世界 最 弱 の オセロ。 オセロ (ボードゲーム)

世界最弱のオセロAIが弱過ぎて絶対勝っちゃう件wwwww【#はじめしゃちょー】

世界 最 弱 の オセロ

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の

世界最弱のオセロAIは本当に弱いのか、実際に戦ってみた!

世界 最 弱 の オセロ

2009年のオセロ世界選手権大会で個人の部初優勝。 以降、2010・2012・2015年と計4度世界チャンピオンに輝いています。 段位は9段。 現在は社会人として働きながら、世界選手権の優勝最多記録、7回を目標に日々研究を重ねています。 高梨さん!素晴らしいですね! ちなみに初めて優勝したときが17歳だそうです。 正直オセロの世界選手権が開催されていることを知らなかったんですが、こんなにも若い方が世界チャンピオンだったんですね! 今はオセロの普及活動も精力的に行われているそうで本当に頭が下がります。 それでは次に高梨さんとオセロにまつわるエピソードをまとめましたのでご覧ください。 スポンサーリンク オセロとの出会い 今となってはみなさんも小さいころからオセロで遊んできたと思います。 高梨さんも他の人と同じようにオセロと出会いました。 最初はオンラインゲームで全く勝つことができず、勝敗は運で決まると思っていたそうです。 しかし 技術や理論がきちんとあることに気がついて衝撃を受けたそうです。 ここから世界選手権優勝まで一気に駆け上がります。 世界大会初出場も友達には内緒! 今となっては世界チャンピオンの高梨さん。 当初は学校の友達にオセロをやっていることを言っていなかったそうです。 その理由は 「オタクっぽく思われる」と思っていたから。 初めての世界大会で学校を休む際も先生に黙っておいてもらうように言っていたそうです。 しかし優勝した高梨さんが帰国してみると、 みんなが祝福してくれました。 ・・・先生は高梨さんがオセロの世界大会に出ることをみんなに言っていたそうですwww 高梨さんもそのとき分かったと思いますが、一生懸命やっていて結果まで残している人のことを馬鹿になんてしないですよね! みんなが素直に祝福したのも当然だと思います! 最後に オセロは日本発祥のボードゲームなので、世界選手権で勝ち抜くより日本で勝つことの方が難しいそうです。 (2015年世界選手権の決勝の対戦相手も日本人の末國誠さん) その中、トップで走り続けるのは大変だと思いますが、最多優勝回数を目指して今後も頑張ってほしいですね!.

次の

世界オセロ大会、11歳の日本人が優勝 最年少記録更新:朝日新聞デジタル

世界 最 弱 の オセロ

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の