明石家さんま 実家。 明石家さんまの生い立ち~継母の現在は?実母の病死,弟の死…壮絶すぎる!

【ビル全部!ホントのさんま御殿】明石家さんまの自宅が判明【画像あり】

明石家さんま 実家

スポンサーリンク 継母の連れ子が弟になる 再婚相手、 継母にあたる方には連れ子の男の子がいました。 やはり 実子のほうが可愛がられ、そんな状況を少しでも改善できるようにと明石家さんまさんは、 継母を笑わせることに必死になったそうです。 なんだか切ない話ですね・・・ しかし明石家さんまさんは、その頃の経験が自分にお笑いの力をつけてくれたと当時を振り返っています。 (兄と)二人でよう二段ベッドで泣きましたわ…。 どんなに頑張っても同等には見てもらえない。 仕方のないことなのかも知れません・・・しかし子供には受け入れがたい辛い現実ですね。 弟に対する嫉妬心が芽生えてもおかしくないのに、明石家さんまさんは連れ子の弟を嫌うどころか、 年の離れた弟ができたことをとても喜び、本当の兄弟のように可愛がっていたとの事です。 MEMO 1983年、弟は19歳という若さで実家の火事が原因で亡くなります。 マスコミは過剰に反応し、取材を試みます。 華麗なマスコミ対応で有名な明石家さんまさんも、流石にこの時は耐えられなかったようで、あまりのショックに 芸人をやめようかと本気で考えたと当時を語っています。 その時さんまさんを支えたのは オール巨人さんです。 芸人は親の死であっても笑いに変えなければいけません。 世間から「可哀想」と同情のレッテルを貼られてしまってはお笑い芸人としての道は終わりですよね。 その名も 【カラオケバーさんま】・・・って、弟の力借りまくりの店名です笑 さんまさんにそっくりですが、穏やかで優しいお顔をされてます^^ 複雑な家庭環境を共に乗り越えた兄弟ですから、自然と深い絆が生まれたのではないでしょうか。 さて、 人生において大切な人を2人も失い明石家さんまさんの人生に影響しないわけがありません。 それはその後、結婚し家庭を持った明石家さんまさんの行動から伺い知ることができます。 明石家さんま、大竹しのぶと結婚して同じ境遇になる 幾度の辛い経験をした明石家さんまさんまさんは、1998年、女優大竹しのぶさんと結婚されます。 これまでの経緯から、明石家さんまさんが「結婚」にかける想いは人一倍強いものがあったと想像します。 大竹さんには 前夫である演出家・服部晴治さんの間に大竹二千翔(にちか)さんという息子がいます。 その後さんまさんとの間にも 二人の子であるIMALU(イマル)ちゃんが生まれますね。 さんまさんが 自分が育った環境と重ね合わせないはずがありません。 連れ子である二千翔さんに自分と同じ思いをさせてはいけない。 そう考えたと容易に想像がつきます。 大竹しのぶさんの言葉• 二千翔さんにIMALUちゃんと変わらない愛情を注いでくれていた。 離婚後の大竹しのぶさんが言っているので間違いないでしょう。 さんまさん自身は【お父さん】と呼ばせる自信が無かったと言っていますが、大竹さんが語るには、 二千翔さんが自分の事を【お父さん】と呼びにくいと考えたと・・・ だから 実子であるIMALUちゃんにも【ボス】と呼ばせる様にしたそうな。 離婚の際、二千翔さんは「ボスの方へ行く!」と言い張ったそうですから、どれほどしっかり愛情を注いでいたかが分かりますね。 この画像は、 2019年の長男・二千翔さんの34歳のお誕生日をお祝いしたときのものだそうです。 さんまさんのコメントには「娘が居なかったのかちょっと残念でしたが、楽しい夜になりました」とありました。 IMALUさんは体調を崩してしまったそうで、たしかに残念ではありますが、皆さん素晴らしい笑顔でなんとも心温まるお写真です。 離婚という形になっても子どもたちはしっかりと愛情を感じ、大竹さんが今も頼りにしていると分かります。 それもこれも明石家さんまさんのお人柄ゆえですね。 スポンサーリンク 明石家さんま・継母の現在 さて気になる 明石家さんまさんの継母の現在についてですが・・・ 実は全く語られていないのです。 恐らく疎遠になっているのではないでしょうか。 実の息子を亡くしてから、一緒に居る意味を見いだせなくなったのかもしれませんね。 ご年齢的にはすでに他界している可能性もありますが、明石家さんまさんの事ですから、現在も関係があればこの様なエピソードを公開しないような気がします。 以上になりますが、如何でしたでしょうか。 明石家さんまさんの生い立ちは想像を絶する過酷なものでした。 人の心の痛みが分かるからこそ、本気で笑わせれるのかもしれませんね。 最後までお読み頂き有難うございました!.

次の

明石家さんまの生い立ちが凄絶!継母や兄弟と父親の現在は?天涯孤独

明石家さんま 実家

さんまさんのお父さんは、サンマなどの魚の加工業を営んでおり、さんまさんの芸名もここから取られました。 お父さんは、さんまさんが50歳の時、心肺急停止のため亡くなります。 葬儀は密葬とされましたが、親しい間柄の間寛平さんには、葬儀の報せがもたらされました。 寛平さんは葬儀の報せを受けると、急いで奥さんから葬儀用の服を受け取り、会場に駆けつけます。 ところが大急ぎで支度したためか、受け取った荷物に入っていたのは、奥さんのブラウス! 寛平さんは仕方なく、レースが入ったブラウスにネクタイを締め、葬儀に挑みます。 しかし、襟元の不自然さを隠し通せるはずもなく、さんまさんに見つかってしまいました。 その後、お父さんは従姉と再婚しますが、さんまさんと継母は折り合いが悪かったそうです。 お兄さんの職業は、お父さんが始めた「カラオケバーさんま」を継いで、経営しています。 2010年末に放送された「さんま・清の夢競馬」では、菊花賞の観客に、偶然お兄さんが写り込んだというアクシデントが紹介されました。 さんまさんがお兄さんの姿に、すぐに気付いたのは理解できます。 しかし共演の杉本清さんもすぐに分かったというから、かなり似ているのでしょう。 そんなお兄さんの画像はこちら。 さんまさんの実母が亡くなった後、お父さんが再婚して生まれたのが正登さんでした。 正登さんは、奈良育英高校サッカー部のキャプテンとして、インターハイに出場し、国体でも活躍しています。 継母と折り合いが悪い中、年齢の離れた弟さんのことを、さんまさんは本当に大切にしていました。 しかし、正登さんは、19歳という若さで亡くなってしまいます。 さんまさんの実家を全焼する火事があり、その犠牲となったのでした。 さんまさんは、最愛の弟の死について、こう嘆いています。 今度のワールド・カップをふたりで一緒に見に行こう。 キップはぼくが買っとくからって、約束しとったのに…。 しのぶさんは、1957年7月17日生まれで、現在(2015年12月)58歳なので、さんまさんより2歳年下になります。 さんまさんとは、「男女7人夏物語」で恋人役を演じたのをきっかけに、その後の「男女7人秋物語」「いこかもどろか」でも共演して、親密になりました。 そして、1988年9月に電撃結婚。 しかし、主婦業を優先して欲しいさんまさんと、女優業を続けたいしのぶさんは擦れ違い、1992年9月に離婚してしまいます。 1985年生まれなので、今年(2015年12月)で30歳になりますね。 元々大竹しのぶさんの連れ子ですが、離婚した現在も、さんまさんは自分の息子のように可愛がっています。 実は、二千翔さんは、幼い頃からアレルギー性喘息で苦しみ、薬を飲みつづけていました。 食事制限も厳しく、発作が起きると、涙を流しながら、ぜいぜい苦しむ姿を見かねたさんまさんは、立ち上がります。 よし、俺が治す。 ええか、絶対に薬を飲ませたらあかんぞ 「窒息したらどうするの」と抗議するお義母さんに、さんまさんは「一日だけ僕に時間をください」と頼み、枕元で二千翔さんの手を力強く握りしめました。 それから、一睡もせずに、朝まで息子さんを励まし続けます。 すると、驚いたことに、喘息の発作はそれ以来、すっかり鳴りを潜めたのでした。 子を思う父の気持ちは、血が繋がっていようがいまいが、関係ないという事ですね! 1989年9月19日生まれなので、年齢は26歳(2015年12月)になります。 さんまさんは元々、IMALUさんが芸能界に入ることに「大反対」しており、IMALUさんが出演する番組はチャンネルを変えるのだそうです。 理由は、芸能界の先輩として、父親として、どうしても厳しい目線になること。 病院で2針縫う傷となり、その傷は、今でもさんまさんの腕に残っています。 実は、仲良しの犬がさんまさんを噛んだ日は、お母さんの葬儀の日でした。 仲良しの犬は、お母さんの葬式の日を覚えさせるため、さんまさんを噛んだのです。 実の母親の顔を覚えていないさんまさんにとって、腕のキズだけが、母親とのキズナを示す、唯一の思い出となったのでした….

次の

明石家さんまの弟の死因は実家の火事?共演NGは長渕剛と誰?

明石家さんま 実家

お笑い界の重鎮の明石家さんまと言ったら 過去の嫁の大竹しのぶネタがちょっぴり寒い 大御所芸人です。 彼の生い立ちが壮絶な弟との別れと義理母との 確執で驚愕内容です。 これまでを追ってみよう。 Sponsored Link 明石家さんまプロフィール 芸名 明石家さんま 本名 杉本高文(すぎもと たかふみ) 生年月日 1955年7月1日(61歳) 出身地 奈良県奈良市 血液型 B型 身長 172. 5㎝ 明石家さんまの生い立ち~義理母からのイジメ 彼は 3歳で母親を病気で亡くし、その後父親が さんまを父子家庭として育てるも、結局小学校 4年生で 再婚する。 すぐそばにいるさんまを居ない相手のように振る舞い 後に誕生することとなるさんまの腹違いの弟ばかりを 可愛がると言う非情な女性だった。 でもそんな義理母に対して彼は諦めずに気に入って貰いたい 一心で毎日必死で面白いことを考えて笑わせようと子供ながら にしてたみたいです。 自分も仲良くしたかったのでしょうね・・・ しかしイヤな母親ですね。 最初から連れ後がいたのは覚悟の 上で再婚されたのでしょうに、人として最悪です。 Sponsored Link 明石家さんまの弟は焼死の驚愕過去 腹違いとは言え弟とは年の離れた兄弟として仲の良かった さんまの弟さんは 焼死で亡くなっているそうです。 実家が火災にあって当時19歳だった弟が犠牲に なったと言われてますが、 一説には自殺との情報も・・・ この弟さんはさんま曰く、義理母とは違いさんまの事を かなり慕って、そして尊敬もしてくれていた弟さんだった。 学生時代はサッカー部のキャプテンも務め、インターハイにも 出場して国体選手にも選ばれた優秀な弟さんだったそうです。 exblog. 活躍しなからも兄弟の交流もあったようで当時のさんまの 大阪のマンションにも出入りして良く遊びに来ていた程 仲が良かった兄弟だったそうです。 当時のさんまは相当なショックを受けて一時は芸能界を 引退しようかと思う程舞台でも笑いが取れなくなってしまった さんま。 乳飲み子での母との別れに19歳での弟との不慮の火災 事故での別れ、様々な壮絶過去を乗り越えて現在の彼 があると思うとまた見る目が変わりますね。 おわりに 明石家さんまの生い立ちは壮絶幼少期と言って過言ではないだろう。 実の母親との別れに弟の火災事故での死。 想定外の壮絶半生を乗り越えての現在のさんまさんの活躍を考えるとこれからも益々活躍して欲しい一流の芸人の一人だと思いました。 Sponsored Link.

次の