時候の挨拶 2月。 時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文

時候の挨拶 2月(如月:きさらぎ)

時候の挨拶 2月

ビジネスや上司、先生などに送る場合は失礼のないようにしたほうが良いと思います。 ただ、そうでない場合には色々な形があっていいと思うので、大きく相手に失礼が無いようにすれば気持ちは伝わると思います。 堅苦しい挨拶だけじゃつまらないですしね。 では、先ほど上で見てもらった2月の時候の挨拶を使ったりして、どういった言葉で書きだしていくのか? その例文を一挙に紹介しちゃいますね。 時候の挨拶「2月」の書き出しの例文• 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、お変わりございませんでしょうか。 立春を迎え、ますますご活躍のことと存じます。 節分も過ぎましたが、冷え冷えとした毎日です。 お変わりございませんか。 余寒お見舞い申し上げます。 寒空の下、梅の香りが春の訪れを告げているようです。 寒さの中にも春の訪れの近いことが感じられます。 晩冬の候、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 余寒のみぎり、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 ようやくうぐいすの初音が効かれる頃となりました。 向春の候、ますますご清祥のことと拝察いたします。 春が待ち遠しい季節となりました。 バレンタインの季節ですね。 街中に甘い香りが漂っています。 梅がほころび、吹く風にも春の香りが感じられる頃となりました。 梅の便りが聞かれる季節になりました。 立春とは言え、寒さなかなか衰えを見せぬ毎日でございます。 皆様お変わりございませんか。 残寒いまだ去らぬ毎日が続きますが、皆様にはますますご壮健のことと存じます。 暦の上では春なのに、相変わらず厳しい寒さが続きますね。 いかがお過ごしですか。 残寒の中にも、どこかしら春の気配が感じられるようになりました。 お元気にされていますか。 これらの時候の挨拶は、目上の人に送るケースの文と、気軽に友達に送るケースの文が混ざっているので、それぞれで送る人に失礼のないようにチョイスしてください。 では、次は、 最後にどのような言葉で締めるか? その結びの言葉について見ていきましょう。 余寒なお厳しい折から、ご自愛専一にお過ごしください。 余寒厳しき折から、くれぐれもご自愛ください。 寒さがまだ続きそうですので、お風邪などお召しになりませんよう。 お互い寒さに負けず頑張りましょう。 天候不順の折りから、御身を大切にお過ごしください。 三寒四温と申します。 お体を大切になさってください。 三寒四温の季節柄、何卒ご自愛ください。 季節の変わり目を迎えます。 くれぐれもご自愛くださいませ。 寒の戻りで冷え込むこともございます。 くれぐれもお気を付けくださいませ。 まだまだ寒い毎日です。 お体大事になさってください。 幸多き春の門出となりますよう、お祈り申し上げます。 雪解けもまじかですね。 もう少し辛抱いたしましょう。 春を待ちかねる日々ではございますが、どうかご自愛ください。 過ごしやすい春の陽気になりましたら、こちらにもお出かけください。 春はもうすぐそこまで来ています。 暖かくなったらぜひこちらにもお立ち寄りください。 日差しも日ごとに暖かくなってくていますね。 春本番まで、お互い風邪などひかないよう気をつけましょうね。 春ももうそこまで来ていますね。 お体を大切になさってください。 しばらくは春とは名ばかりの寒さが続くようです。 どうかお元気で。 春の訪れを待ちつつ、寒さを乗り越えましょう。 春も近いとはいえ、まだ寒さが続きますので、くれぐれもお体に気を付けて。 このようにたくさんの例文を用意したので、これをそのまま使ってもらってもいいし、アレンジしてあなたのオリジナルを作ってもらうのもいいと思います。 色んな文章作りの参考にしてくださいね。 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続きますが、お変わりございませんでしょうか。 こちらはおかげさまで、変わらず元気に過ごしております。 私の地方ではまだまだ残雪が目立ち、日常生活で不便な思いをすることはありますが、子供たちは毎日喜んで雪合戦や雪だるま作りを楽しんでおります。 私も、子供たちの元気を見習わないといけないな、と感じさせられる毎日です。 まだしばらくは、春とは名ばかりの寒さが続くようです。 くれぐれもお体に気を付けて。 あとがき 2月の時候の挨拶にはどういった言葉が使われるのか。 そして上旬・中旬・下旬で使う言葉のポイントとその書き出し、結びの言葉、そしてそれらを合わせた手紙の形を見ていただきましたが、いかがでしたでしょうか。 2月は寒中お見舞いや余寒お見舞いといった形で手紙も出しやすいと思います。 寒さが厳しい季節柄、相手の体のことを気遣った言葉も入れてまとめてもらうと良い手紙が出来上がると思います。

次の

2月の時候の挨拶例文集・上旬中旬下旬の美しい表現の仕方

時候の挨拶 2月

時候の挨拶7月上旬の候や結び!ビジネスや梅雨明け前の例文 7月上旬の時期にぴったりな時候の挨拶は? さて、7月上旬は 「7月1日~7月10日」なわけですが この時期は二十四節気の観点から見てみますと どこに重なっているんでしょうか。 「夏至(げし)(6月21日~7月6日頃)」 「小暑(しょうしょ)(7月7日~7月21日」 と、この2つに 重なっている形になっていますね。 そして次に 「小暑」について ちょうど七夕の時期から始まる節気で このあたりを境に徐々に 夏本番の暑さへと向かっていくという 時期でもあります。 梅雨明けも間近で局地的に 大雨が降りやすいのも このあたりでしょうか。 梅雨明け前は雨によって 気温が抑えられているものの 梅雨が明けたら一気に気温が 上がっていくので 体調を崩しやすくなるのもこの時期。 なので手紙を書く際は そのあたり気遣いの言葉を 入れるといいでしょう。 では、7月上旬にピッタリな 時候の挨拶の書き出しは どんなものがあるでしょうか。 「夏至の候」 6月下旬から7月上旬にかけて 重なっているので 「夏至の候」はまだ十分 使えるかと思います。 「小暑の候」 こちらも時期的に7月上旬の時期に 重なっていますので 書き出しの候補に入るでしょう。 ただ、梅雨明けが微妙に遅れて なんとなく肌寒いと感じる場合は 他の書き出しにした方がいいですかね。 「梅雨明けの候」 梅雨明けが間近の時期には こちらの「梅雨明けの候」を 書き出しに使うのもありでしょう。 あらかじめニュースなどで 梅雨明けの時期はどのあたりなのか 確認しておくと 書き出しに使っておかしくないのか どうか分かるかと思います。 「七夕の候」 7月7日は七夕ですからその時期に合わせて 「七夕の候」と書き出すのも 風流を感じていいですね。 もしくは七夕の季節に合わせて 「星祭りの候」と書くのも 文章がきらびやかになって いいでしょう。 「盛夏の候」 「猛暑の候」 「酷暑の候」 「炎暑の候」 「炎夏の候」 「小夏の候」 はい、見るからに暑さを感じる 書き出しになりますと このあたりもありますね。 梅雨明けが早く7月上旬の時期なのに かなり暑さを感じる・・・ そういった場合はこのあたりの 書き出しを使うのもピッタリです。 ではこのあたりの書き出しの候を使って いくつか時候の挨拶の例文を 見ていきましょう。 7月上旬の時候の挨拶・ビジネス上での例文について 拝啓 星祭りの候 貴社ますますご発展の こととお慶び申し上げます。 (中略) 七夕の季節を迎え 梅雨明けの暑さも ひとしおでございます。 どうかご自愛専一にて お過ごしください。 敬具 拝啓 梅雨明けの候 貴社いっそうご隆昌のことと 慶賀の至りに存じます。 (中略) 梅雨明け前の季節柄 雨の多い日が続きますので 夏風邪など召されぬよう どうぞご自愛ください。 (中略) 暑さ厳しき折柄 酷暑にお身体を崩されませぬよう ご自愛専一にてお過ごしください。 謹白 ひとまずビジネス上で 書いていくとしたらこんなところでしょう。 梅雨から夏へと切り替わる時期なので 相手を気遣う文章はしっかりと 入れておきたいところです。 あと基本的な書き出しと締めの部分は 「拝啓」と 「敬具」で問題ないかと思いますが 送り先の相手が著名の先生や大学教授など 偉い方などの場合は 「謹啓」「謹白」の書き出し、締めとした方が 文章が引き締まるかと思います。 「Sponsored link」 お中元への送り状に添える手紙の例文として 「得意先など改まる必要がある場合」 拝啓 炎暑の候 皆様におかれましては 益々ご健勝のことと お慶び申し上げます。 平素は大変 お世話になっております。 改めて厚く御礼申し上げます。 さて早速ではございますが 日頃のお礼の印として 本日心ばかりの品を 別便にて送らせて頂きました。 何卒ご笑納下さいますよう お願い申し上げます。 今後共引き続き ご支援ご厚情賜りますよう 宜しくお願い申し上げます 略儀ながら、書中をもちまして お中元の挨拶を申し上げます。 本日は日頃お世話に なっております感謝の印として お中元の品をお送りいたしました。 お口に合うか分かりませんが どうぞご賞味いただければ幸いです これから寝苦しい 熱帯夜も続くかと思いますので 夏バテや夏風邪などには 十分お気をつけください。 まずは書中にて、ご挨拶まで。 親しい相手に送る場合は 少し砕けた内容にして どちらも相手への気遣いの一文などを 入れておくといいかなと思います。 今回のまとめ はい、そんな感じで今回は 時候の挨拶の7月上旬の候や結び ビジネスや梅雨明け前の例文や お中元の手紙などについて まとめていきました。 梅雨明けまであともう少しか もしくは梅雨が明けて 本格的な夏の到来となりますので そのあたり時候の挨拶の 手紙として盛り込みつつ 夏の季節感溢れる手紙として 日ごろの感謝など書いてみるのも いいかなと感じます。 7月上旬は七夕もありますから そのあたりに合わせて手紙を書くと 話題性もあって 書きやすいのではないでしょうか。 「Sponsored link」.

次の

2月の時候の挨拶|ビジネス・結婚式・お手紙に使える例文【上旬・中旬・下旬】 | 時候の挨拶と季節の挨拶

時候の挨拶 2月

手紙を書く上で大切な2月の季節感 時候の挨拶は、手紙の 前文にあたり、手紙に欠かすことができない大切な箇所です。 時候にあった挨拶を書き入れることで、季節感を伝える美しい習慣です。 2月という月は、季節が 冬から春へと変わりゆく月。 2月上旬は寒さがまだまだ厳しいですが、下旬ともなると春の気配が色濃くなります。 手紙では二十四節気や年中行事といった暦上の季節感を使うことが多いですが、2月は 季節の移り変わりにあわせて 時候の挨拶を選ぶことが、いつも以上に大切な月だと言えます。 2月上旬の季節感 2月の上旬は、まだまだ寒さが厳しい時期ですが、2月4日ごろの「立春」からは暦の上では春が始まります。 知人やお知らせなどの一般的な手紙 そんなに親しくない知人や、学校行事のお知らせなどで出す手紙は、一般的な時候の挨拶を使います。 漢語調の時候の挨拶ほど紋切り型ではないですが、やはり定型的な表現が多く見られます。 季節が春に移りかわる2月は、春を喜ぶ時候の挨拶が豊富です。 時候の挨拶の後には、安否のおうかがいを続けますが、「お元気でしょうか」「お変わりありませんか」といった疑問形は親しみのある表現になるので使いません。 親しい人に出す手紙 親しい人に出す手紙では、暦の季節だけでなく、その時々の天候や自然、イベントなどを時候の挨拶に盛り込みます。 初午・バレンタインデー・受験・花粉症などが2月ならではの事柄ですね。 形にとらわれずに、季節感あふれる時候の挨拶を楽しんでみてください。 では、ここまでの2月の季節感や時候の挨拶のTPOルールを踏まえて、2月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶と例文を見ていきましょう。 2月上旬の時候の挨拶 2月の上旬は、暦の上で春が始まる 「立春」を迎えます。 春を迎える喜びや、まだ厳しい 寒さへの気遣いなどで季節感を伝えていきましょう。 また、「立春」の前日は 「節分」です。 2月上旬の季節を表わすキーワードとしては「立春」「節分」の他に、「寒明」「早春」など。 これらを手紙のTPO別に表すと次のようになります。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 節分の候、折、みぎり• 立春の候、折、みぎり• 早春の候、折、みぎり• 寒明の候、折、みぎり• 晩冬の候、折、みぎり• 節分が過ぎ 春の暖かさが感じられる• 立春とは名ばかりの厳しい寒さ• 余寒厳しき折柄• 春を感じる日差し• 節分を過ぎ 春めいて• 春が近いとは思えない 厳しい寒さが• 豆まき、 初午など では、2月上旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 2月上旬の時候の挨拶の例文• 節分も過ぎまして、ようやく春の暖かさが感じられる頃となりました。 まだまだ厳しい寒さが続いておりますが、このところ日が長くなったことを感じられるようになりました。 余寒厳しき折柄、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 余寒なお去りがたき折から、皆様にはその後、お変わりなくお過ごしのことと存じます。 立春とは名ばかりの厳しい寒さが続いております。 ご家族の皆様もお元気のことと拝察いたします。 暦の上では春を迎えましたが、厳しい寒さが続いております。 ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと存じます。 今年は例年にない大雪とのことですが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。 2月中旬の時候の挨拶 2月の中旬は、晴れた日の日差しが暖かさを増し、 ほんの少し春が顔を出す時期です。 そうかと思うと、季節外れの雪に見舞われることもあり、 2月で最も春と冬が同居しているのが中旬の気候。 2月は、春の訪れを喜ぶ挨拶か残る寒さへの気遣う挨拶が主役ですが、 中旬は特に状況に応じて選ぶことが必要な時期です。 また、親しい人への手紙なら、バレンタインデーや受験なども時候の挨拶にピッタリです。 改まった時候の挨拶 一般的な時候の挨拶 親しい人への時候の挨拶• 春寒の候、折、みぎり• 向春の候、折、みぎり• 余寒の候、折、みぎり• 春まだ浅き今日この頃、• 残寒いまだ去らぬ日々• 水ぬるむ季節• 春の気配が感じられる• 寒さがぶり返しましたが• 日差しも日に日に暖かく• バレンタインデー、 受験など では、2月中旬の時候の挨拶の具体的な例文をご紹介しましょう。 2月中旬の時候の挨拶の例文• うぐいすの初音が聞かれるころとなりました。 梅のつぼみもふくらみかけ、少しずつ春の気配を感じられるようになりました。 立春も過ぎたとはいえ、梅のつぼみもなお硬く、寒さ一段と厳しい今日この頃です。 梅の香りの漂う頃、皆さまお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 二月も半ばを過ぎ、ようやく春の足音が近づいてまいりました。 春まだ浅き今日この頃、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 寒気の中にも早春の息吹を感じられる今日この頃ですが、その後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 長かった冬も終わり、解氷の兆しが見られる頃となりました。 残寒いまだ去らぬ日々が続きますが、ますますご活躍のことと存じます。 寒さの中にも、ようやく春の気配が感じられる季節となりました。 春の陽気が待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしですか。 ひとたび街に出ると、バレンタインデー一色ですね。 思わず自分用に奮発してしまいました。 この数日、寒さがぶり返しましたが、体調にお変わりございませんでしょうか。 今年は暖冬のせいでしょうか、春の訪れが早いようです。 日差しも日に日に暖かくなってきたような気がいたします。 花屋の前を通りましたら、すっかり春の花々が並んでいて、見ているだけで心が華やいできました。 梅のつぼみもほころぶ季節となり、本格的な春の訪れが待ち遠しく感じます。 清らかに咲く白梅を見るにつけ、心洗われる思いがいたします。 梅の香りに心はずむ季節となりましたが、皆様にはその後もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 寒暖を繰り返す時期となりましたが、ご家族の皆様もお元気でお過ごしのことと拝察いたします。 木々の芽もすっかり春の支度を整えたようです。 ご家族の皆様もお変わりなくお過ごしのことと存じます。 吹く風にも春の匂いがほのかに感じられる季節となりました。 一雨ごとに春めいてくる今日この頃、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

次の