今後 類語。 「より一層」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語、英語表現を紹介

【定型文あり】「今後とも」の意味と正しい使い方、類語や英語表現を解説!

今後 類語

今後ともの意味とは?使い方、例文、類語など 「今後ともよろしくお願いいたします」と言った表現はメールはもちろん、商談や会議と言った会話の中でも頻繁に使用されています。 しかし、使用が適した場合とそうでない場合があります。 また、「引き続き」や「将来的に」と言った似た表現がありますが、やはり正確な意味は異なりますので状況によって使い分けて行く必要があります。 そこで今回は「今後とも」の意味や使い方に加えて注意点や類語についてご紹介していきます。 今後ともの意味 「今後とも」の読みは、「こんごとも」です。 「今後」の「今」は現在を表しており、「後」はこの場合将来を表しています。 つまり「今後」は、「現在以降の将来」を意味していると言えます。 一方「とも」は、漢字で書くと「共」となり、「一緒に」や「~こみで」などの意味があります。 この場合は、「今後」の後に付くことで、「今までと一緒に」という意味を持つことになります。 こうしたことを総合すると、「今後とも」という言葉は、「これから以後も、これまでと同じように」という意味があることが分かります。 「今後とも」の具体的な使い方や例文については、この後説明していきましょう。 今後ともの使い方・例文 「今後とも」の意味は、上で見たように、「以前同様これからも」「この後も今まで通りに」といったものになります。 「今まで通り」とあるように、相手との関係が以前から続いており、それをこれからも変わらず続けていきたいという際に使われるようになっています。 この場合、基本的に相手との関係が良好であることが前提となります。 一般的によく使われる表現で、ビジネス用語としても頻出します。 話し言葉として対面で使われることもありますが、書き言葉としてメールなどの文中でもよく使われます。 最も多い使い方としては、後ろに「よろしくお願いします」を付けて、「今後ともよろしくお願いします」という形にするものです。 このように、後ろに相手への丁寧な呼びかけの言葉を付けることで、良好な関係を維持していこうという意図を込めるのが一般的です。 大まかな使い方について見たところで、「今後とも」の具体的な例文について、以下にご紹介していきましょう。 今後ともよろしくお願いします 先にも述べたように、「今後とも」は後ろに「よろしくお願いします」を付ける使い方が最も一般的です。 この言い回しはさまざまなケースで使えるので、正しい使い方を覚えておくと便利です。 例文:これを機に、さらなる努力を重ねていく所存です。 今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします• 例文:今後ともご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます• 例文:今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます• 例文:今後とも変わらぬご厚誼をどうかよろしくお願いいたします• 例文:今後ともお引き立てのほど、何卒よろしくお願い申し上げます• 例文:今後ともよろしくお引き回しのほどお願い申し上げます 今後ともの注意点 「今後とも」は、前述のようにビジネスにおいてはよく使う表現です。 しかし、使用するにあたってはいくつか気をつけるべき点があります。 ここでは「今後とも」の使い方についての注意点を見ていきましょう。 謝罪の場合の使用は避ける 手紙やメールで謝罪の意を伝える際には、「今後ともよろしくお願いします」などの文言は含めない方がよいでしょう。 こちらのミスや不手際で先方に迷惑をかけておいて、同時に「今後ともよろしくお願いします」などと伝えるのは、やや一方的な要望という印象もあります。 たとえトラブルが解決している場合でも、根本的な点を反省していないようなイメージを持たれかねません。 こうした場合には、「この度は大変申し訳ございませんでした」「重ねてお詫び申し上げます」などといった謝罪の言葉を強調した方が適切です。 文末で使う 「今後とも」を書き言葉として使う場合、文中のどの場所でも使えるわけではありません。 「今後とも」は、一番最後の締めの言葉として使われるようになっています。 ビジネスメールなどの文章では、あらたまった形式を取ることが多く、文頭や文末には定型的な表現を使うのが一般的です。 「今後とも」は、本題が終わった後の文末に加えることで、締めくくりに相手への礼儀を示すための定型表現になります。 付き合いが一度だけの場合は使わない 前述のように、「今後とも」は将来的に付き合いが続くことを前提とする言葉です。 そのため、今後の付き合いがないと分かっている相手に使うのは、あまり適当ではありません。 この場合は、「この度は誠にありがとうございました」などとして締めくくるのが良いでしょう。 今後ともの類語・言い換え 引き続き 「引き続き」は「途切れることなく」といった意味の言葉で、「今後とも」とほとんど同じ意味を持っています。 ただ、使い方に関しては微妙にニュアンスが異なります。 「今後とも」が、一度やり取りが途切れても関係自体は変わらないことを願うというニュアンスなのに対し、「引き続き」はやり取りが継続している最中に、「このままの調子で続けましょう」と呼びかけるニュアンスの言葉となっています。 将来的にも・以後も これは「今後とも」と同じく、現在以降の関係を維持したいというニュアンスを持った言葉です。 ただし、ややカジュアルな響きがあるため、ビジネスメールなどでは「今後とも」の方が使いやすいでしょう。 ただ場合によっては、これらの方が自然な言い回しになることもありますから、ケースによって使い分けるのが大切です。 最後に 以上、「今後とも」の意味や使い方についていろいろ解説してきました。 「今後とも」は、相手に対し、これまでと変わらない良好な関係を維持したい旨伝える際に使われる表現です。 メールや手紙においては、文末の締めの表現として、定型的な言い回しとなっています。 類語には、「引き続き」や「将来的にも」「以後も」などといったものがあります。

次の

「より一層」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語、英語表現を紹介

今後 類語

「今後このようなことがないように」とは? 「今後このようなことがないように」の言い換えや似た言葉• 今後このようなことがないようの謝罪文での使うタイミング• 「今後このようなことがないように」を分解して解説• 「今後このようなことがないように」を仕事で使う相手• 「今後このようなことがないように」の英語• まとめ 1. 「今後このようなことがないように」とは? 「今後このようなことがないように」というのは、二度と同じことは繰り返しません、という意味になります。 人間、ミスをする事は誰にでもあります。 しかし、だからといって何度も同じミスをしていたり、いつまでたってもミス1つできずに仕事をすることができなければ、やはり社会人としてはいかがなものか、と思われてしまうこともあるでしょう。 また、ミスをしてしまったときに「失敗は誰にでもあるから仕方がない」と開き直っていてはいけませんよね。 そのミスを正し、きちんと軌道修正をしてこそ社会人と言えるものです。 だからこそ、ミスをして謝罪をするときには「二度とこのようなことが繰り返しません」という意味で「今後このようなことがないように」という表現を使うのです。 3-1. 謝罪文では最後の方で 「今後このようなことがないように」という表現を謝罪文の中で使うのであれば、最初に謝罪をし、それをどのように軌道修正したのか、どのように問題を解決したのか、ということを述べた上で使うようにしましょう。 ただ単に「申し訳ありませんでした、今後このようなことがないように気をつけます」だけでは反省に具体性が欠けているように思われてしまうことも少なくありません。 最初にしっかりと謝った上で社会人としてそれをどのように修正したのか、ということを最初に述べる必要があります。 そして、その後で「今後このようなことがないように」と述べましょう。 まずは謝った上で自分なりの解決策を述べ、それで「今後このようなことがないように」と加えることにより、二度とこのようなことをしない、これからも取引を進めて欲しい、などといった誠実な気持ちを伝えることができるのです。 4-2. このようなこととは? 「今後このようなことがないように」におけるこのような事というのは今回犯してしまったミスの内容です。 謝罪文を書く場合、自分がどのようなミスをしたのかということをはっきりと述べなければいけません。 そして、ミスを明確にした上でそれをどのように修正するのか、どのように解決するのか、ということを述べますよね。 そして最後に反省文として「二度と同じことは繰り返さない」という意味の表現を付け加えます。 しかし、だからといって既に1回説明しているミスの内容を再度繰り返すと、文章が黒くなってしまいます。 そのため、「このようなこと」と簡略化することにより、文章をすっきりさせることができるのです。 国語の試験ではありませんが、「このようなこと」と文章で述べる際には「このようなこと」が何を指すのかわかるようにしておかなければいけません。 6-1. I will make sure there is anything like this in the future. これは「今後このようなことがないように」という表現の直訳と言えるでしょう。 これから先、このようなことが起こることがないようにきちんと確認します、という意味になります。 ミスをしたら謝らなければいけないという事は日本語だけではなく、英語でも常識です。 例えば上司が外国人であったり、顧客が外国人であったりする場合は英語で謝らなければいけないということもあるかも知れませんね。 今後このようなことがないように、自分がしっかりとします、ということを伝えるためにこのような表現が使えます。 「今後このようなことがないように」とは? 「今後このようなことがないように」というのは、二度と同じことは繰り返しません、という意味になります。 人間、ミスをする事は誰にでもあります。 しかし、だからといって何度も同じミスをしていたり、いつまでたってもミス1つできずに仕事をすることができなければ、やはり社会人としてはいかがなものか、と思われてしまうこともあるでしょう。 また、ミスをしてしまったときに「失敗は誰にでもあるから仕方がない」と開き直っていてはいけませんよね。 そのミスを正し、きちんと軌道修正をしてこそ社会人と言えるものです。 だからこそ、ミスをして謝罪をするときには「二度とこのようなことが繰り返しません」という意味で「今後このようなことがないように」という表現を使うのです。

次の

「より一層」の意味とビジネスでの使い方、例文、類語、英語表現を紹介

今後 類語

「布石」の意味と語源 「布石」の意味は「将来のための備え」 「布石」とは「将来のための備え」を意味する言葉です。 未来に何が起こるかを考え、備える状況で使えます。 例えば、「老後への布石として、資産運用を始める」という例文。 上記の例文は、「老後の備えとして資産運用を始める」という意味になります。 「布石」は囲碁における比喩表現が語源 「布石」は元々囲碁で使われる用語で、「戦いの序盤に、先の戦いを考えて石を配置すること」という意味があります。 囲碁や将棋では、現代でも上記の意味合いで使われています。 「先の戦いを考えて石を配置する」という意味に比喩表現を用いて、「将来のための備え」という意味になりました。 「布石」の読み方は「ふせき」 「布石」の読み方は「ふせき」です。 「布」と「石」を訓読みにすると「ぬのいし」となりますが、「布石(ぬのいし)」とは建築用語で「布敷(ぬのじき)」に使われる石を指します。 「布石を打つ」などの使い方をする「布石」とは異なる物になるため、とくに話し言葉で「布石」を使用する場合は、「ぬのいし」と読まないよう注意しましょう。 ビジネスシーンでの「布石」の使い方と例文 営業で使われる「布石を打つ」 ビジネスシーンで使われるのが「布石を打つ」という使い方です。 とくに営業では、契約をとるために布石を打つことが大切となっており、契約をとるためにあらかじめ策を用意しておくことを意味しています。 例えば、「今日こそは契約を取らなければならないため、布石を打っておいた」という例文。 上記の例文は「今日こそ契約を取らなければならないため、あらかじめ策を用意しておいた」という意味になります。 「布石を置く」「布石を投じる」とも言う 「布石を置く」や「布石を投じる」も、よく使われる「布石」を使った言い回しです。 囲碁を打つ様子を「置く」や「投じる」に言い換えているだけで、「布石を打つ」と使い方は同じです。 例えば、「明日のプレゼンが成功するよう布石を打つ」という文章を、「布石を置く」や「布石を投じる」で言い換えることができます。 ビジネスシーンで使える「布石」を使った例文• 志望する部署へ配属されるために布石を打っておいたが、どうなるかわからない• 一見するとリスクが大きいように感じられるが、次期幹部になるための布石なのだ• ライバル会社との競争を勝ち抜くためには、布石を投じる必要がある• 今はつらい仕事だが、将来のための布石となることを願い働いている 「布石」の類語表現 「布石」の類語「伏線を張る」 「布石」の類語には「伏線を張る」が当てはまります。 「伏線を張る」とは、「今後の展開が上手く進むように、あらかじめ備えておくこと」を意味する言葉で、「あらかじめ備えておく」という点で「布石」の類語となります。 ただ、「伏線」は「今後の展開をほのめかす」という意味もあり、小説や漫画などでストーリーを面白くするために使われる技法の1つです。 「布石」には、「今後の展開をほのめかす」という意味はないため、シーンによって使い分けましょう。 「対策」や「準備」も「布石」の類語 「対策」や「準備」も「布石」の類語に当てはまります。 「対策」が持つ「物事に対応するためにとる手段や策略」という意味と、「準備」が持つ「備え」という意味が「布石」の類語となる理由です。 例えば、「必ず優勝するために布石を打つ」という例文を類語で言い換えると、「必ず優勝するために対策を練る」や「必ず優勝するために準備する」となります。 状況に応じて類語へと言い換えてみましょう。 「布石」の英語表現 「布石」は英語で「preparation」 「布石」の英語表現には「preparation」が当てはまります。 日本語にすると「準備」を意味する単語で、「布石」の代わりに使用できます。 例えば、「preparation for victory」という例文。 上記の例文は、「勝利のために準備する」という意味になります。 また、「対策」を意味する「measures」も「布石」の英語表現として使用でき、「Take measures for victory」などの使い方ができます。 まとめ 「布石(ふせき)」とは囲碁用語で「戦いの序盤に今後の展開を考えて石を配置すること」を意味する言葉で、転じて「将来のための備え」を意味する言葉として使用されています。 ビジネスシーンでも多く使われる言葉であり、「布石を打つ」や「布石を投じる」「布石を置く」などの使い方をします。 類語には「伏線を張る」や「対策」「準備」が当てはまるため、状況に応じて言い換えてみましょう。

次の