イラスト 家族。 家族

家族のイラスト・家族の写真の無料素材ダウンロードサイト

イラスト 家族

ここでご紹介する制作例をもとにお客様のご要望にあわせたオリジナルを制作致します。 ご希望に近い制作例を選び、見積をご請求ください。 サンプル内にご希望に近い制作例がない場合は、 イメージに近い制作物をお知らせください。 上品なタッチの家族イラスト制作例 G101• G101-01 戸建てを購入する家族イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-02 赤ちゃんを抱く家族イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-03 怪我をして泣いている子供イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-04 高齢者夫婦のイラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-05 学生保険 お見積の参考サンプルに追加• G101-06 死亡保険 お見積の参考サンプルに追加• G101-07 女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-08 案内する女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-09 料理をする女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-10 農業する女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-11 男性コック 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加 どのようなイラストでも通常2時間以内程度、午後4時までのお問い合わせなら当日中にお見積します! ご依頼の内容や点数によってお値引きが可能な場合もありますので、お気軽にご相談ください!• カテゴリーで検索 パソコン、携帯電話、印刷、看板、ゲームなど様々な用途に利用頂けます。 ここで紹介するイラストは制作例です。 お客様のご希望に合わせて内容を変更し、新たにイラストを制作いたします。 例えば、若い男性を年配の男性に、女性を男性にするといったことも可能です。 どのようなことでもお気軽にご相談ください。

次の

上品なタッチの家族イラスト制作例 G101

イラスト 家族

ここでご紹介する制作例をもとにお客様のご要望にあわせたオリジナルを制作致します。 ご希望に近い制作例を選び、見積をご請求ください。 サンプル内にご希望に近い制作例がない場合は、 イメージに近い制作物をお知らせください。 上品なタッチの家族イラスト制作例 G101• G101-01 戸建てを購入する家族イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-02 赤ちゃんを抱く家族イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-03 怪我をして泣いている子供イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-04 高齢者夫婦のイラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-05 学生保険 お見積の参考サンプルに追加• G101-06 死亡保険 お見積の参考サンプルに追加• G101-07 女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-08 案内する女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-09 料理をする女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-10 農業する女性 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加• G101-11 男性コック 人物イラスト お見積の参考サンプルに追加 どのようなイラストでも通常2時間以内程度、午後4時までのお問い合わせなら当日中にお見積します! ご依頼の内容や点数によってお値引きが可能な場合もありますので、お気軽にご相談ください!• カテゴリーで検索 パソコン、携帯電話、印刷、看板、ゲームなど様々な用途に利用頂けます。 ここで紹介するイラストは制作例です。 お客様のご希望に合わせて内容を変更し、新たにイラストを制作いたします。 例えば、若い男性を年配の男性に、女性を男性にするといったことも可能です。 どのようなことでもお気軽にご相談ください。

次の

家族 イラスト

イラスト 家族

「父の日」の父 「父の日」は1910年、アメリカのジョン・ブルース・ドットという女性が、国内で「母の日」の活動が広まる中、「母の日があって、父の日がないのはおかしい。 」と教会の牧師に嘆願したことから誕生しました。 「父の日」を生んだドットの父親は、いったいどんな人だったのでしょうか? ドットの父であるウィリアム・ジャクソン・スマートは、南北戦争で北軍の軍曹として、「南北戦争の英雄」と呼ばれるほどの立派な人物でした。 戦争中、ドットも含む6人の子供を母親が、一人で働きながら育てていました。 しかし終戦後、父も戻り家族8人の幸せな暮らしが戻るかと思った矢先、これまで一人で家族を支えてきた母が病気で亡くなってしまいます。 父はその後、再婚もせずに6人の子供たちを男手一つで育て上げ、立派に成人させた後に病気で亡くなりました。 そんな父を心から愛し、尊敬していた子供たちを代表してドットは、父の誕生日である6月に、自己犠牲をいとわない父に感謝する「父の日」を設けるように教会に嘆願します。 「母の日」同様に多くの人が共感、賛同し、「母の日」から遅れること2年、1916年に第28代ウイルソン大統領によって「父の日」が認可されました。 「母の日」の花がカーネーションというのは有名ですが、「父の日」の花がバラであるということはあまり知られていません。 ドットが父の墓前に白いバラの花束を供えたことから、父親が健在の場合は赤いバラ、亡くなっている場合は白いバラを贈る風習があります。 しかし日本では、なぜか黄色いバラが主流のようです。

次の