秋山 澪。 秋山澪とは (アキヤマミオとは) [単語記事]

秋山澪とは (アキヤマミオとは) [単語記事]

秋山 澪

やや吊り目で、腰までの長さがある 黒髪 が特徴。 前髪は 姫カット にしている。 使用楽器 ベース: フェンダー・ジャズベース (3トーン・サンバースト)レフティ(左利き用)仕様[注 11]。 弦: ダダリオ XL Nickel Round Wound Bass EXL160TP Medium Long Scale 050-070-085-105 ベースアンプ:FENDER JAPAN BMC-20CE 音楽的感性・才能 ベースを選んだ理由は、ギターは演奏時にバンドの前面に出るのが恥ずかしいから。 だがベースの腕前に関しては梓や純からも評価されており、他のバンドにも彼女のファンがいるほど。 アニメのオープニングではフィンガーピッキングによる演奏が描かれているが、原作およびアニメ本編ではピック奏法で弾くことも多い。 チョーキングなどの専門用語も知っており、アニメ版ではジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、コージー・パウエル、キース・ムーンといった有名ミュージシャンの名前をすらすら挙げるなど、音楽的教養も高い。 アニメ第2期3話にて自らのベーシストとしての役割に対しても、他のメンバーにベースを任せたくないと思うほどの強い誇りや想いを語っている。 自身の利き手に若干のコンプレックスを感じていることから、楽器店に展示されているレフティモデルや同じ左利きの楽器奏者に対して過剰な反応を見せることがある。 HTT 関連エピソード 最初は文芸部に入るつもりであったが、律に無理やり 軽音楽部 に引きずり込まれ、結局そのまま入部することになった。 「 ふわふわタイム 」「 カレーのちライス 」「 わたしの恋はホッチキス 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」など、曲名や歌詞において独特のセンスを持ち、歌詞を見た律とさわ子が全身の痒みと鳥肌を覚える程であるが、逆に唯と紬からは高い評価を受けており、賛否両論である。 歌詞作りが不調になると、動物ネタを多用する傾向がある[注 12]。 目立つので普段は嫌がっているが、唯に不測の事態が起きた時にボーカルを兼ねる場合がある[注 13]。 律曰く、彼女のボーカルは評判が良い。 アニメではエンディング主題歌「 Don't say "lazy" 」(第1期)や「 Listen!! 」「 NO,Thank You! 」(第2期)をそれぞれ担当し、劇中では「 ふわふわ時間 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」(第1期)、「 ぴゅあぴゅあはーと 」(第2期)を歌唱している。 1年生時の学園祭のライブ終了直後のハプニングで観客にパンツを見せてしまうという災難に見舞われたが[注 14]、公演後にファンクラブが設立されるほどの人気を集めた[注 15]。 自分の人気には複雑な感情を抱きつつも、ファンクラブ会員番号1番である恵のために唯の後押しを受け即席ライブを行ったり、アニメ第2期第7話ではファンへの感謝を込めて新曲披露も兼ねたお茶会を開くなど、自分を応援してくれる人に応えている。 ファンには過大な幻想を抱かれておらず、格好いい面や恥ずかしがり屋な面など全てひっくるめて愛されているが、彼女の作詞のセンスには誰もついていくことができなかった。 性格 大人びたルックスや姉御口調とは裏腹に、人見知りが激しく寂しがり屋で、痛い話題や怖い話題が苦手な繊細な性格。 小学生のころは友達も少なく、本ばかり読んでいる地味な女の子だった。 姉御口調はそんな小学生のときに、自分に自信を付けるために律と一緒に身に付けたもので、女の子らしい口調で話すことも時々ある。 そんな性格が災いしてか、事あるごとにイジられ役に回ってしまい、貧乏クジを引かされている。 加えて恥ずかしがり屋でもあり、前述の1年生時の学園祭でアクシデントがあったことも相まって、ボーカルを担当することに強い拒否反応を示し、ライブの前は極度に緊張して動揺したりする。 それを克服するため[注 16]紬の父の企業が経営する喫茶店で唯たちとバイトをしたが、結局は接客業に免疫がついただけに留まった。 アニメでは律の説得もあり、自分から一歩進んで前に出るようになった。 ライブハウスでのライブやお茶会などのイベントに参加したり、夏フェスを積極的に楽しんだりしている。 他のメンバー同様に緩やかに過ごしているものの、その真面目な性格から部内では比較的練習に重きを置くしっかり者のポジションについているが、自分を差し置いて遊ぶ唯達に流されがちな所もある。 部長である律に代わってリーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受ける要因の1つになっている。 成績は優秀で教えるのも得意でスポーツも万能[注 17]。 家族構成・交友関係 家族に関する描写は少ないが、母親との関係について「お母さんにとっては澪ちゃんいつまでも子供なんだね」と言われたことがある[注 18]。 また、両親のことを「ママ」「パパ」と呼んでいる描写がある[注 19]。 2年生時に軽音楽部の3人とクラスが分かれてしまったが、同じクラスになった和と意気投合した。 3年生時に唯たち3人と同じクラスになったときには涙を流して喜んだ。 律の幼馴染兼ツッコミ役。 彼女の悪ふざけや言動に対して拳骨で制裁することがしばしばあるが、互いに親友として信頼しあっている。 なお唯にもツッコミを入れることがあるが、律以外に手をあげた描写は作中にない。 また律に彼氏が出来たという疑惑が発覚した際は心配のあまり、ものすごく動揺したことがある[注 20]。 嗜好 アニメではカメラ( LOMO LC-A )を持ち歩き、折に触れて風景や部員の様子を撮っている。 作詞には Macintosh ( MacBook )を使用している。 屋内での音楽鑑賞時にはAKGのK701というヘッドフォンを愛用している。 私服は落ち着いたスタイリッシュな服が多い。 パンツルック派。 また、ぬいぐるみ好きな一面がある。 自身のベースは悩みに悩んだうえようやく購入を決心したこともあり、少し傷がついただけで律に泣きつくなど相当な愛着を持っている。 唯に「ベース」にちなんで「 エリザベス 」と名付けられ、澪もその名前で呼ぶようになる。 体質 プロポーションは部内一。 それを理由に、律に八つ当たりされたことがある[注 21]。 部員の中で最も手が大きいことを気にしている。 冬太りしやすい体質で、冬場は体重を気にしておやつも控えている。 秋山澪 あきやまみお とは、 芳文社 より出版されている、 かきふらい が連載中の4コマ漫画「 けいおん! 」の登場人物である。 CV: 日笠陽子 概要 SOS団文芸部に入るつもりだったが、幼馴染の田井中律に、半ば強引に軽音部へと引っ張り込まれる。 メンバーでは唯一の左利き [1]。 ベース担当。 黒髪ストレートロングヘア 、やや 釣り目 、真面目で成績優秀、プロポーションもメンバーでは最も良いが、ギターは目立つという理由でベースを選ぶほどの恥ずかしがり屋。 あと両親をパパ、ママと呼んでいる模様。 どこまでもカワイイヤツめ。 メンバー内ではツッコミ役的なところがあり、律との絡みが多い。 しかし時にパニックに陥り(特に大勢の人前に出ると決まった時)、律も呆れるほど支離滅裂な言動をすることもある(1年生の頃の 学園祭 ライブ前など)。 文芸部に入部志望だった事からも分る通り、創作の趣味を持ち、自作ポエムが趣味である。 『 ふわふわ時間 』等の澪独自の言語感覚を反映して、彼女の手により 軽音部 の 放課後ティータイム HTT のオリジナル楽曲の大半は作られる。 HTTの他の作詞要員は 平沢唯 である。 実はしまらーではないかという噂が流れており、第2話で唯のギターを見に行く際に来ていた私服とほとんど同じものをしまむらで買うことができる。 アニメではエンディングテーマでボーカルを担当。 キャラ人気は高く、「結婚したいアニメキャラランキング2009」の「花嫁にしたいキャラ」部門で1位を獲得した[2]。 使用楽器 使うベースは Fender '62 Jazz Bass 3-Color Sunburst のレフティ・モデル。 すなわち左利き用。 ブリッジ・カバーは外している。 『 けいおん! 』の放送が始まって以来、Fender公式blogで『相変わらず、澪ちゃん可愛い!』『これは熱いぞ!』と話題になっている。 原作では3点止めになっていたり、スカンクラインがあったり、はてはプレシジョンベースであったりと考証がめちゃめちゃになっている。 おかずじゃなくて主食だもん!! 事件 1年生時の 学園祭 ライブのときのこと。 勇気を振り絞ってボーカルを務め上げ、皆と共に袖に引き上げようとしたとき、足にコードを引っ掛けて転んでしまう。 起き上がったとき・・・その悲劇は起こった。 約5秒後、自分がどういう状況か把握した瞬間、澪の感情リミッターが振りきれた。 いっ やあああぁぁぁぁぁ!! いっ やあああぁぁぁぁぁ! いっ やあああぁぁぁぁぁ・・・・ ・・・講堂にはいつまでも澪の悲鳴が響き渡り続けた。 翌日の部室には、 あしたのジョー よろしく、白く燃え尽きて再起不能になりはてた澪の姿があった。 澪の名誉のため、ここにはあえて詳細を記載しない。 知りたい方は おかずじゃなくて主食だもん!! を参照されたい。 あろうことか、その悲劇もライブの模様を撮影していた さわちゃん こと 山中さわ子 に記録されていて、1年後にライブ映像を見たいといった 中野梓 にも「お勧めシーン」として見られてしまうこととなってしまった。 当然梓の顔が真っ赤になった(ちなみに原作では鼻血を出していた)のは言うまでもない。 」に登場するキャラクターであり、架空であるからこそ成立するみんなの嫁である。 2007年4月から2010年10月までまんがタイムきららに連載されていたけいおんにおいて、当初、秋山澪は唯一無二な「ツッコミ役」として軽音楽部中に重きをなす存在であると思われた。 …世の中はそんなに甘くなかった。 掲載以来多くのファン達の間で最も オカズ にされたキャラクターとなってしまったのだ。 概要 「背が高くて 大人の女性って感じです。 」 〜 秋山澪 について、平沢唯 アニメ第一期における紹介 けいおん! の登場人物である秋山澪は左利きのベーシストである。 そして、悲劇的な作詞センスの持ち主でもある。 以上、アンサイクロペディアにおける最重要事項の伝達終了。 その他の情報については、ウィキペディアに書いてある文章読んどけ。 [編集] 桜高軽音部での活動 入学当初は文芸部にて独特の文才で数多くの作品を発表しようと志していたが、小学校以来の親友であり、何より澪の文才があれな事を知っていた田井中律が入部届けを破ることによりそれを阻止し、軽音部の中核メンバーとして強引に加入させられる。 廃部を防ぐ目的で部員をあと二人集めるというミッションを果たすために嫌々ながらも律の部員勧誘作戦に貢献させられることになり、軽音楽部に部員を確保するために先ずは漫才の腕を磨き上げる事に専念した。 最初の客は後にキーボードで加入する琴吹紬であったが、事前にリハーサルをしていないにも拘わらず、律の妄想と捏造に的確にツッコミを入れるという巧妙な漫才に惚れ込み、紬は加入を決める。 その後、漫才がこれ以上通用しない事を悟った二人は、紬が裕福な事に付け込み、喫茶店さながらの設備を整備し、その雰囲気で新入部員を罠に落とす計画を立てる。 そこで罠に掛かってきたのは平沢唯であった。 しかし、唯の天然の雰囲気に圧倒されてしまい、対応できなくなってしまった三人は遂に軽音部らしく演奏で唯を落とそうとする。 演奏はあんまりうまくなかったが、三人の雰囲気に楽しそうなものを感じた唯は入部を決める。 ここから先は作品のクオリティーを尊重して、割愛とさせていただきます。 続きを見たいならここでもやはりネタバレ大歓迎のウィキペディアを参照願います。 [編集] 元ネタ 秋山澪のキャラクター形成には以下に示す、4コマ漫画的にはまったく問題のない、けっこー大事なことである「似たような4コマで使用された設定の引継ぎ」があったと思われる。 実は、けいおん! の作者であるかきふらい氏が作品の設定を考えているまさに真っ最中、さらには実際に連載が開始される直前の2007年3月まで、4コマ界の奇才 小坂俊史 による女子3ピースバンド4コマ「 サイダースファンクラブ 」が 芳文社 のライバルである 竹書房 の 雑誌まんがライフMOMO に連載されていた。 そこに登場するのが、左利きのベーシスト「 友沢むつき 」。 彼女のエピソードには、それこそ左利き関連のものが随所に現れ、なおかつ、なぜ左利きでなければならなかったのか=「全員を描いたときに左右対称に見せるため」という、まさにベーシストが左利きでなければならない4コマ漫画的に必然な裏話まで登場している。 あわせて、壊滅的な作詞センスについては、 サイダースファンクラブ 主人公の「 中野やよい 」と相通ずるものがあり、双方壊滅的にひどい。 ただし、ネタ的な面で言うと4コマの次代を担うとまで言われた小坂氏のほうに軍配が上がる。 なんせ、作品の初期の段階で、「切ない失恋の歌を歌うために手っ取り早くテレクラに手を出して自称イナガキの25歳のデザイナーと会う約束をしたら、来たのがどう見ても40過ぎの貧相なオッサンで、結局メシだけおごらせようとしてもなんか無職だったらしく、最終的に牛丼屋でお茶を濁した際に、その牛丼屋の味が忘れられなくて作詞作曲した歌」がある。 他にも、借金のカタに闇金のテーマソングを作ったり、生涯最高傑作を事務所の借金返済のために他事務所の新人のデビューシングルにとられたり、正直、萌え4コマでこんな話はムリ。 逆に言えば、絶対に勝てないネタではなく、萌えに特化したからこそ掴んだ栄冠ともいえる。 [編集] 壊滅的な歌詞というもの 以下に、サイダースファンクラブの最終回、しかも一番最後の4コマに掲載されたサイダースの歌をコメントアウト機能を利用して書き込む。 なお、あくまでも壊滅的な作詞センスである以上、見た際の精神的ダメージについては、利用者個人の責任で負うものとする。 どんな世界にも先駆者はいる。 [編集] ファン増加の背景 ファンクラブ会長のグッズを拝見。 シール付き定規と携帯、そして会員証 デザインが変更され、写真が差し替えられている。 ファンによる誕生日のお祝い。 しかし、これでは一見葬式のようにも見えてしまう。 マンガに掲載された頃からもそうだったが、アニメ放映以来、秋山澪は「目立ちたくない」という願望とは裏腹に日々視聴者の中からファンを獲得し続けた。 合宿では作中だけでも、律の妄想の中でメイド服で「 萌え萌えキュン 」なんてやらされたり、披露した泣き顔で謀らずも少なくとも同性を二人[1]も落としてしまう。 しかし、彼女の人気に火を付ける大きなきっかけとなったのはやはり文化祭である。 彼女はボーカルの練習のし過ぎで声を枯らしてしまった唯に代わってボーカルをつとめることになったのだが、退場間際にコードに引っ掛かって転倒してしまい、起き上がる際に四つん這いで下着を披露してしまい、以来ファンは爆発的に増えてしまった。 しかし、男性陣が殆ど描写されないけいおん! の作中では、彼女に惚れてしまうのは殆ど女性ばかりであり、事実ファンクラブも確認される範囲では構成員は全員女性である。 だからといって桜高の生徒全員がレズビアンという訳ではないし、男性陣のファンも現実世界ではしっかり獲得されている。 2009年度及び2010年度嫁にしたいキャラベスト1と連覇[2]と連覇を達成するほどの人気を博していることからもそれは自明であろう。 しかし、彼女はファンの存在を心から歓迎はしておらず、むしろ禁忌として触れたがらない傾向にある。 作中の同性のファンですら恐れるくらいだから、ウィキペディアの狂愛が弾けまくった編集など言うに及ばない。 [編集] 命名のきっかけか、もしくは単なる不運 2006年12月31日に行われた K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! で、一つの事件が起きる。 それは、実力者同士の対決として盛り上がった 桜庭和志 Vs 秋山成勲 の試合中、秋山相手に桜庭が組もうとしてもそのたびごとに秋山の体が桜庭のロックから外れ、最後には桜庭がレフェリーに「 すっごい滑るよ! 」とアピールするまでになる。 この段階では分からなかったが、実は秋山選手は、試合前に大量のクリームを体に塗布。 桜庭選手が組もうとしても即座に滑って組めない状況にしていた。 この悪質な行為は即座に問題化。 日本中が秋山選手の行為に激怒するとともに、ネット上では彼の行いを即座にネタ化、秋山選手は「 ヌル山 」というあだ名で全国に知れ渡ることになる。 で、2007年4月にけいおん! の連載が始まる。 「濡」と「澪」。 もちろん、これはあくまでも偶然である。 [編集] 見えない聞こえない ウィキペディアでも自称ファンによって理性を留めない編集が今日も行われており、アンサイでも当該の項目はウィキペディアから放逐された奴等によって同様の熱い編集が行われてサーバーが落ちまくっていたが、本人の希望と、そして記事に理性と秩序を取り戻す為に、悪魔の所業の蓄積の軌跡が見えないように、悪魔の声無き囁きが聞こえないように、以下に、元記事であるけいおん! に記載されていた紹介文をコメントアウト機能を使用して封印する。 壊滅的な作詞センスも、狂愛を読まされることに比べればどうってことはない。 架空であるからこそ成立するみんなの嫁だからこそ狂愛の矛先が向きやすくなったとも言えるが。 どうしても見たいなら自己責任のもと、編集ボタンをクリックしてみよう。 秋山澪本人とアンサイクロペディアン達の顰蹙を買いたく無ければ、間違えても封印された文章を封印を解いてそのまま降臨させないように。 [編集] 彼女の本命 こんなシーンは夢のまた夢である。 ましてや相手が貴方の場合ならばなおさらそうだ。 男女問わずみんなに愛されている かぐや姫 [3]のような秋山澪だが、彼女の本命は田井中律である。 「けいおん! 」という作品を通じて有名になる遥か前に小学校で邂逅して以来、二人の関係は続いている。 愛のアプローチは当初は律からの一方通行であった[4]が、全校生徒の前での作文の発表といった彼女にとっての拷問同然のイベントを前にして、精神的に不安定であった時に律が献身的にフォローしたことにより、二人は恋懇意な関係となる。 抱き合い。 この後二人が何をしていたかを知るものは居ない。 スキンシップも頻繁であり、いつもは澪が律を叩いてばかりだが[5]、時々抱き着いていたりしており、独自の愛の形はあるようだが、行き過ぎると稀に律が恐れをなしてしまう。 このように愛ある関係を築いてきた二人だが、何回か関係に亀裂が走った事も幾度かある。 けいおん! 作中ではアニメ第一期の11話に和と仲良くなった事を浮気と解釈されて喧嘩になったりしたものの、和解するごとに単なる友情の一言ではとても解釈しがたい何かが育まれている。 故に、律に彼氏が出来たという疑惑が発生した際は、りっちゃん隊員を中心に多くの人間を生き地獄に突き落としたが、澪ですらも激しく落胆させた。 その嫉妬心は唯を巻き添えにするという被害を出し、尋常の一言では片付けがたいものがあった。 後に捏造であった事が判明し、一件落着するのだが。 澪がロミオ役で律がジュリエット役で主演を独占した際は、二人の雰囲気を察した紬によって書き換えられてしまう。 ハイレベルな演技の要求にこたえなければならなくなった二人は、ベッド上での練習を重ね、本番では熱演を演じたが、もはや演技を超えて本音と内に秘めた感情のぶつけ合いであり、多くの人間を感動させた。 愛が性別を超えた瞬間を見たのである。 今日も様々な人間が「澪は 俺の嫁 」といっているが、所詮妄想である。 だからいい加減夢から目覚めなさい。 そこのあなたも。 [編集] 結局 秋山澪は貴方の嫁ではない。 そしていくら律との二人の仲を壊そうと妄想を書き立てようが、かきふらい氏の、ひいては紙の上の人間という範疇を抜け出さない限りは、二人の間には永遠に入り込めないのである。

次の

【けいおん!】秋山澪は可愛すぎるレフティベーシスト!魅力が分かる7つの知識!【けいおん!】

秋山 澪

やや吊り目で、腰までの長さがある 黒髪 が特徴。 前髪は 姫カット にしている。 使用楽器 ベース: フェンダー・ジャズベース (3トーン・サンバースト)レフティ(左利き用)仕様[注 11]。 弦: ダダリオ XL Nickel Round Wound Bass EXL160TP Medium Long Scale 050-070-085-105 ベースアンプ:FENDER JAPAN BMC-20CE 音楽的感性・才能 ベースを選んだ理由は、ギターは演奏時にバンドの前面に出るのが恥ずかしいから。 だがベースの腕前に関しては梓や純からも評価されており、他のバンドにも彼女のファンがいるほど。 アニメのオープニングではフィンガーピッキングによる演奏が描かれているが、原作およびアニメ本編ではピック奏法で弾くことも多い。 チョーキングなどの専門用語も知っており、アニメ版ではジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、コージー・パウエル、キース・ムーンといった有名ミュージシャンの名前をすらすら挙げるなど、音楽的教養も高い。 アニメ第2期3話にて自らのベーシストとしての役割に対しても、他のメンバーにベースを任せたくないと思うほどの強い誇りや想いを語っている。 自身の利き手に若干のコンプレックスを感じていることから、楽器店に展示されているレフティモデルや同じ左利きの楽器奏者に対して過剰な反応を見せることがある。 HTT 関連エピソード 最初は文芸部に入るつもりであったが、律に無理やり 軽音楽部 に引きずり込まれ、結局そのまま入部することになった。 「 ふわふわタイム 」「 カレーのちライス 」「 わたしの恋はホッチキス 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」など、曲名や歌詞において独特のセンスを持ち、歌詞を見た律とさわ子が全身の痒みと鳥肌を覚える程であるが、逆に唯と紬からは高い評価を受けており、賛否両論である。 歌詞作りが不調になると、動物ネタを多用する傾向がある[注 12]。 目立つので普段は嫌がっているが、唯に不測の事態が起きた時にボーカルを兼ねる場合がある[注 13]。 律曰く、彼女のボーカルは評判が良い。 アニメではエンディング主題歌「 Don't say "lazy" 」(第1期)や「 Listen!! 」「 NO,Thank You! 」(第2期)をそれぞれ担当し、劇中では「 ふわふわ時間 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」(第1期)、「 ぴゅあぴゅあはーと 」(第2期)を歌唱している。 1年生時の学園祭のライブ終了直後のハプニングで観客にパンツを見せてしまうという災難に見舞われたが[注 14]、公演後にファンクラブが設立されるほどの人気を集めた[注 15]。 自分の人気には複雑な感情を抱きつつも、ファンクラブ会員番号1番である恵のために唯の後押しを受け即席ライブを行ったり、アニメ第2期第7話ではファンへの感謝を込めて新曲披露も兼ねたお茶会を開くなど、自分を応援してくれる人に応えている。 ファンには過大な幻想を抱かれておらず、格好いい面や恥ずかしがり屋な面など全てひっくるめて愛されているが、彼女の作詞のセンスには誰もついていくことができなかった。 性格 大人びたルックスや姉御口調とは裏腹に、人見知りが激しく寂しがり屋で、痛い話題や怖い話題が苦手な繊細な性格。 小学生のころは友達も少なく、本ばかり読んでいる地味な女の子だった。 姉御口調はそんな小学生のときに、自分に自信を付けるために律と一緒に身に付けたもので、女の子らしい口調で話すことも時々ある。 そんな性格が災いしてか、事あるごとにイジられ役に回ってしまい、貧乏クジを引かされている。 加えて恥ずかしがり屋でもあり、前述の1年生時の学園祭でアクシデントがあったことも相まって、ボーカルを担当することに強い拒否反応を示し、ライブの前は極度に緊張して動揺したりする。 それを克服するため[注 16]紬の父の企業が経営する喫茶店で唯たちとバイトをしたが、結局は接客業に免疫がついただけに留まった。 アニメでは律の説得もあり、自分から一歩進んで前に出るようになった。 ライブハウスでのライブやお茶会などのイベントに参加したり、夏フェスを積極的に楽しんだりしている。 他のメンバー同様に緩やかに過ごしているものの、その真面目な性格から部内では比較的練習に重きを置くしっかり者のポジションについているが、自分を差し置いて遊ぶ唯達に流されがちな所もある。 部長である律に代わってリーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受ける要因の1つになっている。 成績は優秀で教えるのも得意でスポーツも万能[注 17]。 家族構成・交友関係 家族に関する描写は少ないが、母親との関係について「お母さんにとっては澪ちゃんいつまでも子供なんだね」と言われたことがある[注 18]。 また、両親のことを「ママ」「パパ」と呼んでいる描写がある[注 19]。 2年生時に軽音楽部の3人とクラスが分かれてしまったが、同じクラスになった和と意気投合した。 3年生時に唯たち3人と同じクラスになったときには涙を流して喜んだ。 律の幼馴染兼ツッコミ役。 彼女の悪ふざけや言動に対して拳骨で制裁することがしばしばあるが、互いに親友として信頼しあっている。 なお唯にもツッコミを入れることがあるが、律以外に手をあげた描写は作中にない。 また律に彼氏が出来たという疑惑が発覚した際は心配のあまり、ものすごく動揺したことがある[注 20]。 嗜好 アニメではカメラ( LOMO LC-A )を持ち歩き、折に触れて風景や部員の様子を撮っている。 作詞には Macintosh ( MacBook )を使用している。 屋内での音楽鑑賞時にはAKGのK701というヘッドフォンを愛用している。 私服は落ち着いたスタイリッシュな服が多い。 パンツルック派。 また、ぬいぐるみ好きな一面がある。 自身のベースは悩みに悩んだうえようやく購入を決心したこともあり、少し傷がついただけで律に泣きつくなど相当な愛着を持っている。 唯に「ベース」にちなんで「 エリザベス 」と名付けられ、澪もその名前で呼ぶようになる。 体質 プロポーションは部内一。 それを理由に、律に八つ当たりされたことがある[注 21]。 部員の中で最も手が大きいことを気にしている。 冬太りしやすい体質で、冬場は体重を気にしておやつも控えている。 秋山澪 あきやまみお とは、 芳文社 より出版されている、 かきふらい が連載中の4コマ漫画「 けいおん! 」の登場人物である。 CV: 日笠陽子 概要 SOS団文芸部に入るつもりだったが、幼馴染の田井中律に、半ば強引に軽音部へと引っ張り込まれる。 メンバーでは唯一の左利き [1]。 ベース担当。 黒髪ストレートロングヘア 、やや 釣り目 、真面目で成績優秀、プロポーションもメンバーでは最も良いが、ギターは目立つという理由でベースを選ぶほどの恥ずかしがり屋。 あと両親をパパ、ママと呼んでいる模様。 どこまでもカワイイヤツめ。 メンバー内ではツッコミ役的なところがあり、律との絡みが多い。 しかし時にパニックに陥り(特に大勢の人前に出ると決まった時)、律も呆れるほど支離滅裂な言動をすることもある(1年生の頃の 学園祭 ライブ前など)。 文芸部に入部志望だった事からも分る通り、創作の趣味を持ち、自作ポエムが趣味である。 『 ふわふわ時間 』等の澪独自の言語感覚を反映して、彼女の手により 軽音部 の 放課後ティータイム HTT のオリジナル楽曲の大半は作られる。 HTTの他の作詞要員は 平沢唯 である。 実はしまらーではないかという噂が流れており、第2話で唯のギターを見に行く際に来ていた私服とほとんど同じものをしまむらで買うことができる。 アニメではエンディングテーマでボーカルを担当。 キャラ人気は高く、「結婚したいアニメキャラランキング2009」の「花嫁にしたいキャラ」部門で1位を獲得した[2]。 使用楽器 使うベースは Fender '62 Jazz Bass 3-Color Sunburst のレフティ・モデル。 すなわち左利き用。 ブリッジ・カバーは外している。 『 けいおん! 』の放送が始まって以来、Fender公式blogで『相変わらず、澪ちゃん可愛い!』『これは熱いぞ!』と話題になっている。 原作では3点止めになっていたり、スカンクラインがあったり、はてはプレシジョンベースであったりと考証がめちゃめちゃになっている。 おかずじゃなくて主食だもん!! 事件 1年生時の 学園祭 ライブのときのこと。 勇気を振り絞ってボーカルを務め上げ、皆と共に袖に引き上げようとしたとき、足にコードを引っ掛けて転んでしまう。 起き上がったとき・・・その悲劇は起こった。 約5秒後、自分がどういう状況か把握した瞬間、澪の感情リミッターが振りきれた。 いっ やあああぁぁぁぁぁ!! いっ やあああぁぁぁぁぁ! いっ やあああぁぁぁぁぁ・・・・ ・・・講堂にはいつまでも澪の悲鳴が響き渡り続けた。 翌日の部室には、 あしたのジョー よろしく、白く燃え尽きて再起不能になりはてた澪の姿があった。 澪の名誉のため、ここにはあえて詳細を記載しない。 知りたい方は おかずじゃなくて主食だもん!! を参照されたい。 あろうことか、その悲劇もライブの模様を撮影していた さわちゃん こと 山中さわ子 に記録されていて、1年後にライブ映像を見たいといった 中野梓 にも「お勧めシーン」として見られてしまうこととなってしまった。 当然梓の顔が真っ赤になった(ちなみに原作では鼻血を出していた)のは言うまでもない。 」に登場するキャラクターであり、架空であるからこそ成立するみんなの嫁である。 2007年4月から2010年10月までまんがタイムきららに連載されていたけいおんにおいて、当初、秋山澪は唯一無二な「ツッコミ役」として軽音楽部中に重きをなす存在であると思われた。 …世の中はそんなに甘くなかった。 掲載以来多くのファン達の間で最も オカズ にされたキャラクターとなってしまったのだ。 概要 「背が高くて 大人の女性って感じです。 」 〜 秋山澪 について、平沢唯 アニメ第一期における紹介 けいおん! の登場人物である秋山澪は左利きのベーシストである。 そして、悲劇的な作詞センスの持ち主でもある。 以上、アンサイクロペディアにおける最重要事項の伝達終了。 その他の情報については、ウィキペディアに書いてある文章読んどけ。 [編集] 桜高軽音部での活動 入学当初は文芸部にて独特の文才で数多くの作品を発表しようと志していたが、小学校以来の親友であり、何より澪の文才があれな事を知っていた田井中律が入部届けを破ることによりそれを阻止し、軽音部の中核メンバーとして強引に加入させられる。 廃部を防ぐ目的で部員をあと二人集めるというミッションを果たすために嫌々ながらも律の部員勧誘作戦に貢献させられることになり、軽音楽部に部員を確保するために先ずは漫才の腕を磨き上げる事に専念した。 最初の客は後にキーボードで加入する琴吹紬であったが、事前にリハーサルをしていないにも拘わらず、律の妄想と捏造に的確にツッコミを入れるという巧妙な漫才に惚れ込み、紬は加入を決める。 その後、漫才がこれ以上通用しない事を悟った二人は、紬が裕福な事に付け込み、喫茶店さながらの設備を整備し、その雰囲気で新入部員を罠に落とす計画を立てる。 そこで罠に掛かってきたのは平沢唯であった。 しかし、唯の天然の雰囲気に圧倒されてしまい、対応できなくなってしまった三人は遂に軽音部らしく演奏で唯を落とそうとする。 演奏はあんまりうまくなかったが、三人の雰囲気に楽しそうなものを感じた唯は入部を決める。 ここから先は作品のクオリティーを尊重して、割愛とさせていただきます。 続きを見たいならここでもやはりネタバレ大歓迎のウィキペディアを参照願います。 [編集] 元ネタ 秋山澪のキャラクター形成には以下に示す、4コマ漫画的にはまったく問題のない、けっこー大事なことである「似たような4コマで使用された設定の引継ぎ」があったと思われる。 実は、けいおん! の作者であるかきふらい氏が作品の設定を考えているまさに真っ最中、さらには実際に連載が開始される直前の2007年3月まで、4コマ界の奇才 小坂俊史 による女子3ピースバンド4コマ「 サイダースファンクラブ 」が 芳文社 のライバルである 竹書房 の 雑誌まんがライフMOMO に連載されていた。 そこに登場するのが、左利きのベーシスト「 友沢むつき 」。 彼女のエピソードには、それこそ左利き関連のものが随所に現れ、なおかつ、なぜ左利きでなければならなかったのか=「全員を描いたときに左右対称に見せるため」という、まさにベーシストが左利きでなければならない4コマ漫画的に必然な裏話まで登場している。 あわせて、壊滅的な作詞センスについては、 サイダースファンクラブ 主人公の「 中野やよい 」と相通ずるものがあり、双方壊滅的にひどい。 ただし、ネタ的な面で言うと4コマの次代を担うとまで言われた小坂氏のほうに軍配が上がる。 なんせ、作品の初期の段階で、「切ない失恋の歌を歌うために手っ取り早くテレクラに手を出して自称イナガキの25歳のデザイナーと会う約束をしたら、来たのがどう見ても40過ぎの貧相なオッサンで、結局メシだけおごらせようとしてもなんか無職だったらしく、最終的に牛丼屋でお茶を濁した際に、その牛丼屋の味が忘れられなくて作詞作曲した歌」がある。 他にも、借金のカタに闇金のテーマソングを作ったり、生涯最高傑作を事務所の借金返済のために他事務所の新人のデビューシングルにとられたり、正直、萌え4コマでこんな話はムリ。 逆に言えば、絶対に勝てないネタではなく、萌えに特化したからこそ掴んだ栄冠ともいえる。 [編集] 壊滅的な歌詞というもの 以下に、サイダースファンクラブの最終回、しかも一番最後の4コマに掲載されたサイダースの歌をコメントアウト機能を利用して書き込む。 なお、あくまでも壊滅的な作詞センスである以上、見た際の精神的ダメージについては、利用者個人の責任で負うものとする。 どんな世界にも先駆者はいる。 [編集] ファン増加の背景 ファンクラブ会長のグッズを拝見。 シール付き定規と携帯、そして会員証 デザインが変更され、写真が差し替えられている。 ファンによる誕生日のお祝い。 しかし、これでは一見葬式のようにも見えてしまう。 マンガに掲載された頃からもそうだったが、アニメ放映以来、秋山澪は「目立ちたくない」という願望とは裏腹に日々視聴者の中からファンを獲得し続けた。 合宿では作中だけでも、律の妄想の中でメイド服で「 萌え萌えキュン 」なんてやらされたり、披露した泣き顔で謀らずも少なくとも同性を二人[1]も落としてしまう。 しかし、彼女の人気に火を付ける大きなきっかけとなったのはやはり文化祭である。 彼女はボーカルの練習のし過ぎで声を枯らしてしまった唯に代わってボーカルをつとめることになったのだが、退場間際にコードに引っ掛かって転倒してしまい、起き上がる際に四つん這いで下着を披露してしまい、以来ファンは爆発的に増えてしまった。 しかし、男性陣が殆ど描写されないけいおん! の作中では、彼女に惚れてしまうのは殆ど女性ばかりであり、事実ファンクラブも確認される範囲では構成員は全員女性である。 だからといって桜高の生徒全員がレズビアンという訳ではないし、男性陣のファンも現実世界ではしっかり獲得されている。 2009年度及び2010年度嫁にしたいキャラベスト1と連覇[2]と連覇を達成するほどの人気を博していることからもそれは自明であろう。 しかし、彼女はファンの存在を心から歓迎はしておらず、むしろ禁忌として触れたがらない傾向にある。 作中の同性のファンですら恐れるくらいだから、ウィキペディアの狂愛が弾けまくった編集など言うに及ばない。 [編集] 命名のきっかけか、もしくは単なる不運 2006年12月31日に行われた K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! で、一つの事件が起きる。 それは、実力者同士の対決として盛り上がった 桜庭和志 Vs 秋山成勲 の試合中、秋山相手に桜庭が組もうとしてもそのたびごとに秋山の体が桜庭のロックから外れ、最後には桜庭がレフェリーに「 すっごい滑るよ! 」とアピールするまでになる。 この段階では分からなかったが、実は秋山選手は、試合前に大量のクリームを体に塗布。 桜庭選手が組もうとしても即座に滑って組めない状況にしていた。 この悪質な行為は即座に問題化。 日本中が秋山選手の行為に激怒するとともに、ネット上では彼の行いを即座にネタ化、秋山選手は「 ヌル山 」というあだ名で全国に知れ渡ることになる。 で、2007年4月にけいおん! の連載が始まる。 「濡」と「澪」。 もちろん、これはあくまでも偶然である。 [編集] 見えない聞こえない ウィキペディアでも自称ファンによって理性を留めない編集が今日も行われており、アンサイでも当該の項目はウィキペディアから放逐された奴等によって同様の熱い編集が行われてサーバーが落ちまくっていたが、本人の希望と、そして記事に理性と秩序を取り戻す為に、悪魔の所業の蓄積の軌跡が見えないように、悪魔の声無き囁きが聞こえないように、以下に、元記事であるけいおん! に記載されていた紹介文をコメントアウト機能を使用して封印する。 壊滅的な作詞センスも、狂愛を読まされることに比べればどうってことはない。 架空であるからこそ成立するみんなの嫁だからこそ狂愛の矛先が向きやすくなったとも言えるが。 どうしても見たいなら自己責任のもと、編集ボタンをクリックしてみよう。 秋山澪本人とアンサイクロペディアン達の顰蹙を買いたく無ければ、間違えても封印された文章を封印を解いてそのまま降臨させないように。 [編集] 彼女の本命 こんなシーンは夢のまた夢である。 ましてや相手が貴方の場合ならばなおさらそうだ。 男女問わずみんなに愛されている かぐや姫 [3]のような秋山澪だが、彼女の本命は田井中律である。 「けいおん! 」という作品を通じて有名になる遥か前に小学校で邂逅して以来、二人の関係は続いている。 愛のアプローチは当初は律からの一方通行であった[4]が、全校生徒の前での作文の発表といった彼女にとっての拷問同然のイベントを前にして、精神的に不安定であった時に律が献身的にフォローしたことにより、二人は恋懇意な関係となる。 抱き合い。 この後二人が何をしていたかを知るものは居ない。 スキンシップも頻繁であり、いつもは澪が律を叩いてばかりだが[5]、時々抱き着いていたりしており、独自の愛の形はあるようだが、行き過ぎると稀に律が恐れをなしてしまう。 このように愛ある関係を築いてきた二人だが、何回か関係に亀裂が走った事も幾度かある。 けいおん! 作中ではアニメ第一期の11話に和と仲良くなった事を浮気と解釈されて喧嘩になったりしたものの、和解するごとに単なる友情の一言ではとても解釈しがたい何かが育まれている。 故に、律に彼氏が出来たという疑惑が発生した際は、りっちゃん隊員を中心に多くの人間を生き地獄に突き落としたが、澪ですらも激しく落胆させた。 その嫉妬心は唯を巻き添えにするという被害を出し、尋常の一言では片付けがたいものがあった。 後に捏造であった事が判明し、一件落着するのだが。 澪がロミオ役で律がジュリエット役で主演を独占した際は、二人の雰囲気を察した紬によって書き換えられてしまう。 ハイレベルな演技の要求にこたえなければならなくなった二人は、ベッド上での練習を重ね、本番では熱演を演じたが、もはや演技を超えて本音と内に秘めた感情のぶつけ合いであり、多くの人間を感動させた。 愛が性別を超えた瞬間を見たのである。 今日も様々な人間が「澪は 俺の嫁 」といっているが、所詮妄想である。 だからいい加減夢から目覚めなさい。 そこのあなたも。 [編集] 結局 秋山澪は貴方の嫁ではない。 そしていくら律との二人の仲を壊そうと妄想を書き立てようが、かきふらい氏の、ひいては紙の上の人間という範疇を抜け出さない限りは、二人の間には永遠に入り込めないのである。

次の

秋山澪

秋山 澪

やや吊り目で、腰までの長さがある 黒髪 が特徴。 前髪は 姫カット にしている。 使用楽器 ベース: フェンダー・ジャズベース (3トーン・サンバースト)レフティ(左利き用)仕様[注 11]。 弦: ダダリオ XL Nickel Round Wound Bass EXL160TP Medium Long Scale 050-070-085-105 ベースアンプ:FENDER JAPAN BMC-20CE 音楽的感性・才能 ベースを選んだ理由は、ギターは演奏時にバンドの前面に出るのが恥ずかしいから。 だがベースの腕前に関しては梓や純からも評価されており、他のバンドにも彼女のファンがいるほど。 アニメのオープニングではフィンガーピッキングによる演奏が描かれているが、原作およびアニメ本編ではピック奏法で弾くことも多い。 チョーキングなどの専門用語も知っており、アニメ版ではジミ・ヘンドリックス、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベック、コージー・パウエル、キース・ムーンといった有名ミュージシャンの名前をすらすら挙げるなど、音楽的教養も高い。 アニメ第2期3話にて自らのベーシストとしての役割に対しても、他のメンバーにベースを任せたくないと思うほどの強い誇りや想いを語っている。 自身の利き手に若干のコンプレックスを感じていることから、楽器店に展示されているレフティモデルや同じ左利きの楽器奏者に対して過剰な反応を見せることがある。 HTT 関連エピソード 最初は文芸部に入るつもりであったが、律に無理やり 軽音楽部 に引きずり込まれ、結局そのまま入部することになった。 「 ふわふわタイム 」「 カレーのちライス 」「 わたしの恋はホッチキス 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」など、曲名や歌詞において独特のセンスを持ち、歌詞を見た律とさわ子が全身の痒みと鳥肌を覚える程であるが、逆に唯と紬からは高い評価を受けており、賛否両論である。 歌詞作りが不調になると、動物ネタを多用する傾向がある[注 12]。 目立つので普段は嫌がっているが、唯に不測の事態が起きた時にボーカルを兼ねる場合がある[注 13]。 律曰く、彼女のボーカルは評判が良い。 アニメではエンディング主題歌「 Don't say "lazy" 」(第1期)や「 Listen!! 」「 NO,Thank You! 」(第2期)をそれぞれ担当し、劇中では「 ふわふわ時間 」「 ふでペン 〜ボールペン〜 」(第1期)、「 ぴゅあぴゅあはーと 」(第2期)を歌唱している。 1年生時の学園祭のライブ終了直後のハプニングで観客にパンツを見せてしまうという災難に見舞われたが[注 14]、公演後にファンクラブが設立されるほどの人気を集めた[注 15]。 自分の人気には複雑な感情を抱きつつも、ファンクラブ会員番号1番である恵のために唯の後押しを受け即席ライブを行ったり、アニメ第2期第7話ではファンへの感謝を込めて新曲披露も兼ねたお茶会を開くなど、自分を応援してくれる人に応えている。 ファンには過大な幻想を抱かれておらず、格好いい面や恥ずかしがり屋な面など全てひっくるめて愛されているが、彼女の作詞のセンスには誰もついていくことができなかった。 性格 大人びたルックスや姉御口調とは裏腹に、人見知りが激しく寂しがり屋で、痛い話題や怖い話題が苦手な繊細な性格。 小学生のころは友達も少なく、本ばかり読んでいる地味な女の子だった。 姉御口調はそんな小学生のときに、自分に自信を付けるために律と一緒に身に付けたもので、女の子らしい口調で話すことも時々ある。 そんな性格が災いしてか、事あるごとにイジられ役に回ってしまい、貧乏クジを引かされている。 加えて恥ずかしがり屋でもあり、前述の1年生時の学園祭でアクシデントがあったことも相まって、ボーカルを担当することに強い拒否反応を示し、ライブの前は極度に緊張して動揺したりする。 それを克服するため[注 16]紬の父の企業が経営する喫茶店で唯たちとバイトをしたが、結局は接客業に免疫がついただけに留まった。 アニメでは律の説得もあり、自分から一歩進んで前に出るようになった。 ライブハウスでのライブやお茶会などのイベントに参加したり、夏フェスを積極的に楽しんだりしている。 他のメンバー同様に緩やかに過ごしているものの、その真面目な性格から部内では比較的練習に重きを置くしっかり者のポジションについているが、自分を差し置いて遊ぶ唯達に流されがちな所もある。 部長である律に代わってリーダーシップを発揮することもあり、梓から尊敬の眼差しを受ける要因の1つになっている。 成績は優秀で教えるのも得意でスポーツも万能[注 17]。 家族構成・交友関係 家族に関する描写は少ないが、母親との関係について「お母さんにとっては澪ちゃんいつまでも子供なんだね」と言われたことがある[注 18]。 また、両親のことを「ママ」「パパ」と呼んでいる描写がある[注 19]。 2年生時に軽音楽部の3人とクラスが分かれてしまったが、同じクラスになった和と意気投合した。 3年生時に唯たち3人と同じクラスになったときには涙を流して喜んだ。 律の幼馴染兼ツッコミ役。 彼女の悪ふざけや言動に対して拳骨で制裁することがしばしばあるが、互いに親友として信頼しあっている。 なお唯にもツッコミを入れることがあるが、律以外に手をあげた描写は作中にない。 また律に彼氏が出来たという疑惑が発覚した際は心配のあまり、ものすごく動揺したことがある[注 20]。 嗜好 アニメではカメラ( LOMO LC-A )を持ち歩き、折に触れて風景や部員の様子を撮っている。 作詞には Macintosh ( MacBook )を使用している。 屋内での音楽鑑賞時にはAKGのK701というヘッドフォンを愛用している。 私服は落ち着いたスタイリッシュな服が多い。 パンツルック派。 また、ぬいぐるみ好きな一面がある。 自身のベースは悩みに悩んだうえようやく購入を決心したこともあり、少し傷がついただけで律に泣きつくなど相当な愛着を持っている。 唯に「ベース」にちなんで「 エリザベス 」と名付けられ、澪もその名前で呼ぶようになる。 体質 プロポーションは部内一。 それを理由に、律に八つ当たりされたことがある[注 21]。 部員の中で最も手が大きいことを気にしている。 冬太りしやすい体質で、冬場は体重を気にしておやつも控えている。 秋山澪 あきやまみお とは、 芳文社 より出版されている、 かきふらい が連載中の4コマ漫画「 けいおん! 」の登場人物である。 CV: 日笠陽子 概要 SOS団文芸部に入るつもりだったが、幼馴染の田井中律に、半ば強引に軽音部へと引っ張り込まれる。 メンバーでは唯一の左利き [1]。 ベース担当。 黒髪ストレートロングヘア 、やや 釣り目 、真面目で成績優秀、プロポーションもメンバーでは最も良いが、ギターは目立つという理由でベースを選ぶほどの恥ずかしがり屋。 あと両親をパパ、ママと呼んでいる模様。 どこまでもカワイイヤツめ。 メンバー内ではツッコミ役的なところがあり、律との絡みが多い。 しかし時にパニックに陥り(特に大勢の人前に出ると決まった時)、律も呆れるほど支離滅裂な言動をすることもある(1年生の頃の 学園祭 ライブ前など)。 文芸部に入部志望だった事からも分る通り、創作の趣味を持ち、自作ポエムが趣味である。 『 ふわふわ時間 』等の澪独自の言語感覚を反映して、彼女の手により 軽音部 の 放課後ティータイム HTT のオリジナル楽曲の大半は作られる。 HTTの他の作詞要員は 平沢唯 である。 実はしまらーではないかという噂が流れており、第2話で唯のギターを見に行く際に来ていた私服とほとんど同じものをしまむらで買うことができる。 アニメではエンディングテーマでボーカルを担当。 キャラ人気は高く、「結婚したいアニメキャラランキング2009」の「花嫁にしたいキャラ」部門で1位を獲得した[2]。 使用楽器 使うベースは Fender '62 Jazz Bass 3-Color Sunburst のレフティ・モデル。 すなわち左利き用。 ブリッジ・カバーは外している。 『 けいおん! 』の放送が始まって以来、Fender公式blogで『相変わらず、澪ちゃん可愛い!』『これは熱いぞ!』と話題になっている。 原作では3点止めになっていたり、スカンクラインがあったり、はてはプレシジョンベースであったりと考証がめちゃめちゃになっている。 おかずじゃなくて主食だもん!! 事件 1年生時の 学園祭 ライブのときのこと。 勇気を振り絞ってボーカルを務め上げ、皆と共に袖に引き上げようとしたとき、足にコードを引っ掛けて転んでしまう。 起き上がったとき・・・その悲劇は起こった。 約5秒後、自分がどういう状況か把握した瞬間、澪の感情リミッターが振りきれた。 いっ やあああぁぁぁぁぁ!! いっ やあああぁぁぁぁぁ! いっ やあああぁぁぁぁぁ・・・・ ・・・講堂にはいつまでも澪の悲鳴が響き渡り続けた。 翌日の部室には、 あしたのジョー よろしく、白く燃え尽きて再起不能になりはてた澪の姿があった。 澪の名誉のため、ここにはあえて詳細を記載しない。 知りたい方は おかずじゃなくて主食だもん!! を参照されたい。 あろうことか、その悲劇もライブの模様を撮影していた さわちゃん こと 山中さわ子 に記録されていて、1年後にライブ映像を見たいといった 中野梓 にも「お勧めシーン」として見られてしまうこととなってしまった。 当然梓の顔が真っ赤になった(ちなみに原作では鼻血を出していた)のは言うまでもない。 」に登場するキャラクターであり、架空であるからこそ成立するみんなの嫁である。 2007年4月から2010年10月までまんがタイムきららに連載されていたけいおんにおいて、当初、秋山澪は唯一無二な「ツッコミ役」として軽音楽部中に重きをなす存在であると思われた。 …世の中はそんなに甘くなかった。 掲載以来多くのファン達の間で最も オカズ にされたキャラクターとなってしまったのだ。 概要 「背が高くて 大人の女性って感じです。 」 〜 秋山澪 について、平沢唯 アニメ第一期における紹介 けいおん! の登場人物である秋山澪は左利きのベーシストである。 そして、悲劇的な作詞センスの持ち主でもある。 以上、アンサイクロペディアにおける最重要事項の伝達終了。 その他の情報については、ウィキペディアに書いてある文章読んどけ。 [編集] 桜高軽音部での活動 入学当初は文芸部にて独特の文才で数多くの作品を発表しようと志していたが、小学校以来の親友であり、何より澪の文才があれな事を知っていた田井中律が入部届けを破ることによりそれを阻止し、軽音部の中核メンバーとして強引に加入させられる。 廃部を防ぐ目的で部員をあと二人集めるというミッションを果たすために嫌々ながらも律の部員勧誘作戦に貢献させられることになり、軽音楽部に部員を確保するために先ずは漫才の腕を磨き上げる事に専念した。 最初の客は後にキーボードで加入する琴吹紬であったが、事前にリハーサルをしていないにも拘わらず、律の妄想と捏造に的確にツッコミを入れるという巧妙な漫才に惚れ込み、紬は加入を決める。 その後、漫才がこれ以上通用しない事を悟った二人は、紬が裕福な事に付け込み、喫茶店さながらの設備を整備し、その雰囲気で新入部員を罠に落とす計画を立てる。 そこで罠に掛かってきたのは平沢唯であった。 しかし、唯の天然の雰囲気に圧倒されてしまい、対応できなくなってしまった三人は遂に軽音部らしく演奏で唯を落とそうとする。 演奏はあんまりうまくなかったが、三人の雰囲気に楽しそうなものを感じた唯は入部を決める。 ここから先は作品のクオリティーを尊重して、割愛とさせていただきます。 続きを見たいならここでもやはりネタバレ大歓迎のウィキペディアを参照願います。 [編集] 元ネタ 秋山澪のキャラクター形成には以下に示す、4コマ漫画的にはまったく問題のない、けっこー大事なことである「似たような4コマで使用された設定の引継ぎ」があったと思われる。 実は、けいおん! の作者であるかきふらい氏が作品の設定を考えているまさに真っ最中、さらには実際に連載が開始される直前の2007年3月まで、4コマ界の奇才 小坂俊史 による女子3ピースバンド4コマ「 サイダースファンクラブ 」が 芳文社 のライバルである 竹書房 の 雑誌まんがライフMOMO に連載されていた。 そこに登場するのが、左利きのベーシスト「 友沢むつき 」。 彼女のエピソードには、それこそ左利き関連のものが随所に現れ、なおかつ、なぜ左利きでなければならなかったのか=「全員を描いたときに左右対称に見せるため」という、まさにベーシストが左利きでなければならない4コマ漫画的に必然な裏話まで登場している。 あわせて、壊滅的な作詞センスについては、 サイダースファンクラブ 主人公の「 中野やよい 」と相通ずるものがあり、双方壊滅的にひどい。 ただし、ネタ的な面で言うと4コマの次代を担うとまで言われた小坂氏のほうに軍配が上がる。 なんせ、作品の初期の段階で、「切ない失恋の歌を歌うために手っ取り早くテレクラに手を出して自称イナガキの25歳のデザイナーと会う約束をしたら、来たのがどう見ても40過ぎの貧相なオッサンで、結局メシだけおごらせようとしてもなんか無職だったらしく、最終的に牛丼屋でお茶を濁した際に、その牛丼屋の味が忘れられなくて作詞作曲した歌」がある。 他にも、借金のカタに闇金のテーマソングを作ったり、生涯最高傑作を事務所の借金返済のために他事務所の新人のデビューシングルにとられたり、正直、萌え4コマでこんな話はムリ。 逆に言えば、絶対に勝てないネタではなく、萌えに特化したからこそ掴んだ栄冠ともいえる。 [編集] 壊滅的な歌詞というもの 以下に、サイダースファンクラブの最終回、しかも一番最後の4コマに掲載されたサイダースの歌をコメントアウト機能を利用して書き込む。 なお、あくまでも壊滅的な作詞センスである以上、見た際の精神的ダメージについては、利用者個人の責任で負うものとする。 どんな世界にも先駆者はいる。 [編集] ファン増加の背景 ファンクラブ会長のグッズを拝見。 シール付き定規と携帯、そして会員証 デザインが変更され、写真が差し替えられている。 ファンによる誕生日のお祝い。 しかし、これでは一見葬式のようにも見えてしまう。 マンガに掲載された頃からもそうだったが、アニメ放映以来、秋山澪は「目立ちたくない」という願望とは裏腹に日々視聴者の中からファンを獲得し続けた。 合宿では作中だけでも、律の妄想の中でメイド服で「 萌え萌えキュン 」なんてやらされたり、披露した泣き顔で謀らずも少なくとも同性を二人[1]も落としてしまう。 しかし、彼女の人気に火を付ける大きなきっかけとなったのはやはり文化祭である。 彼女はボーカルの練習のし過ぎで声を枯らしてしまった唯に代わってボーカルをつとめることになったのだが、退場間際にコードに引っ掛かって転倒してしまい、起き上がる際に四つん這いで下着を披露してしまい、以来ファンは爆発的に増えてしまった。 しかし、男性陣が殆ど描写されないけいおん! の作中では、彼女に惚れてしまうのは殆ど女性ばかりであり、事実ファンクラブも確認される範囲では構成員は全員女性である。 だからといって桜高の生徒全員がレズビアンという訳ではないし、男性陣のファンも現実世界ではしっかり獲得されている。 2009年度及び2010年度嫁にしたいキャラベスト1と連覇[2]と連覇を達成するほどの人気を博していることからもそれは自明であろう。 しかし、彼女はファンの存在を心から歓迎はしておらず、むしろ禁忌として触れたがらない傾向にある。 作中の同性のファンですら恐れるくらいだから、ウィキペディアの狂愛が弾けまくった編集など言うに及ばない。 [編集] 命名のきっかけか、もしくは単なる不運 2006年12月31日に行われた K-1 PREMIUM 2006 Dynamite!! で、一つの事件が起きる。 それは、実力者同士の対決として盛り上がった 桜庭和志 Vs 秋山成勲 の試合中、秋山相手に桜庭が組もうとしてもそのたびごとに秋山の体が桜庭のロックから外れ、最後には桜庭がレフェリーに「 すっごい滑るよ! 」とアピールするまでになる。 この段階では分からなかったが、実は秋山選手は、試合前に大量のクリームを体に塗布。 桜庭選手が組もうとしても即座に滑って組めない状況にしていた。 この悪質な行為は即座に問題化。 日本中が秋山選手の行為に激怒するとともに、ネット上では彼の行いを即座にネタ化、秋山選手は「 ヌル山 」というあだ名で全国に知れ渡ることになる。 で、2007年4月にけいおん! の連載が始まる。 「濡」と「澪」。 もちろん、これはあくまでも偶然である。 [編集] 見えない聞こえない ウィキペディアでも自称ファンによって理性を留めない編集が今日も行われており、アンサイでも当該の項目はウィキペディアから放逐された奴等によって同様の熱い編集が行われてサーバーが落ちまくっていたが、本人の希望と、そして記事に理性と秩序を取り戻す為に、悪魔の所業の蓄積の軌跡が見えないように、悪魔の声無き囁きが聞こえないように、以下に、元記事であるけいおん! に記載されていた紹介文をコメントアウト機能を使用して封印する。 壊滅的な作詞センスも、狂愛を読まされることに比べればどうってことはない。 架空であるからこそ成立するみんなの嫁だからこそ狂愛の矛先が向きやすくなったとも言えるが。 どうしても見たいなら自己責任のもと、編集ボタンをクリックしてみよう。 秋山澪本人とアンサイクロペディアン達の顰蹙を買いたく無ければ、間違えても封印された文章を封印を解いてそのまま降臨させないように。 [編集] 彼女の本命 こんなシーンは夢のまた夢である。 ましてや相手が貴方の場合ならばなおさらそうだ。 男女問わずみんなに愛されている かぐや姫 [3]のような秋山澪だが、彼女の本命は田井中律である。 「けいおん! 」という作品を通じて有名になる遥か前に小学校で邂逅して以来、二人の関係は続いている。 愛のアプローチは当初は律からの一方通行であった[4]が、全校生徒の前での作文の発表といった彼女にとっての拷問同然のイベントを前にして、精神的に不安定であった時に律が献身的にフォローしたことにより、二人は恋懇意な関係となる。 抱き合い。 この後二人が何をしていたかを知るものは居ない。 スキンシップも頻繁であり、いつもは澪が律を叩いてばかりだが[5]、時々抱き着いていたりしており、独自の愛の形はあるようだが、行き過ぎると稀に律が恐れをなしてしまう。 このように愛ある関係を築いてきた二人だが、何回か関係に亀裂が走った事も幾度かある。 けいおん! 作中ではアニメ第一期の11話に和と仲良くなった事を浮気と解釈されて喧嘩になったりしたものの、和解するごとに単なる友情の一言ではとても解釈しがたい何かが育まれている。 故に、律に彼氏が出来たという疑惑が発生した際は、りっちゃん隊員を中心に多くの人間を生き地獄に突き落としたが、澪ですらも激しく落胆させた。 その嫉妬心は唯を巻き添えにするという被害を出し、尋常の一言では片付けがたいものがあった。 後に捏造であった事が判明し、一件落着するのだが。 澪がロミオ役で律がジュリエット役で主演を独占した際は、二人の雰囲気を察した紬によって書き換えられてしまう。 ハイレベルな演技の要求にこたえなければならなくなった二人は、ベッド上での練習を重ね、本番では熱演を演じたが、もはや演技を超えて本音と内に秘めた感情のぶつけ合いであり、多くの人間を感動させた。 愛が性別を超えた瞬間を見たのである。 今日も様々な人間が「澪は 俺の嫁 」といっているが、所詮妄想である。 だからいい加減夢から目覚めなさい。 そこのあなたも。 [編集] 結局 秋山澪は貴方の嫁ではない。 そしていくら律との二人の仲を壊そうと妄想を書き立てようが、かきふらい氏の、ひいては紙の上の人間という範疇を抜け出さない限りは、二人の間には永遠に入り込めないのである。

次の