電波 中 年 の ここら で 一服。 燕三条エフエム放送 ラヂオは~と 76.8MHz ; 燕三条系さとちん電波

インターネット回線が不安定で、Zoomが使えない時の対処法

電波 中 年 の ここら で 一服

[ ]内に入れるべき字句を下の番号から選べ。 大気の屈折率は高さにより変化し、上層に行くほど屈折率が[ア]なる。 そのため電波の通路は[イ]に曲げられる。 しかし、電波の伝わり方を考えるとき、電波は[ウ]するものとして取り扱った方が便利である。 このため、地球の半径を実際より[エ]した仮想の地球を考え、この半径と実際の地球の半径との比を等価地球半径係数といい、これを通常Kで表し、Kの値は[オ]である。 1 小さく 2 大きく 3 散乱 4 上方 5 下方 6 1. 曲がっていては考えにくいので、地球の半径が変化した「ことにして」考えれば、電波の経路が直線だと考えても良い、というのが「等価地球半径」の考え方です。 [1]電波や光は曲がって進む? 屈折率の変化と電磁波の経路 光と電波は、周波数が違うだけで、同じ電磁波ですので、ここでの説明では学校でやった(かも知れない)光の屈折の実験例で説明します。 まず、屈折率がある表面で突然、 階段状に変化する場合を考えます。 Fig. 水の方が屈折率が高く、空気の方が低い状態です。 この場合、光は水面に近づく方に曲がります。 つまり、 屈折率の高い方から低い方に電磁波が進行する場合、進行方向は屈折率の高い方に曲がります。 これを、 スネルの法則と言って、水の中に箸を入れると、箸が曲がって見える、あの現象の説明です。 では、 屈折率が連続的に変化しているような媒質では、経路はどうなるでしょうか? このようなケースは、 地球の大気が地表から上空に向かって、屈折率がほぼ直線的に減少している状態(Fig. 考え方としては、大気が、 厚みの薄い多数の膜のような層からなっていると考え、それらの屈折率がn 1>n 2>n 3>…>n iと、 わずかずつ上空方向に向かって減少してゆく状態をイメージすればよいです。 つまり 徐々に屈折率が減少するi層の多層膜が重なっている、ということです。 スネルの法則に依れば、光の経路は、層を一つまたぐたびに、わずかにこの図の下方に曲げられます。 従って、 大気中の光の光跡は直線にはならず、斜めに打ち上げても、地面方向に曲がることになります。 さらに、大気の屈折率分布自体が同心円(球?)状なので、事情は複雑ですが、光跡が地面に向かって曲げられることには変わりありません。 [2]電波の経路を直線で表したい 打ち上げた電波の経路が、地面方向に曲げられることは分かりましたが、実際TVやFMの送信所を建設する場合など、カバーエリア(受信可能な範囲)を設定し、鉄塔の高さやアンテナの垂直面内の指向性・利得を決めたいのに、「電波が曲がって飛ぶ」のでは設計しづらくて仕方ありません。 例えば、山のない砂漠のような平原に、水平面内が無指向性のアンテナを建てて四方を見回したとしましょう。 電波が(光も)真の直線で飛ぶなら、 アンテナのある高さから見た水平線までが「見通し距離」で、それより 向こう側は直接波は届かないはずです。 しかし、実際には地図上で描いた「見通し」距離よりも遠くに届きます。 これは、Fig. これでは、途中の障害物などが実際に経路にかかるのかどうか分からないので、 電波が直線で飛ぶと考える「代わり」に、 地球の半径が大きくなった、と考えたらどうだろう、という発想の転換をしたのがFig. 実際、このような仮定(電波の経路を直線にするには地球の半径を変えればよい)が成り立つのか、の証明は(私もちゃんと説明できない=分かってない、ので)でできませんが、数式だけを追って行くと、確かにそう考えて差し支えありません。 [3]等価地球半径を計算する 等価半径を考えるには、先に述べたように、 大気も球状に屈折率分布をしているので、その影響を考慮した「 修正屈折率」というものを使います。 それでは、解答に移ります。 閉じる.

次の

『ラストデイズ・オブ・アメリカン・クライム』(2020年)

電波 中 年 の ここら で 一服

MVNOが借りているのは、「ある瞬間に一度に流せるデータ量」です。 (IIJ 堂前) MNOは日本中に携帯電話の基地局を設置しており、基地局とスマートフォンの間は電波でやりとりしています。 これらの基地局は光ファイバーなどにより接続され、他の電話会社やインターネットへと接続されています。 この、インターネットと接続されている部分で、MNOとMVNOの通信が分離されます。 このポイントを「相互接続点」(POI……Point Of Interface)と呼びます。 MVNOが「借りている」のは、POIより手前の区間です。 このとき、MVNOがどれだけの通信量を借りるかの計り方は2種類あります。 1つは「回線単位」で借りる方法、もう1つが「帯域」で借りる方法です。 回線単位で借りる場合は、MVNOはMNOが用意するプランを指定して回線を借り受けます。 このプランはMNOが一般の利用者に提供しているものと同じような体系で、 通信量のカウントや制御もMNOが行います。 MNOにとっては回線を直接利用者に提供するのか、MVNOを通して提供するのかが違う程度で、設備上は自社の顧客が増えたのとあまり変わりはありません。 一方、帯域で借りる場合は少し事情が異なります。 帯域で借りる場合は、MNOはMVNOが利用している個別の回線の通信量には関知しません。 MVNOが借りている全ての回線の通信量の合計をMNOとMVNOの間で取り決め、それを上限として通過できるデータ量を制限するのです。 この制限は、先ほど説明したPOIで行われます。 日本中の基地局を通してやりとりされるMVNO利用者の通信は全てPOIを経由するため、ここで制限をかけることでMVNOが使う通信の量を制限することができるのです。 POIでMVNOが使う通信量に制限を設けている MVNOがMNOから設備を借りる際は、POIを通過することができる通信の量で費用が決まります。 例えば、100Mbpsや1Gbpsといった数字で、これは「 ある瞬間に一度に流せるデータ量」を示しています。 例えば、ある瞬間に日本中で100人の利用者がそれぞれ1Mbpsの速さで通信を行うと、POIを通過するデータは100Mbpsとなります。 この100Mbpsや1Gbpsを差して「MVNOが借りている帯域(幅)」と呼んでいます。 MVNOが借りている帯域には上限があるため、一度に利用が集中すると、必要なだけのデータを流すことができなくなります。 流しきれないデータは後から送り直すのですが、利用者から見ると通信速度が低下したように感じます。 このような状態になるとMVNO利用者全体の通信速度が遅くなります。 よく言われているMVNOの混雑というのはこの現象を指しています。 また、MVNOが設備を増強するというのは、借り入れ帯域を増やし、ある瞬間に流せるデータ量を増やすことを意味しています。 MVNOが提供するサービスの多くは、「1カ月あたり3Gバイト」など、ある瞬間の通信量ではなく、ある期間の通信量が定められています。 これは、MVMOがMNOから借りる帯域の考え方とは異なります。 このため、同じ3Gバイトでも利用者が時間を分散して通信するのと、特定のタイミングに集中して通信するのでは、混雑の発生の仕方が異なります。 各MVNOは、 自社の利用者がどのようなタイミングで通信をするのかを想定しながら、どれだけの帯域をMNOから借りるのかを決定しています。 これがMVNOビジネスにおける最も重要なポイントです。 MVNOサービスの料金プランは「月」や「日」などの期間ごとに決められている(こちらはIIJmioのプランの例) また、MVNOに設備を貸し出すと、MNO自身が利用する設備が減ってしまうという印象を受けます。 これはある意味では正しいのですが、実際には問題になることはありません。 MNOが設備を貸し出す際には、例えば基地局や電波の何分の一かをMVNO専用に予約しているわけではありません。 基地局が同時に通信を行っている多数のスマートフォンの中に、MNO利用者のスマートフォンとMVNO利用者のスマートフォンが混在しており、どちらも区別無く通信が行われています。 もし、その基地局の周辺でスマートフォンの利用者が増え、基地局のキャパシティを超えるスマートフォンが通信を行った場合は、MNO・MVNOの区別なくそれぞれのスマートフォンの通信速度が、まんべんなく遅くなります。 これが基地局の混雑といわれる状態です。 そのような混雑が恒常的に発生している場合は、MNOがその周辺の基地局や設備の増強を行い、キャパシティの拡充を行います。 こういった増強に用いられる費用には、MVNOが設備を借り受ける際に支払った利用料金も利用されます。 MVNOの利用が増えたとしても、MNOが設備を増強するための資金が確保できるように、MVNOが支払う利用料金はMNOの設備コスト+適正な利潤と定められています。 関連記事• では、なぜ格安SIMの電波は弱いと感じることがあるのでしょうか。 「格安SIM」「格安スマホ」という言葉がお茶の間にも浸透しつつありますが、ドコモ、KDDI、ソフトバンクなどの携帯キャリアとは何が違うのでしょうか? 今回は格安SIMを提供するMVNOについて解説します。 MVNOが提供している格安SIMは、どうして「格安」なのでしょうか。 MVNOのマーケティング戦略にスポットを当てながら考えていきます。 MVNOが提供するSIMカードを挿したiPhoneで、なかなかLTE接続できなかったり、そもそもデータ通信できなかったりする事象が見られる。 IIJがその原因を調査し、そこで判明した結果を紹介した。 関連リンク•

次の

等価地球半径 空気の屈折率 スネルの法則 地球の半径 仮想地球の半径 半径の比 修正屈折率

電波 中 年 の ここら で 一服

概要 [ ] 電波は、されるとで周囲に伝搬する。 無秩序に使用された場合、となる可能性があることから、電波を送信する機器が使用するは、国あるいは国際機関により管理・規制されている。 では、に基づき、が管轄している。 電波の用途としては、次のようなものが挙げられる。 ・広域通信• やの(及び)• 行政:、、など• 業務用:、、、など• 電話:()、、• データの送受• 、、など• (など)• 遠隔操作• 位置測定• 、、などの位置情報システム• :による加熱• 反射を利用したもの• 分析化学• 電波における電磁スペクトル [ ] 「」も参照 周波数と対応するによって電波は以下の周波数帯に分割される。 周波数帯 略称 基準 周波数と波長 用途例 3以下 100,000以上 極極極超長波 ELF 1 3 - 30Hz 100,000km - 10,000km 潜水艦の通信 極極超長波 SLF 2 30 - 300Hz 10,000km - 1000km ULF 3 300 - 3000Hz 1000km - 100km 鉱山における通信 VLF 4 3 - 30 100km - 10km 無線、 LF 5 30 - 300kHz 10km - 1km 、、長波放送 MF 6 300 - 3000kHz 1km - 100 、 HF 7 3 - 30 100m - 10m 、、業務通信、 VHF 8 30 - 300MHz 10m - 1m 、、業務通信、核磁気共鳴分光法 UHF 9 300 - 3000MHz 1m - 100 UHFテレビ放送(地デジ含)、、、、、、業務通信、核磁気共鳴分光法 SHF 10 3 - 30 100mm - 10mm 、、、最新、 EHF 11 30 - 300GHz 10mm - 1mm 、高速、最新レーダー(ミリ波レーダー)、電子スピン共鳴 300GHz以上 1mm以下 電波の質 [ ] 電波法第28条に「送信設備に使用する電波の周波数の及び幅、の強度等電波の質は、で定めるところに適合するものでなければならない。 」と規定している。 これを受けたには、第1章総則第2節電波の質として、第5条から第7条に「周波数の許容偏差」、「占有周波数帯幅の許容値」、「発射又は不要発射の強度の許容値」があり、具体的な値は別表第1号から第3号に規定するものとしている。 注釈 [ ]• CONVENTION DE L'UNION INTERNATIONALE DES TELECOMMUNICATIONS 関連項目 [ ]• (6月1日)• 外部リンク [ ]•

次の