簡単 手作り マスク の 作り方。 手作りマスクの簡単な作り方|立体とプリーツや子供用布やガーゼは?

簡単・布マスクの作り方!平面も立体もプリーツも!手作りのコツ・ガーゼ生地の扱い方を徹底解説!

簡単 手作り マスク の 作り方

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

簡単!プリーツ入りガーゼマスクの作り方

簡単 手作り マスク の 作り方

子供用布マスクの簡単な作り方1段階目は、「生地布をカットして縫い合わせる」ということです。 具体的な手作りの簡単な作り方については以下の通りです。 布生地の端を縫っていく際には、表地を上にした方が生地がずれてくる心配がなく縫いやすいのでおすすめです。 子供用布マスクの簡単な作り方1段階目:生地布をカットして縫い合わせるまでの流れ• 表地となる布を縦横17cmにカットし、中の生地のを縦17cm、横15cmの大きさにカットする。 表生地に中の生地を乗せて、端を1cmで縫っていく。 端の位置が変わらないように気をつけながら縫い、最後まで縫ったら返し縫いをする。 反対側も左右同じように1cmで縫っていく。 なお、この記事では、子供用サイズの布マスクの簡単な作り方をご紹介していますが、以下の記事では、大人用サイズの布マスクの作り方が紹介されています。 お子様用のマスクと合わせてご自身の布マスクも作りたいとお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目は、「生地布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りです。 折り目をつけて布生地を曲げる際には、均等になるように生地を曲げると綺麗に仕上げることができておすすめですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 また、子供用布マスク全体に2mmステッチをかけていく際には、縫っている最中に布マスクの生地がずれてこないように生地を押さえ、ゆっくり作業をするのがポイントです。 子供用布マスクの簡単な作り方2段階目:生地布を完成させるまでの流れ• 両面の生地を表の方に肩倒しして、縫いしろのみにアイロンをかける。 両面を真ん中で折り目をつけて、そこに向かってくるっと表の方に肩倒しをして生地を曲げる。 両面の折り曲げたところに軽くアイロンを当てる。 縫い端を隠すために、全部表にくるっとひっくり返す。 表地全体にステッチを2mmステッチをかけていく。 2段階目で生地布を完成させていますので、最後にこの過程を終えれば完成となります。 具体的な作り方は以下の通りです。 マスク用のゴムをゴム通しに通す際には、隙間を開けておくと通しやすくておすすめです。 また、ゴムを固結びする際には、手作りの簡単布マスクのゴムの長さはお子様の顔に合わせて調整すると良いでしょう。 一般的に販売されているキッズ用布マスクのゴムの長さは52cmとなっていますので、参考にしてみてくださいね。 子供用布マスクの簡単な作り方3段階目:ゴムを通すまでの流れ• マスク用のゴムをゴム通しに通し、マスクの穴の部分にゴムを通す。 ゴムを固結びする。 ゴムの結び目をマスクの中に隠す。 本格的にガーゼ布を使ってマスクを作る場合には、先に下準備としてダブルガーゼの形を整える作業があります。 具体的な作り方については以下の通りとなっています。 なお、縫いしろにアイロンをかけて生地を表に返す際には、縫い合わせた部分が内側に入るようようにするとより綺麗な仕上がりになっておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方1段階目:ダブルガーゼ生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを縦36cm、横18cmの大きさにカットする。 ダブルガーゼを2つ折りにし、端から1cm部分を縫っていく。 縫いしろを割って軽くアイロンをかけ、生地を表に返す。 全体をアイロンがけする。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、右端から1. 5cm部分を縫っていく作業を行う場合には、生地が重なって厚みがあるので、丁寧に縫うのがポイントです。 また、マスクの穴にゴムを通していく時には、マスクゴムについているゴム通しを使ってゴムをゴム通しに通すとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 子供用ガーゼマスクの簡単な作り方2段階目:ダブルガーゼ生地を仕上げてゴムを通すまでの流れ• 生地を11cmで三つ折りにしていき、3cm程度残す。 その3cmの部分を別に三つ折りにする。 右端から1. 5cmくらいのところを縫っていく。 反対側も、端から1. 5cmくらいのところを縦に縫う。 マスクの穴にゴムを通していく。 ゴムの端を結び、マスクの両側にゴムをつけたら、結び目を生地の中に隠していく。 立体マスクの簡単な作り方1段階目は、「表布を完成させる」ということです。 具体的な作り方は以下の通りですので、参考にしてみてくださいね。 上の部分と下の部分を縫い合わせる際には、洗濯バサミやマチ針などを使ってずれないようにすると綺麗な仕上がりにすることができておすすめです。 立体マスクの簡単な作り方1段階目:表布を完成させるまでの流れ• 型紙に合わせてカットした布を、ガーゼを中心に置く。 上の部分と下の部分をそれぞれ縫いしろ1cmのところで縫い合わせる。 布を表に戻して、全体をアイロンがけする。 アイロンをかけたら、今度は反対も同様に折り曲げてアイロンをかける。 具体的な作り方は以下の通りです。 なお、三つ折りにして全体を縫い合わせる際には、手縫いでも良いのですがミシンを使うのがおすすめです。 また、この際、押さえた縫い目が隠れるようにすると良いでしょう。 立体マスクの簡単な作り方2段階目:裏布も完成させてゴムを通す• プリーツをよせて裏側にする。 プリーツを押さえて、左右の端から1cmの部分をそれぞれ縫い合わせる。 三つ折りにして全体を縫い合わせる。 100均などで販売されているマスクゴムとゴム通しを使って、ゴムをゴム通しに通す。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 なお、このプリーツマスクの作り方では、基本の布にダブルガーゼを使用していますが、100均のセリアには、特にキュートな柄のダブルガーゼが販売されていておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方1段階目:プリーツマスク生地の下準備の流れ• ダブルガーゼを2枚用意して、1枚を縦が28cm、横が11cmにカットし、もう一枚を、縦が10cm、横が5cmになるようにカットする。 ダブルガーゼを半分に折って上から1cmの部分を一度縫う。 ダブルガーゼをひっくり返して、生地の分かれ目のところにアイロンをかける。 アイロンを当てたら、ダブルガーゼを半分に折って、中心から1. 5cmのところに印をつける。 反対側も同様に、中心から1. 5cmのところに印をつける。 具体的な作り方は以下の通りです。 幅が1cmのところで折り返してアイロンを当てる際には、折り目がつくようにするのがポイントとなっています。 また、アイロンを当てた後に、1cmのところを折り返すという作業がありますが、この作業の後に3cm幅で1cmずつの折り返しが完成している状態になっているか確認するようにしてください。 プリーツマスクの簡単な作り方2段階目:表のプリーツマスク生地を完成させる• 5cmの印をつけたところを返して、アイロンをかける。 幅が1cmのところで折り返して、アイロンを当て、反対側も同様にアイロンを当てる。 アイロンを当てたら、1cmのところを折り返す。 ダブルガーゼを表に返して、小さいダブルガーゼを中心に当て、両サイドが1cmずつ出るくらいのところを縫っていく。 生地を倒して、アイロンをかけていく。 ひっくり返して、両脇を1cmずつ織り込んでアイロンをかけていく。 具体的な作り方は以下の通りとなっています。 以下の作り方の中で、端にアイロンをかけて生地を内側に倒す作業を行う場面がありますが、この時ミシン目に沿って折り目を合わせるとスムーズに作業を行うことができておすすめです。 プリーツマスクの簡単な作り方3段階目:プリーツマスクを完成させる• 反対側も表のガーゼ布と同じようにアイロンをかけていく。 端を1cm倒して、アイロンをかけ、生地を内側に倒す。 全体をアイロンがけし、折り目の部分を縫っていく。 両サイドを本返し縫いし、反対側も同様に縫うが、反対側は返し縫いはしない。 全体のアイロンがけを行い、マスクゴムをゴム通しを使って通していく。 ゴムの両側を通せば完成! プリーツマスクを作る際に、最後に両サイドを本返し縫いをするとお伝えしましたが、以下の記事では、本返し縫いや本返し縫いと似た半返し縫いの縫い方が紹介されています。 普段ハンドメイドをされないという方や、ミシンを使われないという方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。 上手なハンドメイドマスクのコツ1つ目は、「全体がずれないようにゆっくり作業する」ということです。 縫っている途中に全体が少しでもずれ、それに気づかず作業を進めてしまった場合でも、仕上がりに差が出てしまいます。 このため、特に立体マスクなどの全体を縫っていく場合や、表の縫い目が見える面を縫っていく際には、洗濯バサミやマチ針、ダブルクリップなどで留めておくと布がずれるのを防ぐことができておすすめです。 マチ針がある場合でも、留めたい範囲が広い場合には洗濯バサミなどを使うと良いでしょう。 早く仕上げることよりも、布やガーゼなどの生地全体がずれないようにゆっくり作業をすることに重点を置いて手作りマスクを作ってみてくださいね。 これは、ガーゼ布は、生地が柔らかくてよれやすいためです。 本返し縫いをしなくても、作業中にもしよれてしまった場合には、優しくガーゼ布を伸ばすようにすると、ガーゼ布に負担をかけることなく綺麗に伸ばすことができます。 今回は、子供用ガーゼマスク、立体マスク、プリーツマスクの手作りの簡単な作り方をご紹介した際にダブルガーゼを使用しています。 このため、これらの3種類のマスクを手作りする際には、マスクの両方の面の返し縫いをしないように注意してください。 ところで、マスクをして寝ることで、お肌の乾燥対策などの美容効果があることをご存知でしょうか。 以下の記事では、寝るときにマスクをすることのメリットとデメリットが紹介されています。 日中だけでなく、マスクは寝るときにも役立ちますので、興味のある方はこちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

次の

簡単に作れる!「立体手作りマスク」手縫いでもOK!

簡単 手作り マスク の 作り方

新型コロナウィルスへの対策として市販のマスクが品薄になっている中、自分でどうにかしようという人が増えてきています。 ずばりマスクを手作りするといった人が増えてきているのですが、たった5分で作れるような手作りマスクだってあります。 手作りマスクはサイズ調整できるのも特徴となっていて、大人から子供まで付けることの出来るマスクが作れます。 何かとドラッグストアで不足しがちな市販のマスクよりも使い勝手のいいマスクを作ることだってできるのです。 この記事ではそんな自分好みにDIYできる手作りマスクの作り方をいくつかご紹介します。 新型コロナウィルスの影響で市販のマスクが不足しがちで不安かもしれませんが、ぜひこういった手作りマスクを作って対策してみてください。 そもそも手作りマスクにはどのようなメリットがあるかご存知でしょうか?やはり新型コロナウィルスの影響で不足しがちなマスクを自分で作れてしまうというのが最大のメリットです。 売り切れが続いている現状では最善の解決策と言えます。 さらに市販のマスクは子供用や大人用が販売されているわけですが、少しだけサイズが合わないと悩んでいた人もいるかもしれません。 そこで自分でDIYできる手作りマスクがピッタリなのですが、自分のサイズに合わせてサイズがちょうどいいマスクを作ることができるのです。 市販のマスクは基本的に不織布で作られているものがほとんどですが、手作りマスクは自分の好きな素材を使うことができます。 手作りマスクは本当に簡単に作ることができるので、家にある素材でどんどん作ってみてください。 市販のマスクは不織布を使っているので、自分の家で作れるのだろうかと不安に感じる人もいるかもしれません。 これから紹介していくような立体用マスクやシンプルマスク、プリーツマスクといったマスクは自分の家にある素材で作ることができるのが特徴です。 さらに手作りマスクの中にはタオルやハンカチを活用したものだってあります。 しっかりと自分の家で作れる手作りマスクとなっているので、マスクの素材をわざわざ買いに行かなくても今すぐにでも取り掛かることができます。 もちろん作り方次第では市販のマスクと遜色ないデザインのマスクだって作れる場合があります。 もしもマスクを手作りしてみたいと思ったら、これから紹介していくような素材が家にあるかどうか確認してみることをおすすめします。 まず紹介していきたい立体大人用マスクは、まるで市販の使い捨てマスクのような形状をしているのが特徴となっています。 やはりマスクをビジュアル重視で作りたいという人もいるかもしれませんが、一番おすすめなのが立体用マスクと言えるかもしれません。 基本的に立体大人用マスクはガーゼなどの布を使って作るのがオーソドックスとなっています。 ガーゼは何かと手当の時使う素材となっているので、もしかしたら応急処置のためにいくつか持っている家庭も多いかもしれません。 この項目ではそんなガーゼを使った立体大人用マスクの作り方をご紹介します。 こちらのマスクはただ単に市販用マスクに似ているだけでなく、機能性がバッチリなのでこれからの花粉症の季節にも安心して使うことができます。

次の