沖 ドキ 交互 点滅。 沖ドキ! 光り方

沖ドキ!【光り方まとめ】交互・高速・同時点滅など点灯パターン18種類のモード把握と立ち回りポイント

沖 ドキ 交互 点滅

新たに追加されたモードとして、終了モードと天国準備モードが追加されました。 終了モードに関しては、有利区間をリセットにするタイミングで移行します。 32Gで終了 これに関しては有利区間という縛りがある中で、前作のゲーム性を崩さないために追加されたモードです。 天国準備モードは次回天国確定ですので、これを察知できた場合は必ず終了モードに移行するまで打ち切った方が良いです。 (天国準備は期待値の塊 ランプ点灯、点滅、テンパイ音による示唆 ランプ点灯、点滅パターン 前作同様、点灯、点滅パターンは全18種類 初当たり時のモード滞在期待度が下記 パターン 終了 天国準備 天国 ドキドキ 超ドキドキ 通常点滅 85. 53 4. 96 0. 51 パネル消灯 — — 94. 53 4. 96 0. 51 左のみ点滅 — — — 87. 他にも通常点滅以外からREGであった場合高モード濃厚であるという従来の傾向も健在です。 テンパイ音による示唆 テンパイ音 次回モード ティーン 全モードの可能性あり ティロリロリン 天国以上 ピキーン 天国以上 ラッキー ドキドキ以上 激アツ ドキドキ以上 超ドキドキの可能性UP 超ラッキー 超ドキドキ確定 通常テンパイ音以外で天国以上確定 テンパイ音がかなちゃんのセリフならドキドキモード以上確定 通常時のモード示唆 投入ランプ ・リプレイ入賞時に色が変化する頻度が高いほどモードB以上の期待度UP ・33G以降にこの投入ランプが黄色のままであれば天国準備濃厚 リールサイドランプ ・非稼働中のデモ時のリールサイドランプの色で、現在までにリプレイ成立時に投入ランプの色が変化している回数を示唆 サイドランプ 示唆内容 白 通常 青 色変化あり 黄 色変化複数回あり サイドランプの色が白とサイドランプの色が黄ではモードB以上の可能性が変わるため、天井狙いをする場合の期待値に大きく影響する。

次の

【沖ドキ!】ハイエナ期待値稼働は天井狙いよりモード狙いのゾーン打ちが効率良し!?

沖 ドキ 交互 点滅

沖ドキはボーナス(内部的にはATとなります)のみで出玉を獲得していく、シンプルなゲーム性でありながら、1ゲーム連や早いゲーム数での連チャンにも期待が持て、ホールの稼働状況もとてもいいです。 沖ドキのボーナスは70ゲーム継続のBIG(平均210枚)と、30ゲーム継続のREG(平均90枚)の2種類あります。 いずれも1ゲームあたりの純増は約3. 0枚で、当選時はハイビスカスランプの点滅で告知されます。 この沖ドキボーナスへは、通常時の毎ゲーム抽選と、特定小役成立時の一部で突入します。 当選時は押し順ナビに従うだけでボーナス絵柄が揃うので、目押しが苦手な方でも気軽に楽しめます。 沖ドキボーナス中は、特定小役成立時などで1ゲーム連の抽選が行われ、リール右側にある「カナちゃんランプ」点灯でBIGが1ゲーム連チャンしたりします。 さらに、「カナちゃんランプ」の上に位置する「ドキドキランプ」が点灯した場合は、高モード滞在濃厚で、早いゲーム数での連チャンが期待できます。 なお、沖ドキのハイビスカスランプの光り方には数多くのパターンが存在し、その種類によって高モードなどを示唆する役割があります。 いつもと違う告知パターンの光り方に期待しよう。 上記のように、沖ドキはハイビスカスの光り方や7のテンパイ音でモードを示唆しています。 沖ドキ 光り方 モード示唆演出 モード別・沖ドキのハイビスカス光り方点灯パターン振り分け解析 ・青文字:ヤメ時注意点灯パターン ・ピンク文字:辞めてはいけない点灯パターン ・赤字文字:32G以内の連チャン確定 沖ドキ 光り方 点灯パターン 通常A 通常B 天国 通常点滅 93. 特に沖ドキの光り方で注意すべき点灯パターン「スロー点灯」「高速点灯」「同時点滅系」です。 沖ドキ 光り方 スロー点滅・高速点滅 沖ドキの光り方でこのパターンが出たら連チャンまで打ち切りです。 また、例外や考察は以下の通りとなています。 通常Aでこの沖ドキの光り方の点灯パターンは0. 引き戻しモードへは連チャン後しか移行しないので、前回のボーナスが32ゲーム以内の当たりで無い場合はほぼ通常Bという事になります。 引き戻しモードの天井が200ゲームですので、200ゲームを越えた場合も通常Bがほぼ確定となります。 沖ドキの通常Bは、どのゲーム数からから打っても3000円ほどの期待値がありますので、ここで辞めることはありません。 ですが、若干通常Aの可能性があるのと、高速点滅でも徐々に高速になるパターンは、この限りでは無いので注意するようにして下さい。 沖ドキ 光り方 同時点滅系 この沖ドキ光り方の場合は、通常B以上が確定です。 基本的には連チャンまで打ち切っても大丈夫ですが、上記と同様に引き戻しモードに注意が必要です。 沖ドキ 光り方 天国モード抜け時の沖ドキの光り方 ご存知の通り沖ドキは光り方でモード判別しています。 この沖ドキの光り方の判別は天国モードの時にも必須です。 特に、天国モードの最終のボーナスが、「三三七拍子」「高速」「スロー」「同時」「通常から同時」の場合は、引き戻しや通常Bの可能性があります。 ですので、引き戻しを確認して、引き戻しはないと判断したら即ヤメするのが、沖ドキの立ち回りとしてはベターな方法です。 ちなみに、引き戻しモードは天井が200ゲームですので、天井ゲーム数まで消化するのですが、履歴を確認して奇数設定の可能性が高いと予測できた場合は、100ゲームを基準としてヤメるか、32ゲームでヤメるのも、沖ドキの立ち回りとしてはベターなやり方です。 予断ですが、天国モード中での三三七拍子は、他の沖ドキの光り方よりも次回モードが天国ではない可能性が高いので注意が必要です。 考え方としては、通常Aの可能性は低くて、通常Bと引き戻しは若干引き戻しの比率が高いといった感じです。 ですので、通常Aに比べ、通常Bと引き戻しの可能性が高いです。 この場合の沖ドキの立ち回りとしては、200ゲーム以内に当たった場合は天国モードを否定して即ヤメし、200ゲームを超えた場合は天国モードに突入するまで打ち切ります。 謎のベールに包まれた究極打法 沖ドキ 強制天井到達打法 沖ドキがついに丸裸に!! 「1ゲーム連で先にカナランがつくのと後でカナランがつく事の違いを教えて下さい。 」 「レア役で転落抽選はありますか? 」 「連荘ゾーンを教えてください」 「遅れによる当選無しは通常B滞在という事なのでしょうか? 」 さらには、「ボーナスも、めぼしい確定役も入っていないのに、大連荘! ありえないんですが?? 」 「こないださりげなく両手を器用に使って打ってた人がいた! なんで???? 」 などなど。 これまで、沖ドキについて色々と質問を頂いたにも関わらず、中には明確な回答を避けることがあったと思います。 その理由は、沖ドキには必ず大儲け出来る超攻略法があると知っていたからです。 ごめんなさい。 勝利のカギは強制天井到達打法 強制天井到達打法を仕込むだけで、内部でゲーム数をカウントする信号バグを発動させ、強制的に天井に到達。 あとは、そのまま打つだけで自動的にボーナスが直撃する。 しかも、強制天井到達打法の手順は初心者でも簡単に対応できるレベルなので、しっかりと覚えて実践じてください。 あの難攻不落といわれた沖ドキが、強制的に天井が確定すると言えるまさに奇跡の攻略法!! 出玉が削られ、液晶の派手さだけで客を繋ぎ止めているパチスロ業界。 そんな暗黒の時代に、沖ドキの強制天井到達打法一筋の光が差し込みます。 強制的に天井に到達させてボーナスが直撃できるので、入手された方は慎重に稼ぐようにして下さい。 沖ドキ 光り方 感想 今日沖ドキの光り方で特殊点滅で、レギュラーがきて、ドキドキの光り方だなと思って消化し、次のボーナス中にベルだったのでカナちゃんが光り1ゲーム連やと思ってボーナス終了後レバー叩いたらフリーズでした! かなり打ちこんだのですが、この沖ドキの光り方でフリーズは初めてでびっくりしました!! 沖ドキの光り方で常灯BBからで32ゲームスルーした場合はAよりBの可能性が高いです。 ですので余裕があるなら追うのも有り~徹底するなら同時以外は追わないほうがいいのです。 たとえ沖ドキの光り方で同時でも…奇数ならBループありえますから次で上がる保証はどこにもないのです。

次の

点灯パターンによる次回モード期待度:沖ドキ!

沖 ドキ 交互 点滅

沖ドキ2の基本を軽く紹介 千円(50枚)ベースが約51ゲーム。 通常時のベースに関しては先代の沖ドキと比べると約2倍。 ベースが上がっているのに出率が据え置きということで、初当たりに関しても約2倍、重くなっています。 全体的な印象としては沖ドキトロピカルに近い感じでしょうか。 ゲームの流れもいままで通り、花が光れば当たり。 連荘モードに飛べば32ゲーム以内に連荘するってやつですね。 今回のボーナスは純増が4枚になっているので、ボーナスの消化も速いですし、次の当たりまでのコインの減りも少ないので、増える時の体感スピードは沖ドキより速くなります。 設定ごとの1日打った場合の期待値 正確に計算したわけじゃないので、あくまでも目安として考えてください。 7000ゲーム打った場合で計算しています。 ホールでの扱いを推察 先述の通り、設定6の出玉率は低いです。 しかも6号機で有利区間があるので、前作の沖ドキの様に設定関係なく、超ドキにぶち込んで数千枚オーバー、なんてのは不可能。 どうあれ沖ドキの撤去は避けられませんから、その後釜として導入し、力を入れざるを得ない状況にあるので、多少は設定を入れてくると思います。 ただ、低設定域がベースが高くなったことで抜けなくなっているので、大したスペックではない設定6でも、ポンポンと入れることは難しいでしょう。 多台数入れているホールも多いですから、打つ際はそうした力を入れざるを得ない店で、設定6のみ、天井狙いのみで立ち回っていくのがベストです。 モード 天井ゲーム数 A・B 999ゲーム 天国準備 500ゲーム 天国 32ゲーム チャンス 256ゲーム 天国はドキドキ、超ドキドキも含みます。 天井からのボーナスはBIGとREGが1:1。 個人的な狙い目回転数 500ゲームを超えている時点でモードA・Bのどちらかが確定。 しかも、今回の沖ドキ2は6号機で有利区間の移行によるモード選択率は設定によって一定。 沖ドキのように、天国に飛んでいなければその分モードBの滞在率が上がる。 といった仕様ではないので、注意が必要です。 モードBにいるなら500からでも追えますが、モードAでは全然足りません。 これらを併せて考える私の最低天井狙いラインは 700ゲームから です。 これだとかなり拾いにくいとは思いますが、そもそも恩恵が少ないので、こぞって天井狙いをしていく旨味も少ないと考えます。 設置台数が多く、シルバー層が多く打つことも少なくない沖ドキなので、数で勝負していくことを考えましょう。 ゾーン狙い 沖ドキ2においては、純粋な最大天井を狙うより、こちらのある種ゾーン狙いをした方が効率が良いかも知れません。 200ゲーム付近であれば、チャンスモードの天井である256を狙い、基本的には32でヤメ。 400ゲーム付近であれば、天国準備の天井である500を狙い、当たらなければヤメ。 天国準備で当たれば次回が天国確定なので、ここで引っかけることが出来ればかなり美味しいと言えますね。 ただ、現状ではチャンスや天国準備への移行率が分からないので、あまり浅いところから追うのはオススメしません。 目標の回転数まで千円から二千円程度で済む範囲を狙いましょう。 沖ドキ2のヤメ時 ヤメ時としては基本的に32ゲーム、連荘終わりで即ヤメ。 なんですが、沖ドキ2に関しては多少注意が必要です。 ベットランプ「いち・にぃ・さん」って部分の色。 ここの色変化、回数でモード示唆を行っています。 基本的に 32ゲーム以内は常に黄色なんですが、もし33ゲーム以降も黄色であれば天国準備に滞在していることが濃厚。 この場合は当たるまで打ち、連荘終了でヤメるようにしましょう。 また、モードBに滞在している可能性を示唆する演出もあります。 こちらもベットランプの色が黄色になることがそれなんですが、その出現率が多いほど、モードBの期待度が高くなるようです。 ランプが黄色になるのはリプレイ時なので、注意して見ておきましょう。 リールバックランプの色が黄色であれば、モードB滞在の可能性が高くなるので、この場合は天井狙いのゲーム数を500からにしても良いでしょう。 あくまでも示唆であり、それほど強い打つための動機にはなりませんが、一つの目安として知っておくと立ち回りの幅が広くなります。 絶対に注意すべきは、先にも書いた通り「有利区間が終了するとモードは引き継がれない」ということ。 現在滞在しているモードがモードBである場合、先代の沖ドキなら天国に上がるまで打つ方が理論的な期待値は高くなりました。 しかし、今回の沖ドキ2は現在がモードBでも、次が必ずモードB以上とは限りません。 要は「モードBからモードAへの転落があり得る」ということです。 天国準備が確定しない場合は、必ず32ゲームでヤメることを心がけましょう。 当たり時のハイビスカスの点滅パターン 当たった時のハイビスカスの点滅パターンが以下の2種類の場合、次回のモードが天国準備以上になるので、この場合は当たるまで打っても良いでしょう。 ということです。 設定推測要素 沖ドキ2はの設定推測要素としては ・チェリー確率 ・ボーナス合算 ・ハズレ時の1ゲーム連当選率 ・リプレイ確率 この中で使えそうなのは「チェリー確率」と「ハズレでの1ゲーム連当選率」です。 チェリー確率は通常時、AT中に関わらずいつでもカウントしてOK。 ただ、設定ごとに段階的に違うので、ホールが中間設定を混ぜてくるとイマイチ使えなくなりますので、あくまでも目安です。 ハズレからの1ゲーム連荘率は設定1~3と4~6で4倍の差があります。 1~3なら0. ですが、そもそもの確率が低いので、こちらもあくまで目安。 早い段階で2、3回とハズレからの1ゲーム連荘が確認出来れば、少し設定を意識しても良いかも知れません。 ただし、6であっても大した旨味は無いので、先代の沖ドキ同様、そもそも設定狙いをした立ち回る機種ではありません。 安定性を考えるなら「ハナハナ系」「ジャグラー系」を打つ方が無難です。

次の