ウイルス 研究 所 武漢。 武漢ウイルス研究所の上級研究員がヨーロッパへ亡命|郭文貴氏がスティーブ・バノン氏の番組内で暴露

中国の新型コロナウイルスは武漢のウイルス研究所と海鮮市場が関係!?バイオテロ!?致死率は?

ウイルス 研究 所 武漢

2020年4月15日現在:数日前に書いたこの記事のアップデートがある。 最初に私がこのウイルスの出どこは武漢ウイルス研究所だと書いた頃はまだこの話は陰謀論説のように言われていた。 最近になって大紀元時報やゲートウエイパンディットやLaowhy86といったブロガーや保守派メディアで詳しい話が特集されていたが、今日になって一斉に大手メディアがウイルスの発祥地は武漢研究所ではないかという報道を始めた。 、トランプ政権はこの可能性について捜査を始めたとある。 トランプ政権はこれが人工的に作られたものであるとは考えておらず、蝙蝠から自然に人に移り人から人へと移るウイルスの研究中に研究員のずさんな管理から漏れたものではないかと考えているという。 2020年4月10日:つい先日も「」の中で武漢ウイルスの発祥地が武漢ウイルス研究所である可能性について書いたが、もう一度ここでおさらいしよう。 2020年4月1日エントリーより引用はじめ: 前々から武漢のウイルス研究所が出所なのではないかという話はされていたが、実際そうであった可能性が非常に高くなってきた。 最初からこのウイルスは蝙蝠(こうもり)が病原菌を持っており、それが人間に感染したと考えられていた。 中国では蝙蝠を食べる習慣があるので、海鮮市場の野生動物売り場がウイルス発生地だと公式発表ではされていた。 しかし実は武漢ウイルス研究所(武漢病毒研究所)では実際蝙蝠から人間に移るウイルスの研究がされており、研究員の何人かが誤って感染したのが最初だったという話が出て来ている。 中国で10年暮らしていた経験があり、中国語に堪能なカリフォルニア人ブロガーの。 Laowhy(中国名は老外)によれば、武漢ウイルス研究所の研究長である石正麗博士(シー・ジャンリー Shi Zhengli という女性は蝙蝠から人間に移るSARSのような肺炎病を研究しており、地方から感染している蝙蝠や地元民の血液サンプルなどを持ち帰る武漢研究所で研究をしていた。 この話は去年の11月ごろにはなしで、研究所は人手不足だったのかこの研究に携わる人員を募集していた。 この研究所には黄蒸玲(ハン・ヤンリン Hang Yan Ling という若い女性の研究員が居た。 この女性が12月頃から姿を消してしまったというのだ。 研究所の2018年の新年会の写真には写っているのに、研究所のウエッブサイトの研究員紹介ページからは姿がこつんと消えている。 それで彼女は研究室で感染し死んでしまったのではないかという噂が流れ始めた。 石正麗博士は黄蒸玲は生きている死んだなどと言うのはただの噂だと否定しているが、それなら何故彼女が公の場に出てこないのか不思議である。 2月になって武漢大学の肖波涛(シャオ・バタオ Xiao Botao)教授は、武漢研究所の研究員は感染した蝙蝠の尿からすでに何人か感染しており自主的に隔離していると発表した。 グーグル翻訳で見出しだけ訳してみると、 武漢疾病管理センターからの新しいコロナ肺炎?研究者はコウモリの血液と尿を噴霧し、14日間隔離 武漢海鮮市場はこの研究所からたった20マイルしか離れていない。 やはり武漢ウイルスはこの研究所から漏れたものという我々の最初の疑いは正しかったようだ。 (引用終わり) さて、同じことについて独自に調査した記事が。 老外(ラオウィー Laowhy86)と同じようにゲートウエイの方でもやはり焦点となっているのは石正麗博士(シー・ジャンリー Shi Zhengli という女性科学者。 (カカシ注:彼女の名前の正しい漢字の綴りと英語読みを発見したので訂正した) 実は彼女、2014年までアメリカのウイルス研究所で働いていた。 中共はウイルスの発症地はアメリカだと主張していたが、その主張には一理ある。 なぜならアメリカの研究所ではずっと以前からコロナウイルスの研究が行われていたからだ。 ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究所でラルフ・S・バリック教授のもとで蝙蝠から人へ感染するコロナウイルスの研究がされていたが、石正麗博士はバリック教授の研究パートナーで、2015年には、その調査結果を発表したりもしているのだ。 ただ、この研究はアメリカの保健福祉省(日本でいう厚生省)から予算を打ち切られたため、研究は中止された。 その後石正麗博士は武漢の研究所に移り研究をつづけていた。 ゲートウエイの調査によると、石正麗博士指揮する武漢研究所では生物に武漢ウイルスを感染させる実験がされていた。 そして同博士は異種の動物間での感染を研究していたことが解っている。 つまり、COVID19武漢ウイルスが野生動物のなかで自然発症したという中国の言い分がかなり怪しくなってきたということだ。 中国では2017年にもSARSウイルスが研究員の取り扱い不注意で外部に漏れ研究員はじめ8人の感染者を出し1人が死亡するという事件が起きている。 この時は広範囲に蔓延したという事実はないようだが、色々な病気が蔓延する中国では本当のところは解らない。 私はずっと武漢ウイルスが研究所から漏れたものである可能性は大きいと思っていた。 しかしそれはと考えていた。 石正麗博士が邱香果博士がカナダから盗んできたウイルスを研究に使用した可能性は大いにある。 中共には有能な科学者が多い。 彼らは若いころに欧米の大学で教養を身に付け、そのまま欧米の大学研究所で研究を続けることが多い。 しかし彼らの忠誠心は中共にある。 こういう人間を有能だというだけで、いや、有能であるからこそ、むやみやたらに研究パートナーとして受け入れるのは欧米にとって決して良い結果を生まない。 無論中国人でなくても金で買われたアメリカ人学者がいくらもいるから国籍だけでは判断できないというのもある。 中国による知識財産盗用はこういう危険を招くということに、我々は心してかかる必要がある。 関連記事:• Archives•

次の

中国政府が武漢のP4研究所を爆破したって本当ですか

ウイルス 研究 所 武漢

武漢研究所の女性研究員がアメリカに亡命したことを伝える台湾の自由時報 ・ すべての真相を知っている武漢研究所副所長の亡命劇 日本のマスコミさんは立派なもので、 各国政府などが「新型コロナウイルスは武漢ウイルス研究所から流出した」と言いだした途端、そちらの方向で報道をし出しています。 ほんの少し前まで、「そんな陰謀論は馬鹿馬鹿しい」と言っていた多くのメディアが、 「アメリカ政府が言っているのだからそうかもしれない」 「オーストラリア政府が言っているのだからそうかもしれない」 「フランス政府が言っているのだからそうかもしれない」 という姿勢に転じていて、苦笑を禁じ得ません。 NHK でさえ以下みたいに伝えていました。 新型コロナの発生源は? 真相究明求める声 世界で広がる 新型コロナウイルスの発生源に関して中国の武漢にある研究施設から広まった可能性がアメリカで指摘される中、オーストラリアのモリソン首相はウイルスの発生源や感染が拡大した背景などを調べるため、独立した調査が必要だという考えを示し、ウイルスがどのようにして発生したのか、真相の究明を求める声が国際社会に広がり始めています。 新型コロナウイルスをめぐり、アメリカでは一部のメディアが、ウイルスは湖北省武漢の研究施設から広まった可能性があると報じました。 これについてトランプ大統領は、政府として調査を進めていることを明らかにしたのに続いて、ポンペイオ国務長官もウイルスなどが適切に管理されているか確かめるため、武漢の研究施設などを公開するよう求めました。 () 「こういう人たちは、エライ人たちから何か言われないと何も考えられないのだろうか?」という無力感がさらに強まりますが、しかし、思えば、報道に関わる多くの人々は、一般的に高学歴のインテリであり、そういう人たちの多くは、みんなではないにしても、 小さな頃から「先生やエライ人の言いつけをひたすら守ってきた」人たちが多いような気はします。 私が生まれる頃までの時代というのは、インテリというのは「理不尽に対して闘争する集団」であったという側面も多少はあっただろうに、いつのまにか「エライ人の決めたことしか真実ではない」と思う人たちの集団になってしまった。 とても頭がいいのに「疑うことを知らない」人たちの集団といえなくもなさそうで、そういう意味では、こういう流れも仕方のない面もあるかと思いますけれど、もう少し最初から冷静に考えられなかったのだろうかとも思います。 冷静になっていれば、 「たった数カ月で、まったくコロナウイルスと関係のない HIV タンパク質要素を自力によって進化で獲得できるウイルスがどこの世界にあり得る?」ということに気づくこともあったと思うのですが。 これについては、以下の記事にあります。 あるいは、現在の 実質的ロックダウンである緊急事態宣言についても、少し冷静に考えれば、「この是非」は、わかることだと思うのですが。 誰も考えない。 誰も疑問を呈しない。 「エライ人たちが言っているのだからそれで正しい」と勝手に思い込む。 まあ、終わった日本を憂うのはともかく、久しぶりに、武漢ウイルス研究所の話題です。 このウイルスが、「中国の武漢ウイルス研究所から流出した可能性がある」ことを最初に指摘したのは、インドの地政学メディアである「」でした。 これが 1月26日のことで、その内容をアメリカの人気サイト「ゼロヘッジ」が伝えて以来、世界的に広がりを見せました。 私も GreatGameIndia の記事を見た際、1月の終わりに以下の記事を書きました。 最近のように、全体的な世論が「人工ウイルス説」に傾いている現状では、今はこのことにはほとんど興味を失っていまして、いつも脱力して報道を見るのですけれど、最近、冒頭にありますように、 武漢ウイルス研究所の「コウモリのコロナウイルス研究の筆頭科学者」が、多数の極秘資料を持ち、アメリカに亡命した可能性があることが、台湾で報じられていまして、 「へえ、あの人、中国から逃げたん?」 と思いまして、その報道をご紹介したいと思います。 報じていたのは台湾の自由時報で、これは台湾国内で発行部数一位の新聞メディアですので、ゴシップ記事のたぐいではないと思われます。 この論文は科学誌ネイチャーに掲載されました。 シー・ツェンリさんが In Deep に最初に出たのは2月11日の以下の記事で、その後、何度か登場しています。 このシー・ツェンリさんは、で取り上げました米においては、 > 現在、シー・ツェンリ氏の所在は不明だ。 とありまして、心配していたのですが、自由時報の報道で「アメリカに亡命した可能性が高い」ということがわかってきました。 しかも、「 1000を超える機密書類を持ち出して」ということのようです。 5月3日、アメリカのトランプ大統領は、新型コロナウイルスが、武漢の研究所から流出した「決定的証拠」を持っていると述べたことが報じられていました。 トランプ大統領は、FOXニュースのタウンホールに出演し、新型コロナウイルスがどのように武漢のウイルス研究所から流出したかを裏付ける報告書を準備していると明らかにしました。 「何が起きたかを正確に示す、非常に強力な報告書を出す。 非常に決定的なものだ」 () この発言と、亡命した可能性がある武漢ウイルス研究所員のシー・ツェンリさんの持ち出した機密書類に関係があるかどうかは現時点ではわからないですが、その書類が武漢ウイルス研究所の機密書類であるならば、決定的な証拠といえるものとなる可能性もないではないかもしれません。 まあただ、あんまりいろいろとこの件で深層を究明していくと、「泥沼」に入りこむ可能性がないともいえないかもしれません。 というのも、 武漢ウイルス研究所というのは、その設立に、アメリカもフランスも、あるいはオーストラリアも大きく関与している施設である可能性が高く、事態は、そう簡単なものではないかもしれないからです。 この武漢の研究所には「闇」がつきまとっています。 とはいえ、どの国も、あるいは関係者も生存レースの段階に入っているようで、今後、「国家間のリアルな戦争の勃発」なども含めて、いろいろと起きるのでしょうね。 台湾の自由時報の報道をご紹介します。 なお、記事に出てきます「周鵬」という方も、武漢ウイルス研究所の科学者で、コウモリにコロナウイルスを感染させる実験を繰り返していたひとりです。 周鵬研究員の研究の目的は、武漢ウイルス研究所のウェブサイトからの抜粋翻訳として、以下の記事に掲載しています。 それでは、ここからです。 アメリカ政府もまた、さまざまな公開情報を調べる中で、ウイルスの出所は「中国科学院からの可能性が最も高い」と判断したと発表している。 関連が疑われているのは、武漢ウイルス研究所と武漢疾病管理予防センターだ。 最近、武漢ウイルス研究所の副局長である石正麗(シー・ツェンリ)氏が、家族と共に、「 1,000近くの秘密文書」を持ち出した上で、ヨーロッパに逃亡し、アメリカに亡命を求めたと伝えられている。 中国の最高レベルの病原体研究施設である武漢ウイルス研究所の主任研究員であるシー・ツェンリ氏が、中国からの逃亡に成功したことは、4月24日、アメリカ大統領の元上級顧問であるバノン氏により伝えられたとされる。 シー・ツェンリ氏はフランスにあるアメリカ大使館に亡命を申請したされる。 彼女の脱出を助けたのは、中国の公安部門の副局長であるスン・リジュン(Sun Lijun)氏だとされる。 リジュン氏はその後、中国当局に逮捕された。 しかし、中国の国営メディア「グローバルタイムズ」は、シー・ツェンリ氏が亡命したことを否定している。 現在、各国で、新型コロナウイルスが中国武漢の研究所から流出したものなのではないかとする疑惑が噴出しているが、今のところ、それを証明できる根拠はない。 英国のメディア「デイリー・テレグラフ」は、アメリカ、オーストラリア、その他 5か国で構成される調査機関「ファイブ・アイ・アライアンス (Five Eyes Alliance)」が、新型コロナウイルスの発生源が、武漢ウイルス研究所なのか、それとも、武漢の海鮮市場なのかを調査中だとしていて、中国とオーストラリアも、この調査に参加したと報じている。 ブログではあまりふれにくいことなどを含めて、毎週金曜日に配信させていたただいています。 お試し月は無料で、その期間中におやめになることもできますので、お試し下されば幸いです。 されるか以下のバナーからご登録できます。

次の

武漢市「ウイルス研究所」に“中国とフランスの闇”は暴かれるのか? 仏の全面的協力で完成した「P4実験室」が発生源の可能性 (1/3ページ)

ウイルス 研究 所 武漢

しかし、武漢市にはウイルス研究所があるため、この研究所から、中でも危険度の高いウイルスを扱う病原体レベル4(P4)研究室からウイルスが広まったとする陰謀説がここへ来て流布している。 そうした中、同研究室の袁志明()室長は18日に放映された中国国営の英語放送のインタビューで、研究室のスタッフは誰も感染していないと述べ、「われわれのところからウイルスが流出することは決してない」と語った。 袁氏によると現在、同研究所全体で新型ウイルスに関する異なる分野の研究調査を進めているという。 同研究所は、新型コロナウイルスに関する情報を1月初めに世界保健機関()と共有したとして、2月の段階でこの陰謀説を否定していた。 だが先週になって米政府がこのうわさを公の場で取り上げるようになり、マイク・ポンペオ()米国務長官は新型ウイルスがどのように「世界へ広がっていったのか」について「徹底的な調査」を行っていると表明した。 袁氏はインタビューで武漢ウイルス研究所からのウイルス流出の可能性について尋ねられると、「あり得ないと考えている」「ウイルス関連の研究を行っている人間として、われわれはどういった種類の研究がここで行われているか、研究所がウイルスやサンプルをどう管理しているか、明確に把握している」と述べた。 またP4研究室が武漢に存在することによって「人々がさまざまな連想をすることはやむを得ない」が、一部のメディアは「意図的に人々に誤解を与えようとしている」とも批判した。 米紙ワシントン・ポスト()と米FOXニュース()はどちらも匿名の情報源を引用し、新型ウイルスは誤って武漢ウイルス研究所から流出したのかもしれないとする発言を伝えた。 だが袁氏は、こうした報道は「根拠も事実もなく」、「完全な臆測に基づくものだ」と否定した。 武漢市当局は当初、新型ウイルス流行を隠ぺいしようとした上、流行のピーク時に感染者数の計算方法を繰り返し変更したため、公式の感染者統計には疑問が付きまとっている。 市当局は17日、死者数の集計に誤りがあったことを認め、市内の死者数をこれまでより5割近く多い3869人に修正した。 c AFP.

次の