辛いもの食べて腹痛 対処法。 食べ過ぎ飲み過ぎで胃腸がツライ。そんなときの対処法は?

辛いもので腹痛になる!対処としてヨーグルトが効くか試した!

辛いもの食べて腹痛 対処法

何故辛いものでお腹を壊すか 辛いものを食べるとお腹がチクチクしたりお腹が熱くなったりしますよね。 あとお尻もヒリヒリが止まらなくて、私は切れ痔持ちなので「これがこの世の地獄なのね」と悟りを開いてしまうほど辛いのです。 これは何故でしょう? 専門家を読んで聞いてみました。 のびのびは意識が遠くなり、これが黄泉の国だと悟る。 ・・・・ つまり、多量のカプサイシンは副交感神経を活発化させてしまい、腸の働きをフルパワーにしてしまう。 ではどうしたらお腹を壊さないですむか? それは事前準備や食べ物や飲み物などの、飲食でカバーするしかありません。 激辛でお腹を壊す前の事前準備 何事も予防が大切です。 私の場合は激辛と有名のお店に行く際にはきちんと予防してから行きます。 それではどんなことかわアーナルマナーなのか? それは事前に下記の物を口にしてから行きます。 牛乳や飲むヨーグルト 乳製品に含まれるたんぱく質であるカゼインは、お腹に膜を張る効果があります。 カプサイシンは胃腸の粘膜を傷つけてしまうため、乳製品のカゼインでコーティングすることによって粘膜を傷つけるのをカバーします。 また、動物性たんぱく質も含まれており、動物性たんぱく質は胃腸だけでなく舌もコーティングする作用があるので辛さも和らぎます。 玉子などのたんぱく質を食べておく 動物性たんぱく質は油と同じで胃腸をコーティングしてくれる効果があります。 たんぱく質を食べすぎた次の日はうんちがベタベタになったという経験のある人は結構いるでしょう。 それだけたんぱく質の効果はすごいので、辛いものには非常に効果を発揮してくれます。 プロテイン最強 プロテイン ホエイ はカプサイシンの刺激から守る牛乳のカゼインたんぱく質と動物性たんぱく質が含まれています。 牛乳のたんぱく質が多い番だと思って飲んでもらえると効果がかなり期待できます。 食物繊維をたくさんとっておく 食物繊維はお腹にへばりついた物を綺麗に絡め取ってくれます。 食物繊維をとっておくと、辛いカプサイシンも包んで一発で体外へうんちとして排出してくれます。 辛いものを食べている時に気をつけること 辛いものを食べている時、辛さでテンションが上がって後のことを考えずに食べてしまいます。 すると、調子に乗りすぎて次の日地獄に・・・という危険性もあります。 そこで、上記の「激辛でお腹を壊す前の事前準備」と被るところもありますが、食べている時にも出来る予防も紹介します。 食物繊維も摂取する 食物繊維を摂るとカプサイシンも絡め取ってくれると説明しましたが、出来れば食前に摂るのが良いでしょう。 激辛ラーメンであれば野菜を全部食べてからスープや麺をすする方が後々お腹の痛みは和らぎます。 水分はしっかり 水は脂溶性のためカプサイシンとけにくいのが悲しいところです。 そのため、普通に水を飲むよりも、緑茶やコーヒーなどタンニンの含まれたものを飲むのが効果的です。 タンニンはカプサイシンの働きを弱めます。 タンニン酸はカプサイシンの辛さや刺激を抑える効果があると生理学研究所にて証明されています。 URL参照: 辛いものを食べている時は緑茶やコーヒー、烏龍茶を一緒に飲みながら食べると辛みが収まってしまいますが、後々の辛さは無くなります。 食物繊維入りの飲み物最強 現在は食物繊維が豊富に含まれたお茶なども販売されています。 こういった食物繊維、タンニン酸が含まれたものを飲んでおけば、カプサイシンの刺激も収まり、うんちでいっぺんに出すことが出来るので良いですよね。 レモンやライムなど柑橘系の酸味も良いみたい レモンやライムの絞り汁はタイ料理でよく使われていますよね。 これはレモンやライムに含まれる酸味が辛さの元であるカプサイシンの働きを弱めるためだとタイ人は昔から分かっていたそうです。 食後でも構わないのでデザートとして柑橘系を食べるのも良いですし、レモンやライムがお皿の端に置いてあれば食べるのも良いでしょう。 辛いものを食べてお腹を壊してしまった後の対処法 辛い物を食べた直後であれば、タンニンを含む 「 緑茶」や「 コーヒー」をたくさん飲むと良い。 また、植物油をたくさん含んでいる辛いものは、 カプサイシンは脂溶性のため、粘膜の損傷を強くします。 そのため、タンニンを含み油を流しやすくする効果のウーロン茶を飲むのをオススメします。 食物繊維の入った烏龍茶が最も良いのですが、食後は次の日のことを考えて多めに飲んでおきましょう。 また、実際にお腹が痛くなり下痢が止まらない場合は次のことを試してみましょう。 辛いものを食べてお腹を壊すのは副交感神経が活発化されているから・・・ 副交感神経と交感神経のバランスを整えれば良い。 私は船酔いした時や酔っ払って動けなくなった時によくやるのですが、 横になって腹式呼吸をしてそのまま眠ると大体治ってしまいます。 腹式呼吸は交感神経と副交感神経のバランスを整えるので、元々の原因である自律神経の乱れを治せば、時間はかかりますが必ず治ります。 胃腸が荒れているので胃腸薬 胃腸が荒れているのも下痢の原因なので、胃腸の調子を整える胃腸薬を飲むのをオススメします。 基本的にはすぐ治りますが、一日中お腹を壊している場合は胃腸が荒れに荒れている可能性が十分あります。 胃腸が荒れるとポリープや大腸ガンの原因にもなるので、なるべく飲んで置いた方がいいでしょう。 また、下痢をしているからといって正露丸は駄目です。 水分不足にならないようにする 下痢が続くと体外に水分も排出してしまうため水分不足になりやすいです。 水分不足になると吐き気や気持ち悪さを発症するので、 下痢プラス吐き気という最悪の状態になります。 辛いものを食べた直後であればタンニンを含む飲み物も効果的ですが、 下痢になってしまった時に飲むと利尿作用があるので水分不足にはあまり効果がありません。 ポカリスウェットを飲むことをすすめます。 トマトやリンゴは便秘や下痢に有効 リンゴは便秘や下痢に効果的なのは有名ですよね。 また、胃に優しい食べ物としても有名です。 下痢をしてしまったらなるべく胃腸に優しいものを食べるのが良いですが、リンゴは胃腸に優しく食物繊維も含まれているので、 お腹が治った後も便秘になりにくいので後のことを考えるとリンゴは最適です。 トマトやリンゴに含まれるビタミンAは粘膜保護成分が高く、ペクチンは食物繊維と同じく便の水分を吸収して体外へ排出してくれます。 辛いものを食べ続けると実は危険 私は辛いものをほぼ毎日食べているのですが、カプサイシンは粘膜を傷つけるので 粘膜が傷つけられた状態が続くとポリープができたり、ガンになる確率が上がるとのこと。 実際私は、朝便を出した時に便器が真っ赤になった経験があります。 病院でお尻から内視鏡を入れて調査するのですが、これがなかなか辛いのです。 程よい量なら体には良い効果をもたらしますが、とりすぎはよくありません。 以上! 辛い食べ物は程よい量ならダイエットにも健康にも効果的ですが、過剰摂取は身体を危険に晒します。 どれくらいが程よい量なのかは人によって違いますが、参考まで私の場合は ラーメン中本の北極ラーメンを昼に食べ、おやつで激辛マニアというお菓子を食べ、夜は激辛グリーンカレーを食べた次の日は 一日中トイレと冷水シャワーの繰り返しで学校を休んだことがあります。 皆さんも辛いものを食べる際には前もって準備をして、辛いものを食べた直後もタンニンなどを摂取して 被害を最小限に抑えましょう。 以上最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

辛い物を食べてお腹を壊してしまった時の対処法

辛いもの食べて腹痛 対処法

「辛味中毒」「辛味依存症」ですか、、、それだけ苦しくてもまた懲りずに食べるのはかなりの中毒とお見受けします。 お話から察しますとどうも胃壁が胃炎か胃潰瘍(あるいは食道炎や十二指腸潰瘍)でやられているようですから、先ずそれを治す方から始めてください。 中毒には少々つらい事になりますがその間は「辛味厳禁」です。 とにかく体内部の事は診察、検査をしないと確定的な事は言えませんのでネット上での相談はこのあたりで止めて、後は病院に行かれる事をお奨めします。 【追記】 何か苦しみをけしかけるようで申し訳ありませんが、唐辛子(ペパー)で極度に辛いものを幾つか順不同で書いておきます。 いずれも南北アメリカで良く知られているものです。 「ムラト」「ハラペーニョ」「コビンチョ」「カイエンヌ」「セラノ」「ハバネロ」「ブート ホロキア」「チルテピン(テピン)」「ナガ モリッチ」と言ったところで、中でも「ブート ホロキア」は非常に危険です。 またこれらを使ったチリソースも色々発売されていますが、舐めると口がきけないほど強烈な辛さです。 胃の調子が治ってからお試しください。 【再追記】 面白い話を生理学者・病理学者から聞きましたので一言ご紹介。 この唐辛子の辛味成分カプサイシンは痛みと良く似ていて違うのは熱感覚と発汗作用だそうです。 そうしてこのカプサイシンの受容体に先に取り付く鎮痛剤がいくつかあるそうですが、人体への長期使用の副作用などが未だ判っていないので実際には試験的にしか使われていないそうです。 この受容体に鎮痛剤が先に取り付くと辛味を感じる事がなくなるそうですが、唐辛子の辛味を感じなくなるのでは「辛いものを食べてるぞ!」と言う充実感というか実行感が無くなるのであまりお奨めでないような気がします。 カプサイシンは冷水には殆ど溶けませんが、体温程度になると溶け始めます。 また油やアルコールには容易に溶けますのでラー油の状態やお酒、あるいはチリソースとして一緒に食べると粘膜の損傷が酷くなるそうです。 とにかく口から肛門まで消化管の全ての粘膜に「悪さ」をしますので食べる量にご注意ください。 私の友人で激辛物を食べると肛門がヒリヒリするといつも叫んでいたのがいました。 アメリカ大陸からヨーロッパに最初に紹介された時「毒物」だと考えたのは今になってみるとある程度正解だったかもしれません。 またメキシコ人のあの激辛志向は粘膜に影響無いのかいつも不思議に思って、色々調べましたが別に特段の手立てをしている訳では無いようです、要するに粘膜の鍛え方が違うようです(笑)。 【蛇足】 私も若い頃は猛烈辛味が大好きでしたが、歳とともに丸く甘味の方に寄って行きつつあります(笑)。 食料研の西丸さんがチリで食べた原種の唐辛子はちょっと噛むと1週間は口の中がひりひりするそうです。

次の

辛いものを食べた後の腹痛対策について

辛いもの食べて腹痛 対処法

辛いもの、それは魅力的な食べ物ですよね。 赤々とした料理を見るだけでよだれが出る… 食べたいけれども、怖いのは食べた後の腹痛… トイレの中や布団の中で、もだえ苦しみ、深く後悔するにもかかわらず、また時が経てば辛いものを食べたくなる… そして、学習せずにこのくだりを無限ループしている方いませんか? できれば、腹痛のくだりがなく、辛いものを食べる快感のみ得たいものですよね。 なぜ、辛いもので腹痛が出るのか、原因と対処方法をおさえていけば、辛みの旨味にもっと気軽に酔いしれることができるかもしれません。 まずは、辛みの魅力についておさえていきましょう。 Contents• 辛みに魅力を感じるのはなぜ? 腹痛で辛い思いを何度となくしていても、懲りずに食べたくなるのか。 それは、辛いものを食べることで起きる脳内分泌物質による効果なのです。 その物質は アドレナリンと エンドルフィン。 これらは、痛みを感じにくくさせたり、筋肉の緊張を和らげて体をリラックスさせてくれたりします。 脳科学では、 ストレスによる心の痛みを、舌の痛みで紛らわそうとして、辛いものを欲すると言われています。 また、唐辛子のカプサイシンが食欲増進を促してくれるので、益々魅力に取りつかれてしまうのですね。 辛みのいい面、わるい面とは?腹痛のメカニズムとは? さて、辛いものを食べると舌やお腹に痛みを感じるのはなぜなのか。 この物理的刺激に近い辛みの元のカプサイシンは、 食道から腸に至るまで傷つけてしまうことがあります。 しかし、カプサイシンは完全悪なのか、というとそうではありません。 カプサイシンの効果は以下のものが挙げられます。 交感神経を活性化させて、代謝を活発にする= 食欲増進や 脂肪分解• 肉や魚の 臭さを消してくれる薬味となる 適量であれば、カプサイシンは体に良い影響をもたらしてくれます。 しかし、適量を越えた時、これらの効果が度を越して腹痛や下痢を起こしてしまうのです。 度を越した量のカプサイシンというのは、人間の体では消化ができないのです。 ビフィズス菌の餌にもならずに消化管を通るため、傷をつけながら排泄口まで到達するのです。 書いているだけで、焼けるようなおしりの痛みが思い出されます。 辛いものを食べて胃が痛くなるのは、消化できないカプサイシンから体を守るために、過剰な胃酸分泌が起こり胃の粘膜が荒れている状態なのです。 胃を通り過ぎた腸で痛くなるのは、消化されないカプサイシンが腸にとどまり、消化不良を起こして下痢・腹痛になっている状態なのです。 以上のように、腹痛の原因とは体の防衛機能によるものですので、 腹痛が出るほど辛いものを食べることは良くないことなのです。 それでも食べたい!腹痛が起きない方法はないのか!? いやいや、加減しても腹痛は起きるし、しっかり辛いものを食べきりたい!そんな気持ちを持つあなた。 なんとかしましょう。 まず、辛いものを食べる時には 水は飲まない方がよいです。 カプサイシンは油に溶ける性質を持ち、水ではその成分を洗い流すことはできないので水を飲むと、口中に辛さが広がってしまう原因となるのです。 そして、カプサイシンによる腸の活発な蠕動運動により腸内の便のスピードが早くなっています。 そうすると、食べ物の水分を吸収しながら大腸へと送るという本来の体の働きが行われず、飲んだ分だけ上乗せされた水分の多い便ができ、下痢や腹痛が起きるのです。 それでは何も飲めないで食べなくてはいけないのか、そのようなことはありません。 救世主は牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの 乳製品です。 乳製品に含まれるカゼインがカプサイシンと結びつき、刺激を和らげてくれます。 インドカレー屋でチャイティーを出してくれる処もありますよね、あれは理にかなっているのです。 また、お茶やコーヒーを飲みながら食べるのもアリですよ! タンニンという整腸作用のある成分があるので、辛いものを食べても腹痛を防げます。 良い腸内環境づくりが、辛みによる腹痛に効果的! 腹痛を起こさないためには、普段からお腹の調子を整えておくことも大切です。 腸の動きに必要な栄養素 乳酸菌やオリゴ糖など をとっておけば、正常な腸の動きでカプサイシンをなるべく早く排泄することができます。 以下に簡単に食材例を紹介しますね。 動物性乳酸菌:牛乳、ヨーグルト、チーズ• 植物性乳酸菌:味噌、醤油、納豆• オリゴ糖:玉ねぎ、ゴボウ、バナナ これらを普段の食生活に一品加えるだけで、腸内の善玉菌を増やして腸の動きをよくしてくれますよ。 そして、胃腸に刺激の少ない、脂質や糖質の少ない食事を心がけ、胃腸の回復を促すことが大切です。 また、胃の刺激となる冷たい物ではなく、 温かいものを飲むようにしたり、 整腸剤や胃薬を飲むことも効果があります。 自然の食材で調子を整えることでは十分でない場合、お薬に頼ってしまいましょう。

次の