シマノ ツイン パワー 2020。 【2020年シマノ新製品リール】NEWツインパワーは大幅軽量化で高い剛性を狙ってきた……!

【2020年シマノ新製品リール】NEWツインパワーは大幅軽量化で高い剛性を狙ってきた……!

シマノ ツイン パワー 2020

シマノ 20ツインパワー インプレ シマノの新製品リール、20ツインパワーのインプレです。 20ツインパワーの特徴 20ツインパワーは2015年以来5年振りのモデルチェンジです。 デザインも黒と金を貴重とした剛性感の高そうなイメージ。 実際に巻いてみた感想を書いてみます。 20ツインパワーのインプレ まず感じたのは全体的な軽さ。 もちろん強度的に不安がある軽さではなく、カッチリした安定的な軽さでした。 そして巻きの軽さ。 ステラとは異なる巻き感ではありますが、コスト面を考えると納得の巻き感です。 ステラとの違いは? ローター部の設計はステラ同様。 またギアの素材もステラと同じです。 (表面加工は異なります) ステラとの違いとすれば、ベアリングの数とボディの材質、ベールの素材ぐらいです。 ボディ材質はステラよりも強度は高いようで、ベアリング 以外はほとんど実釣に差はないと思います。 リールメーカーに聞いた日頃のメンテナンス 日頃のメンテナンスについて、シマノのリール担当の方に聞いてみました。 日頃のメンテナンスは水洗いでOK。 ただしラインローラーなどはちゃんと洗えているか確認してください、とのこと。 またラインローラーのグリスアップ、ハンドルノブベアリングやメインシャフトへのオイル注入はまたにした方がいいとのことでした。 最近のリールは、ボディ内部への防水性が高いため、初期性能維持が高くメンテナンスが楽です。 今後の長期的な使用を考えても、オススメなリールでした。

次の

シマノ 2020年新製品 20ツインパワー インプレ│おたまの釣り日誌

シマノ ツイン パワー 2020

リンク 20ツインパワーのファーストインプレッション 本体を取り出してみます。 まず手に取った第一印象は 軽い!ということです。 それもそのはず、20ツインパワー 4000MHG 255グラム は17ツインパワー 4000XG 290グラム と比べて 35グラムも軽量化されているのです! 15ツインパワー4000HGも290グラム 続いてハンドルを組み付けます。 20ツインパワーのハンドルはもちろん 固定型で、 ガタは一切ありません。 20ツインパワーのハンドルの巻き心地 ハンドルを取り付けて早速巻いてみます。 巻いてみた感想は 期待通りの滑らかさです。 20ツインパワーの巻き心地を言葉で表すなら 「しっとりとした巻き心地」といったところでしょうか。 新品なのでグリスが馴染んでいないのか、少しヌルっとした感触がありますが、使い込むにあたってもっとスムーズになっていきそうです。 リールの ガタもほとんどありません。 20ツインパワーはその性能の高さから シマノの最高級リール、ステラとほぼ見分けがつかないとまで言われています。 残念ながらステラを所有していないので、直接比較はできませんが、実際に20ツインパワーを手にしてハンドルを回してみると 思わずニヤついてしまうほどでした。 彼女に不審な目で見られたのは言うまでもありませんorz 20ツインパワーのデザイン 続いて、20ツインパワーのデザインをじっくりと観察してみます。 20ツインパワーは黒色と金色がメインのカラーリングでシマノの最高級リールである、ステラSWのデザインに非常によく似ています。 ステラに似ているから、という訳ではありませんが高級感があって素直にかっこいいです。 個人的なお気に入りのポイントは、スプールの肉抜きの部分です。 肉抜きの淵の部分がゴールドになっていて、すごくスタイリッシュになっています。 20ツインパワーはもちろん 「ロングストロークスプール」を採用しています。 20ツインパワーはラインクリップが新形状になっています。 ボディの黒色 ガンメタ? の部分はかっこいいですが、指紋が目立ちます。 ワンピースベール。 ベールはステラと同じ、新設計のベール開閉機構が搭載されており、滑らかでクリック感のある操作感です。 不意のベール返りなど、トラブルも起きにくそうです。 20ツインパワーのドラグノブは19ストラディックの物と同じでした。 20ツインパワーはさすがに高級感がありますね。 実際高いし 所有する喜びがあって、まだ魚を釣ってもいないのに満足感がすごい。 笑 20ツインパワーのドラグ音 ドラグの音って個人的に重要なポイントなので、比較してみました。 比較したのは19ストラディック C5000XG と17ツインパワーXD C5000XG です。 20ツインパワーは4000MHGになります。 YouTubeに動画を投稿したので気になる方は聴いてみてください。 20ツインパワーのドラグ音は大きいです。 音質はキンッと高い金属音がします。 SA-RBはベアリング内部の塩ガミのリスクを大幅に減少させる。 20ツインパワーには他にもシマノの最新技術がたっぷり盛り込まれています。 さらに詳しく知りたい方はをチェックしてみてください。 高剛性・高耐久を謳っているいる、このツインパワーシリーズ。 20ツインパワーは半プラボディで耐久性や剛性は大丈夫なのか!という声も多いです。 今後は実際に釣りでガンガン使用してみて、使用感や耐久面などもレビューしていくつもりです。 2020年3月24日 実釣レビューつい ステラを彷彿させる性能を持つ20ツインパワー。 半プラボディかもしれませんが、だからこそ実現できた軽量なリール。 軽いリールは操作性が良く、使い易いのは間違いないです。 20ツインパワーの実釣インプレッション 追記 この20ツインパワーを使って、朝から晩まで一日中ルアーを投げ倒してきました。 投げたルアーの種類は、ミノーやバイブレーション、メタルジグなどです。 このミノーはリップが大きくそこそこ巻き抵抗が大きいルアーなのですが、 20ツインパワーは驚くほど滑らかに巻き上げることができました。 のお陰なのか、リールを巻いた時のガタツキが全くありませんでした。 開封した時に自宅でリールを回してみた時にも、20ツインパワーは滑らか巻き心地だと感じましたが、 実際の釣りで使用してみると想像以上に滑らかな巻き心地で驚きました。 この評価は店頭でリールを空回しするだけではわからないことでした。 一緒に釣りをしていた友人 18ステラ持ち にも試しに巻いてもらいましたが、 「軽いな!」と良い評価を貰うことができました。 20ツインパワーは半プラボディ採用だが、剛性感は問題なし? 今回の釣行で僕が投げたルアーは一番軽い物で14グラムのジグヘッドワーム、一番重いルアーはメタルジグ60グラムです。 ルアーが重くなった分やルアーの巻き抵抗による違いはしっかりと伝わってくるのですが、トルク感のある巻き心地で重いルアーでも軽く、しっとりとした巻き心地は全く変わりませんでした。 また、ローター自体に適度な重量があるので慣性が働きやすく、滑らかで軽い巻き心地を実現しているそうです。 20ツインパワーの軽さを活かしたタックルがオススメ 今回の釣行で使用したロッドは「 ダイワ ショアスパルタン106mh」ですが、ロッドが重すぎて 強すぎ 、20ツインパワーの良さを完全に潰してしまっていると感じました。 20ツインパワーはその軽さが大きな魅力の一つです。 今回は20ツインパワーに合わせて購入していたロッドが届かず、このようなタックルになってしまいましたが、20ツインパワー軽さを活かすなら、やはりロッドも軽い方がいいなと感じました。 ルアーフィッシングではいかにルアーを投げ続けることができるかが、釣果に直接影響します。 個人的には20ツインパワー軽さを活かした、軽くて強いロッドを合わせるのがベストだと思います。 NEWロッドが届きましたら、またレビューします 20ツインパワー実釣インプレまとめ【追記】 軽さと引き換えに「 半プラ」ボディになってしまったことで、賛否が分かれていますが、個人的には軽いし、今のところ剛性感にも全く不満はありません。 「半プラ」になったおかげで実現できた軽量なリール。 【プラスチック=弱い】というイメージが先行していますが、樹脂の中にはカーボンのようにアルミより硬く、剛性の高い材質も存在します。 なにより、20ツインパワーの樹脂ボディの剛性をきちんと証明している人を見たことがありませんし、シマノのPVでは20ツインパワーを使ってマグロを釣り上げています。 半プラボディでも 必要十分な剛性を持っていると思います。 気になっているなら机上の空論を並べる前に、実際に手に取って使ってみるべきです。 20ツインパワーの良さが分かります。 僕自身、20ツインパワーを購入後、色々な批判的なレビューや書き込みを見ましたが、実際に使用して納得しているので、全く公開はありません。 むしろ、満足しています。 長期間使ってみるとどのような影響が出てくるかは、まだわかりませんが、いずれにせよ 20ツインパワーは世界のシマノが自信を持って送り出した商品です。 僕のような素人が想像できるような不具合はあらかじめ想定されているだろうし、あまり気にしていません。 笑 今回、僕が購入したのは4000mhgですが、ライトゲーム用にもっと小さい番手の20ツインパワーを購入してみても面白そうです。 今までのツインパワーには無かった、新たな魅力が20ツインパワーには確かにありました。 今後もショアジギングなどでガンガン使い込んで、耐久面でのレビューもしていきたいと思います。 リンク 20ツインパワーは楽天で購入【楽天SPUを活用する】 今回、「20ツインパワー」は楽天市場で購入しました。 購入した時の値段はポイント分などを引くと、約 33000円ほどで購入できました。 4000MHG 「20ツインパワー」を楽天市場で、できるだけ安く手に入れるためにはをうまく活用する必要があります。 楽天SPUとは楽天が提示する各サービスの条件を満たすことで、楽天市場でのポイントが2倍、3倍とだんだん大きくなるシステムのことです。 例えば、10万円の商品を何もせずに普通に楽天市場で購入すると、ポイント倍率は1倍で楽天ポイントは1000円分しか溜まりません。 利用料も安い 上記の物をすべて揃えるとポイント倍率は 6. 5倍になります。 その他の楽天SPUの上げ方などは、詳しくはを参照してみてください。 楽天カードをまだ持っていない方は是非、作ることをオススメします。 登録の手続きなど最初は少し面倒ですが、 楽天SPUをうまく活用すると驚くほど簡単にポイントが溜まるので、かなりの節約になります。 溜まったポイントでルアーなどが買えたりするので、個人的にはかなり便利なサービスだと思います。 今回はここまでです。 タカでした。

次の

シマノのオーバーホールキャンペーン2020は無し?待てずにツインパワーXDを出した件

シマノ ツイン パワー 2020

シマノ 20ツインパワー インプレ シマノの新製品リール、20ツインパワーのインプレです。 20ツインパワーの特徴 20ツインパワーは2015年以来5年振りのモデルチェンジです。 デザインも黒と金を貴重とした剛性感の高そうなイメージ。 実際に巻いてみた感想を書いてみます。 20ツインパワーのインプレ まず感じたのは全体的な軽さ。 もちろん強度的に不安がある軽さではなく、カッチリした安定的な軽さでした。 そして巻きの軽さ。 ステラとは異なる巻き感ではありますが、コスト面を考えると納得の巻き感です。 ステラとの違いは? ローター部の設計はステラ同様。 またギアの素材もステラと同じです。 (表面加工は異なります) ステラとの違いとすれば、ベアリングの数とボディの材質、ベールの素材ぐらいです。 ボディ材質はステラよりも強度は高いようで、ベアリング 以外はほとんど実釣に差はないと思います。 リールメーカーに聞いた日頃のメンテナンス 日頃のメンテナンスについて、シマノのリール担当の方に聞いてみました。 日頃のメンテナンスは水洗いでOK。 ただしラインローラーなどはちゃんと洗えているか確認してください、とのこと。 またラインローラーのグリスアップ、ハンドルノブベアリングやメインシャフトへのオイル注入はまたにした方がいいとのことでした。 最近のリールは、ボディ内部への防水性が高いため、初期性能維持が高くメンテナンスが楽です。 今後の長期的な使用を考えても、オススメなリールでした。

次の