スイフト ガチャガチャ。 スズキ 新型スイフト スポーツ ハイブリッド 一部改良 (マイナーチェンジ) 2020年5月25日発売

【最新情報】新型スイフトスポーツがマイナーチェンジへ!2019年末~2020年1月を予想。デザイン変更で魅力がぐんっとUP!|PACVELコンパクトカー大好きブログ

スイフト ガチャガチャ

そろそろマイナーチェンジ時期に来ていますね。 噂されるマイナーチェンジ時期は・・• マイナーチェンジで改善してくるはず! では今回のマイナーチェンジで変更点をまとめて見ていきましょう! スポンサーリンク マイナーチェンジでの大きな変更点は3つ マイナーチェンジでの変更点をまとめると・・• エクステリアデザイン&カラーバリエーションの変更• 内装色の追加&インテリアの質感を向上• ヘッドアップディスプレイの搭載(希望) まだまだ情報は少ないですが、同社バレーノやエスクードのマイナーチェンジを実施されたので次はスイフトスポーツとなるのは必然ですね。 エクステリアデザインの完成度は高いだけに、小さいな変更になると考えています。 インテリアカラーのバリエーションは得意なスズキだけに、追加ラインナップしてくるでしょう。 ライバル車はノートNISMOやヴィッツGRスポーツとなっているので、比較検討中は王道ですね。 車両本体価格から20万円、オプションから5万円を目指して交渉していきましょう。 まず燃費に関しては16. オーナーさんの口コミでも燃費が良いとは言わないが、気にしていないが多数です。 内装は収納スペースが極端に少ない!って口コミが多いですね。。 まあ・・車の性格を考えればしかたないのかなと。。 辛口はここまでとして、何よりも走行性能への高評価は止まりませんね。 【走りを楽しむために、本当に買ってよかった】この言葉が全てでしょう。 価格設定は超絶絶賛の嵐。。 200万円以下で、この性能が買えるのは、ほかの車種には見当たりません コンパクトスポーツカーが200万円以下・・そして求める走行性能も高いので、お買い得感はMAXでしょう!! 若干価格設定も違うのだね• 新型スイフトスポーツの価格は安い• 200万円をきるの重要なポイント ライバル車と比較すると、新型スイフトスポーツの価格はコスパ高すぎと言えるでしょうね。 もちろん走行性能や加速性能が大きく劣っている事はありません。。 むしろ・・スペックも圧倒的な差をつけているとすらいえますから。。 オ ーナーさんの口コミでも、• スズキさん・・この価格で大丈夫ですか? って心配する声すらありましたから笑。。。 燃費は16. 迷うけど・・チャンピオンイエローがかっこよすぎるからね スイフトスポーツといえば・・チャンピオンイエロー。。 ベタに感じるかも知れませんが、ここは王道でいきましょう! 内装はスポーティーで乗り込んだ瞬間から運転が楽しみになる 新型スイフトスポーツの内装レビューでした。 まとめると・・・• 実用的な内装装備• スポーティーなデザイン 意外と実用的な内装で、驚いた方も多いのでは無いでしょうか? もちろん インテリアデザインは、スポーティー一色!• 乗り込んだ瞬間から、ドライブが楽しみ そんあ気持ちにさせてくれる内装です。 価格とのバランスを考えても、新型スイフトスポーツの内装は及第点以上と言えるでしょうね! 安全性能はスズキセーフティーパッケージ 安心して、楽しくスズキのクルマに乗っていただきたいという想いから生まれた「スズキ セーフティ サポート」。 事故を未然に防ぎ、お客様の万一のときの安全を確保するために、運転をサポートする様々な技術で、ヒヤリとする場面も限りなくゼロに近づけていきます。 セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車• 144,720円 スイフトスポーツだからこそ・安全性能はしっかりと付けましょう!それがかっこいいのですから。 250万円以内という結果に。 唯一無二の存在として満足感も高いでしょう!! スポンサーリンク まとめ フルモデルチェンジ最新情報 新型スイフトスポーツのマイナーチェンジ最新情報でした。 まとめると・・• エクステリアデザイン&カラーバリエーションの変更• 内装色の追加&インテリアの質感を向上• ヘッドアップディスプレイの搭載(希望) コンパクトスポーツカーでトップを走るスイフトスポーツのマイナーチェンジは注目ですね! カラーバリエーションの追加やインテリアの質感を向上し、尚且ヘッドアップディスプレイまで搭載されれば最強すぎるでしょう。 なんといっても価格設定は、スズキさんこの値段で大丈夫ですか!?って言いたくなるほどのコスパです。 是非現行モデルの試乗をディーラーさんに言って、体感してくださいね!一目惚れもありますよー LOVEコンパクトカー!•

次の

【最新情報】新型スイフトスポーツがマイナーチェンジへ!2019年末~2020年1月を予想。デザイン変更で魅力がぐんっとUP!|PACVELコンパクトカー大好きブログ

スイフト ガチャガチャ

コンパクトカーの中でも走りのイメージで人気のスイフトスポーツをカプセルトイにしたものです。 400円というガチャとしては少し高めの設定ながら、その分ご覧の通り出来のいいミニカーで3Dスキャナーを使ったのではないかと思います。 もちろんダイキャスト製ではなくプラボディなので、F-TOYSのミニカーの感じです。 小さいボディですが、細かなところまで塗られていて手間がかかっています。 テールランプのコンビはもちろん各部ガーニッシュ、フォグ、マフラーまで塗り分けられています。 ちょっとボケてますがドアミラーの鏡面もシルバーで塗られています。 ルーフのブラックシールも実際のモールドよりは少しずれていますが印刷で再現。 いいなぁと思ったのはボディーをプラ成形色のままではなくキチンと着色していること。 プラ成形のままですと透けてオモチャ感がでてしまいリアリティに欠けますが、ビームのスズキ・スイフトスポーツはちゃんと塗られていてとてもイイ。 いつも言っておりますがウィンドウモールが塗られているとリアリティアップ。 ビームのスズキ・スイフトスポーツもちゃんと塗ってあります。 ホイールはブラックベースにシルバーがサっと塗られているだけなのですが、そのコントラストでメッキっぽく見えていますね。 ガチャでもヘッドライトはクリアパーツ。 ハウジング内部をシルバーで塗ってあり、クリアパーツをボディに差し込むためのボッチをプロジェクターに見立てて仕上げてあるのでスイフトスポーツらしい顔つきを崩すことなく再現しています。 フロントグリルのスズキの「S」は塗りで。 リアの「S」、スイフトスポーツのエンブレムは印刷です。 ウィンドウのクリアパーツに意図的にシボ加工が入っていて少し透明度が落とされているのもリアリティを生んでいる要素のようです。 先程ボディがプラ成形色のままではないと書きましたが、シャシー裏も着色されていました。 これはスゴイ。 こだわりが見えますね。 裏側ですしブラックのプラ成形なら光が透過しづらいので塗らなくてもいいと思うのですが、きちんと塗られているところにスピリッツを感じます。 それともう一つ。 お気づきでしょうか?フロントタイヤ。 気付いた方はこの記事冒頭の画像でお気づきかと思うのですが、なんとフロントタイヤのステアリングが切れるのです。 分かりやすいようにトーアウトにしてみました。 ご覧のように左右は別々に可働します。 しっかりとした造りのステア部分。 前側に倒した状態です。 ここで前輪だけが別パーツになっていた理由が分かりました。 ステアリングのシャフトに付ける作業分コストを省いているということですね。 実際嵌めるのは小さいパーツゆえ少し難しかったです。 このサイズでステアリングが切れるとは!驚きです。 ガチャと侮るなかれ。 ですね。 因みにラインナップは4色のカラーバリエーション。 今回手に入れましたチャンピオン・イエロー4と、 バーニングレッド パールメタリック、ピュアホワイトパール、スーパーブラックパールが用意されています。 チャンピオン・イエロー4とバーニングレッドは純正17インチホイール装着で ピュアホワイトパール、スーパーブラックパールのバージョンが社外品10本スポークホイールを装着。 カラーだけでなくホイールバリエーションも持たせています。 細かいところまで凝ってますね。 ガチャもミニカー同様、一期一会。 欲しいカプセルトイがあってもガチャがあるところを見つけなくてはなりません。 たまたまスーパーにあったのでヨカッタですが、まず筐体を見つけるのが大変かもですね。

次の

1/64 SUZUKI スイフト スポーツ ZC33S (40個入り) / ガチャガチャ・ガラポン 景品販促ツール卸通販専門あミューズ

スイフト ガチャガチャ

試乗:快適性(フロントシート乗り心地) 高速走行時の走行性能が優先されていると思われるスイフト、その分というか、乗り心地などの快適性は犠牲になっている部分がある。 サスペンションは"固め"というより"固い"。 バランスとしてはフロントよりリアが固めのタイプ。 フロントシートに座っていると、路面のザラザラなどはキレイに吸収してくれて、段差レベルの入力はガツンと乗員に伝える。 フロントシートの乗り心地 スイフトの フロントシートに座って驚くのは、路面のザラザラを上手くシャットアウトしてくれている乗り心地。 足回りからのノイズなども含め快適性は高く、ハンドリングとのバランスを考えてもハイレベル。 よくある路面が得意 舗装が古い路面とか少し荒れ始めた路面とか、小さなゴツゴツが続く場面。 日本の舗装はとても良好らしいけど、やっぱりそういう舗装もそれなりにある。 そしてココが得意なクルマって全体的な不快感が少ないように感じる。 強い衝撃が苦手 逆に、中〜大の段差とか、 如何にもデコボコと表現したいガツンとくるような場面では、フロントシート乗員への衝撃は強め(リアシートは衝撃強い)。 また路面のうねりでは固いのにブワブワが出ることも。 サスペンションは固く、ダンパーの質も特別優れているわけじゃない。 寧ろダンパーの質という面では旧型から劣化したように感じられる。 なので特にガツガツくるような段差は苦手な場面。 乗り心地では優れた部分もイマイチな部分もある。 新車時装着タイヤが進化? 装着されているタイヤが柔らかく、これによってクルマの質感を上げているように思う。 少し前のエコタイヤって、固いダルいで乗り心地はアラっぽいし操縦性も悪かった。 それが最近、新車時装着タイヤレベルでも進化してきているのかもしれない。 このスイフトに装着されるタイヤは16インチサイズと大きく、路面と接する部分は大きい。 だから入力も大きいはずなんだけど、前述の通り路面のザラザラが気になりにくい乗り心地を提供してくれている。 交換時にアジアンタイヤなど選ぶにしても、やっぱり柔らかいタイヤが良さげ。 固いタイヤを選べばイキナリ荒っぽいクルマになっちゃうかもしれない。 試乗時に確認したいポイントを重視! 試乗:快適性(リアシート乗り心地) スイフトのリアシートに座っていると、ちょっとしたマンホールさえ「よけてぇ〜」って声を出したくなる。 フロントシートと比較してもしなくても、 リアシートの乗り心地は固い。 路面のザラ付きを上手く処理してくれるという傾向はフロントシートと同様ながら、 段差で受ける衝撃が強すぎて乗り心地良いとはお世辞にもいえない。 一言で評価すれば結局、乗り心地は悪い、となる。 段差で足回りからのガチャガチャ音が出にくいのがせめてもの救い。 といってもコレって凄い事。 だからこそ余計に、せっかくの高いキャパシティを走行性能に振っちゃうの?って気分。 リアシート乗り心地はスイスポが優れる 今度のスイフトにおけるリアシートは先代とは異なり、スペースや着座姿勢的には最低限使えるレベルに進化。 なので、乗せたくないし乗りたくないというのは贅沢な話なんだけど、どうしてもなら スイスポのリアシート方が優れていると思う場面が多い。 快適性特に静粛性が高い。 参考: 試乗:快適性(静粛性) あちこち優れた先代スイフトで致命的だったのが、静粛性の低さ。 エンジンも、風切り音も、路面からの音も響いて車内はゴーゴーザーザー。 今度のスイフトではこの中で、 路面からのゴーゴーするノイズが低減されている。 タイヤの進化もあるだろうし、車体のレベルアップにより音質的な不快感も減っているように感じる。 試乗中、ものすごく不快に感じることはなかった。 エンジンノイズは加速減速が続く場面ではやっぱり。 でもこれは、排気量が小さいクルマだと50歩100歩。 新しいエンジンに代わり音質が改善されたヴィッツと比較しても、ちょっとうるさいかな、という程度。 参考: コンパクトカーではグレードにより差がある 風切り音は 特にリアシートでザワザワと賑やか。 リアハッチから侵入してくるノイズも大きい。 この辺りは上位グレードになると対策され、静粛性からくる質感は大きく上がるだろうと予想。 最近の 国産コンパクトカーでは、グレードによる静粛性の差が目立つ。 試乗すれば比較するまでもなくハッキリ解るレベルで違いがある。 高額なお買い物をしてもらえるように出来てますwお気をつけ下さいませ。 タイヤは大きめ16インチ このスイフトは 「XL」というベーシックグレード(下から2番目の主力級)からタイヤが大きい!大きなタイヤって上級グレードの贅沢装備じゃなかった?? Cセグメントクラスだって基本は15インチが当たり前。 筆者的に基本16インチといえば、それは2000ccクラスのイメージ。 タイヤが大きければ 見た目はカッコいいし、走行性能的な余裕もあるだろうし、ブレーキだって大きいサイズならフィーリング良好。 一方で快適性という面では、厳しくなる面が予想できる。 例えレグノという上級コンフォートタイヤを使用しても、路面との接地面積が増えれば、タイヤが発するノイズは大きくなる。 このスイフトではタイヤを含む下からのノイズに関しては、それほど心配はいならい。 どっちかというと気になるのはタイヤ交換時の値段かな。 高い経済性がウリのクラスで個性ある選択肢だね。 なお、体感的にタイヤの減りは、外径が大きいほど減りにくいと感じます。

次の