竹内 まりや ミュージック フェア。 竹内まりや、38年ぶりに「MUSIC FAIR」に出演決定。9月4日リリースのアルバム『Turntable』詳細&最新トレーラー公開

ミュージックフェア 竹内まりや アップルハウス、西城秀樹とのデュエット

竹内 まりや ミュージック フェア

ミュージックフェアの森高特集・・・その1 — テク憧 techdou ミュージックフェア ギター? 奥居香 ドラム? 森高千里 キーボード? — ともこ? じゃじゃ馬ならし? 今夜のミュージックフェア胸熱過ぎて目からも汗を出しながら10㎞走った 不審者 あの頃テレビの中でキラキラしていた人たち。 素敵に歳を重ねてるなぁ。 私も頑張ろう。 そして帰宅後お刺身を喰らう? 録画予約OK! — 祐 zVT5k8EreLX7heb 奥居香 岸谷香 、森高千里、岡本真夜でミュージックフェア。 これが俺のROCK IN JAPAN。 — ナニワん@いよいよ夏本番! purenman ひみミュージックフェア開催中? — ラジオたかおか radiot762 ミュージックフェアの口コミ.

次の

ミュージックフェアのまりや・竹内・サマーソングが話題

竹内 まりや ミュージック フェア

1964年の番組開始以来、さまざまなゲストを迎えてきた「MUSIC FAIR」(毎週(土)18時~18時30分)。 今回1981年以来38年ぶりに竹内まりやが番組出演を果たす。 「テレビスタジオに来ること自体がほとんどないので、今日は緊張しますが、仲間たちと一緒に楽しんで歌いたいと思います!」と、竹内は番組冒頭で38年ぶりの出演への意気込みを語った。 1981年当時フジテレビの番組に出演した際の懐かしいエピソードをたっぷり聞くとともに、超貴重な秘蔵映像満載の30分でお送りする。 スラリとしたパンツスタイルでさっそうとスタジオに登場した竹内。 38年という時間の経過を全く感じさせない、美しくスレンダーなスタイルに出演者一同驚きを隠せない様子。 1980年から81年にかけて竹内が出演した『MUSIC FAIR』の当時の映像を振り返ると、久しぶりに見る映像に興奮気味の竹内。 当時一緒に歌でコラボした中尾ミエ、森山良子との思い出の他、「『MUSIC FAIR』という王道の音楽番組で照明やセットがステキだったし、他のアーティストの皆さんとコラボで歌うことができ、刺激が多く楽しい時間だった。 今回の収録も独特の雰囲気は38年前と変わらず、落ち着きがある」と語った。 フジテレビとはこれまでも何かと縁が深かったという竹内。 実は1980年にはフジテレビの音楽バラエティー番組『アップルハウス』(1980年10月~1981年3月、毎週(土)19時30分~20時放送)で司会を務めていたという。 今回、竹内が自宅にVHSテープで保管していたという『アップルハウス』の秘蔵映像を公開する。 今ではテレビで姿を見ることがほとんどない竹内だが、当時は毎週司会として、加藤和彦とともに番組を支えていたという。 その貴重な秘蔵映像を見ながら、番組を通して竹内が学び、経験したさまざまな体験について語った。 「ジャンルの違う歌手の方と出会うことが普段あまりないので、そこでいろいろな方に会って話を聞いたり、司会として質問をしたりと学ぶことが多い番組だった」、「加山雄三さんや沢田研二さんが出演された回は、私も一ファンの目線で拝見していた」、「西城秀樹さんのファンの熱気は本当にすごかった!」、「台本を覚えたり、歌詞を覚えたり、ゲストの皆さんの情報を覚えたりといろいろ大変だったが、若かったからこそできた、非常に貴重な経験だった」といった秘蔵エピソードを交えながらトークに華が咲いた。 今回披露した楽曲は2014年に発売されたシングル『静かな伝説(レジェンド)』と、1977年のクリスタル・ゲイルの大ヒット曲『Don't It Make My Brown Eyes Blue』としても知られ、9月に発売予定の竹内まりや40周年記念アルバム、モア・ベスト&レアリティーズ&カバーズ『Turntable』にもカバー曲として収録されている、『瞳のささやき』の2曲。 ターンテーブルの上に竹内が座り、モノクロで表現された今回のジャケット、アルバムタイトルである「Turntable」を表現するとともに、竹内まりやの40周年に相応しいフォトジェニックな1枚となっている。 さらに「Turntable」の最新トレーラーが本日から公開スタート!それと共にトラックリストも本日解禁され、収録曲の全貌が明らかになった。 DISC1は「MoreExpressions」と題し、ミリオンヒットを記録した3枚組ベスト・アルバム「Expressions」(2008年発売)に収録されなかった楽曲を過去11枚のオリジナル・アルバムから厳選して収録。 NHKの特集番組でも歌唱した「いのちの歌」や「MUSIC FAIR」で歌唱する「静かな伝説 レジェンド 」、そして初期の名曲「Sweetest Music」なども含まれ、新たなベスト・アルバム、モア・ベストとも呼べる内容となっている。 「Expressions」と併せて聴けば、竹内まりやの現時点での代表曲が全て網羅できるといっても過言ではない。 牧瀬里穂に提供し、アルバム「Denim」(2007年発売)の初回盤ボーナスディスクのみに収録されていた「ミラクル・ラブ」、岡田有希子に提供した「ファースト・デイト」、「憧れ」、「恋、はじめまして」など新たにレコーディングされた初出音源に加え、広末涼子に提供した「MajiでKoiする5秒前」なども収録。 竹内まりやのソングライターとしての魅力が満載のスペシャルな1枚となった。 DISC3は「Premium Covers」と題し、山下達郎「サンデー・ソングブック」でお馴染みの「まりやの課外(クラブ)活動」を遂に初CD化。 映画「ダンボ」日本版エンドソング「Baby Mine」の英語バージョンに始まり、ビートルズのカバーやイーグルスのカバー、「Fly Me To The Moon」、「Don't It Make My Brown Eyes Blue ~瞳のささやき」、「Che Vuole Questa Musica Stasera ~ガラスの部屋」など、洋楽クラシックス、ジャズスタンダード、カンツォーネ、オールドポップス等の洋楽カヴァーを1枚にコンパイル。 山下達郎とのデュエットソング「For Your Love」も収録され、竹内まりやのルーツを窺い知れる興味深い内容となった。 三者三様のバラエティに富んだ内容となったこの3枚組、まさに竹内まりやの40年の活動の軌跡・音楽性を三方面から切り取った感のある、聴きごたえ満点の豪華なアルバムとなっている。 2014年9月に発売されたオリジナル・アルバム「TRAD」以来、約5年ぶり、通算18枚目のアルバム作品となり、62曲の大ボリュームを是非お楽しみいただきたい。 iTunes Chart• MENU• SNS•

次の

ミュージックフェアのまりや・竹内・サマーソングが話題

竹内 まりや ミュージック フェア

シンガー・ソングライターのが、17日放送のフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜 後6:00)に出演することが5日、わかった。 同番組出演は1981年以来、実に38年ぶりとなる。 スラリとしたパンツスタイルでさっそうとスタジオに登場した竹内は、番組収録冒頭、「テレビスタジオに来ること自体がほとんどないので、きょうは緊張しますが、仲間たちと一緒に楽しんで歌いたいと思います!」と意気込みを語った。 38年の月日の経過を全く感じさせない美貌とスレンダーなスタイルに、出演者一同驚きを隠せない様子。 1980年〜81年にかけて出演した『MUSIC FAIR』を映像で振り返ると、竹内は久しぶりに見る映像に興奮気味。 当時歌でコラボした、との思い出を振り返り、「『MUSIC FAIR』という王道の音楽番組で照明やセットがステキだったし、他のアーティストの皆さんとコラボで歌うことができ、刺激が多く楽しい時間だった。 今回の収録も独特の雰囲気は38年前と変わらず、落ち着きがある」とも語った。 竹内は80年当時、フジテレビの音楽バラエティー番組『アップルハウス』(80年10月〜81年3月)の司会を務めていた。 番組では、竹内がVHSテープで自宅に保管していた『アップルハウス』の秘蔵映像も公開する。 貴重な映像を見ながら思い出話に花が咲き、「ジャンルの違う歌手の方と出会うことが普段あまりないので、そこでいろいろな方に会って話を聞いたり、司会として質問をしたりと学ぶことが多い番組だった」、「さんやさんが出演された回は、私も一ファンの目線で拝見していた」、「さんのファンの熱気は本当にすごかった!」、「台本を覚えたり、歌詞を覚えたり、ゲストの皆さんの情報を覚えたりといろいろ大変だったが、若かったからこそできた、非常に貴重な経験だった」などと振り返った。 スタジオで歌唱したのは、デビュー同期の・&夫妻がコーラスで参加したことでも話題となった2014年発売のシングル「静かな伝説(レジェンド)」と、1977年のクリスタル・ゲイルの大ヒット曲「Don't It Make My Brown Eyes Blue」としても知られ、9月に発売予定の竹内まりや40周年記念アルバム、モア・ベスト&レアリティーズ&カバーズ『Turntable』にも収録される「瞳のささやき」の2曲。 以前から「もし『MUSIC FAIR』に出演する機会があるなら、この曲を歌おうかと考えていた」という選りすぐりの2曲を歌う。 浜崎綾プロデューサー/チーフディレクターは「音楽番組の作り手としてこの上ない喜びと共に、心地よい緊張感に包まれながらの収録になりました。 表舞台で輝き続けるアーティスト・竹内まりやさん、そして作家として音楽を作り続けてきた職人・竹内まりやさんの両面を感じることができる放送になると思います」と手応えをにじませている。 音楽番組の作り手としてこの上ない喜びと共に、心地よい緊張感に包まれながらの収録になりました。 表舞台で輝き続けるアーティスト・竹内まりやさん、そして作家として音楽を作り続けてきた職人・竹内まりやさんの両面を感じることができる放送になると思います。

次の