宇都宮 隆 チケット。 宇都宮隆のライブチケットを譲ります

宇都宮隆のライブチケットを譲ります

宇都宮 隆 チケット

80-90年代のJ-POPファンがいまなお胸をときめかせるTM NETWORK。 そのボーカリストが宇都宮隆だ。 11月まで行われた彼のソロツアーのタイトル『Dragon The Carnival』に、TMファンならときめき以上の高鳴りがあったはず。 TM初のツアータイトル「Dragon The Festival」をもじっているからだ。 「TMの曲は、これまでもソロコンサートのなかで、たまに1曲か2曲歌うことはあっても、全曲ってことはなかったので、TMデビュー35周年の今年なら、面白いかもと思ったのがきっかけです。 ツアー初日は、さすがに驚きました。 お客さんのリアクションがすごかったので。 1曲ごとの拍手と歓声と熱気に圧倒されそうでした。 とはいえ、あくまでも僕のソロの一環として考えたセットリストです。 実は、ソロだからもっとマニアックなセットリストにしようかなとも考えたけど、そこは1stアルバムに収録されている『クロコダイル・ラップ』を入れたから、ま、いいかなと(笑)。 あれを知っている人は相当なマニアだよ。 後半のシングル曲を続ける箇所に入れようか外そうかギリギリまで悩んだ曲もありましたね。 2002年のシングル曲『CASTLE IN THE CLOUDS』。 スタッフからは『それよりも『Get Wild』でしょ、『LOVE TARIN』でしょ』と言われて。 その気持ちもわかるので、おなじみのシングル曲も増やしました。 35周年という側面もあるから。 これが宇都宮隆セレクションTM NETWORKなら、また違ったセットリストになるでしょうね」 しかし、ただ懐かしい曲を歌っているだけではないところがこのコンサートの肝。 参加しているメンバーとバンド編成も宇都宮ならでは。 TMと同時代を駆け抜けたバンドREBECCAのリーダー土橋安騎夫、access等で知られる浅倉大介、アイドルからGReeeeNまでを手がけるサウンドクリエイターnishi-ken。 そして、超一流のギタリスト北島健二。 「キーボード3人とギタリスト1人の変則的な編成は、2018年のツアーで1回試してみた結果、まだ可能性がありそうだったし、もうワンツアーくらいなら続けてやってみたいなと。 でも、問題は内容だなと。 何をやるか。 似たようなツアーを続ける気はないので。 それはひとつ、僕の変わらない考え方。 同じことは2度やらない。 常に変わる。 TMも同じですね。 大成功しても、評判が良くても、次はガラッと変えてきました。 そこは大事にしています。 というか、そういう性格(笑)。 で、キーボードの3人は全員がプロデューサーでもあるから、TMの曲をやろうと決めたとき、僕が1人3曲ずつくらいアレンジを振り分けました。 それを土台にリハーサルでブラッシュアップして…」 宇都宮隆feat. TM NETWORKとも言えるコンサートの追加公演も決定。 「来年2月までまだ時間があるので、1回頭をリセットしていろいろ練り直す時間はあります。 9月からの本ツアーでも、開演までいろいろ練り直したし。 たとえばアンコール。 リハーサル時点では、アップテンポのエンディングだったけど。 自分の中での葛藤があって。 いろいろ考えた末、日替わりで『SEVEN DAYS WAR』と『Human System』に変更しました。 コンサートの完成度を求めるなら、この2曲にすべきだなと思ったから。 とにかくこの編成も、この内容も2月の中野サンプラザが見納めです。 大成功しても、評判が良くても、次はガラッと変えるのが僕のソロだから」.

次の

宇都宮隆 Tour 2019 Dragon The Carnival 追加ライブ決定!!

宇都宮 隆 チケット

宇都宮隆 LIVE UTSU BAR TOUR 2020 それゆけ歌酔曲!! マイナビBLITZ赤坂 東京• (取引完了)• ¥10,500 1枚のみ• 取引完了• 宇都宮隆 LIVE UTSU BAR TOUR 2020 それゆけ歌酔曲!! マイナビBLITZ赤坂 東京• (取引完了)• 2枚連番 バラ売り可 ¥12,000 1枚当り• 取引完了• 宇都宮隆 LIVE UTSU BAR TOUR 2020 それゆけ歌酔曲!! ブルーライブ広島 広島• (取引完了)• ¥20,000 1枚のみ• 取引完了• 閉じる.

次の

宇都宮隆 Tour 2019 Dragon The Carnival 追加ライブ決定!!

宇都宮 隆 チケット

主にTM NETWORKのボーカルとして活動を続けている 宇都宮隆は1979年にSPEEDWAYとしてデビューしました。 1982年に解散しましたが、その翌年に木根尚登(Gu)と小室哲哉(Syn)との音楽ユニットTM NETWORKを結成しました。 1984年にコンテストで優勝してデビューを果たしリードボーカルを担当し「Get Wild」など数々のヒット曲を生み出し、1988年には「Come On Everybody」でNHKの紅白歌合戦に出場を果たしています。 ミュージシャンであるかたわら、1989年には「LUCKY!天使、都へ行く」で連続ドラマの初主演をして以降、翌年には篠ひろ子主演ドラマ「誘惑」に出演など俳優としても活動をしていました。 またアニメ「CAROL」では声優にも挑戦するなど音楽の他にも活動の幅を広げていました。 その頃TM NETWORKからTMNへとリニューアルし、1992年にはT.UTU(ティー・ウツ)としてソロ活動を開始しました。 1994年にTMNとしての活動を終了してからはソロ活動が中心となります。 翌年には、石井妥師と組んだユニットBOYO-BOZO(ボーヨ・ボーゾ)としても活動し、連名で作曲も手がけました。 1996年、宇都宮隆名義のソロ活動をスタートしてからは、ブロードウェイミュージカル「RENT」の日本公演に主演するなど音楽活動の幅を広げてきました。 1999年にTM NETWORKとして活動を再開してからはソロ活動と並行しています。 ソロとしてのファンクラブは「MAGNETICA」という名称で、より多くの人達を引きつけて、そしてファンとの距離感がより強力な力で近づくようにという願いが込められています。 ファンの間では「ウツ」と親しまれ、第一線から30年を過ぎても変わることのない透明感のある歌声で、ファンを魅了し続けてくれるアーティストです。 2019年4月1日から6月25日にかけて、「LIVE UTSU BAR TOUR 2019『それゆけ歌酔曲!! 』」を開催します。 宇都宮隆は、ミュージシャン、俳優として活躍中です。 1957年10月25日、熊本県で生まれました。 小学校入学を機に東京へ引っ越し、そこでのちのTM NETWORKメンバーである木根尚登と知り合いました。 1984年に小室哲哉と木根尚登に誘われ、リードボーカルとしてM NETWORKを結成しました。 1992年からはソロでも活動しています。 宇都宮隆名義としては1996年にCDデビューしました。 最初のメジャーデビューとなったSPEEDWAYから始まり自身が手がけるプロジェクトなど、これまでに7つの名義でデビューを飾っています。 TM NETWORKではボーカルでしたが、10代の頃から弾き語りをしていたため、ライブでもギター演奏することがあります。 また過去には歌の間奏などでダンスを披露することもありました。 透明感のあるストレートな歌声は還暦を過ぎた今でも健在で、若い頃から変わらぬで聴く人を魅了しています。 最近では2015年より毎年春にコンセプトライブ「LIVE UTSU BAR『それゆけ歌酔曲!! 』」 を開催するなど、ライブ活動も精力的に行なっています。 2018年2月28日には、ソロデビュー25周年を記念するアルバム「mile stone」をリリースしました。 このほか、俳優としてドラマやミュージカルにも出演しており、幅広く活躍中です。

次の