バイ 貝 酒 蒸し。 バイ貝の基本調理方法を解説 和食で使える二種類の含煮 今では高級素材です

バイ (バイガイ)

バイ 貝 酒 蒸し

古くは巻き貝の代表的なもの。 日本各地の浅い海にいるため、土地土地での呼び名も膨大で、もっとも馴染みのあるものであった。 食用としてだけではなく、貝殻を細工物に使われた。 代表的なものはとがっている部分を切り、鉛を流し込んで独楽とした。 これがベイゴマの語源である。 船底や漁網に付着生物が着くのをふさぐために使われるトリブチルスズ(TBT)、トリフェニルスズ(TPT)が海に拡散して、本種やイボニシなどをインポセックス(雌の雄化)に。 国内で激減してしまった。 それを補っているのがエゾバイ科エゾバイ属の巻き貝やインド、東南アジアなどからの輸入もの。 加工品(煮貝)として出回るほとんど総てはインド産セイロンバイ、アラビア海のソマリアバイなどからの輸入ものだ。 2020年現在、徐々に入荷量が増えてきている。 水産基本情報.

次の

バイ (バイガイ)

バイ 貝 酒 蒸し

古くは巻き貝の代表的なもの。 日本各地の浅い海にいるため、土地土地での呼び名も膨大で、もっとも馴染みのあるものであった。 食用としてだけではなく、貝殻を細工物に使われた。 代表的なものはとがっている部分を切り、鉛を流し込んで独楽とした。 これがベイゴマの語源である。 船底や漁網に付着生物が着くのをふさぐために使われるトリブチルスズ(TBT)、トリフェニルスズ(TPT)が海に拡散して、本種やイボニシなどをインポセックス(雌の雄化)に。 国内で激減してしまった。 それを補っているのがエゾバイ科エゾバイ属の巻き貝やインド、東南アジアなどからの輸入もの。 加工品(煮貝)として出回るほとんど総てはインド産セイロンバイ、アラビア海のソマリアバイなどからの輸入ものだ。 2020年現在、徐々に入荷量が増えてきている。 水産基本情報.

次の

バイ (バイガイ)

バイ 貝 酒 蒸し

南フランスのプロヴァンス地方では、ムール貝のワイン蒸しに、カリカリに揚げたポテトフライを添えてランチというのが定番です。 地中海沿岸のコート・ダジュール、ニースを旅した時には、バケツ1杯ほどのムール貝がテーブルにドン!と出されてきて驚きました。 キラキラ輝く海を眺めやりながら、冷えたロゼワインと、山盛りのムール貝。 なんとも贅沢なひと時でした。 日本でも広島産や三陸産の、生のムール貝が意外と安く手に入ります。 また栄養価は高く、鉄分やマグネシウム、ビタミンBが豊富なので、積極的に食べたい食材です。 ハーブはあらかじめミックスされたものが、「エルブドプロヴァンス」として売られていますので、活用するのもお薦めです。 (速水裕樹) 【材料】2人分 ムール貝…20個 ニンニク…1片 タマネギ…1/4個 長ネギ…10センチ バター…15g 白ワイン…150cc タイム…小さじ1/2 セージ…小さじ1/2 オレガノ…小さじ1/2 ローズマリー…少々 コショウ…少々 生パセリ…1房 レモン…1/2個 【作り方】 1.ボウルに3パーセントほどの薄い塩水を作り15分ほどムール貝を漬けた後、ムール貝をタワシなどでよく洗う。 貝からでている、海草のような足糸(そくし)は、引きはがすようにすると簡単に外れる 2.ニンニクをみじん切りにする。 タマネギと長ネギもみじん切りにする 3.フライパンに火を付けバターを入れ、みじん切りにしたニンニクを入れて炒める。 香りがでてきたら、タマネギと長ネギを入れて炒め、ムール貝を入れる 4.白ワインを入れ、タイム、セージ、オレガノ、ローズマリーのハーブを入れ、コショウを振って、蓋をして3~5分蒸す 5.貝が開いたら、火を止める 6.器に盛りつけ、刻んだパセリを振りかける。 お好みでレモンを絞って、いただく 【関連ニュース】 【オススメのお酒はこちら!】.

次の