ラッドウィンプス 破産。 RADWIMPS自己破産「ほら見ろライブできなかったらウチみたいな個人事務所は死ぬんだよ!なんとかしろ!

RADWIMPSのサブスク解禁・好き・ファンが話題

ラッドウィンプス 破産

「RADWIMPS LIVE TOUR 2020」 3月20日 金・祝 大阪府/京セラドーム大阪 3月21日 土 大阪府/京セラドーム大阪 4月5日 日 福岡県/福岡ヤフオク! ドーム 4月14日 火 広島県/広島グリーンアリーナ 4月15日 水 広島県/広島グリーンアリーナ 4月19日 日 新潟県/朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 5月2日 土 愛知県/ナゴヤドーム 5月9日 土 青森県/盛運輸アリーナ 青森県営スケート場 5月23日 土 東京都/東京ドーム 5月24日 日 東京都/東京ドーム ドームの箱代、スタッフ代、舞台代、グッズ代… 全部含めると両さんの借金みたいな額になる。 ファンからは応援の声が殺到している。 野田は《自然災害等と違ってウィルスは興業の保険適用外となる。 ドーム4カ所を含む今回のツアー、全部中止にした場合ウチのような個人事務所が生き残る可能性はどのくらいあるんだろうかと考える》とツイート。 《安全、安心、リスク。 あれこれ頭に巡らせながら毎日リハをしています》と、現時点ではツアー開催を諦めていないことを示唆した。 さらに《もし自己破産したらさぁ次は俺何して生きていこうかとほんの少し本気で考えてみたりもする》とまで言及している。 RADWIMPSの所属事務所「有限会社ボクチン」は、RADWIMPSだけを扱う個人事務所だ。 ツアーは3月20日から5月24日まで、4大ドーム含む7か所で予定されている。 全て中止になった場合、損害は莫大な額に上ると考えられる。 野田のツイートに、ファンからは 《もしもどうしても中止しなくちゃいけないならチケット代の返金はいらないです。 だからRADWIMPSを続けてください》《ライブが中止になっても本気でチケット代いらない RADWIMPS応援金として活用してほしい》 《自己破産するくらいなら払い戻しとかしなくていいです チケット代戻ってこないよりRADWIMPSが戻ってこない方が路頭に迷う》など、 「チケット代は返金しなくていいい」の声が相次いだ。

次の

RADWIMPS(ラッドウィンプス) 歌詞画

ラッドウィンプス 破産

RADWIMPS(ラッドウィンプス)は、日本の4人組ロックバンドである。 所属事務所は有限会社ボクチン(英称: voque ting、所属はRADWIMPSのみ)。 略称は「ラッド」。 バンド名は、「すごい」「強い」「いかした」という意味の軽いアメリカ英語の俗語「rad」と、「弱虫」「意気地なし」という意味の「wimp」を組み合わせた造語であり、「かっこいい弱虫」「見事な意気地なし」「まじスゲーびびり野郎」といった意味である[注釈。 () 「RADWIMPSサブスク解禁」「RADWIMPS好き」「RADWIMPSファン」という言葉が話題です。 トレンドタグに乗っかっておきます。 全て過去絵です。 — ゆっち wimper yuwimper19 今日まで待ってて本当によかった — あささん? 全然隠れてないかもしれない。 普通に度肝抜かれた曲。

次の

ラッド 人気

ラッドウィンプス 破産

RADWIMPS野田洋次郎とは 人気グループRADWIMPS ラッドウィンプス でほぼ全ての作詞・作曲を手掛けています。 担当はボーカル・ギター・ピアノ。 RADWIMPSは、 日本アカデミー賞、 毎日映画コンクール、 日本レコード大賞、 日本ゴールドディスク大賞等の音楽賞を受賞している押しも押されぬ実力派バンドです。 所属事務所は『 有限会社ボクチン』となっており、RADWIMPSのみを扱う個人事務所になります。 『新型コロナ』音楽業界への影響 2月26日、政府は下記のようにイベントの自粛要請を発表しました。 令和2年2月26日(安倍総理) 政府といたしましては、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします。 引用: これを受けて、数々のアーティスト、バンドが軒並みライブツアーを 中止・延期する事態となっています。 それを受けて、大切なファンの為に身を削ったバンドもあります。 話題となったノンストップラビット ノンラビ のツイート。 ライブを中止する事となりました。 コロナウイルスに感染していなくとも、生活が困難になる事実を政府に届けたい。 — 田口 達也【ノンラビ】アルバムオリコン1位獲得👑 Ace8trriger ライブを中止することで莫大な負債となり、音楽活動を続けられなくなる可能性があると、その切なる胸の内を語っています。 野田洋次郎、自己破産に言及 自然災害等と違ってウィルスは興業の保険適用外となる。 ドーム4カ所を含む今回のツアー、全部中止にした場合ウチのような個人事務所が生き残る可能性はどのくらいあるんだろうかと考える。 安全、安心、リスク。 あれこれ頭に巡らせながら毎日リハをしています。 — Yojiro Noda YojiNoda1 もし自己破産したらさぁ次は俺何して生きていこうかとほんの少し本気で考えてみたりもする。 けど2秒後には「あっ、音楽しかないや俺」ということに気づく。 — Yojiro Noda YojiNoda1 観光業等も含め今この瞬間も倒産や経営破綻を決断せざるを得ない事業主、企業が大勢ある。 自粛の一方で電車等の交通機関は放置される矛盾も。 こんな時こそ、僕ら自身も、冷静に。 乗り切ろう。 — Yojiro Noda YojiNoda1 新型コロナ関連での政府対応は初期対応に失敗したことにより、最近の対応はどれも後手後手にまわり、残念なことに場当たり的な対応が多いのが現状です。 学校の休校要請もそうでしたが、その背景を考えずに発表してしまうことで、関係する人はどうしても振り回されてしまいます。 そして今回のサポートが無い状況での イベント自粛要請。 野田洋次郎さんは、ツイートの中で『自然災害等と違って ウィルスは興業の保険適用外となる』と語られています。 ノンラビのように切迫した状況に陥っているアーティスト・バンドは少なくないと思います。 政府主導で要請を出したのであれば金銭的なサポートがあってしかるべきだし、難しいかもしれませんが保険会社も特例として認めてあげて欲しい。 国会議員、政府には日本のエリートが集まっているはずです。 一般人が考えても杜撰だとわかるような対策ではなく、もう少し踏み込んだ具体的な対策と強力なリーダーシップがなければ国民の足並みも揃わないのではないでしょうか。 そもそも国が検査すらまともに把握出来てないし、その検査も入院レベルの肺炎になってからじゃないと受けさせてもらえないので、熟考しています。 バカですいません。 — 西川貴教 TMR15 一般の方は「やるも、やらぬ本人判断だろ」とお思いですが、会場は早くて2年前から手配がはじまり、お客様を入れずとも多くのスタッフを危険に晒します。 一律に後ろにスライド出来るなら延期も即判断出来ますが、自己責任とされているので足並みは揃いません。 保険もリスクを取って加入は難しいです。 びっくりな政府介入だけど、今、中国の強行施行は羨ましいね。 チケ代3万…🥺あ、交通費も2万払ってるんだった、まあ仕方がないね、😢 自己破産だけはならないで😭 絶対何が何でもついていくから安心して。 コロナさん、洋次郎達を困らせないで😭😭😭ほんとは死ぬほど行きたいけど🥺 — aYu Eo5wiwNEAZ9DFXG 洋次郎のツイート見てやっぱり今回のライブ中止で活動が難しくなるバンドなんて沢山あるんだよ。 RADWIMPSみたいなビッグネームなバンドでさえも自己破産する可能性を危惧しなきゃならないなんて辛い。 コロナの対応しっかりしてほしいな。

次の