魔女 の 宅急便 トンボ 声。 魔女の宅急便 裏話 / 舞台や声優・キキの誕生からジジ・トンボのその後まで

【魔女の宅急便声優一覧】おばぁちゃん・お父さん・キキを画像付きで!

魔女 の 宅急便 トンボ 声

とあるのどかな田舎町に住むキキは、魔女の血を受け継ぐ13歳の女の子。 『魔女として生きることを決意した少女は、13歳の満月の夜に魔女のいない町を見つけて定住し、魔女の修行を積むべし』という古くからのしきたりに従って旅立ち、海に囲まれたコリコの街に定住を決める。 しかし、魔女の風習の残る田舎町と異なり、大都会である街の人々はどこかよそよそしく、キキはそんな人々の態度に戸惑いを隠せない。 そんな中、グーチョキパン店のおかみ・おソノさんに出会い気に入られたキキは、おソノさんの好意でパン屋に居候し、空飛ぶ魔法を活かして『魔女の宅急便』を開業する。 一生懸命に働く中、人力飛行機作りを目指す少年トンボと出会う。 馴れ馴れしい態度で接してくる彼を不愉快に思いながらも徐々にキキはトンボと打ち解けてゆくが、思春期における様々な感情の機微ゆえに、なかなか素直になれない。 そんなある日。 キキは突然魔法の力を失う。 空も思うように飛べず、ジジとの会話もできず、更に大切なほうきを折るというアクシデントに見舞われ、失意に落ち込んでしまう。 宅配便の仕事をすることもできず途方に暮れる中、かつて仕事の最中に森の中で出会った絵描きの女性ウルスラと再会したキキは、彼女の励ましを受けて少しずつ元気を取り戻していく。 その後、過去にニシンのパイの配達を依頼してきた老婦人の家へ招かれたキキは、婦人から宅配を依頼された届け物が落ち込んだ自分を励ますためのものだったことに気づき、久しぶりに明るい笑顔を見せる。 そんな時、飛行船『自由の冒険号』の離陸生中継を放映していたテレビが、突風に煽られ飛行船が暴走することを報じ、トンボが飛行船のロープにしがみついたまま空中にさらわれてしまう光景が映し出された。 無我夢中で現場へと急行したキキは、たまたま近くにいた掃除夫のデッキブラシを借り受け、必死の思いで魔法の力を奮い起こし、再び大空へと飛び出した。 慣れないデッキブラシでの飛行に翻弄されつつ、すんでのところでトンボを助け出すことに成功する。 こうして再び魔法の力を取り戻したキキは、街の人たちともすっかり打ち解け、今日も元気にコリコの町を飛び回りながら、宅配業に精を出すのだった。 出典 魔女の宅急便 1989年の映画 - Wikipedia.

次の

【魔女の宅急便声優一覧】おばぁちゃん・お父さん・キキを画像付きで!

魔女 の 宅急便 トンボ 声

【魔女の宅急便】 ジジはキキの相棒の黒猫です。 キキは魔法でジジと話すことができます。 ちょっと生意気ですが、いつもキキを励ましてくれる存在です。 ジジの声を演じているのは声優の佐久間レイさん。 「それいけ!アンパンマン」のバタコさん役でおなじみの声優さんです。 魔女の宅急便の声優:おソノさん/戸田恵子 おソノさんはパン屋の女将さん。 赤ちゃんのおしゃぶりを拾ってくれたキキを気に入り、パン屋の屋根裏をキキに部屋として提供します。 コリコの街でキキを温かく見守ってくれる大人の一人です。 おソノさんを演じたのは女優・声優の戸田恵子さん。 「それいけ!アンパンマン」のアンパンマンや「トイ・ストーリー」のボー役でも知られています。 なんと、ジジとおソノさんがアンパンマンコンビという2度目の奇跡! コナンやアンパンマンなど、名作アニメで共演した声優さんが、魔女の宅急便を作り上げていたんですね! 魔女の宅急便の声優:ウルスラ/高山みなみ ウルスラは森のアトリエで一人絵を描いている、画家志望の女の子。 キキが配達中に落としたぬいぐるみを拾ったことでキキと友達になります。 マイペースですが、魔法が使えなくなって落ち込むキキを励ましてくれる存在です。 実はウルスラを演じたのは主人公キキと同じ高山みなみさん! 当時まだ新人だった高山さんは当初ウルスラ役にキャスティングされていたものの、キキ役が空いてしまったため、オーディションでキキ役に抜擢されました。 しかし逆に空席になったウルスラ役の後任が決まらず、1人2役を演じることになったそうです! 魔女の宅急便の声優:コキリ/信澤三惠子 コキリはキキのお母さん。 彼女もまた魔法使いで、魔法使いを目指す娘を送り出します。 演じたのは俳優の信澤三惠子さん。 宮崎駿監督のアニメ「未来少年コナン」で主人公コナンを演じています。 魔女の宅急便の声優:オキノ/三浦浩一 オキノはキキのお父さんです。 魔女や妖精について研究している学者さんです。 オキノの声を担当したのは俳優の三浦浩一さん。 時代劇やサスペンスドラマなどで活躍する渋いイメージの三浦さんですが、「魔女の宅急便」では娘思いの父親役を演じています。 まとめ いかがでしたか? 今回は、ジブリの名作アニメーション『魔女の宅急便』の声優を紹介しました。 アンパンマンやコナンに出ている声優さんが担当していたりしたのには驚きました。

次の

魔女の宅急便トンボがうざくて嫌いな理由はなぜ?原作ではイケメンなの?

魔女 の 宅急便 トンボ 声

魔女の谷エリア キキ 主人公のキキは13歳の女の子。 魔法使いの修行中で、大きな赤いリボンと黒いワンピースがおきまりのスタイルです。 トンボからは「魔女子さん」と呼ばれています。 トンボ コリコで暮らすトンボは、自力で空を飛ぶことに憧れる少年。 魔法で空を飛ぶことができるキキに興味を持っています。 仲間と人力飛行の飛行機を作っており、街に不時着した飛行船にも興味津々です。 ジジ ジジはキキの相棒の黒猫です。 キキは魔法でジジと話すことができます。 ちょっと生意気ですが、いつもキキを励ましてくれる存在です。 おソノさん おソノさんはパン屋の女将さん。 赤ちゃんのおしゃぶりを拾ってくれたキキを気に入り、パン屋の屋根裏を部屋として提供します。 コリコの街で彼女を温かく見守ってくれる大人の一人です。 ウルスラ ウルスラは森のアトリエで一人絵を描いている、画家志望の女の子。 キキが配達中に落としたぬいぐるみを拾ったことで友達になります。 マイペースですが、魔法が使えなくなって落ち込む彼女を励ましてくれる存在です。 コキリ コキリはキキのお母さん。 彼女もまた魔法使いで、魔法使いを目指す娘を送り出します。 オキノ オキノはキキのお父さんです。 魔女や妖精について研究している学者さんです。 魔女の宅急便のあらすじ:キキの旅立ち 主人公のキキは魔女の血を継ぐ一族の出身。 13歳になったキキは一族の教えに従って、1年間の修行をして魔女になるため、黒猫のジジと一緒に他の魔女がいない街を探し始めます。 母親から受け取ったほうきと、父親にもらったラジオをもち、友達に見送られながら旅立ちます。 「ゴーゴー、キキ!ゴーゴー、キキ!」のコールを受け、木にぶつかりながらも出発しました。 お父さんのラジオで「ルージュの伝言」を聴きながら飛んでいくと、占いができる魔女の先輩に出会い、曲を止めさせられます。 そこに突然嵐がやってきて、2人は貨物列車に降り立ち雨宿りをすることに。 干し草で眠ってしまったキキは、牛に足を舐められ目を覚まします。 そのとき窓の外にキキが見たのは、「海」と「コリコの街」でした。 時計塔がある街並みにワクワクしていましたが、街の人の反応は都会らしく冷たいものでした。 街中を飛んでいたキキはバスにぶつかりそうになり、あやうく交通事故を起こしかけ、警察官に声をかけられます。 しかし、ほうきで空を飛ぶ魔女に興味津々のトンボという少年に助けられます。 魔女の宅急便のあらすじ:パン屋で宅急便をするキキ キキはお客さんの忘れ物のおしゃぶりを代わりに届けたことでおソノという女性に気に入られ、彼女の営むグーチョキパン店の屋根裏に居候することに。 そして、ホウキで空を飛ぶ能力を活かして宅急便をスタートしました。 最初の配達は、カゴに入ったジジに似た黒ネコのぬいぐるみを誕生日の男の子に届けること。 途中で森にぬいぐるみを落としてしまったキキは、慌ててジジにぬいぐるみのふりをさせカゴを届けます。 魔女の宅急便のあらすじ:ウルスラとの出会い 森でぬいぐるみを探していくなかで、絵描きのウルスラに出会います。 ぬいぐるみを返してもらいましたが、首のところがほつれてしまっていました。 ウルスラが直してくれている間、キキは小屋の掃除を手伝います。 無事にぬいぐるみが戻り、ジジの元へと急ぎました。 男の子の家の犬ジェフに助けられ、ジジの救出に成功したのです。 魔女の宅急便のあらすじ:トンボとのすれ違い キキが店番をしていると、パーティーの招待状を持ったトンボが現れます。 6時に迎えに来ると言い残し、去っていくトンボ。 急いで配達を終わらせようとしますが、老婦人の家でトラブルが。 電気オーブンの調子が悪く、孫の誕生日にと作ったニシンのかぼちゃの包み焼きが焼けないと言うのです。 キキは薪のオーブンで焼くのを手伝い、雨の中ギリギリで配達をします。 しかし、老婦人の孫である若い女性は贈り物を喜ばず、「私このパイ嫌いなのよね」とそっけない態度をとりました。 店に戻った彼女は、迎えにきていたトンボの後ろ姿を見つけますが、服もビショビショだったため声をかけずにトボトボと部屋に戻りました。 翌日キキは風邪をひき寝込んでしまい、おソノさんにミルクがゆを作ってもらいます。 魔女の宅急便のあらすじ:トンボとの仲直り 魔女の宅急便 落ち込むキキは部屋に戻りますが、なぜがジジの言葉がわかりません。 突然のスランプに焦ったキキは、ほうきで飛ぶ力を確かめに丘へ行き、何度もなんども飛んでみます。 しかし転げ落ちるばかりで、とうとう飛ぶことができなくなってしまいました。 ほうきも折ってしまい、やむなく宅急便を休業することに。 魔女の宅急便のあらすじ:ウルスラの小屋でお泊まり会 街に来ていたウルスラが、キキの元を訪ねます。 スランプだと言う話を聞いたウルスラは、自分の小屋に泊まりに来るように言います。 小屋でウルスラの描いた大きな絵を見て感動するキキ。 ウルスラも絵が描けなくなることがあると聞いて、ジタバタするしかないと言う言葉に励まされます。 魔女の宅急便のあらすじ:老婦人のケーキ 翌日、老婦人に呼ばれて家を訪れたキキは、自分のために焼かれたケーキを受け取ります。 「これをキキという人に届けてほしいの」といわれ驚きます。 先日のお礼だと言われ、ついでに誕生日を聞いてきてほしいと粋なお願いをされます。 魔女の宅急便のあらすじ:トンボ救出劇 すると老婦人の家のテレビに、飛行船が風に煽られているという中継が飛び込んできました。 飛行船を支えていたロープが切り離される中、そのひとつにトンボがぶら下がっているのです! キキは急いで街へ向かい、そこらへんにいたおじいさんのデッキブラシを借りて飛ぶことを試みます。 魔法が使えなくなっていたキキは集中! ふらつきながらもなんとか飛行船に近づきます。 トンボはあと少しのところで握力が限界になり落ちてしまいますが、危機一髪のところでキキが救出します。 2人は喝采を浴び、その様子はテレビ中継で街の人を沸かせるのでした。 その後キキは両親に手紙を送り、この街が好きだということ、少し自分に自信がついたことを伝えて物語は終わります。 魔女の宅急便のあらすじ:トリビア 最後に、「魔女の宅急便」に関するトリビアをご紹介しましょう。 これを知っていると、また違った見え方が楽しめますよ。 原作となっているのは角野栄子作の児童文学書「魔女の宅急便」です。 実は原作小説の「魔女の宅急便」は全6巻、特別編が2巻の合計8巻が刊行されています。 1985年から2017年まで、なんと32年かけて完結したんですよ。 スタジオジブリが映画化したのは、原作小説のうち第1作の前半部分です。 原作小説ではその後、キキとトンボが結婚して双子の子供が生まれます。 キキとトンボの子供たちも、魔法使いの道に進むかどうかで悩んだりするんですよ。 ヨーロッパ風の建築と、海が見える景色がとても素敵ですよね。 宮崎駿監督によると、魔女の宅急便は「二度の大戦を経験しなかった平和なヨーロッパが舞台」なのだそうです。 このコリコは物語に登場する架空の場所で、実在しません。 しかしコリコの街は、実際にヨーロッパにある街をモデルにデザインされています。 スタジオジブリがコリコの参考としたと明言しているのは、次の通りです。 ストックホルム市街/スウェーデン ゴットランド島ヴィスビー地区/スウェーデン 物語のクライマックスに登場する時計塔のモデルと思われるものはストックホルム市街にあります。 また、トンボとキキが自転車に乗って坂を駆け下りるシーンやパン屋のある街並みはヴィスビーが参考にされていますよ。 そのため映画化にあたってジブリはヤマト運輸にタイトルの使用許可と、スポンサーになってほしいという相談をしたんだそう。 相談を受けたヤマト運輸は、映画に黒猫のジジが登場することもあり、クロネコヤマトの宣伝にもなると考えてこれを了承したんだそうです! まとめ スタジオジブリの名作アニメ「魔女の宅急便」のあらすじについてお届けしました。

次の