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇様が退職するということで大変驚いております。 〇〇様にはこれまで弊社のためにご尽力いただき、本当に助かりました。 最後になりますが、〇〇様のさらなるご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ この例文は転職する人や、退職理由が分からない人など、幅広い人に使えるデジよ!もし後任が分かっているなら、上記のように後任と一緒に頑張っていくことを書いておくのがおすすめデジ! 【社内の人向け】ケース別、退職挨拶メールへの返信文例 次に社内の人から退職挨拶メールを貰った時の返信文例を紹介するデジ。 同じ会社の上司からメールを貰った際などは、以下の文例を参考にしてほしいデジ! 社内で定年退職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、定年退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが定年退職してしまうのは、とても寂しいです。 定年退職の話は以前から聞いておりましたが、いざ、その日を迎えてしまうと悲しい気持ちがこみ上げてきます。 退職された後も、どうかお身体にお気をつけてお過ごしください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 定年退職する人との具体的なエピソードがあれば、それを盛り込むのもいいデジね。 社内で転職する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 そんな〇〇さんが退職してしまうこと、大変寂しく感じております。 新天地でのご活躍、心よりお祈り申し上げます。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 転職する人に対しては「新天地で頑張ってほしい」といった内容を入れ込むといいかもしれないデジ。 なお、返信する相手が同僚や後輩であれば「〇〇くん」のように砕けた言い方もありだと思うデジ。 このあたりは関係性を考慮して決めてほしいデジね。 社内で結婚する人に送る時 〇〇さん お疲れ様です。 お忙しい中、退職のご挨拶をいただき誠にありがとうございます。 〇〇さんには新卒で入社してから長い間、面倒を見ていただき、本当に感謝しております。 今まで勤めてくることができたのは、〇〇さんのおかげです。 今月で退職してしまうのは大変残念ですが、どうか明るくて素敵なご家庭を築いてください。 これまで本当にありがとうございました。 ________________ (署名) ________________ 上記はかなりシンプルな作りデジけど、間柄に合わせてお世話になった話なんかも入れて大丈夫デジよ。 むしろ、そういった内容を入れた方が感謝の気持ちが伝わるはずデジ!.

次の

定年退職の挨拶に返信は必要?文例&マナーをまとめてみた

退職 挨拶 返信

大きな会社などでは、自分が知らないような人からも退職の挨拶メールが送られてくる場合があります。 場合によっては返信するかどうか迷うこともあることでしょう。 例えば一斉送信ではなく、個人宛にメールが送られている場合には返信したほうが良いといわれています。 ほかにも同じ部署の同僚や、取引先などの関係性が強い方からのメールの場合には返信をしたほうが良いでしょう。 返信をする場合には、メールを受け取ってからなるべく早く返信することが望ましいといえます。 メールを受け取ってから時間が経ってしまうと、感謝などの気持ちが薄れて伝わってしまいますので注意が必要です。 返信すべきか 会社によっては、違う部署や知らないような人からも退職の挨拶メールが送られてくる場合があります。 なかには返信するかどうか迷ってしまう方もいます。 それでも個人宛にメールが届いた場合や、同じ部署の同僚や取引先など、関係性が強い場合にはなるべく返信をしたほうが良いでしょう。 返信方法は、退職の挨拶メールを受け取ってからなるべく早く返信をするようにします。 メールを受け取ってから時間が経ってしまうと、感謝の気持ちなどが薄まって伝わってしまいますので注意が必要です。 返信で書いたほうが良いこと 返信する場合に書いたほうが良いこととしては「感謝の言葉」になります。 あまり仲が良くなかったというような場合でも、感謝できることを考えて相手に伝わるようにしましょう。 また、「お世話になりました」というようなねぎらいの言葉も伝えるようにするのは良いことです。 書かないほうが良いこと 退職の挨拶メールの返信の際に気をつけるべきポイントがいくつかあります。 いくつか注意したい点を紹介していきます。 メールの件名は「Re:」のままで 返信マナーとしては、まず件名の冒頭に「Re:」を付けた状態で送信することを挙げられます。 用件が同じであれば件名はそのままにすることがビジネスマナーです。 相手に合わせた挨拶文 メールの冒頭の挨拶が、挨拶文といわれるものになりますが、相手によって変えていく必要があります。 例えば社内の人である場合には、「お疲れ様です」と表記できます。 社外の方であれば、「平素より大変お世話になっております」というような丁寧な表現にするのがベターです。 相手との関係が親しい場合であっても、退職というのは大きな出来事ですので、丁寧な挨拶文をすることを心がけましょう。 まずは感謝を伝える 挨拶文の後には、まず退職を知らせてくれたことを感謝しましょう。 「ご連絡いただき誠にありがとうございます。 」「ご丁寧に退職のご挨拶をお送りありがとうございます。 」といった表現が好ましいです。 退職を惜しむフレーズを入れる 相手との関係に関わりなく、退職されて寂しい、びっくりしているということも伝えることができます。 例えば「退職という知らせを聞き、正直寂しい気持ちです。 」「退職の知らせを聞いた時、正直驚いてしまいました」というようなフレーズが一般的です。 これまでの感謝とねぎらいを伝える 相手とのエピソードなどを含めて、感謝とねぎらいの言葉も記載しましょう。 相手が上司であるなら「長年にわたり色々な事を教えていただき本当に感謝しております。 」「今の自分があるのはひとえに〇〇部長のおかげです。 」といったフレーズは良いでしょう。 取引先の場合には「弊社のためにご尽力頂き本当に感謝しております。 」「弊社のためにご協力頂き本当にお世話になりました。 」というような感謝の気持ちを記載します。 上辺だけのフレーズにならないように、これまでかけてもらった言葉や励ましなどを記載するというのも良い方法です。 最後は積極的な内容に 退職というと消極的なイメージになってしまいがちですが、最後には積極的な内容を含めるようにしましょう。 「〇〇部長のバイタリティを新しい分野で発揮していってください。 」「課長のマネジメント力があれば、次の職場でも必ずご活躍できると信じています。 」というような表現も良いです。 こうした励ましの言葉は、ともすると嫌味に聞こえてしまうこともあるので、相手の能力や特徴などを加味した上で表現するようにしましょう。 返信の例文 件名:退職のご連絡ありがとうございます 株式会社〇〇〇〇 営業部 〇〇 〇〇 様 平素よりたいへんお世話になっております。 この度はお忙しい中、退職のご挨拶をいただき、 誠にありがとうございます。 〇〇様には弊社のために長い間大変お世話になりました。 とくに〇〇のプロジェクトの際は〇〇様にご尽力いただき、本当に助かりました。 〇〇様が退職される日を迎えてしまい とても寂しく感じます。 今後は貴社の〇〇様と連携を取り、 さらに良い関係を築いていければと思います。 〇〇様の、新しい職場でのご活躍を心よりお祈りしております。 健康に留意され、お元気でお過ごしください。 これまで本当にありがとうございました。 署名 さらに具体的なエピソードなどがあれば加えることもできます。 退職の挨拶メールの書き方 退職の挨拶メールの例をいくつか紹介しましょう。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところ、メールでのご報告になり失礼いたします。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、お世話になりました。 業務を通して多くの方々から多くのことを学ばせていただきました。 今後もその経験を生かしていきたいと思います。 退職後の連絡先は下記になります。 何かありましたら、ご連絡いただければ幸いです。 com 電話:000-0000-0000 最後になりましたが、今後益々のご健勝とご活躍を心よりお祈り申し上げます。 今まで本当にありがとうございました。 さらに個人的な思い出やエピソードを加えても良いでしょう。 本来であれば直接ご挨拶をすべきところなのですが、メールでの挨拶で失礼いたします。 入社当初、営業で大きな壁にぶつかってしまった時、温かい叱咤激励の言葉をいただいたことは忘れることができません。 在籍中はいたらぬ点もあったかと思いますが、親切に対応していただき感謝しています。 今後も、学んだことを新たな場所で、活かしていきたいと思っております。 退職後の連絡先は下記になります。 今後ともご連絡いただければ幸いです。 com 電話:000-0000-0000 最後になりましたが、皆様のご活躍をお祈り申し上げます。 感謝と具体的なエピソードを含めましょう。 退職の挨拶メールでさらに注意したいポイント 取引先の場合には、後任の担当者の紹介を忘れずに書くようにしましょう。 そして後日改めて挨拶に伺うのであれば、そのことも伝えておきます。 関係が良い取引先であれば、本文中に相手の名前を入れてみたり、相手との具体的なエピソードも入れてみるとより丁寧さが伝わります。 社外の方と同様、最終出社日にメール送信するのであれば、会社のメールアドレスや電話番号などは記載しないようにしましょう。 社内 社内の方の場合には、社外や取引先に比べると、さまざまな思い出やエピソードがあるでしょう。 メールにも具体的なエピソードを書くのは良いことです。 ただあまりに長くなってしまうと、相手の負担にもなりますので、PCの画面内に収まりきる長さにまとめるのも重要です。 「退職する日付」と「退職する理由」などを記載するのもマナーになっています。 退職する理由は、結婚や出産などでない場合には、「一身上の都合により」と記載しておけば問題ありません。 同期 相手が同期の場合には、社外の方や上司よりも自然でくだけた表現を使うことができます。 ただ退職というのは、比較的大きな出来事ですので、過度にくだけた表現は使わないようにしましょう。 一斉送信する場合であっても、なるべく個人に当てて書いているようにすると、より感謝が伝わるようになります。 具体的なエピソードを加えるのも効果的です。 連絡先を文末に記載する場合には、個人の私用連絡先を記載するようにして、会社のメールアドレスや電話番号などは書かないようにしましょう。 退職の挨拶メールはいつ送るのが良いか 退職の挨拶メールを送る場合、タイミングも重要になります。 社内に送信するのか、社外に送信するのかによっても違いがあります。 社内に挨拶メールを送信するタイミング 会社によってもしきたりが違いますが、一般的には出勤最終日に送信するのが好ましいといわれています。 ただ営業中というのは、どうしても忙しくなってしまいますので、退社1時間前くらいのタイミングが良いでしょう。 社外への挨拶メールのタイミング 取引先を含めて、社外へ退職の挨拶メールを送信する場合には、なるべく早めに送ることを心がけましょう。 後任者が引き継ぎをする時間や、挨拶メールを送ってから直接挨拶に伺う時間を計算に入れる必要があるからです。 取引先のなかには、今後も異なる場所でお世話になることもありますし、良い印象を残すように心がけましょう。 有給休暇の場合のタイミング 退職前に有給休暇をとっている場合でも、基本的に最終勤務日にメールを送信することになります。 会社によってもしきたりがあることもあるので、不安があるなら上司などにも相談してみましょう。 退職の挨拶メールは一斉送信でもいいのか 人によっては一斉送信は失礼にあたるのではないか不安に感じる方もいます。 しかし一斉送信であっても、しっかり感謝の言葉が伝わる内容であれば問題ありません。 とくにお世話になった上司や関係が良い同僚などには、個別に挨拶メールを送信することもできるでしょう。 可能であれば直接挨拶をするのが望ましいです。 bccを忘れずに 注意する点としては、相手のアドレスは「bcc」に入れ、自分のアドレスを「To」に入れるようにしましょう。 そうすることで、他人同士でアドレスが見られるのを避けられます。 文末には、私用メールアドレスや連絡先を記載しておくと、今後の連絡などもしやすくなのでおすすめです。 退職メールは感謝を伝えることが重要 退職の挨拶メールを受け取り、返信メールをする場合でも、自分が退職するのでメールを送信するという場合でも、もっとも重要になるのが感謝を伝えることです。 つい決まりきった文面になりがちですが、なるべく相手に合わせた挨拶をすること、そして具体的なエピソードや出来事を記載するようにしましょう。 退職後であっても、別の会社や場所で再び一緒に仕事をすることがある可能性もあります。 「飛ぶ鳥跡を濁さず」の精神で、気持ちよく退職することができることを念頭にして退職メールを作成することが大切です。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の