足立区 廃校。 避難のためのスーパー堤防・こうも違う江戸川区と足立区の見解

足立 区 新 田 小学校

足立区 廃校

旧足立区立千寿第五小学校用地活用に係るサウンディング型市場調査の結果概要を公表します 1. 調査内容 足立区では、小学校の適正配置により廃校となった旧足立区立千寿第五小学校の跡地活用を検討しています。 今回、この用地の活用を希望する事業者とサウンディング型市場調査(民間事業者との対話)を実施しました。 調査期間• 平成28年11月30日(水曜日)から平成28年12月12日(月曜日)まで(8日間) 3. 結果概要 サウンディング型市場調査(対話)の結果については、下記の結果概要をご覧ください。 その他• サウンディング型市場調査(対話)結果概要は、今後、区有地の公募条件整備の参考資料として活用します。 結果概要は、区有地の活用を希望する事業者が活用アイデアとして検討し提案した内容です。 足立区では、今回の結果概要のうちから活用事業を決定するものではありません。 該当の区有地を活用して公募事業を実施する場合には、今回のサウンディング型市場調査(民間事業者との対話)に参加していない事業者も提案を行うことができます。

次の

学校開放|足立区

足立区 廃校

各種工事の状況を踏まえ、利用できる場所、再開日程が学校によって違いますのでご了承ください。 詳細については、学校施設管理運営員会(利用調整会議)でご確認ください。 2 再開にあたっての留意事項 (1)学校施設管理運営委員会(利用調整会議)については、7月11日以降、学校ごとに開催します(日程は各学校もしくは担当のスポーツ推進委員より案内)。 また、利用再開にあたっての確認事項を記載したをご確認いただいたうえで、署名をし、利用調整会議にてご提出ください。 (2)利用にあたっては、新型コロナウイルス感染予防対策、熱中症予防対策を含む利用ルールの徹底をお願いいたします。 (3)学校における教育活動の制限に準じ、学校施設利用等においても当面の間、 運動会や スポーツ大会での利用は原則禁止となります。 ただし、参加者の制限、規模の縮小、内容の変更等により感染症拡大防止策を講じた上で実施を希望する場合は、学校にご相談ください。 (4)を各利用日の利用前にチェックをし、学校主事室にいる管理人に、利用日毎にご提出ください。 (5)新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、学校施設利用が再度中止されることもあります。 また、感染拡大予防のため、当面の間、団体登録申請の一部手続きを郵送・メール・FAXでも受付可能といたします。 皆様には新型コロナウイルス感染拡大防止のために引き続きご理解とご協力をお願いいたします。 足立区地域のちから推進部スポーツ振興課振興係 電話 3880-5826 FAX 3880-6028 区民の生涯スポーツ及び生涯学習活動の振興と地域に開かれた学校づくりの促進を図るため、学校教育に支障のない範囲で、該当する学校施設を区民に開放しています。 開放施設 体育館 区立小・中学校全校 校 庭 区立小・中学校全校 夜間校庭 小学校:足立小、高野小、鹿浜西小、竹の塚小、辰沼小、西新井第二小、東伊興小 中学校:入谷中、第六中、花畑北中、東綾瀬中 プール 教育委員会が学校長と協議のうえ指定した学校 ただし、利用は少年団体のみとする。 教 室 教育委員会が学校長と協議のうえ指定した学校 多目的室 小学校:島根小、千寿本町小、千寿双葉小、西新井小 中学校:入谷南中、千寿桜堤中、六月中、第一中 多目的ホールや地域連携室等、教育委員会が指定した特別教室のこと• 学校教育活動に支障がない範囲で開放するため、当該学校によって使用できない場合があります。 詳細については、各学校へお問合せください。 開放時間 時間区分 午 前 午後1 午後2 夜 間 時 間 午前9時から正午 正午から午後3時 午後3時から午後6時 午後6時から午後9時• 土曜、日曜および祝日は、原則として上記時間で開放します。 平日は放課後から午後9時までとします。 プール施設については、夏季休業中の午前9時から午後5時までの時間の中で、学校教育活動に支障がない範囲で開放します。 各施設の使用時間には、準備や片付け、退出の時間を含みます。 年末年始の学校閉校日及び当該学校長が必要と認めた日は施設を開放しません。 使用料 時間区分 午 前 午後1 午後2 夜 間 施設名 午前9時から正午 正午から午後3時 午後3時から午後6時 午後6時から午後9時 体育館 1,300円 1,300円 1,300円 2,000円 教 室 400円 400円 400円 600円 校 庭 600円 600円 600円 1,300円 多目的室 1,300円 1,300円 1,300円 2,000円• 団体種別により、使用料が免除になる場合があります。 詳細については、下記の【団体種別】をご確認ください。 販売施設 No. 施設名 住所 電話番号 1 総合スポーツセンター 東保木間2-27-1 3859-8211 2 スイムスポーツセンター 西保木間4-10-1 3850-1133 3 東綾瀬公園温水プール 東綾瀬3-4-1 5616-2500 4 千住温水プール 千住3-30 3882-2601 5 平野運動場 平野2-12-1 3883-8079 6 生涯学習センター 千住5-13-5 5813-3730 7 竹の塚地域学習センター 竹の塚2-25-17 3850-3107 8 中央本町地域学習センター 中央本町3-15-1 3852-1431 9 東和地域学習センター 東和3-12-9 3628-6201 10 佐野地域学習センター 佐野2-43-5 3628-3273 11 舎人地域学習センター 舎人1-3-26 3857-0008 12 保塚地域学習センター 保塚町7-16 3858-1502 13 江北地域学習センター 江北3-39-4 3890-4522 14 興本地域学習センター 興野1-18-38 3889-0370 15 鹿浜地域学習センター 鹿浜6-8-1 3857-6551 16 梅田地域学習センター 梅田7-33-1 3880-5322 17 花畑地域学習センター 花畑4-16-8 3850-2618 18 新田地域学習センター 新田2-2-2 3912-3931 19 ギャラクシティ 栗原1-3-1 5242-8161• 販売時間は9時から20時までです。 ただし、平野運動場は午前9時から午後5時までとなります。 施設の改修工事等で窓口が開設していない場合があります。 ご不明な点は下記、担当課へご連絡ください。 団体登録 学校施設を使用するためには、下記のとおり、団体登録が必要になります。 登録までの流れ 1. 下記の【登録要件】を満たす構成員を集める。 団体登録申請書、団体会則、団体名簿、登録承認書(内諾)を作成する。 上記書類を登録希望校へ提出する。 学校長の内諾を得る。 団体登録申請書、団体会則、団体名簿、登録承認書(内諾)をスポーツ振興課へ提出する。 申請の際は、必ず事前にスポーツ振興課までお問合せください。 審査完了後、登録カードを受け取る。 (郵送申請の場合は、登録カードを代表者様宛に郵送いたします。 ) 登録要件• 団体の構成員が10名以上であること。 構成員の5名以上が登録希望校の属する中学校の通学区域に在住・在勤・在学であること。 団体代表者が20歳以上であること。 宗教活動または営利活動を目的としないこと。 会費を徴収している団体は、会計内容が明らかになっていること。 会則を備えた団体であること。 注意事項 登録申請について• 団体登録の際、上記[登録要件]に不備がある団体が多く見られます。 登録要件を満たした上で、必ず団体名簿に記載されている方が申請書類をご提出ください。 登録完了後、利用申請の手順や使用料の支払方法について説明します。 詳細については、下記関連リンクの「これからの学校開放」をご参照ください。 施設利用について• 学校近隣住民の迷惑となるため、乗用車での来校は原則禁止です。 学校施設や設備、備品は大切に使用してください。 登録団体が上記備品等を破損・紛失した場合は、原則、登録団体による全額弁償となります。 保険加入について• 万が一のケガや事故に備えるため、「スポーツ安全保険」への加入をご検討ください。 詳しくは下記関連リンクをご参照ください。

次の

足立区の【特色・特徴】を表す行政サービス・行政情報|生活ガイド.com

足立区 廃校

com』で提供する地域情報コンテンツは、「すでにお住まいの人、これから新しく住民になる人に、地域を理解し、好きになってもらいたい」という趣旨で、調査・収集して提供されています。 弊社では全国の市区役所へ調査票を送付し、行政サービスや様々な地域データについて調査協力をいただいております。 項目によっては、市区ごとに未回答や非公表の場合があります。 また、調査後に制度や数値に変更・追加のあった場合は適宜修正を加えておりますが、最新性を保証するものではありません。 最新の情報につきましては、各市区役所まで直接お問い合わせの上ご確認ください。 数値情報である統計データは対象の市町村分を合算して集計していますが、条例など旧自治体制度の移行期間により、詳細な情報を掲載できないケースもあります。 合併に伴う制度の変更や条例の改正については、適宜修正を行ってまいりたいと考えておりますが、スケジュールに関しましては未定でございます。 使い道は、 1 区民活動 2 教育 3 福祉 4 文化 5 環境 6 みどり 7 大学病院施設等整備 8 区にお任せの8分野。 お礼の品として、寄附額に応じた感謝状や、足立区の特産である小松菜を麺に練りこんだ「あだち菜うどん」「あだち菜パスタ」等を贈呈。 2019年度は、期間限定で「足立の花火」観覧券を追加。 飲食料品小売事業所とは、専門食品小売店(八百屋、魚屋、精肉店など)と食品スーパー、コンビニエンスストアなどを指す。 また、複数の事業所を有する企業の売上高は、本社の所在地にまとめて計上しており、地域別集計になじまない。 そこで、経済産業省が事業所ごとの売上高を把握していない事業所の売上高を試算し、全産業の事業所の売上高を地域別に集計した売上金額試算値を掲載。 工業製造品出荷額等 27,149 千万円 小売・卸売業商品販売額 142,636 千万円 人口1人当たりの小売商品販売額 86 万円 可住面積当たりの飲食料品小売事業所数 20. 3 店 街の事業所の売上金額 370,379 千万円 納税義務者1人当たりの所得 340. 飲食料品小売事業所とは、専門食品小売店(八百屋、魚屋、精肉店など)と食品スーパー、コンビニエンスストアなどを指す。 また、複数の事業所を有する企業の売上高は、本社の所在地にまとめて計上しており、地域別集計になじまない。 そこで、経済産業省が事業所ごとの売上高を把握していない事業所の売上高を試算し、全産業の事業所の売上高を地域別に集計した売上金額試算値を掲載。 最新情報は各市区役所へお問い合わせください.

次の