デレステ vr ゴーグル。 真の神アプデ?「デレステ」ARモードの使い方、魅力、対応機種まで徹底解説!

スマホ用VRゴーグルの本当に正しい選び方【ラブプラス/デレステVR】

デレステ vr ゴーグル

PC用VRゴーグルはHTCかOculusの2択! 現状では、PC用VRゴーグルについては事実上HTCかOculusの2択ということになります。 というのも、エンターテインメントにしろビジネスにしろPC VRのシェアはこの2社が圧倒しているからです。 現在Steamなどで提供されている PC VR用のコンテンツは、ほとんどがHTCとOculusのVRゴーグルに対応しています。 国産メーカーなど他社も頑張って良質なVRゴーグルを製作していますが、対応コンテンツを考えてもHTCとOculusのどちらかということになります。 OculusQuestもPCに最適? 最近ではPC対応VRゴーグルとしてOculusQuestも注目されています。 OculusQuestはスタンドアロン型のVRゴーグルですが、2019年12月に実装された「Oculus Link」によって PCと接続してOculus Rift向けのコンテンツも楽しめるようになりました。 スタンドアロン型のOculusQuestはPC用VRゴーグルOculuRift (S)よりもグラフィック面で劣ってしまうため、不安に思われるかもしれません。 しかし、Oclus LinkでPCと接続したOculusQuestはグラフィック性能が大きく向上し、OculusRift(S)と遜色ない高品質のVRを楽しむことが可能です。 ですので、PCに接続するだけでなく外出先でもVRを楽しみたいという人には、OculusQuestが有力な選択肢となります。 PC用VRゴーグルを選ぶ際のポイント PC用VRゴーグルを選ぶ際は、 1. 対応PCスペック 2. トラッキング環境 3. 解像度 4. 体験したいVRコンテンツに対応しているか の4つのポイントに注目すると良いでしょう。 対応PCスペック PC VRを楽しむためには、VRゴーグルと接続するPCにも高い画像処理能力が要求されます。 VRゴーグルが要求する最低限のレベルでも、ある程度のスペックが必要です。 そのため、一般的な家庭用PCと接続してもスペック不足で動かないでしょう。 PC用VRゴーグルを購入する前に、その VRゴーグルが要求するスペックを確認するようにしましょう。 PCが良く分からないという人は「VR Ready」という認証が付いたPCを購入すれば問題ないでしょう。 「VR Ready」はVRが動作するPCであることを表す認証です。 「VR Ready」のPCであれば問題なくPCでVRを楽しむことが出来ます。 トラッキング環境 PC VRではルームスケールという、スマホやゲーム機のVRにはない機能があります。 ルームスケールとは 「VR空間の中を移動できるようになる」機能で、身体全体でVRを楽しむことができます。 しかしVIVEなどの機種では、ルームスケールのためにセンサーを設置する必要があります。 そのため、VRを主に利用する部屋に、 センサーを設置できるスペースが十分にあるかをあらかじめチェックしておきましょう。 解像度 VRゴーグルのスペックで最も重要なのが解像度です。 解像度が 高ければ高いほど高精細なきめ細かい映像でVR体験ができます。 そのためハイレベルな比較とはなりますが、よりクオリティの高いVR体験のためにVRゴーグルの解像度を忘れずにチェックしておきましょう。 体験したいVRコンテンツに対応しているか PC VRをいざ楽しもうとしても、やりたいVRコンテンツが購入したVRゴーグルに対応していなかったら意味がないですね。 HTCとOculusのゴーグルであればほとんどのVRコンテンツが対応していますが、万が一ということもあるので、事前に自分が体験したいVRコンテンツがどのVRゴーグルに対応しているか確認しておきましょう。 特にOculus Storeはコンテンツの審査が厳しいので、Steamですでに配信されていても、Oculusでは未対応となっているものがあります。 また、同じメーカーのVRゴーグルであっても、機種によっては未対応の場合もあるので、注意しましょう。 PCVRゴーグルおすすめランキングTOP4 PCVRを楽しむのに最適なVRゴーグルを厳選してご紹介します。 内蔵されたカメラセンサーを使ってトラッキングするので、 外部センサーを使わずに簡単にVRを始めることができます。 「どこでも持ち運びできる」スタンドアロン型のメリットと「ハイクオリティなVR体験ができる」PCVRのメリットを併せ持ったVRゴーグルといえます。 また、ハンドトラッキング機能も実装されており、 コントローラーなしでより現実に近いVR体験をできるのも特徴です。 3位:VIVE pro 解像度:2,880 x 1,600ピクセル リフレッシュレート:90Hz 視野角:110度 オーディオ:ハイレゾ対応ヘッドセット 価格:162,880円 VIVE proは、クオリティの高いVR体験ができるPC用VRゴーグルとして評価が高い「HTC VIVE」がパワーアップしたモデルとなります。 2,880 x 1,600という超高解像度のディスプレイのほか、ハイレゾ対応のヘッドセットが実装されているのが特徴です。 さらに、人間工学に基づいた設計で、VRのクオリティだけでなくゴーグル自体の着け心地も快適なものとなっています。 PC対応VRゴーグル比較表 以上の4つのPC用VRゴーグルをわかりやすく表の形で比較してみました。 にも関わらず、49,800円と PC用VRゴーグルとしては比較的安価なので価格とクオリティを両立したい人にはピッタリです。 ワイヤレスで快適にVRを楽しみたい人は「OculusQuest」! いろいろなシチュエーションで快適にVRを楽しみたい場合には、ワイヤレスでも利用できるOculusQuestがおすすめです。 スタンドアロン型のOculusQuestは、単体でもPC VRに引けを取らないクオリティのVRをワイヤレスで体験することができます。 また、ハンドトラッキング機能が追加され、コントローラーを使わず自分の手の動きで操作をすることが可能です。 さらに、OculusQuestは新機能「Oculus Link」で PCと接続することによって、PC VRも楽しめるようになりました。 しかし、接続にはUSB Type-Cケーブルが必要となるので、完全にワイヤレスでPC VRを楽しめるわけではないので気をつけましょう。 高画質で美麗なVR体験をしたい人は「VIVE PRO」がおすすめ 多少お金がかかってもいいからクオリティ重視で体験したいという人には、VIVE Proがピッタリです。 超高画質とハイレゾ対応の高音質、自由度を増したルームスケールによって、最高レベルのVR体験ができます。 高品質なVR体験は、数々のVRアトラクションで正式デバイスとして使われているだけでなく、多くのVRクリエイターに愛用されています。 クオリティの高い製作環境を追求しているハリウッドの映画製作現場でもバーチャルセットやプリビズに採用されるほどです。 他のVRゴーグルと比べると価格が高めですが、まさに 「もう一つの現実」と錯覚してしまうようなVR体験をしてみたいのであればVIVE Proは外せません。 まとめ 高品質なVR体験ができるPC VR用のVRゴーグルを選ぶ場合、事実上選択肢はHTCとOculusの2社となっているのが現状です。 とはいえ、この2社も多くのモデルを発売しているので機種選びは難しいと感じるかもしれません。 まずは、細かいスペックを見るよりも、自分がどんなVR体験をしたいのかという観点からVRゴーグルを絞っていくのもいいでしょう。

次の

VRで推しに会える「デレスポ」をじっくりと堪能しました(河童丸)

デレステ vr ゴーグル

PC用VRゴーグルはHTCかOculusの2択! 現状では、PC用VRゴーグルについては事実上HTCかOculusの2択ということになります。 というのも、エンターテインメントにしろビジネスにしろPC VRのシェアはこの2社が圧倒しているからです。 現在Steamなどで提供されている PC VR用のコンテンツは、ほとんどがHTCとOculusのVRゴーグルに対応しています。 国産メーカーなど他社も頑張って良質なVRゴーグルを製作していますが、対応コンテンツを考えてもHTCとOculusのどちらかということになります。 OculusQuestもPCに最適? 最近ではPC対応VRゴーグルとしてOculusQuestも注目されています。 OculusQuestはスタンドアロン型のVRゴーグルですが、2019年12月に実装された「Oculus Link」によって PCと接続してOculus Rift向けのコンテンツも楽しめるようになりました。 スタンドアロン型のOculusQuestはPC用VRゴーグルOculuRift (S)よりもグラフィック面で劣ってしまうため、不安に思われるかもしれません。 しかし、Oclus LinkでPCと接続したOculusQuestはグラフィック性能が大きく向上し、OculusRift(S)と遜色ない高品質のVRを楽しむことが可能です。 ですので、PCに接続するだけでなく外出先でもVRを楽しみたいという人には、OculusQuestが有力な選択肢となります。 PC用VRゴーグルを選ぶ際のポイント PC用VRゴーグルを選ぶ際は、 1. 対応PCスペック 2. トラッキング環境 3. 解像度 4. 体験したいVRコンテンツに対応しているか の4つのポイントに注目すると良いでしょう。 対応PCスペック PC VRを楽しむためには、VRゴーグルと接続するPCにも高い画像処理能力が要求されます。 VRゴーグルが要求する最低限のレベルでも、ある程度のスペックが必要です。 そのため、一般的な家庭用PCと接続してもスペック不足で動かないでしょう。 PC用VRゴーグルを購入する前に、その VRゴーグルが要求するスペックを確認するようにしましょう。 PCが良く分からないという人は「VR Ready」という認証が付いたPCを購入すれば問題ないでしょう。 「VR Ready」はVRが動作するPCであることを表す認証です。 「VR Ready」のPCであれば問題なくPCでVRを楽しむことが出来ます。 トラッキング環境 PC VRではルームスケールという、スマホやゲーム機のVRにはない機能があります。 ルームスケールとは 「VR空間の中を移動できるようになる」機能で、身体全体でVRを楽しむことができます。 しかしVIVEなどの機種では、ルームスケールのためにセンサーを設置する必要があります。 そのため、VRを主に利用する部屋に、 センサーを設置できるスペースが十分にあるかをあらかじめチェックしておきましょう。 解像度 VRゴーグルのスペックで最も重要なのが解像度です。 解像度が 高ければ高いほど高精細なきめ細かい映像でVR体験ができます。 そのためハイレベルな比較とはなりますが、よりクオリティの高いVR体験のためにVRゴーグルの解像度を忘れずにチェックしておきましょう。 体験したいVRコンテンツに対応しているか PC VRをいざ楽しもうとしても、やりたいVRコンテンツが購入したVRゴーグルに対応していなかったら意味がないですね。 HTCとOculusのゴーグルであればほとんどのVRコンテンツが対応していますが、万が一ということもあるので、事前に自分が体験したいVRコンテンツがどのVRゴーグルに対応しているか確認しておきましょう。 特にOculus Storeはコンテンツの審査が厳しいので、Steamですでに配信されていても、Oculusでは未対応となっているものがあります。 また、同じメーカーのVRゴーグルであっても、機種によっては未対応の場合もあるので、注意しましょう。 PCVRゴーグルおすすめランキングTOP4 PCVRを楽しむのに最適なVRゴーグルを厳選してご紹介します。 内蔵されたカメラセンサーを使ってトラッキングするので、 外部センサーを使わずに簡単にVRを始めることができます。 「どこでも持ち運びできる」スタンドアロン型のメリットと「ハイクオリティなVR体験ができる」PCVRのメリットを併せ持ったVRゴーグルといえます。 また、ハンドトラッキング機能も実装されており、 コントローラーなしでより現実に近いVR体験をできるのも特徴です。 3位:VIVE pro 解像度:2,880 x 1,600ピクセル リフレッシュレート:90Hz 視野角:110度 オーディオ:ハイレゾ対応ヘッドセット 価格:162,880円 VIVE proは、クオリティの高いVR体験ができるPC用VRゴーグルとして評価が高い「HTC VIVE」がパワーアップしたモデルとなります。 2,880 x 1,600という超高解像度のディスプレイのほか、ハイレゾ対応のヘッドセットが実装されているのが特徴です。 さらに、人間工学に基づいた設計で、VRのクオリティだけでなくゴーグル自体の着け心地も快適なものとなっています。 PC対応VRゴーグル比較表 以上の4つのPC用VRゴーグルをわかりやすく表の形で比較してみました。 にも関わらず、49,800円と PC用VRゴーグルとしては比較的安価なので価格とクオリティを両立したい人にはピッタリです。 ワイヤレスで快適にVRを楽しみたい人は「OculusQuest」! いろいろなシチュエーションで快適にVRを楽しみたい場合には、ワイヤレスでも利用できるOculusQuestがおすすめです。 スタンドアロン型のOculusQuestは、単体でもPC VRに引けを取らないクオリティのVRをワイヤレスで体験することができます。 また、ハンドトラッキング機能が追加され、コントローラーを使わず自分の手の動きで操作をすることが可能です。 さらに、OculusQuestは新機能「Oculus Link」で PCと接続することによって、PC VRも楽しめるようになりました。 しかし、接続にはUSB Type-Cケーブルが必要となるので、完全にワイヤレスでPC VRを楽しめるわけではないので気をつけましょう。 高画質で美麗なVR体験をしたい人は「VIVE PRO」がおすすめ 多少お金がかかってもいいからクオリティ重視で体験したいという人には、VIVE Proがピッタリです。 超高画質とハイレゾ対応の高音質、自由度を増したルームスケールによって、最高レベルのVR体験ができます。 高品質なVR体験は、数々のVRアトラクションで正式デバイスとして使われているだけでなく、多くのVRクリエイターに愛用されています。 クオリティの高い製作環境を追求しているハリウッドの映画製作現場でもバーチャルセットやプリビズに採用されるほどです。 他のVRゴーグルと比べると価格が高めですが、まさに 「もう一つの現実」と錯覚してしまうようなVR体験をしてみたいのであればVIVE Proは外せません。 まとめ 高品質なVR体験ができるPC VR用のVRゴーグルを選ぶ場合、事実上選択肢はHTCとOculusの2社となっているのが現状です。 とはいえ、この2社も多くのモデルを発売しているので機種選びは難しいと感じるかもしれません。 まずは、細かいスペックを見るよりも、自分がどんなVR体験をしたいのかという観点からVRゴーグルを絞っていくのもいいでしょう。

次の

DMM VR動画のおすすめゴーグル!スマホ不要で寝ながら視聴OK!

デレステ vr ゴーグル

前述の通り、フォトスタジオは 「AR VIEW」「VR VIEW」「GYRO VIEW」の3種類のモードから楽しむことができる。 視点を上に向けるとメニューが表示されるので、アイドル衣装の変更や好きなポーズ、楽曲などをオーダーしよう! 推しキャラを思う存分楽しめるモードとなっているのでおすすめ。 3Dアイドルたちに密着!「3Dコミュ」 3Dコミュは「AR VIEW」を抜いた、 「VR VIEW」「GYRO VIEW」の2種類のモードから楽しむことができる。 アイドルたちの会話を間近で聞けるモードとなっており、フォトスタジオとは違いアイドル同士の会話が楽しめるぞ! 聞き逃さないようにヘッドホンをしてプレイするのがおすすめ。 デレステの楽曲をもっと楽しめる!「サウンドブース」 サウンドブースでは3Dキャラを見ることはできないが、『デレステ』の楽曲を楽しむことができる。 バックグラウンド機能がついており、通勤、通学などの外出時に聞くことが可能。 アプリがバックグラウンド状態でも再生できるのは嬉しいポイントだ。 デレステのVRゴーグル登場! 『デレスポ』をさらに楽しめるアイテム『アイドルマスターシンデレラガールズ』のVRゴーグルが登場! 二眼レンズ方式を採用したVRゴーグルが3種類のデザインから選べる。 メーカー希望小売価格は 1,900円(税抜)となっており、アソビストア、アニメイトオンラインショップ、CyStoreから購入可能だ。 また、イベント物販でも販売しているので、詳しくは公式サイトをチェック! デレスポのリセマラについて ガチャはある?リセマラは必要? 『デレスポ』ではリセマラ不要。 一般的なガチャシステムは存在しないため、リセマラをするは必要ない。 デレスポはVR機能などを使って、デレステをより楽しめるさまざまな機能が搭載されている。 ゲーム攻略のためのリセマラはないので、インストール後そのままゲームを始めよう。 デレスポ|評価・レビューまとめ.

次の