コロナ いつまで 予言。 《大予言》コロナウイルスいつ落ち着く?SARSと比較・日本の未来は!

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

コロナ いつまで 予言

スポンサーリンク SARSの時を思い出して 参考になりそうなのが、遺伝子を 80 %共有するSARSの先例です。 2002 年 11 月 16 日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に 2003 年 7 月 5 日にWHOが終息宣言しました。 流行期間は約 170 日間でした。 専門家の間では、夏前にはピークを迎え、徐々に落ち着くのでは、という期待があります。 オリンピックまでには何とかしてほしい、というのが多くの国民の願いでしょうか。 しかし、また中国から始まりましたね。。。 MERS(マーズ)はまだ収束していない 中東呼吸器症候群MERS(マーズ)の大流行は、2012年9月の英国からの重症肺炎患者からの新型コロナウイルスがみつかったというWHOへの報告から始まっています。 発生源はサウジアラビアと言われており、感染源はヒトコブラクダとも言われていますが、感染方法、感染経路とともに解明されていません。 「自分自身は中東への渡航歴をもたず、中東からの訪問者に接触して感染した」という事例が、英国やフランスでみられ、「濃厚接触」での限定的な感染が確認されています。 MERSは、2019年時点での感染報告もあり、 完全な終息には至っていない状態です。 スポンサーリンク 私たちにできること 今の私たちにできることは、予防の手洗い・うがい・消毒の他に免疫力を高めるために、栄養をしっかり取り、休息すること。 人混みは避けること。 免疫力を高めるためのサプリメントなどは、とてもおすすめです!!人間の身体で一番大事な腸内!乳幼児には優勢だったビフィズス菌は種類が入れ替わり、数も老年期になると少なくなり、逆に悪玉菌優勢の状態になります。 そして、仮に健康が損なわれると、とたんに腸内のバランスが崩れ、悪玉菌が増加していきます。 さらに、 悪玉菌が増加すれば、ますます老化が促進されるという悪循環が始まるのです……。 そうなると、免疫力が落ちてウイルスに感染しやすくなってしまいます。 じゃあ、 どうすれば免疫力を高めることができるの? それは腸内フローラを整えること。 足りない善玉菌のえさであるサプリをとって、腸内から元気になりましょう。 その場合は、 今回の新型コロナウイルスによる肺炎の大流行は、7-8月頃終息を迎える可能性が高いのではないかと考えられます。 ただ、 今回の新型コロナウイルスは、SARSよりも感染力が強く、「検疫と隔離」というSARSの時と同じ対策が追いつかないという状態の現在・・・保菌しているが症状が出ていない人から、知らないうちに感染しているという事態が起きている。 また、無症状の感染者も出ていることから、今後のさらなる大流行も懸念されています。 芸能界代表する志村けんさん死亡説? 私たちにできることをして乗り越えてゆきましょう。

次の

コロナを予言している人は誰・何者?志村けんの死や黒沢かずこ、宮藤官九郎の感染を予言していた!

コロナ いつまで 予言

画像は「 」より引用 世界中で猛威を振るっている。 全世界での総感染者数が9万人に到達しようかという勢いだが、感染拡大は一体いつまで続くのか? もしかしたら、 すでに人類は終末のとば口に立っているのかもしれない。 英紙「Express」(3月1日付)によると、の流行は『』に記されている終末の状況と酷似しているという。 聖書解釈の一部では、『』は世界の終末(アポカリプス)を事細かに記した予言の書だとされ、その過程は第一~第7段階まであり、最終的な終末において、神の裁きが下るとされている。 『』で疫病の流行が記されているのが第6章第8節である。 それによると、4つ目の封印が解かれた時に青白い馬に乗った騎士が現れ、「疫病」や「野獣」を用いて、地上の人間を死に至らしめるとある。 黙示録では終末に向けて3分1の人類が死ぬと言われているが、の出現は『』に記された終末と一致しているというのだ。 ネット上でも終末が始まったと考える人が溢れている。 「疫病と飢饉で人類の3分の1が死ぬ。 は聖書で預言された病の1つじゃないか?」 「今後世界がどうなるか知りたければ聖書を読めばいい……」 「聖書の預言とまったく同じ状況だ!」 飢餓といえば、アフリカ東部で発生したバッタの大群は今や2大陸で10カ国以上に広がり、 2000万人が飢餓のリスクにさらされている。 勢いはおさまらず、 1日で数万人分の作物がなくなるペースだという。 『』で語られる「野獣」とはこのバッタのことではないだろうか。 だとすればまさに聖書通りということになる。 画像は「 」より引用 2020年を人類滅亡の年だとしている予言者は数多くいる。 たとえば、の国家機密だった 盲目の予言者ババ・ヴァンガは、 2020年にモンスター級の壊滅的な大が襲いかかると予言しているし、 カ最高の師ン・ディクソンも 2020年に「ハルマゲドン」が起こり、「キリストの再臨が実現する」と予言している。 世界最高クラスの予言者2人がそろって2020年を世界の終末の年だと指摘している上、『』の記述とも一致している……これを単なる偶然と呼ぶにはあまりにも出来すぎているだろう。

次の

コロナを予言している人は誰・何者?志村けんの死や黒沢かずこ、宮藤官九郎の感染を予言していた!

コロナ いつまで 予言

新型コロナウイルスはいつまで続く? 前にアメリカの スピリチュアル超能力者シルビア・ブラウンが、著書で新型コロナウイルス発生を12年前に予言していたという記事を書きました。 今回はスピリチュアル予言者のほかにも、ビルゲイツや高嶋哲夫などが著書で新型コロナウイルスのことを予言していたのではないかと思われることについてまとめてみました。 収束時期については3月から収束に向かう、という楽観的なものから、何年も繰り返し起こる、という悲観的なものまでさまざまで何とも言えませんが、一度収束してもまた余波が来るというのが大方の見方です。 100年前に流行ったスペイン風邪は収束に2年以上かかったと言われています。 状況は違いますが、1年はかかる、そしてその後も小規模な余波が来る、と見たほうがよいかもしれません。 スピリチュアル超能力者の予言 ブルガリアの予言者ババ・ヴァンガ ババ・ヴァンガは1911年に生まれ1996年に84歳で亡くなったブルガリアの予言者。 「ババ」とはブルガリア語で「おばあちゃん」という意味だそうです。 ヴァンガは12歳のときに竜巻に飲み込まれ、両目を傷つけられて失明してから予知能力が身についたそうです。 今までに第二次世界大戦の勃発、チェルノブイリ原発事故、ソ連崩壊、ダイアナ妃の死去、アメリカ同時多発テロ事件、数々の地震、イスラム国の台頭などを予言したといわれています。 新型コロナウイルスについては亡くなる数年前に、「ネシュカ、コロナが私たちのいたるところにある」と語ったらしいです。 そのコロナが今回の新型コロナウイルスのことか?と言われているのですが真偽は定かではありません。 ババ・ヴァンガについてはの記事にも書いています。 【2020年】ノストラダムスがコロナウイルスを予言【都市伝説・オカルト】 — NAVER まとめ — タカヒサ XIwaJkcxr8eekwq また、1999年の予言は20年の誤差で、恐怖の大王は2019年の新型コロナウイルスのことではないかとも言われています。 ノストラダムスの大予言って解釈を変えると新型コロナの話みたいな気がするけどどう思います?。 アンゴルモアの大王=コロナ(王冠) 1999年=コビット19 歓喜のうちに=オリンピック その他原文の解釈でやったら符合するところが出るのでは? — 田中 皇介 kaettkita ビルゲイツや作家の新型コロナウィルスの予言 ビル・ゲイツ ビル・ゲイツは超能力者ではないですが、未来に起きるであろう疫病を予言していたようです。 これ、3年前のビルゲイツの予言。 3300万人が感染症で死ぬとな。 実現してしまうのか? 的中しまくるビル・ゲイツの「13年以内に起きる7つの未来予言」とは?「1年以内に3300万人が感染病で死亡」 さんから — m3alp 雪降ったぜいぇーぃ m3alp 2015年にビルゲイツ氏がウイルスについて話してて、これぞ天才。 「すぐに対策を講じるべき」とありますが、どの程度真剣に受け取られたのでしょうか。 ビルゲイツの話なのである程度注目されたと思うのですが、実際この時点で対策が進んでいれば今のような状況が防げたのかは分かりません。 一番の防御策は正しく知ること」と話す。 これは小説ですが、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離、学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、作品の中に描かれたことが実際今回起こっていることと同じです。 まとめ ビルゲイツや高嶋哲夫さんは、予言というよりも現実に基づいてこのような事態を起こりうると予測し、発表しています。 人類の歴史を見ればウイルス感染が繰り返し起きることは分かっていたことなのでしょう。 いつどこで起きるかは分からないにしろ、また繰り返されるのだと思います。 ウイルス感染だけではないいろいろな災害がこれからも起きていくでしょう。 ただ、私たちが災害を助長する行動をとることは避けなければいけないし、環境を大事にして生活することは続けなくてはならないと思います。 私たち個人がができることは、免疫力を付けておくこと、物事に動じない精神力を持つこと、いつ何が起きるか分からないと腹をくくって毎日を大切に生きることぐらいでしょうか。

次の